2222年01月01日

当ブログの考え方

当ブログ「悪徳不動産屋の独り言」の管理人で、東京都下の立川市で主として不動産賃貸仲介管理業を営んでいる(株)坂口有吉不動産の坂口久夫と申します。どうぞ宜しくお願いします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先ず初めに、平成28年4月5日まで当社管理物件に立川市と武蔵村山市の生活福祉課の極めて不誠実な対応により生活保護の精神異常者が入居していて、当社名で検索するとその男による当社を誹謗中傷する記事や書き込みが無数に出てきます。立川警察には被害届と告訴状を受理してもらいました。家主も当社も甚大な被害を受けています。どちらの言い分が正しいか、何が真実なのかは皆さんそれぞれがお考えください。中には、いかにも第三者を装って書きこんでいるものや、家主や私の個人名を使ってコメントしているものもあります。精神異常者ですがそういう悪知恵は働きます。

その男、当社の車にペンキを掛けたり何箇所も引っ掻き傷を付けたり唾を吐きかけたり、当社のウィンドーに何度も唾を掛けたり生卵を投げつけたり、当社名であちこちに卑猥な文面の葉書などを送っていて、切手不足で戻ってきた葉書は70枚ほどあります。やることがセコイですね。

私の個人情報をネットで晒し、間抜けにも私の自宅を特定したつもりで間違った家の写真をネットにアップしています。何か仕掛けるほどの度胸は無く、「何かしてくるのでは」という恐怖感を与えるのが狙いですね。警察の話では「もう立派な犯罪」とのことで、逮捕間近と聞いていましたが、立川警察は捜査をしていませんでした。「そういうのは精神異常者かどうかは関係ありません」と言ってましたが、立件しても公判の維持ができないのでやりたくないんでしょう。立川警察も市役所と同じ、所詮は公務員です。

先日、警察に預けていた証拠品がようやく返還されました。週刊誌にネタを提供するのもアリですね。

さて、「気違い」が私の個人情報等をネットに晒したことから匿名で記事を書く意味が無くなりましたので冒頭のように会社名など公開することにいたしました。法律もマナーも関係ない「気違い」は無敵ですね。

そんな「気違い」でも怪しいNPO法人絡みで協力者がいるようで、部屋探しを装って来店し、こちらの動きの探りを入れてきたりしています。当社の入居者の中にも協力者がいて、警察に通報しました。

3月23日に家主との和解が成立して家主が51万円の立ち退き料を払ったことで4月5日に出て行きましたが、私の被害届と告訴は撤回しません。27年間で最悪の入居者です。まさに、正真正銘の気違いサイコパスです。そのあたりの経緯は後日詳細にアップします。いろいろあって、私はこの家主も赦しませんが。

相当な被害を被りましたが、一番悪いのは、そういう人間だと知っていながら不動産会社や家主に黙っていた武蔵村山市と立川市の生活福祉課です。市の職員は市民が安全快適に日々の生活が送れるよう努めなければならないものでしょうが、自分たちの保身しか考えていません。

そういう人間だと判っているなら、本来「こういう状況の人がいますが、何かありましたら役所も全力でフォローしますので、家主さん、ご理解頂けますか?、不動産屋さん、ご協力頂けますか?」と言うのが当たり前。トラブルが起きたら「我々の仕事は生活保護受給者に保護費を渡すところまで」「個人情報保護法がありますので何もお伝えできません」と逃げるのは不誠実。百歩譲って法的に間違っていないとしても道義的に正しくないのは明白。私が生活福祉課の職員を「人間のクズ」と呼ぶ所以であります。

両立しないのであれば、護るべきは「福祉を食い物にしている気違いの人権」なのか、「マトモに働いて納税している一般市民の人権」なのか、考えなくても分かりそうなものですが。

最近も、その気違いがいろんなHNを使ってこのブログにコメントを入れてきています。自分であちこちに誹謗中傷の書き込みをしていながら「ドス黒い噂が出るわ出るわ」などと書き込んでいます。「気違い」が患っている精神病は娘さんに遺伝するものなので、可愛い娘さんではありますが他人事ながら本当に心配です。だいいち、そんな「気違い」にマトモに子供が育てられるハズがありませんし。児童相談所も当分は娘さんを父親である気違いのもとに返さないでしょう。いい仕事をしています。

いちおうこちらに書いておきますが、もし私が不審死することがあったなら、その「気違い」を真っ先に疑ってください。事故と思われるような死に方をしても、です。そういう知恵は廻る男ですから。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて、この記事は、2004年2月19日に開設した「悪徳不動産屋の独り言」というブログを運営する管理人の基本的な考え方やスタンスをご理解頂くためのものです。したがってこの先は常に本記事がトップに表示されるよう設定します。

本ブログは主に不動産屋として日常業務の中で、お客様や家主様、同業者との間で起きた実話を基に私の主観で書いたものです。業界ブログではありますが、記事のカテゴリーは多岐に亘っていまして、全て私の独断と偏見によるもの(?)です。

もちろん、人を傷つけるのが目的のサイトではありませんが、私の素性も公開しましたので、とくに問題が有りそうな記事は非公開にいたしました。公開されている記事の中には「私が特定されることで本人には(書かれているのが)自分の事と判る」ものもあるかと存じます。

個人情報保護法に違反する記事(第三者に個人を特定できる内容)は無い、と思っておりますが、お気付きの点がありましたらご指摘頂けたら、と存じます。ただし、当事者による単に「不愉快」という理由の場合は非公開に変更することはいたしません。

私の業界記事は「市井の多くの不動産屋の本音」だと思います。客観的に事実を見つめ、不動産屋、家主、消費者、が互いの本音を知り理解することは、快適なアパート暮らしや健全な賃貸ビジネスのためにとても重要なもの、と考えます。

頂いたコメントは、私に対する批判だから、という理由で削除することはありませんが、善意か悪意かに関係なく、他の読み手さんに誤解を生じかねないものや、最低限のマナーを弁えない一方的な誹謗中傷や、自分と違う意見には耳を傾けないことが明らかなコメントは削除したり、返信しないことがあります。反対意見や批判であっても全くかまいませんが、趣旨をちゃんと理解して、空気だけは読んでください。

また、HN未記入、「通りすがり」及びそれに準ずるHNの方からのコメントには内容の如何に関わらず返信をしないことがあります。たまに何かのキーワードで飛んで来て、記事をちゃんと読まずに傲慢な荒らしコメントを入れて自分だけ喜んでいる「カミツキガメ」と揶揄されている人たちからコメントが入ることもあります。削除されずに残っていたら、そういうのも含めて楽しんでお読み頂けたらと存じます。

元々は独立している自分の子供たちに、後々「私の生き様や価値観」を知ってもらうために書き始めたもので、本来は遺言書のような意味合いのものでしたが、いつの間にか多くの皆さんに読んで頂くようになり、週刊誌や新聞でも取り上げられ、本としても出版されて、ラジオ番組(吉田照美のやる気満々;番組は終了)の「午後2時の興味津々」のコーナーにゲストとしてお招き頂き、日本テレビのバラエティ番組「バカなフリして聞いてみた」にも2週に亘って出演させて頂きました。9年前はマツコデラックスさんのトーク番組にもお招き頂き、収録も終わっていましたが、番組自体が消滅してしまいました。同様に「有吉ゼミ」からもオファーを頂きましたが、企画が流れてしまいとても残念です。何と言っても、私が一番大好きな女性タレントと共演させて頂ける話だったので。でも、また別の番組からお声が掛かったりしています。2018年は、テレ朝の「東京らふストーリー」にも出演させて頂きました。ブログ様様ですね。

ちなみに私の本、著者名は私の亡くなった父親の名前です。五月書房さんから「著者名、どうしますか?」と訊かれて、「親父の名前がこんな形ででも残せれば・・・」と思って決めました。無断借用です^_^;

私の著書、多摩地域の公立図書館にはたいてい置いてあるようです。もちろん立川市の図書館にも。

当ブログ、「一番読んで欲しい私の子供たちは誰も読んでくれていないもの」と思っていましたが、次男からはたまにコメントが入ります。財産を遺さない(遺せない)父親からのメッセージなので、長男も、私が死んだ後にでも少しずつ読んでくれたら嬉しいです。借金を返さないので末娘とは親子の縁を切りました。

長く続けているので、累計アクセス数は2019年の1月に2000万を超え、令和6年02月14日現在で、記事数は7531話、頂いたコメントも17377件にもなりました。誹謗中傷コメントを除き、全てに返信していることが私の誇りです。

業界紙「住宅新報」(週刊)にて連載させて頂いている紙上ブログも、一度も休まず14年続いています!


※ この記事の内容は、随時変更していきます。
posted by poohpapa at 00:00| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月17日

Jonathan's の今日のモーニングは8時から、なんだとか・・・

仲良くしている Jonathan's のスタッフから昨晩ご連絡を頂き、今日のモーニングは8時から、とか・・・。

有り難いよね。知らずにいつもどおり行ってたら外で1時間待つことになるか、諦めて帰ることになっていたかも。ただし、私以外のモーニング常連客は「そのこと」を知らないから予定が狂うよね。私も、モーニングの後で床屋さんを予約しているから「9時過ぎに変更できるか」確認しないとね。ダメなら来週にしよう。

なんでも、空調設備に不具合があって急遽点検が入るらしい。いつも、入居している施設から歩行補助器を押しながらゆっくりゆっくり来ている高齢婦人がいるんだけど、知らせようがないんだよね、困った・・・。施設は、我が家と Jonathan's の中間くらいにあるんだけど、まさか6時半くらいから前で待つワケにもいかないし。施設に電話したなら迷惑だろうし・・・。こんど連絡先(携帯番号)訊いておこうかな、と思う。

posted by poohpapa at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月16日

YOASOBI

と言っても、アイドル、歌手の YOASOBI の話じゃないよ。

うちの保護猫のみーちゃん、毎朝7時過ぎに出ていって、夕方ほぼ定刻に帰ってきて、適当に餌を食べて、うちのが就寝する11時半過ぎまでの間に2度ほど散歩に出かける。たいていは10分ほどで帰ってくるからウッドデッキ側の窓を開けて中に入れてあげるんだけど、一昨日と昨日は、11時ごろ散歩に出て、うちのが就寝する時までに戻ってこなかったので、シャッターを下ろしてうちのが就寝、つまり閉め出し。

この二日は暖かかったとはいえ家の中のほうが快適だと思うんだけどな・・・。餌を欲しそうな様子が見えれば贅沢な(高級な)餌を出してもらえるのだし、うちのや私の膝の上でグッスリ寝てたりしているし・・・。

ほぼ飼猫だけど、野良の気持ちはよう解からん。夜も縄張りのチェックに出掛けてるのか、ナンパに行ってるのか。たまに、ウッドデッキの下からシャーシャーと猫同士が喧嘩する声が聞こえてくる。片方はみーちゃんだろうけど、最近はすっかり優しい眼つきになってるから縄張りも他の猫に奪われているだろうな。

縄張りも可愛いネエチャン猫も他の雄野良にくれてやんなよ。うちの家がおまえの縄張りでいいじゃん。

みーちゃんは推定14歳くらい、人間の年齢に換算すればEDの私とほぼ同年代。夜遊びもほどほどに。

posted by poohpapa at 07:07| Comment(4) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月15日

運転免許、剥奪されそう

全問正解は天才! 高齢者講習などでも行われる動体視力テストに挑戦!

動体視力には自信があったけど、3問に1問は間違えてるなあ・・・。もう3年ちかく車の運転はしていないし、どのみち次の更新(2026年01月13日まで有効)では返上するつもりでいたけど、もう危ないな。

ボケ防止のために、街で行き交う車のナンバープレートを見て「4つの数字で10にする」10パズルをしていて、次の車が来るまでの数秒で回答する訓練(?)をしているけど、ほんと、危ないわあ・・・。私の周りにも、正直、「免許を返上したほうがいいよ」と言いたくなる人、何人かいるけどね。他人事じゃないよな。

幸か不幸か、都会で暮らしていると田舎と違って「車の所有と運転が絶対必要」じゃないしね。30歳で免許を取って42年・・・、一度だけお釜を彫ったけど大きな事故は起こさず、よく遭わずに済んでいたもの。

そういえば、この1週間で109021歩も歩いていて、距離にすると、およそ50km、1日平均で7kmだから歩きすぎだろな。毎週、と言うか、ここ数年は平均して週に10万歩は超えている。少し控えよう (^^♪

テレ東の「路線バスの旅」なんかで、若い女性タレントが10分も歩かされると不満タラタラだけど(^◇^)

免許の更新に行って、「あなたは動体視力でアウト」なんて言われたくないから、うん、自ら返上しよう。

posted by poohpapa at 07:17| Comment(5) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月14日

これは法律(この場合は警察官)のほうがおかしい

こんなメールが届いた。


「配送業者に課される駐車違反」

こちらのオンライン署名に賛同しませんか?

物流関係車両の駐禁問題に対する法改正を求めます

1,915人がMIRAI 安井さんのオンライン署名に賛同しました。目標賛同数2,500を一緒に目指しましょう!

私達は、配送業務中に監視員から違反切符を受け取るという経験があります。物量が多く一々パーキングに停めていては求められている配送業務は出来ません。都心部であればパーキング料金がかさみ、圧迫もされます。この問題は、私達だけでなく全国の物流関係者も同じような困難に直面しています。日本全国で約67万人(出典:日本貨物輸送協会)のドライバーが活動しており、その大部分がこの問題に直面しています。現行法では、荷物の配達中でも公道での駐車は禁止されています。しかし実際的な観点から見れば、これは非常に厳しい要求です。特定の地域や時間帯ではパーキングスペースが不足しており、また一部地域では荷物量や交通状況等からパーキングへ移動する事自体が困難です。したがって私達は政府と警察当局に対し以下を要求します。

物流関係車両に対する駐車違反の取り締まりを見直すこと。
配送業務中の駐車違反に対する罰則を緩和すること。

違反切符を切られるとその日の報酬が丸々なくなります。この様な事が起因で国が問題視しているドライバー不足問題にも直結しています。
この問題は私達物流関係者だけでなく、全国民が受けるサービスにも影響を与えます。配送業務が円滑に行われる事で、皆様の生活も便利で豊かなものとなります。
あなたの一票が私達物流関係者への大きな支えとなります。是非、この署名活動にご協力下さい。



コロナ禍で世の中の物流が滞り始めた時に、その先端で日本の物流を支えて我々の生活を廻してくれていたのは間違いなく宅配ドライバーだと思う。みんな不要不急の外出は避け、どうしても外出しなければならない時はマスクをして、という生活を強いられていたが、宅配ドライバーのお陰で生活が廻っていた。

だいたいが、宅配便のトラックなんか目の前の配達が終われば直ぐ移動するもの。動いているトラックの窓から「置き配」ならぬ「投げ配」などできるワケがなく、駐禁をとるぐらいなら警察官が配達してやれよ。

昨日たまたま、配達中の「仲良くしているドライバー」K氏に街で出会ったので、その件で少し話を聞いたら、「仲間のTが駐禁をとられたことがありますよ」とのこと。荷物が一個だけでなければ手押し車に何個も乗せて配達することもあるだろうし、集配に行けば時間が掛かることもあるだろう。もしかすると、違反切符を切ったのは警察官でなく駐車禁止監視員の爺さんかもだけど。知り合いの家を訪ねたり、買い物するのに店の駐車場が無くて路上に停めたというのじゃなく配達だよ。ならば救急車や消防車も駐禁とれよ。

まあ、それは屁理屈だけどね。で、「会社が反則金を出してくれるの?」と訊いたら、「車を歩道に少し乗り上げていたりして違反切符を切られた場合を除いては会社が出してくれます」とのこと。良かった・・・。でも、ゴールド免許じゃなくなってしまうから、免許の更新の際に面倒だったりするか・・・、気の毒だね。

私はコロナ以降、店に宅配ドライバーの方に差し上げる缶コーヒーやリポビタンDを置いていて、配達してくれたドライバーさんに必ず1本差し上げるようにしている。いや、当初はそうだったけど、今はクロネコの車輌を近所で見掛けると、店に戻って飲料を届けに行く。そういう費用は「惜しい」「無駄」とは思わない。

それは家でもそう。私がいなくても、うちのが渡してくれる。冬でも冷たい飲み物しか上げられないけど。先日は逆に、ドライバーさんから高級な佃煮を頂いた。帰宅して母親に「いつも飲み物をくれる店がある」と話したら、「だったら、これを届けてあげなさい」と持たされたんだとか。そんなつもりじゃないんだけど。

ドライバーに、「これから配達する冷凍便とかクール便の荷物、全部うちに置いていきなよ。そうすれば配達しなくて済むし、お互いに WinWin の関係になるだろうから」と言ったからかなあ。まあ、ご勘弁 (^^♪

これからも、(クロネコヤマトだけでなく)宅配ドライバーさんへの飲み物の提供は続けていきたいと思う。

posted by poohpapa at 07:27| Comment(4) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月13日

向こうが覚えていてくれて感激 (滝汗

昨日、伊勢丹に行ったら、ちょうど「また会いたいな」と思っていたご婦人にバッタリ会った。のだが・・・、

私はすっかり顔を忘れていたので「その人」だと気付かず、向こうからお声を掛けて頂いた。超資産家のご婦人である。ご主人は他界されていて、今は悠々自適な生活。私に、「主人は施設に入って亡くなったけど、施設なんか入るもんじゃないよ、入っちゃだめだよ」と言う。よほど嫌な思いをしたんだろな、と思う。

息子の嫁からは「義母さん、今のうちに夫の相続分を貰えないか」と言われていて、すっかり親のカネを当てにされているみたい。「下げマンだよ」とのこと。ご婦人は80歳だが私なんかより遥かに頭脳明晰。

「あそこのパン屋さんの奥に喫茶コーナーがあるからお茶しませんか?」と誘われ、望むところ。二人でアイスコーヒーを頼むことにしたが、代金を払おうとする・・・。「だめだめ、男に恥をかかせるものじゃありません」と言うと笑って納得。1時間ほどお喋り、ただし8割以上はご婦人が話していたけど勉強になった。

で、ここには書けないんだけど、ご婦人から「ある物」を頂いた。たまに他のルートで似たような物を頂くことはあるが、内容は似ていても「遥かにいい物」で、うちのが喜ぶ物。こんなのがあるんだねえ・・・、知らなかった。まあ、あっても不思議は無いけど。もしかすると、またお会いしたら頂けるかも、と期待している。ちなみに、ご婦人に負担は掛かってない物だから安心して頂くことができる。他にも頂いた物がある。

それは、ボールペン。「さっき上の階で3本買ってきたのよ。私は文房具が好きで集めていて、ボールペンだけでも50本くらいは持っているわよ」だと。「あ、私も同じです。私も筆記具を集めていますよ」と意気投合。そのボールペンは太字で、まるで筆ペンのような書き心地。それも、うちのが凄く喜んでくれた (^^♪

そうそう、以前に伊勢丹の地下のお菓子のコーナーで初めてお会いした時に、「これとこれが美味しいですよ。私はいろんな人に差し上げて喜んで頂いてます」とお薦めしていて、「あなたが薦めてくれたお菓子、買って帰ったら本当に美味しかったから私もまとめて買って、いろんな人に差し上げて喜んでもらったわよ」だと。なんか、趣味も、やってることも似ているなあ・・・。向こうは資産家だから、そこは違うけど。

別れ際に、「今度、奥様を連れて私の家に遊びにいらっしゃいよ」と仰って頂いた。うちのは行けないと思うから、近々私一人で訪問させてもらおう。ただし、ご婦人が今までに食べたことが無い「美味しいお菓子」を探さなければならないだろうな。それにしても、「ご縁」って、本当に面白いし有り難いものだねえ。

posted by poohpapa at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月12日

家のPCの不具合

昨日の朝、 PCの電源を入れたら、画面に「問題があってこのPCのPINは使えません」と出る。

設定し直すよう指示が出たのでいろいろ試してみたけど、「PWが間違っています」の繰り返し。仕方なく強制的に電源を落として、夕方、電源を入れてみたら普通に起動できた。朝の不具合はナンだったのか。

便利さは「不便さの裏返し」だよね。何でもPCやスマホに頼っていると大事なところで停滞したりしてね。

さて、他愛も無い話だけど、

一昨日、東急ストアに行って、「ヤマザキ 春のパン祭り」の景品、白いスマートボールを貰ってきた。今回の景品に必要なポイントは30ポイント。期間は長いけど、0.5点、1点、1.5点をチマチマ30ポイント貯めるのはしんどい。期限ギリギリでやっと貯まる、くらいに思っていたけど、終わってみれば意外と早かった。最初から1枚しかもらえないと思っていたし。この先も付いているポイントシールは誰かにあげよう。

ところで、30点分のシールを貼った台紙を東急のサービスカウンターに持って行ったら、スタッフのNさん、点数を確認しないで景品を出す。「数えなくていいの?」と訊いたら、「お顔を知ってる人の点数は数えません。信用してますから。初めての人だと数えますけどね」だと。そういうのは気持ちいい。なので、「棚にあるヤマザキパンに貼られているシールをバレないように剥がすのは大変でした」と言っておいた。

対応が気持ち良かったので持っていたお菓子を差し上げた。これで、私の「春のパン祭り」は終わった。

posted by poohpapa at 08:38| Comment(4) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月10日

こんな連絡を頂いた・・・

昨日、LINE に、こんな連絡を頂いた。

お相手は、以前に立川駅北口でティッシュを配っていらっしゃったご婦人。隔週で週に二度、立川でのシフトが入っていて、ティッシュを受け取る時にお声を掛けたり話し込んだりしていた。はい、営業妨害ね。

もう半年くらいお目に掛っていなかったけど LINE で繋がっていたし互いに電話番号も伝えていた (^^♪

そのご婦人、とてもお人柄が良く、最近、子宮頸癌の手術を受けられたとかで今も入院中。娘さん二人をパートの給料で育て上げていて、ご主人は(離婚して)いらっしゃらない。上のお嬢さんは就職している。私の離婚の話や肺癌手術の様子なども伝えてあって、明らかに私より生活は大変そう。家で留守番している娘さんを心配なさっていて、私に何かできることはないかな、と考えていたけど、できることは一つ。

「お嬢さんに美味しいお菓子をお送りしてもいいですか?」と訊いたらもの凄く喜んでくれた。了解を頂いたので、昨日、早速伊勢丹に行って、いろいろお菓子を取り揃えて送らせて頂いた。明日には届きそう。

ご自身の誕生日も病院のベッドの上で意識朦朧とする中で迎えたみたい。私が、元入居者の看護師長さんから聞いた「最近の抗癌剤が素晴らしく進歩している話」を伝えて激励したけど、少しは役に立ったかなあ・・・。退院したらお茶することを約束した。愚痴でも何でも、しっかりお話を伺って激励したいと思う。


※ ハリケーンさん、コメントの返信少々お待ちください。これから Jonathan's に行きますので。

posted by poohpapa at 06:45| Comment(2) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月09日

これもネットで拾ったネタ

これから「ネットで拾ったネタ」で記事を書くことが多くなりそう。昔は良かったなあ・・・、って (^^♪

00 山谷ブルース 〜 チューリップのアップリケ / 岡林信康

もう半世紀以上前のこと。「山谷ブルース」も「チューリップのアップリケ」も弾き語りできて、懐かしい。文化祭時に校内放送で、「生徒会長の坂口君、ギターを持って体育館の舞台の袖に来てください」と呼び出された。幕間に観客を待たせて間が持てなくなったみたい。やったのは「ふたつの手の思い出」だけど。

「ふたつの手の思い出」は、高校時代から今もお世話になっている先輩のM君が「こんな歌があるぞ」と教えてくれて、私が最初に弾き語りができるようになった曲。「遠い世界に」と並んで思い入れのある曲。

さて、岡林信康はトークが面白い。誰かのコンサートに行って、トークが下手だとガッカリするよね、ほんと。コンサートに行ったことは無いけど、さだまさしなんかもトークが上手そう。でもって、「チューリップのアップリケ」は何度聴いても涙が出るよ。うちの親父は靴職人ではなかったけど、家は貧乏だったから。

posted by poohpapa at 07:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月08日

男女の違い、だそうです

一昨日、スマホに届いた記事、

男は「好き」と嘘をつき
女は「嫌い」と嘘をつく

男は純情を隠すために「変態」を装い
女は変態を隠すために「純情」を装う

男は恋をして「強く」なり
女は恋をして「弱く」なる

男は愛して「弱く」なり
女は愛して「強く」なる

男は大人のふりをした「少年」であり
女は少女のふりをした「大人」である



ほぼ原文のまま。「 」 の位置をずらしたのと、最後の言葉を一部替えたけど。


最初の

男は「好き」と嘘をつき
女は「嫌い」と嘘をつく


は大いに納得。「嫌よ、嫌よ」も好きのうち、って。でも本当に嫌われてるのに気付かなかったりして。

男は純情を隠すために「変態」を装い

これはねえ「?」マークかな。装うのでなく、たかさんみたいに元々が変態、という男もいるしなあ (こら

女は愛して「強く」なる

は、妻として、でなく、出産して「母は強し」になるよね。子供ができても「父は強し」にならないもんな。女は十月十日、自分のお腹を痛めて出産するけど男はタダの傍観者で、半分だけ製造物責任者。時折り、我が子を虐待して死なせてしまう母親のニュースを目にするが、私には信じられないこと、狂気の沙汰。

女は少女のふりをした「大人」である

は、原文は、

女は少年のふりをした「大人」である

になっていたけど、少年だと「男」になってしまうから「少女」のほうがいいかな。

私は、これに、

男は間接的に伝聞で褒められるのを喜ぶが
女は直接的に目の前で褒められるのを喜ぶ


を加えたい。

男は「部長が先日、おまえのことを『凄い戦力』だと褒めていたよ」と聞けば、直接褒められるより嬉しいが、女は面と向かって「美しいですね」と言われなければ褒められた気がしないで「ふ〜ん」で終わる。


これから、このブログで「こういう記事」が増えると思う。(今なら解かる)格言がいろいろあるから (^^♪

posted by poohpapa at 07:16| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする