2222年01月01日

当ブログの考え方

当ブログ「悪徳不動産屋の独り言」の管理人で、東京都下の立川市で主として不動産賃貸仲介管理業を営んでいる(株)坂口有吉不動産の坂口久夫と申します。どうぞ宜しくお願いします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先ず初めに、平成28年4月5日まで当社管理物件に立川市と武蔵村山市の生活福祉課の極めて不誠実な対応により生活保護の精神異常者が入居していて、当社名で検索するとその男による当社を誹謗中傷する記事や書き込みが無数に出てきます。立川警察には被害届と告訴状を受理してもらいました。家主も当社も甚大な被害を受けています。どちらの言い分が正しいか、何が真実なのかは皆さんそれぞれがお考えください。中には、いかにも第三者を装って書きこんでいるものや、家主や私の個人名を使ってコメントしているものもあります。精神異常者ですがそういう悪知恵は働きます。

その男、当社の車にペンキを掛けたり何箇所も引っ掻き傷を付けたり唾を吐きかけたり、当社のウィンドーに何度も唾を掛けたり生卵を投げつけたり、当社名であちこちに卑猥な文面の葉書などを送っていて、切手不足で戻ってきた葉書は70枚ほどあります。やることがセコイですね。

私の個人情報をネットで晒し、間抜けにも私の自宅を特定したつもりで間違った家の写真をネットにアップしています。何か仕掛けるほどの度胸は無く、「何かしてくるのでは」という恐怖感を与えるのが狙いですね。警察の話では「もう立派な犯罪」とのことで、逮捕間近と聞いていましたが、立川警察は捜査をしていませんでした。「そういうのは精神異常者かどうかは関係ありません」と言ってましたが、立件しても公判の維持ができないのでやりたくないんでしょう。立川警察も市役所と同じ、所詮は公務員です。

先日、警察に預けていた証拠品がようやく返還されました。週刊誌にネタを提供するのもアリですね。

さて、「気違い」が私の個人情報等をネットに晒したことから匿名で記事を書く意味が無くなりましたので冒頭のように会社名など公開することにいたしました。法律もマナーも関係ない「気違い」は無敵ですね。

そんな「気違い」でも怪しいNPO法人絡みで協力者がいるようで、部屋探しを装って来店し、こちらの動きの探りを入れてきたりしています。当社の入居者の中にも協力者がいて、警察に通報しました。

3月23日に家主との和解が成立して家主が51万円の立ち退き料を払ったことで4月5日に出て行きましたが、私の被害届と告訴は撤回しません。27年間で最悪の入居者です。まさに、正真正銘の気違いサイコパスです。そのあたりの経緯は後日詳細にアップします。いろいろあって、私はこの家主も赦しませんが。

相当な被害を被りましたが、一番悪いのは、そういう人間だと知っていながら不動産会社や家主に黙っていた武蔵村山市と立川市の生活福祉課です。市の職員は市民が安全快適に日々の生活が送れるよう努めなければならないものでしょうが、自分たちの保身しか考えていません。

そういう人間だと判っているなら、本来「こういう状況の人がいますが、何かありましたら役所も全力でフォローしますので、家主さん、ご理解頂けますか?、不動産屋さん、ご協力頂けますか?」と言うのが当たり前。トラブルが起きたら「我々の仕事は生活保護受給者に保護費を渡すところまで」「個人情報保護法がありますので何もお伝えできません」と逃げるのは不誠実。百歩譲って法的に間違っていないとしても道義的に正しくないのは明白。私が生活福祉課の職員を「人間のクズ」と呼ぶ所以であります。

両立しないのであれば、護るべきは「福祉を食い物にしている気違いの人権」なのか、「マトモに働いて納税している一般市民の人権」なのか、考えなくても分かりそうなものですが。

最近も、その気違いがいろんなHNを使ってこのブログにコメントを入れてきています。自分であちこちに誹謗中傷の書き込みをしていながら「ドス黒い噂が出るわ出るわ」などと書き込んでいます。「気違いが」患っている精神病は娘さんに遺伝するものなので、可愛い娘さんではありますが他人事ながら本当に心配です。だいいち、そんな「気違い」にマトモに子供が育てられるハズがありませんし。

いちおうこちらに書いておきますが、もし私が不審死することがあったなら、その「気違い」を真っ先に疑ってください。事故と思われるような死に方をしても、です。そういう知恵は廻る男ですから。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて、この記事は、「悪徳不動産屋の独り言」というブログを運営する管理人の基本的な考え方やスタンスをご理解頂くためのものです。したがってこの先は常に本記事がトップに表示されるよう設定します。

本ブログは主に不動産屋として日常業務の中で、お客様や家主様、同業者との間で起きた実話を基に私の主観で書いたものです。業界ブログではありますが、記事のカテゴリーは多岐に亘っていまして、全て私の独断と偏見によるもの(?)です。

もちろん、人を傷つけるのが目的のサイトではありませんが、私の素性も公開しましたので、とくに問題が有りそうな記事は非公開にいたしました。公開されている記事の中には「私が特定されることで本人には(書かれているのが)自分の事と判る」ものもあるかと存じます。

個人情報保護法に違反する記事(第三者に個人を特定できる内容)は無い、と思っておりますが、お気付きの点がありましたらご指摘頂けたら、と存じます。ただし、当事者による単に「不愉快」という理由の場合は非公開に変更することはいたしません。

私の業界記事は「市井の多くの不動産屋の本音」だと思います。客観的に事実を見つめ、不動産屋、家主、消費者、が互いの本音を知り理解することは、快適なアパート暮らしや健全な賃貸ビジネスのためにとても重要なもの、と考えます。

頂いたコメントは、私に対する批判だから、という理由で削除することはありませんが、善意か悪意かに関係なく、他の読み手さんに誤解を生じかねないものや、最低限のマナーを弁えない一方的な誹謗中傷や、自分と違う意見には耳を傾けないことが明らかなコメントは削除したり、返信しないことがあります。反対意見や批判であっても全くかまいませんが、趣旨をちゃんと理解して、空気だけは読んでください。

また、HN未記入、「通りすがり」及びそれに準ずるHNの方からのコメントには内容の如何に関わらず返信をしないことがあります。たまに何かのキーワードで飛んで来て、記事をちゃんと読まずに傲慢な荒らしコメントを入れて自分だけ喜んでいる「カミツキガメ」と揶揄されている人たちからコメントが入ることもあります。そういうのも含めて楽しんでお読み頂けたらと存じます。

元々は独立している自分の子供たちに、後々「私の生き様や価値観」を知ってもらうために書き始めたもので、本来は遺言書のような意味合いのものでしたが、いつの間にか多くの皆さんに読んで頂くようになり、週刊誌や新聞でも取り上げられ、本としても出版されてラジオ番組(吉田照美のやる気満々;番組は終了)のゲストとしてもお招き頂き、日本テレビのバラエティ番組「バカなフリして聞いてみた」にも2週に亘って出演させて頂きました。3年前はマツコデラックスさんのトーク番組にもお招き頂き、収録も終わっていましたが、番組自体が消滅してしまいました。でも、また別の番組からお声が掛かったりしています。ブログ様様ですね。

ちなみに私の本、著者名は私の亡くなった父親の名前です。五月書房さんから「著者名、どうしますか?」と訊かれて、「親父の名前がこんな形ででも残せれば・・・」と思って決めました。無断借用です^_^;

私の著書、多摩地域の公立図書館にはたいてい置いてあるようです。もちろん立川市の図書館にも。

当ブログ、「一番読んで欲しい私の子供たちは誰も読んでくれていないもの」と思っていましたが、次男からはたまにコメントが入りますし、末娘も時々読んでくれているようです。財産を遺さない(遺せない)父親からのメッセージなんで、長男も、私が死んだ後にでも少しずつ読んでくれたら嬉しいです。

長く続けていますので記事数も5000話を越え、頂いたコメントも12500件にもなりました。誹謗中傷コメントを除いて、そのほとんどに返信していることが私の小さな誇りです。


現在、「住宅新報」(週刊)にて紙上ブログを8年間に亘って連載中!



※ この記事の内容は、随時変更していきます。
posted by poohpapa at 00:00| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

悪徳不動産屋、質屋になる (*^_^*)

うちの管理物件の入居者である老婦人から電話があった。

「相談したいことがあるから来てちょうだい」とのこと。ここ数年は何かあれば私を呼びつける。家賃も振り込みでお願いしているのだが、ATM の使い方がよく分からないからと現金で届けていて、最近は私に集金に来させる。店からは徒歩10分くらいだが、駅と反対方向なので「ついで」が無いと辛い。

「20年以上の付き合いだから、それくらいしてくれて当然」と思っていて、「それが顔に出ている」のでなく、そう言われている。「申し訳ない」とも言うが、「してくれて当然」という気持ちのほうが強く出ているから、同じことをさせられても、「喜んで頂ければ私も嬉しい」にはならない。

一人暮らしで、以前も入院していた際に、私に「オタクに預けてある合鍵を商店街の〇〇屋さんに届けてちょうだい。着替えなんかを届けてもらいたいから、お願い」と電話してきたが、どうやら相手に話を通していないようで、それだとトラブルになるから「先方に話を通してから再度電話ください」と言うと、「私の頼みだと言えば断らないから大丈夫」と言って聞かない。押し問答の末、「じゃあもういい!」と癇癪を起こされて電話を切られたことがある。その後はしばらく音信不通になっていた。

で、用件は「市役所から届いた書類の意味が解からないから見てちょうだい」というもの。急ぐ内容ではなさそうなので「今度そっちに行くついでに寄りますから」と伝えたが、もう一つ、大事な用件があった。

「オタクの奥さん、ダイヤのネックレスなんかする?」と訊く。「うちのは宝石は欲しがらないし金属アレルギーなので着けないですね」と言うと、「ダイヤのネックレスの一本くらい持っていたっていいじゃない、女の人なんだから」と言うが、うちのは本当に宝飾品には興味が無い。何度かブローチをプレゼントしたけど、それも着けていないほど。うちのはノルンにしか関心が無い。

老婦人が言いたいことは判っている。

「再来月の更新料が払えないから、私のダイヤのネックレス、買い取ってくれないかなあ・・・」ということ。ほうらおいでなすった、である。その老婦人がイミテーションを持っているとは思わないが鑑別書は無いと言うし、私に「宝石を喜ぶ愛人」でもいれば話は別だが今はいない。と、見栄を張ってみる (^◇^)

私の娘も「カネに換えられるかどうか」ということでしか興味は無いだろうし。

「とにかく見てちょうだいよ」とのことで、仕方なく行ってきた。役所の書類は簡単に説明できたが、ダイヤのネックレスのほうが問題。「質屋に見せたのよ。でも2万くらいでしか受けないって言うから、それなら日頃お世話になってるアンタに買い取ってもらったほうがいいと思って・・・」と言うから、てっきり「2万でどう?」という話だと思っていたら、「5万くらいで買い取ってくれないかねえ・・・」だと。

舐められたものである。質屋が2万しか出さない品を私に5万で買い取れと!? ( `ー´)ノ

「他の質屋さんも当たってみたら?。ネットオークションに出すという方法もあるけど高くは売れないだろうし、代行してくれる人に2割くらいは手間賃を払わないといけないから、質屋さんのほうがいいと思うよ」と進言したが、「行きたくないのよ」と言う。プライドが邪魔しているんだろう。

私としては更新料を払ってもらえないと困るから、「じゃあ私が預かって何軒か質屋さんに当たってみようか?」と言うと、「じゃあお願い」とのこと。現品を預かってきて、今、私の手元にある。

石の大きさは0.5カラットくらいだがデザインが古い。爪でダイヤを留めているのでなく埋め込んであって、今時流行らないデザイン。以前商店街にあった時計店で20万で買ったとのことで、その店、私が上京して最初に勤めた眼鏡光学器の卸商のお得意さんだった。ま、これもご縁かな、と思ったりして。

その老婦人が「質屋に出入りしている」のを誰かに見られたくないのと同様に私も誰かに見られたくはないのだが、ま、仕方ない。高齢の入居者も増えてきたので、これから似たような依頼は増えるかも。

そろそろ不動産屋をやめたいと思っているので、いっそ古物商の免許を取って私が質屋を始めるか 😃


posted by poohpapa at 06:08| Comment(2) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

正義のセ、などなど

この春の各局の新番組(ドラマ)、なかなか気合が入っていて面白い。

第一話を見逃していたけど、「正義のセ」を TVer で観た。主演の吉高由里子は・・・、今まであまり好きではなかったけど、ちょっとファンになった。名役者陣で固めている中、誰より、一番いい味を出していたのは検察事務官役の安田顕。下町ロケットなんかにも出ていたように思うが、今や押しも押されもしない名バイプレイヤー(名脇役)だと思う。

吉高由里子・・・、司法試験を突破できるほどに賢そうには見えないからミスキャストだと思うけど、それでもいいキャラを出している。そう言えば・・・、ガストにいた検事志望の女子大生バイトのAさん、もう2年もお目に掛かっていないけど、もう司法試験に合格したかなあ・・・。彼女、冷静沈着で、「いい検事」になれそうに思った。ガストも、行かなくなって1年経つ・・・、なんか懐かしく感じるほど。


他にも、春の新番組では「警視庁・捜査一課長」、あまりに現実離れしているが「特捜9」もいい。現実離れと言えば・・・、突っ込みどころ満載ではあるけど「崖っぷちホテル」も肩が凝らずに楽しめる。以前も記事にした「居酒屋ぼったくり」もなかなか。

そうそう、「崖っぷちホテル」にパティシエ鳳来ハル役で出ている浜辺美波ちゃん、なかなか整っていて可愛い。 日本アカデミー賞の新人俳優賞も獲っているみたい。ま、いかにも「芸名です」という名前だし、顔立ちは整っていても個性は無いから将来的に当たるかどうかは判らない。広瀬すずちゃんを超えられないかな。


ところで、TVer は放送後一週間の動画公開で、それも見逃してしまったら画質の悪い YouTube でしか観られないと思っていたが、その後も観られるサイトがあるようで、それを探してドラマは録画せずに消化していきたい。最近はすっかりドラマから遠ざかっていたが、今期のドラマは根底に義理人情があって楽しめる。

posted by poohpapa at 05:54| Comment(0) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

謎の生き物・・・、5年前、我が家に来た珍客と同じ

こんなニュースを見た。

謎の生き物、横浜で撮影 サイのような皮膚…実はタヌキ


2012年12月16日付の私の記事、「冬の珍客」と同じ生き物。と言うか、ほぼ同じ状態のタヌキ。

横浜のケースと違って、昼間、住宅地にある我が家まで、どうやって人目につかずに辿り着いたのかが不思議。当然に誰かに目撃されていたであろうから、ネットで騒ぎになっていてもおかしくない。近くに森は無いから昭和記念公園とか多摩川の土手あたりから来たと思われるが、当時、私以外に記事にしていなかった。

それにしても痛々しい。死ぬまで「ダニが体内に残ったまま」なんだろうか。痒そう・・・。


人間が暮らすための宅地開発が進んで生き物の生息地が侵食されているから自然界で生き残るのはたいへん。熊が住宅地にまで下りてきて自分が生きるための餌を探しているだけで「住人に危害が及ぶ可能性があって危険だから」と射殺されていたりして・・・。人間は勝手である。

いっぽうで、保護して治療を施して自然界に帰す活動もなされているようで安堵。

もしかすると、うちがノルンを飼っていなければこんなニュースにも無関心だったかも知れない。

posted by poohpapa at 06:02| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

古市憲寿氏、GJ (^◇^)

今、「とくダネ!」で、共同通信の柿崎記者と他のスタッフ(小倉氏や坂上忍)が、福田次官のセクハラ問題から安倍政権の責任問題に持って行こうとしていたけど、古市憲寿氏が「それって、安倍さんの責任なんですか?、安倍さんが辞めればセクハラは終わるんですか?、分けて考える必要があるのではありませんか?」と突っ込んでいて、柿崎記者がしばらく絶句していたが、GJ だと思う。

たまに面白い視点から発言していて「番組を下ろされるんじゃないか」とハラハラしているが、そういう発言者も必要。このまま頑張ってほしい。

マスコミは何が何でも「政権の責任 → 安倍退陣 → 憲法改正阻止」に持って行きたいのがミエミエ。古市氏は孤軍奮闘でそのあたりにも触れていた。


いっぽうで、新潟県知事・・・、露見したら辞めざるを得ないにしても、誰にも迷惑は掛けていない。むしろ、カネを貰っておきながら情報を週刊誌に売った女子大生はロクなもんじゃないと思う。

ま、辞退した経験がある私だから言えることだけど、エヘン (*^_^*)

posted by poohpapa at 09:25| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米山新潟県知事、辞意を固めたようだが・・・

昨日、こんなふうに記事の下書きをしていたのだが・・・、


新潟県の米山知事、辞任するとかしないとか、いろいろ揺れ動いているようで、今日発売の週刊誌に自身の女性問題が載ることで、迷っているみたい。

でも、記事を見てから進退を決める、って、それだと、100のうちの60までなら続ける、全部バレていたら辞める、と言ってるみたいで、それも変な話。事前に「こんな記事を出させてもらいます」と連絡があったハズだから内容はもう知っていて、先に会見を開いたのは「続けたい」と願っているからではないか。

米山知事、とても優秀な頭脳の持ち主で、東大医学部を出て弁護士の資格も持っている・・・、凄い。

学業はともかく、所属政党が、自民党 → 日本維新の会 → 民進党 → 無所属、という迷走ぶりが面白いけど。思想信条は自由だが、一貫性が無さ過ぎる。これで共産党が入っていたなら右から左までフルコース。その時々で当選させてくれそうな政党を渡り歩いていたのだから節操がないと言える。

で、女性問題だとして、どちらも独身なんだから、不倫ではなく本来なら「真剣に交際してます」で済む話。辞める、なんて話が出るんだから、相手の女性に何か問題があったと考えられる。未成年であったとか、おカネを渡していたとか。或いは変態プレーを強要していたか・・・。ただし、その時点で知事になっていたんだから「顔バレ」する危険性もあるのに、なんとも脇が甘すぎるように思う。

風俗に行って出てくるところを写真に撮られても、「私も長く独身をしてますので発散したかったですね」とでも笑って会見を開いたなら逆に好感度や男性の支持率は上がりそう。優秀なだけに突発的な対応は苦手なのかなあ。

当然に、情報は相手の女性から出ているワケで、もしかするとハニートラップだったか。

今日からマスコミが挙って「辞めろ!」報道するんだろな・・・。

あ・・・、オレも大丈夫かなあ・・・、と、心配したりして (自意識過剰)     (*´з`)




と、昨日ここまで下書きしていたのだが・・・、昨日の夕方には辞意を固めたようだ。

それにしても、エリート(学業の成績が良かった人)というのは脆いねえ。逆に、辻元清美なんかメッチャ図太い神経と分厚い面の皮を持っている。少し削って移植してやりたいくらい、ほんと。

やはりカネで女性を買っていた、ということのようだが、たしかに、露見したなら辞めざるを得ないにしても、早々に辞意を表明したとしても「潔い」というのとはちょっと違うような・・・。べつに代金を踏み倒したワケでなし、「買ってほしい」という相手を買っていたのだから誰にも迷惑は掛けてない。こんな話が表に出てきたのだから横柄な態度で接して相手を人として尊重していなかったのかも。ま、そんなふうには見えないけど・・・。

この人物が知事として相応しいのか能力を有していたのか実際のところは不明だが、たぶん能力的、適性的には政治家に向いていない人だったんだろう。私は個人的には、「独身なんだし、前川文部科学省前事務次官と違って、そういうところに出入りしていたとしてもいいじゃないか」というスタンス。ただし、「知事として有能であって、仕事ができる」という前提だけど。それにしても、笑って開き直ればいいのに、週刊誌の発売前に逃げちゃってて臨機応変能力に欠けてそう。

うちのなんか、「おとうちゃん、浮気してもいいよ。おとうちゃんの仕事なんか、そういう楽しみでもないとやってられないよね。ただし、私に判らないようにやってね」と言っていて、知事の仕事のストレスは私なんかとは比較にならないと思うので、私は許容できる。ま、新潟県民ではないけど。

それにしても、文春、人のプライバシーを暴いて追い込んで、何がしたいんだろう・・・。ヘタをしたら「自分たちがかざしている正義や権利で国家をも転覆させかねない」と思うのだが・・・。新聞やテレビ局もそうだが、いろんな意見があっていいし、時の政権を監視する役割も担っているものだろうけど、マスコミは最低限、国家観というものを持ち合わせていてほしいものだ。



posted by poohpapa at 05:47| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

この顔ぶれを見たら、もう国賊の集まりだと知れる

小泉純一郎、山崎拓両氏が18日に会談

小泉純一郎に山崎拓、それに小池百合子や武部勤といった過去の人(過去の人になりそうな人)が集結して「ポスト安倍」について話し合うようだ。小泉純一郎は安倍さんの3選について「難しい。信頼がなくなってきている」と語っていて、「オマエらが足を引っ張ってるからじゃねえか」と言いたくなる。

クズはどこまでいってもクズでしかない。保守にこんなのがいるのが悲しい。

小泉純一郎と同類項の石破茂なんかに日本の舵取りは任せられない。

posted by poohpapa at 10:27| Comment(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ズキーン!と胸に突き刺さる言葉

毎日届くメルマガ、

「60億人の名言 」より、≪ 今日の名言 ≫



 
◇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 2018年 4月18日 No.3882 ‥◇



 体型は自分の甘さの表れ。


            (菜々緒 ファッションモデル・タレント・女優)



はい、たしかに私のお腹は「自分の甘さの表れ」ですが、それが何か!?

posted by poohpapa at 05:48| Comment(4) | 健康、ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝から気分が悪い ( `ー´)ノ

昨日、Seesaa の画面を開いたら大幅にリニューアルされていた。センスはいいけど慣れるまで時間がかかりそう。年を取って順応性がなくなっているから、こういう時にいつも「前のほうが使いやすかったのに・・・」と思う。

で、昨晩もいつものように9時半に就寝したのだが、今朝4時半に起きて PC の電源を入れてメールチェックしたら、私が送信したメールが相手に届いていない、という内容の英文のメールが8通も届いていた。しかも送信したのは私が爆睡中の丑三つ時から目覚める直前の4時18分まで。

たいていは送信失敗の通知メールは送信直後に入るものだから、そんな時間に届いているということは、つまり、私は送信などしていない。誰かが私を送信人として騙ってメールを送ろうとしたことになる。あるいは、最初から届かないのを承知で、送信失敗メールにあるHPを開かせるのが狙いだったのか。

偽物の私がメールを送ろうとした相手のアドレスがこちら、@はAに替えてある。

meserouesAgmail.com
briannafeathers25Ayahoo.com
kimberly52ectorAgmail.com
kamariyah.dior3Aicloud.com
kornflakkeAgmail.com
harmon.curtis118Agmail.com
nsantiful88Agmail.com
kassandrahulesAhotmail.com


送信失敗の連絡メールにはそれぞれにどこかの HP のアドレスみたいなのも入っていて、うっかりクリックするとウイルスに侵入されるかも知れない。心当たりがない分よけいに気持ちが悪い。

ちなみに、全文はこんな感じ、

The original message was received at Wed, 18 Apr 2018 01:21:55 +0900
from [202.51.76.221]

----- The following addresses had permanent fatal errors -----

(reason: 550-5.1.1 The email account that you tried to reach does not exist. Please try)

----- Transcript of session follows -----
... while talking to gmail-smtp-in.l.google.com.:
>>> DATA
<<< 550-5.1.1 The email account that you tried to reach does not exist. Please try
<<< 550-5.1.1 double-checking the recipient's email address for typos or
<<< 550-5.1.1 unnecessary spaces. Learn more at
<<< 550 5.1.1 https:(・・?//support.google.com/mail/?p=NoSuchUser w16-v6si4820348plp.232 - gsmtp
550 5.1.1 ... User unknown
<<< 503 5.5.1 RCPT first. w16-v6si4820348plp.232 - gsmtp

HPのアドレスは「 (・・? 」を加えて加工した


せっかくの休日も朝から不快な気分 ( `ー´)ノ



posted by poohpapa at 05:31| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

老体に鞭打って・・・(^◇^)

昨日は少し早出して、あるアパートのネズミ駆除対策が完了する様子を見に行ってきた。作業は3回に分けて行われていて昨日が最終日。先月、入居者の方から「部屋にネズミが侵入している。駆除して頂けないか」との連絡が入り、家主さんと相談して、そのアパートを建てた住宅メーカーに連絡を取ると・・・、出てきた見積もりが30万弱・・・。家主さんに報告すると、「入居者の方もお困りでしょうから頼んでください」とのこと。

初回に「ゴキブリホイホイ」を強力にしたような粘着テープを仕掛け、2回目の時に結果を見たら、まだ子供だろうか、小さなネズミが6匹・・・。だとすると、ネズミ算、という言葉があるくらいだから、捕まったのが6匹なら実際はその何倍もいるかも知れない。2回目も同様な仕掛けをしておいたが、昨日は1匹もくっついてはいなかったようだ。それで侵入経路と思しき通風孔などを塞いで完了。

作業の様子がこちら、

DSCN1833.JPG
背中に黄昏を感じる小柄な作業員さん。だが、小柄でなければ務まらない。その理由が・・・、

DSCN1837.JPG
通風孔から床下に潜って点検。ネズミだけでなく、下水管から水漏れしているのも発見してくれた。

DSCN1836.JPG

DSCN1835.JPG
今まで通風孔の蓋は縦の格子状になっていたが、子供のネズミなら入れてしまう可能性がある、とのことで細かな穴が開いたアルミの蓋に全て変更。

DSCN1834.JPG
エアコンの室外機の配管の隙間もワイヤブラシのような形状のもので塞ぐ。

遠方にお住いで現場を見に来られない家主さんの為に、私が写真を撮ってお送りすることにしている。写真を見て頂ければ安心してくださるだろうし、作業代金を納得してお支払い頂くことができるだろうから。ちなみに、うちが間に入っているけど、こういうことでの口利き料は一切無し。


で、表題の「老体に鞭打って・・・(^◇^)」であるが、

アパートの敷地に「どくだみ」が出ているのを見たので、午後、その草取りをしてきたのだ。実は去年、草取りをした後で除草剤を撒き、防草シートを全面に敷き詰めて、その上に玉砂利を被せているが、どくだみは強烈である。他の雑草はもう全く出ていないのに、どくだみだけは不死鳥のように甦る。しかも、建物の壁と通路、どちらもコンクリートで繋がっているのに、その僅かなヒビ割れから芽を出している。地球が絶滅する時に最後まで生き残るのはゴキブリとどくだみであろう、それくらい強力な生命力である。

DSCN1831.JPG

DSCN1832.JPG

DSCN1852.JPG

DSCN1853.JPG
丸く切り抜いた防草シートの下から「人間の努力をあざ笑うかのように出ている」どくだみ。防草シートの効果はあるが、コンクリートの隙間からも出るくらいだから防草シートの隙間など屁でもない。

昨年に比べれば格段にキレイだが、もののついでだし、「私が草取りをしておいてあげよう」と思い、午後から45 ℓ の袋と草取り用の器具と軍手を持って行ってきた。2時間ほどの作業で袋いっぱいのどくだみを抜くことが出来たが、まだ2割ほど残っているので、今日も草取りに出掛けよう。完了したら強烈な除草剤を防草シートの両端に撒いておくつもりだが、夏になればまた茂っているかも。

この作業に関しては家主さんから一切の費用を頂くつもりはない。亡くなられたご主人がご健在の頃から、もう4半世紀以上のお付き合いである。たった一人で経営している吹けば飛ぶような不動産屋にずっと管理を任せてくださっていて、その間、一度も私に何か要求なさったこともクレームを付けたことも無い。きっと、ご不満はあったことと思うが、先ず感謝の気持ちが先に出ていらっしゃる。亡くなられたご主人もそうだった。

今までは当たり前のように(家主さんのご了解の下)外注していたが、「あと何年この仕事ができるかな・・・」と考えたら、そろそろいろんな家主さんに恩返しする時期ではないか、と考えた。なので、もちろん、経費だの手間賃だのは頂かない。私が動けば人件費はタダだから。

体は一つしかないし、うちの管理物件は立川にはほとんど無い。全部の家主さんに恩返しが出来ないのは心苦しいが、それは仕方ないことだろう。草取りだけが恩返しの方法ではないので、何か別で考えよう。まあ正直、勝手なことばかり言う家主さんも中にはいるし、相性の問題で、私のことが好きでないけど嫌々付き合ってくださっている家主さんもいるのは承知している。こちらにも言い分はあるが、そんなことを言っても始まらない。聞く耳は持たないだろうし、感情的に拗れたら改善は難しいもの。私が何をしようが、悪く悪く解釈する家主さんもいたりして・・・。少なくとも、このアパートの家主さんは真逆の存在。

昨日は珍しく肉体労働をしたので、風呂にゆっくり浸かっていたが、今朝は体中が痛い。しかも、どくだみの臭いが手に沁みついていて何度洗っても落ちない。それが一番辛い。

さて、と、今日、午前中に続きをしよう。明日は定休日で休めるので、できれば今日で終わらせたい。

posted by poohpapa at 06:11| Comment(2) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする