2222年01月01日

当ブログの考え方

当ブログ「悪徳不動産屋の独り言」の管理人で、東京都下の立川市で主として不動産賃貸仲介管理業を営んでいる(株)坂口有吉不動産の坂口久夫と申します。どうぞ宜しくお願いします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先ず初めに、平成28年4月5日まで当社管理物件に立川市と武蔵村山市の生活福祉課の極めて不誠実な対応により生活保護の精神異常者が入居していて、当社名で検索するとその男による当社を誹謗中傷する記事や書き込みが無数に出てきます。立川警察には被害届と告訴状を受理してもらいました。家主も当社も甚大な被害を受けています。どちらの言い分が正しいか、何が真実なのかは皆さんそれぞれがお考えください。中には、いかにも第三者を装って書きこんでいるものや、家主や私の個人名を使ってコメントしているものもあります。精神異常者ですがそういう悪知恵は働きます。

その男、当社の車にペンキを掛けたり何箇所も引っ掻き傷を付けたり唾を吐きかけたり、当社のウィンドーに何度も唾を掛けたり生卵を投げつけたり、当社名であちこちに卑猥な文面の葉書などを送っていて、切手不足で戻ってきた葉書は70枚ほどあります。やることがセコイですね。

私の個人情報をネットで晒し、間抜けにも私の自宅を特定したつもりで間違った家の写真をネットにアップしています。何か仕掛けるほどの度胸は無く、「何かしてくるのでは」という恐怖感を与えるのが狙いですね。警察の話では「もう立派な犯罪」とのことで、逮捕間近と聞いていましたが、立川警察は捜査をしていませんでした。「そういうのは精神異常者かどうかは関係ありません」と言ってましたが、立件しても公判の維持ができないのでやりたくないんでしょう。立川警察も市役所と同じ、所詮は公務員です。

先日、警察に預けていた証拠品がようやく返還されました。週刊誌にネタを提供するのもアリですね。

さて、「気違い」が私の個人情報等をネットに晒したことから匿名で記事を書く意味が無くなりましたので冒頭のように会社名など公開することにいたしました。法律もマナーも関係ない「気違い」は無敵ですね。

そんな「気違い」でも怪しいNPO法人絡みで協力者がいるようで、部屋探しを装って来店し、こちらの動きの探りを入れてきたりしています。当社の入居者の中にも協力者がいて、警察に通報しました。

3月23日に家主との和解が成立して家主が51万円の立ち退き料を払ったことで4月5日に出て行きましたが、私の被害届と告訴は撤回しません。27年間で最悪の入居者です。まさに、正真正銘の気違いサイコパスです。そのあたりの経緯は後日詳細にアップします。いろいろあって、私はこの家主も赦しませんが。

相当な被害を被りましたが、一番悪いのは、そういう人間だと知っていながら不動産会社や家主に黙っていた武蔵村山市と立川市の生活福祉課です。市の職員は市民が安全快適に日々の生活が送れるよう努めなければならないものでしょうが、自分たちの保身しか考えていません。

そういう人間だと判っているなら、本来「こういう状況の人がいますが、何かありましたら役所も全力でフォローしますので、家主さん、ご理解頂けますか?、不動産屋さん、ご協力頂けますか?」と言うのが当たり前。トラブルが起きたら「我々の仕事は生活保護受給者に保護費を渡すところまで」「個人情報保護法がありますので何もお伝えできません」と逃げるのは不誠実。百歩譲って法的に間違っていないとしても道義的に正しくないのは明白。私が生活福祉課の職員を「人間のクズ」と呼ぶ所以であります。

両立しないのであれば、護るべきは「福祉を食い物にしている気違いの人権」なのか、「マトモに働いて納税している一般市民の人権」なのか、考えなくても分かりそうなものですが。

最近も、その気違いがいろんなHNを使ってこのブログにコメントを入れてきています。自分であちこちに誹謗中傷の書き込みをしていながら「ドス黒い噂が出るわ出るわ」などと書き込んでいます。「気違い」が患っている精神病は娘さんに遺伝するものなので、可愛い娘さんではありますが他人事ながら本当に心配です。だいいち、そんな「気違い」にマトモに子供が育てられるハズがありませんし。児童相談所も当分は娘さんを父親である気違いのもとに返さないでしょう。いい仕事をしています。

いちおうこちらに書いておきますが、もし私が不審死することがあったなら、その「気違い」を真っ先に疑ってください。事故と思われるような死に方をしても、です。そういう知恵は廻る男ですから。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて、この記事は、「悪徳不動産屋の独り言」というブログを運営する管理人の基本的な考え方やスタンスをご理解頂くためのものです。したがってこの先は常に本記事がトップに表示されるよう設定します。

本ブログは主に不動産屋として日常業務の中で、お客様や家主様、同業者との間で起きた実話を基に私の主観で書いたものです。業界ブログではありますが、記事のカテゴリーは多岐に亘っていまして、全て私の独断と偏見によるもの(?)です。

もちろん、人を傷つけるのが目的のサイトではありませんが、私の素性も公開しましたので、とくに問題が有りそうな記事は非公開にいたしました。公開されている記事の中には「私が特定されることで本人には(書かれているのが)自分の事と判る」ものもあるかと存じます。

個人情報保護法に違反する記事(第三者に個人を特定できる内容)は無い、と思っておりますが、お気付きの点がありましたらご指摘頂けたら、と存じます。ただし、当事者による単に「不愉快」という理由の場合は非公開に変更することはいたしません。

私の業界記事は「市井の多くの不動産屋の本音」だと思います。客観的に事実を見つめ、不動産屋、家主、消費者、が互いの本音を知り理解することは、快適なアパート暮らしや健全な賃貸ビジネスのためにとても重要なもの、と考えます。

頂いたコメントは、私に対する批判だから、という理由で削除することはありませんが、善意か悪意かに関係なく、他の読み手さんに誤解を生じかねないものや、最低限のマナーを弁えない一方的な誹謗中傷や、自分と違う意見には耳を傾けないことが明らかなコメントは削除したり、返信しないことがあります。反対意見や批判であっても全くかまいませんが、趣旨をちゃんと理解して、空気だけは読んでください。

また、HN未記入、「通りすがり」及びそれに準ずるHNの方からのコメントには内容の如何に関わらず返信をしないことがあります。たまに何かのキーワードで飛んで来て、記事をちゃんと読まずに傲慢な荒らしコメントを入れて自分だけ喜んでいる「カミツキガメ」と揶揄されている人たちからコメントが入ることもあります。そういうのも含めて楽しんでお読み頂けたらと存じます。

元々は独立している自分の子供たちに、後々「私の生き様や価値観」を知ってもらうために書き始めたもので、本来は遺言書のような意味合いのものでしたが、いつの間にか多くの皆さんに読んで頂くようになり、週刊誌や新聞でも取り上げられ、本としても出版されて、ラジオ番組(吉田照美のやる気満々;番組は終了)の「午後2時の興味津々」のコーナーにゲストとしてお招き頂き、日本テレビのバラエティ番組「バカなフリして聞いてみた」にも2週に亘って出演させて頂きました。4年前はマツコデラックスさんのトーク番組にもお招き頂き、収録も終わっていましたが、番組自体が消滅してしまいました。同様に「有吉ゼミ」からもオファーを頂きましたが、企画が流れてしまいとても残念です。何と言っても、私が一番大好きな女性タレントと共演させて頂ける話だったので。でも、また別の番組からお声が掛かったりしています。2018年は、テレ朝の「東京らふストーリー」にも出演させて頂きました。ブログ様様ですね。

ちなみに私の本、著者名は私の亡くなった父親の名前です。五月書房さんから「著者名、どうしますか?」と訊かれて、「親父の名前がこんな形ででも残せれば・・・」と思って決めました。無断借用です^_^;

私の著書、多摩地域の公立図書館にはたいてい置いてあるようです。もちろん立川市の図書館にも。

当ブログ、「一番読んで欲しい私の子供たちは誰も読んでくれていないもの」と思っていましたが、次男からはたまにコメントが入りますし、末娘も時々読んでくれているようです。財産を遺さない(遺せない)父親からのメッセージなんで、長男も、私が死んだ後にでも少しずつ読んでくれたら嬉しいです。

長く続けているので、記事数は5755話、累計アクセス数は2000万を超え、頂いたコメントも14114件にもなりました(令和元年5月20日現在)。誹謗中傷コメントを除き、全てに返信していることが私の誇りです。


現在、業界紙「住宅新報」(週刊)にて紙上ブログを10年間に亘って連載中!



※ この記事の内容は、随時変更していきます。
posted by poohpapa at 00:00| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

京都府警察特殊詐欺被害防止替え歌「サギの流行歌」

京都府警が作った(松坂慶子「愛の水中花」の)替え歌、よくできている (^^♪

https://www.youtube.com/watch?v=fPnpf62bjwg

posted by poohpapa at 09:23| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元自衛官、て情報は必要??

大阪で交番の巡査が刺されて拳銃を奪われた事件で、犯人が逮捕されたのは喜ばしいことだが、マスコミが容疑者を「元自衛官」と報道しているのはおかしい。自衛官を辞めて無職でいて、というならともかく、現在はゴルフ練習場のアルバイトなんだし。もし私が同じ事件を起こしたなら、元眼鏡卸会社社員などと呼ぶワケがない。待ってました、とばかりに今の仕事での「不動産会社経営」と言われるハズ。

「元自衛官」ということで拳銃の扱いにも慣れていたかも、というのも後で繋がったこと。

元教員、元警察官、元自衛官、なんかは仕方ないにしても、前職は事件と関係ない話。

マスコミの自衛隊に対する悪意を感じる。

posted by poohpapa at 08:35| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

急遽、夏の旅行を申し込んだ

先日、JCBトラベルからハガキが届いた。

それによると、JCBトラベルで顧客に専属の担当が付くようになった、とのことで、私のご担当はYさん。丁寧に手書きで挨拶のメッセージが添えられているのに感激。

ザ・クラスカードの会員だけでも3万人ほどいるのだから、JCBトラベルの社員が何人いるか不明だが、もし100人だとすると、一人で300人を受け持つことになるし、プラチナ会員やゴールド会員を含めたら、一人で1000人以上を受け持つことになる。皆が皆、同じ時期に旅行するとは限らないから上手く回していけるものか。それにしても繁忙期は専任の担当者なんか付けていたら逆に大変だろう。

客の側からすると、いつも同じ人が担当してくれると安心感があるし相談しやすい。私の名前とカード番号を伝えると、いちいちパスポートナンバーなど伝えなくても直ぐに予約の手配ができる。

と勝手にあれこれ想像していたのだが・・・、

ご担当のYさんに伺うと、専任スタッフは10名ほどで、一人が最大15人ほどを担当していて、毎年利用して頂いているお客様に専任のスタッフが付くようになったとか。てことは、私はJCBトラベルの顧客の上位150名に入っているのか・・・、それは凄い優越感。それもこれも旅仲間さんのお陰。私一人が何度旅行したところで専任のスタッフは付かないものだろう。

で、早速、夏の旅行を予約した。この夏は諸般の事情で「どこにも行かない」と決めて諦めていて、いつもの旅仲間さんから誘われていた個人旅行でのドイツも断念していたが、やはり旅仲間でもある横浜のTさんから「台湾に行かない?」とお誘いがあって、台湾なら何とかなるかも、と考えた。親日的な台湾は2年半前の2017年のお正月に一人旅をしていて、何度でも行きたい、と思えるし。

個人旅行は楽できて良いが、ヨーロッパだと、航空券やホテル、ガイド料、土産物代なんかで一人40万は掛かるので今年は断念。だが、台湾なら8月に行っても何やかやで10万くらいで上がりそう。ペルー、クロアチア、そして去年のイタリア、と3年連続で海外をご一緒した横浜のTさんと二人参加。

内容は、「台湾縦断と台湾新幹線乗車体験・ライトアップ九ふん4日間

宿泊ホテルは1日目はスーペリアクラス、2日目はデラックスクラスにアップグレードされて、3日目は台湾で最高のホテルである圓山大飯店。観光バスは新幹線のグランクラスと同じで横に2−1の座席。ツアー定員もそれに合わせて26名。Tさんの歯ぎしりと私の鼾を互いに我慢すれば快適な旅になる。

それにしても、いくら土産物店に立ち寄ってバックマージンが入るからと言っても、LCCではない往復の航空券や3泊分の高級ホテルの宿泊代、添乗員や現地ガイドも観光も食事もすべて付いて59900円という旅行代金はどうやったら可能になるものか、まったくもって不思議である。帰ってこれるのかな。

ところで、茨城の歯医者さんご夫妻からも「夏にカンボジアをご一緒しませんか?」と誘われていて、それも辞退していたのだが、そのカンボジアツアーの成田帰着は我々の出発日。もしかすると空港で会えるかな、と期待していたのだが、帰着は早朝で我々の出発は夕方。なかなかうまくいかないものだ。

この夏、どこにも行かないつもりだったのに2ヶ月後には機上の人・・・、今からワクワクしている ♪


posted by poohpapa at 05:11| Comment(4) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

こんな年寄りにはなりたくないもの

先ず、更新を休んでいる間にお見舞いの電話やメールを頂いておりまして御礼申し上げます。症状は・・・、日々波がありますね。なのでしばらくは更新したり休んだりを繰り返すかも、であります。完全に途絶えたら、まあ1ヶ月くらい更新がなかったら、「野郎、ついに運が尽きたか」と思ってください。


さて本題、

数日前、駅前の銀行に行こうとして、表通りから路地に入ったら、引越し業者のトラックが2台停まって作業をしていた。歩行者や自転車は横を通り抜けられるが、バイクくらいになるとキツい。

私が横を通ろうとしたら向こうからライトバンが来て、トラックの後ろで年配の女性を降ろした。ライトバンを運転していたのは70歳くらいの老人で、女性の旦那であろう。方向転換するもの、と思って見ていたら、全く動かない。前方を塞いでいる引越し業者のトラックが移動するのを待っている。「公共の道路を塞いでいるのはアンタらのほうで、私は方向転換する気はないよ」と無言の圧力を掛けている。

ライトバンは裏の路地の四つ角で停まっていて、バックすれば簡単に右折できて表通りに出られる。遠回りになったとしても100mくらいのもの。引越し業者のトラック2台の作業を中断させて移動させるより、自分が回り道することのほうが合理的、とは考えないものだろうか。あるいは、バックや方向転換が苦手だったとしても、そして作業員が「直ぐ移動しますので」と言ったとしても、直進しなければ目的地に到達できない、というなら話は別だが、普通は「私が廻るから大丈夫だよ」と言うと思う。

だいたいが、移動して、また元の位置に戻って作業をやり直すのは大変、と想像できそうなもの。気になって、私が引き返して老人に「そこで簡単に方向転換できますよ。作業中の引越し屋さんのトラックを移動させなくても宜しいのでは」と言ってやろうと思ったが、もうトラックは2台とも動き始めていた。

表にいた作業員に「大変ですね」と声を掛けたら、「いいえ、こういう仕事をしていると、こんなことはしょっちゅうあるんで大丈夫ですよ、気にしていません」と言っていた。余計なお世話だったが、苦労を解かってくれている人もいる、ということで少しは気が楽になってくれたら嬉しい。私も、この仕事をしていて、家主さんや入居者さんが管理会社の苦労を解かっていてくださると凄く嬉しいから。

逆走とか、アクセルとブレーキを踏み間違えた、というのとは違うが、こういうのも老害なんだろうか。「公共の道路を塞いでいるのは引越し業者、だから引越し業者が移動すべき」というのは間違いではないが、正しくもない。ちょっとした気配りで互いに気持ちよく一日が過ごせるのに、その爺さん、無駄に歳をとっている。この爺さん、そういう人間性なら免許を返納したほうが良いだろう。

posted by poohpapa at 05:04| Comment(4) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

もう少し、記事の更新をお休みさせて頂きます、すみません

昨晩も、夕食をとり初めてすぐに自律神経失調症の症状が強く出て食事を中断しました。

出るか出ないか、いつ出るか、というのが全く分からなくて突然に表れます。気持ち悪いものです。

原因はストレス(ほぼ対人関係)で、誰もが罹りえる病気なので、皆さんもお気を付けください。

posted by poohpapa at 05:54| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

記事の更新をしばらくお休みさせて頂きます

なんか、ここ数日、自律神経失調症の症状が強く出ていて気持ち悪いのです。

「気持ち悪い=吐き気がする」ではありません。そういうのとは違います。心臓がこのまま止まるかな・・・、みたいな感じです。浴槽に浸かってリラックスしていても、トイレで座っていても、歩いていても、PCに向かっていても、その時にストレスを感じていなくても症状が出る時は出ます。突然に、です。

いつも訪問してくださっている皆さんには申し訳ありませんが、ご了承ください。

あと、沙耶さん、コメントの返信、お待ちくださいね、すみません。



posted by poohpapa at 06:08| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

かもめの玉子りんご&メロン

毎度のことだが、岩手のたぁさんから「かもめの玉子りんご」と、同じく「メロン」が送られてきた。期間も販売地も限定で、こちらではなかなか手に入らないもの。普通のと夏だより(レモン味?)は伊勢丹の地下でも見掛けるけど。りんご味は co-op の通販で予約して入手したらしい。

先週第一便で、りんご味とプーさんグッズと猫グッズがドーンと送られてきて、当然に「それで終わり」だと思っていたのだが、昨日、第二便でメロン味が(私がバラ撒くのを想定した量で)送られてきた。

頂くほうとしては凄く嬉しいんだけど、「これ、月収の半分くらい遣ってるんじゃないの?」と心配になるほど。後で「生活費を貸して」とか言ってこないだろうな・・・。いえね、うちの入居者の中には「カネを貸してもらえないか、でないと家賃が払えなくなるから」と言ってくる奴もいるし、まるで脅迫だわさ。

「知らねえよ、なんで不動産屋が、家賃を払ってもらうために生活費を貸さなきゃならないんだよ!?」と言いたくなったけど、家主さんのお人柄がとても良く、ふだんからこちらの苦労や辛さを解かっていてくださる人なので、その時は貸して家賃を払ってもらい、半年後くらいに返してはもらった。

その時の入居者が今どうなっているか、と言えば・・・、

昨年の1月から18ヶ月も、全く家賃を払わずに滞納している。もちろん、督促はしているが、その度に「来月の20日には必ず」「私が払うと言ってるんだから払うんだよ」と言いながら毎度毎度約束を違えている。今、弁護士さんに依頼中。凄く病弱な奥さんがいるし本人も88歳と高齢なので、追い出しを躊躇っていた私と家主さんの判断ミス。もっと早くに問答無用で弁護士さんに依頼して追い出すべきだった。

最後のほうでは私に、「私はアンタみたいなチンピラとは話をしない」などと言っていて、「ご迷惑をお掛けして本当に申し訳ありません」という態度ではないから、こんな年寄りは死んでくれたら有り難い。以前に AK さんからコメント欄でアドバイスして頂いたように、今までの滞納家賃は諦めて即時退去してもらうように話を進めることになると思う。だが、向こうは裁判に持ち込んで控訴や上告で時間稼ぎしてこの先も少しでも長くタダで入居しようとするだろうな、転居先など見つかるワケ無いのだから。

あ、たぁさんとその悪質滞納者が同じ、と言ってるんじゃないし、たぁさんが先々そうなるかも、と心配しているんじゃないよ。だけど、それくらい大量に送ってきてくれた。だいたいが、普通は「うちで食べる分」しか送ってこないよね。私の「バラ撒きクセ」を知っていて、その分まで送ってきてくれるのは、ほんと、たぁさんだけ。それこそ「知らねえよ、バラ撒く分は自分で買いなよ」になって当たり前なのだし。

「こっちから送ってもらいたいモン、何か無い?」と訊いたけど、「大丈夫、今のところ足りてるから」とのこと。それが怖い・・・。富士山の噴火も有り得るし近いかも、と専門家は予測しているから、それと似てたら怖いものがある。溜めに溜めてドッカーン、なんてならなきゃいいけど (^◇^)

ちなみに、私はアップルパイみたいに火を通した果実は好きではないのだが、この「かもめの玉子りんご」はそういう欠片が入っているけどメチャウマ。メロンは今日これから食べるけどもっと美味しいかも。

やはり、人間、美味しい物を食べている時が一番幸せ、だと思う。たぁさんに心から感謝 (^^♪



posted by poohpapa at 06:07| Comment(2) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

よくよく考えたら怖いメール

先日、こんなメールが届いた。


本日、5月31日(金)12時頃に配信いたしました埼玉西武ライオンズからのメールマガジンにおいて、本来お送りすべきではないメールアドレスに、誤って配信していることが判明致しました。
誤配信の対象の方々は、埼玉西武ライオンズのメールマガジンを過去に一度ご登録いただき、その後、配信停止の登録をされた方々でございます。

このたびは、お客様にご迷惑およびご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
本日メールマガジンを誤って配信いたしましたが、お客様の配信停止の登録処理は完了しており、今後は同様のメールマガジンをお送りすることはございません。

誤配信の発生原因は、配信時の人為的な運用ミスによるものであります。なお、誤配信によるお客様の個人情報の漏洩などは一切ございません。

本件の事態を重く受け止め、今後このようなことがないよう、再発防止に努めてまいります。

本件につきまして、ご不明点がございましたら
大変お手数ではございますが、以下よりお問い合わせをお願いいたします。

===========
発行:埼玉西武ライオンズファンクラブ
電話によるお問合せ:
埼玉西武ライオンズファンクラブインフォメーションセンター
TEL:03-5697-3265(通常:10:00〜18:00)
※6月1日(土)・2日(日)はお休みを頂いております。
Webからのお問い合わせ:
https://www.seibulions.jp/expansion/inquiry.html
===========


私は西武ライオンズのファンクラブの会員ではない。なのに、どうして私のメールアドレスが西武ライオンズの会員名簿に登録されているのか。「本来お送りすべきではないメールアドレスに、誤って配信していることが判明致しました」とあるが、「本来お送りすべきでない」と言うより、ただ単に「会員登録されていないメールアドレスに」の誤りだし、どういう経緯で登録されているのか知りたいもの。

「誤配信の対象の方々は、埼玉西武ライオンズのメールマガジンを過去に一度ご登録いただき、その後、配信停止の登録をされた方々でございます」とのことだが、私は過去に埼玉西武ライオンズのメールマガジンを登録したことも、当然に配信停止にしたことも無い。言い訳からして間違っている。

「誤配信の発生原因は、配信時の人為的な運用ミス」と言うが、そうかも知れないけど、どうして会員登録していない私のアドレスが登録されているか、が問題。「誤配信によるお客様の個人情報の漏洩などは一切ございません」とも言うが、どこからか漏れてきて登録されているんだから説得力が無い話。そっちは漏らさないつもりでも易々と侵入されているのだから「絶対に情報は漏れない」という保証はない。

西武ライオンズ側としては、問い合わせや抗議の連絡があって初めて知ったんだろう。謝罪のメールは会員や会員とされている無関係な人に一斉に送られているもの。まさかに「会員でない人は名乗り出てください」とも書けないだろうけど、まあ、いろんな企業や組織に個人情報が漏れているんだろう。

この話、私は放っておくけど、やがてはクレジットカードの不正利用なんかにも繋がっていくんだろう。よくよく考えたら怖い話。そのうち、行ったことも無いキャバクラや使ったことも無いデリヘルから「いつもご利用頂きまして有り難うございます。当店のプラチナ会員様に特別割引クーポンをお送りします」とかの案内が届いたりして・・・。そういうのなら大歓迎なんだけどな (^◇^)


posted by poohpapa at 05:20| Comment(4) | 出入りの業者、各種営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

じゃがポックル狂想曲 2

先週の水曜日に伊勢丹の大北海道展で「じゃがポックル」を5箱買ってきて、うちら夫婦の分を2箱とった残り+金曜日に買い増しした5箱=8箱は私の周りの「じゃがポックル大好き」という人たちに分けて差し上げていて、昨日が最終日・・・。初日こそ900箱の販売だったが木曜日から日曜日までは一日200箱。そして、昨日は100箱しか販売しない。うちのお客さんが昨日、果敢にチャレンジしたようだ。

夕方、顔を合わせたので「どうだった?、結局、行ったの?」と訊くと、「行きました、ギリギリで買えました」とのこと。お一人様5箱まで、という制限があって、売り場に並んで自分の順番が来た時には台の上には10箱くらいしか残っておらず、自分の後ろには長い行列があった、とのこと。

それで、そのお客さん、どうしたかと言うと、後ろの人のことを考えて2箱しか買わなかったとか・・・。「そんなこと気にしなくて良かったのに。逆の立場で、他のお客さんが『自分の後ろにもじゃがポックルを買いたい』と並んでいる人がいても気を遣うか、と言ったら、たぶん『間に合って良かったあ』と5箱買ってしまうと思うよ。どうしても欲しいならもっと早く来て並べばいいだけの事じゃん」と言ってやった。

後ろに並んでいるのが知り合いだった、というなら話は別だが、私なら5箱ゲットして「ざまあみろ!」である。だいいち、自分が2箱で我慢したことで後ろに並んでいた人の全員がゲットできる、というなら話は別だが、そういうケースでは誰もそんなことを気遣ったりしないもの。まあ、根っから優しいんだろう。

さて、次回の大北海道展にも来るかどうかは不明だが、今回、何時までにどのようにして売り場に行けばゲットできるか、が判ったので、次回も来るならチャレンジしたい。皆に分けるために (^^♪

posted by poohpapa at 05:11| Comment(2) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする