2222年01月01日

当ブログの考え方

当ブログ「悪徳不動産屋の独り言」の管理人で、東京都下の立川市で主として不動産賃貸仲介管理業を営んでいる(株)坂口有吉不動産の坂口久夫と申します。どうぞ宜しくお願いします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先ず初めに、平成28年4月5日まで当社管理物件に立川市と武蔵村山市の生活福祉課の極めて不誠実な対応により生活保護の精神異常者が入居していて、当社名で検索するとその男による当社を誹謗中傷する記事や書き込みが無数に出てきます。立川警察には被害届と告訴状を受理してもらいました。家主も当社も甚大な被害を受けています。どちらの言い分が正しいか、何が真実なのかは皆さんそれぞれがお考えください。中には、いかにも第三者を装って書きこんでいるものや、家主や私の個人名を使ってコメントしているものもあります。精神異常者ですがそういう悪知恵は働きます。

その男、当社の車にペンキを掛けたり何箇所も引っ掻き傷を付けたり唾を吐きかけたり、当社のウィンドーに何度も唾を掛けたり生卵を投げつけたり、当社名であちこちに卑猥な文面の葉書などを送っていて、切手不足で戻ってきた葉書は70枚ほどあります。やることがセコイですね。

私の個人情報をネットで晒し、間抜けにも私の自宅を特定したつもりで間違った家の写真をネットにアップしています。何か仕掛けるほどの度胸は無く、「何かしてくるのでは」という恐怖感を与えるのが狙いですね。警察の話では「もう立派な犯罪」とのことで、逮捕間近と聞いていましたが、立川警察は捜査をしていませんでした。「そういうのは精神異常者かどうかは関係ありません」と言ってましたが、立件しても公判の維持ができないのでやりたくないんでしょう。立川警察も市役所と同じ、所詮は公務員です。

先日、警察に預けていた証拠品がようやく返還されました。週刊誌にネタを提供するのもアリですね。

さて、「気違い」が私の個人情報等をネットに晒したことから匿名で記事を書く意味が無くなりましたので冒頭のように会社名など公開することにいたしました。法律もマナーも関係ない「気違い」は無敵ですね。

そんな「気違い」でも怪しいNPO法人絡みで協力者がいるようで、部屋探しを装って来店し、こちらの動きの探りを入れてきたりしています。当社の入居者の中にも協力者がいて、警察に通報しました。

3月23日に家主との和解が成立して家主が51万円の立ち退き料を払ったことで4月5日に出て行きましたが、私の被害届と告訴は撤回しません。27年間で最悪の入居者です。まさに、正真正銘の気違いサイコパスです。そのあたりの経緯は後日詳細にアップします。いろいろあって、私はこの家主も赦しませんが。

相当な被害を被りましたが、一番悪いのは、そういう人間だと知っていながら不動産会社や家主に黙っていた武蔵村山市と立川市の生活福祉課です。市の職員は市民が安全快適に日々の生活が送れるよう努めなければならないものでしょうが、自分たちの保身しか考えていません。

そういう人間だと判っているなら、本来「こういう状況の人がいますが、何かありましたら役所も全力でフォローしますので、家主さん、ご理解頂けますか?、不動産屋さん、ご協力頂けますか?」と言うのが当たり前。トラブルが起きたら「我々の仕事は生活保護受給者に保護費を渡すところまで」「個人情報保護法がありますので何もお伝えできません」と逃げるのは不誠実。百歩譲って法的に間違っていないとしても道義的に正しくないのは明白。私が生活福祉課の職員を「人間のクズ」と呼ぶ所以であります。

両立しないのであれば、護るべきは「福祉を食い物にしている気違いの人権」なのか、「マトモに働いて納税している一般市民の人権」なのか、考えなくても分かりそうなものですが。

最近も、その気違いがいろんなHNを使ってこのブログにコメントを入れてきています。自分であちこちに誹謗中傷の書き込みをしていながら「ドス黒い噂が出るわ出るわ」などと書き込んでいます。「気違いが」患っている精神病は娘さんに遺伝するものなので、可愛い娘さんではありますが他人事ながら本当に心配です。だいいち、そんな「気違い」にマトモに子供が育てられるハズがありませんし。

いちおうこちらに書いておきますが、もし私が不審死することがあったなら、その「気違い」を真っ先に疑ってください。事故と思われるような死に方をしても、です。そういう知恵は廻る男ですから。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて、この記事は、「悪徳不動産屋の独り言」というブログを運営する管理人の基本的な考え方やスタンスをご理解頂くためのものです。したがってこの先は常に本記事がトップに表示されるよう設定します。

本ブログは主に不動産屋として日常業務の中で、お客様や家主様、同業者との間で起きた実話を基に私の主観で書いたものです。業界ブログではありますが、記事のカテゴリーは多岐に亘っていまして、全て私の独断と偏見によるもの(?)です。

もちろん、人を傷つけるのが目的のサイトではありませんが、私の素性も公開しましたので、とくに問題が有りそうな記事は非公開にいたしました。公開されている記事の中には「私が特定されることで本人には(書かれているのが)自分の事と判る」ものもあるかと存じます。

個人情報保護法に違反する記事(第三者に個人を特定できる内容)は無い、と思っておりますが、お気付きの点がありましたらご指摘頂けたら、と存じます。ただし、当事者による単に「不愉快」という理由の場合は非公開に変更することはいたしません。

私の業界記事は「市井の多くの不動産屋の本音」だと思います。客観的に事実を見つめ、不動産屋、家主、消費者、が互いの本音を知り理解することは、快適なアパート暮らしや健全な賃貸ビジネスのためにとても重要なもの、と考えます。

頂いたコメントは、私に対する批判だから、という理由で削除することはありませんが、善意か悪意かに関係なく、他の読み手さんに誤解を生じかねないものや、最低限のマナーを弁えない一方的な誹謗中傷や、自分と違う意見には耳を傾けないことが明らかなコメントは削除したり、返信しないことがあります。反対意見や批判であっても全くかまいませんが、趣旨をちゃんと理解して、空気だけは読んでください。

また、HN未記入、「通りすがり」及びそれに準ずるHNの方からのコメントには内容の如何に関わらず返信をしないことがあります。たまに何かのキーワードで飛んで来て、記事をちゃんと読まずに傲慢な荒らしコメントを入れて自分だけ喜んでいる「カミツキガメ」と揶揄されている人たちからコメントが入ることもあります。そういうのも含めて楽しんでお読み頂けたらと存じます。

元々は独立している自分の子供たちに、後々「私の生き様や価値観」を知ってもらうために書き始めたもので、本来は遺言書のような意味合いのものでしたが、いつの間にか多くの皆さんに読んで頂くようになり、週刊誌や新聞でも取り上げられ、本としても出版されてラジオ番組(吉田照美のやる気満々;番組は終了)のゲストとしてもお招き頂き、日本テレビのバラエティ番組「バカなフリして聞いてみた」にも2週に亘って出演させて頂きました。3年前はマツコデラックスさんのトーク番組にもお招き頂き、収録も終わっていましたが、番組自体が消滅してしまいました。でも、また別の番組からお声が掛かったりしています。ブログ様様ですね。

ちなみに私の本、著者名は私の亡くなった父親の名前です。五月書房さんから「著者名、どうしますか?」と訊かれて、「親父の名前がこんな形ででも残せれば・・・」と思って決めました。無断借用です^_^;

私の著書、多摩地域の公立図書館にはたいてい置いてあるようです。もちろん立川市の図書館にも。

当ブログ、「一番読んで欲しい私の子供たちは誰も読んでくれていないもの」と思っていましたが、次男からはたまにコメントが入りますし、末娘も時々読んでくれているようです。財産を遺さない(遺せない)父親からのメッセージなんで、長男も、私が死んだ後にでも少しずつ読んでくれたら嬉しいです。

長く続けていますので記事数も5000話を越え、頂いたコメントも12500件にもなりました。誹謗中傷コメントを除いて、そのほとんどに返信していることが私の小さな誇りです。


現在、「住宅新報」(週刊)にて紙上ブログを8年間に亘って連載中!



※ この記事の内容は、随時変更していきます。
posted by poohpapa at 00:00| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

これから雪かき

今朝は4時起き。これから、家の「敷地延長になっている通路から玄関まで」と、店の前、うちの店から駅寄り4軒先の店舗まで管理させて頂いているのでそこまで一人で雪かき。入居者は誰もしないから。

4年前の大雪の際は向かい側のパン屋さんがしてくれていたみたい。早くいかないと先を越されそう。

店に向かう途中の連棟の貸家も、どちらも入居者は高齢者だから帰り際に私がするようかな。帰ってきたら、状況を見て、お隣の駐車場の雪かきもしないと・・・。

それらが終わったら、いったん寝よう。よ〜く腰を温めて・・・。

では、行ってきます (^◇^)

posted by poohpapa at 04:30| Comment(2) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロアチア旅行記 15 ドブロヴニク観光 5

自由時間に城壁に上ったりしてドブロヴニクの市街観光を満喫した後、ホテルに向かう。翌日はオプションで海からドブロヴニクを眺めたり、ロープウェイで小高い丘に登り海と市街を上から眺めることになっていて、最高の撮影スポットに案内してくれるので、今回の旅行で一番楽しみにしていた一日。

そうだ・・・、その前に、ドブロヴニクで注意したい「スリの話」をしておかなければ・・・。

ヨーロッパ屈指の世界的観光地であり世界中から大勢の観光客が集まるので当然に観光客をターゲットにしたスリも集まる。しかも、その腕前は超一級品。主に狙われるのは・・・、「水と安全はタダ」としか思っていない「平和ボケ」した日本人観光客。日本にいる時の安全基準をそのまま持ち込んでいるからチョロいもの。

添乗員さんから十分にレクチャーされているから気を付けて行動していたのだが、港の近くを歩いていた時に後方で「カラン」という音がした。見ると、誰かのリップのよう。たかさんの奥様のリップだった。背中に背負ったリュックの中の、更に化粧品ポーチの中に入れておいた物・・・、なんで?、である。

グループで行動していて互いに目配りなんかもしていたのに、当の奥様も背中のリュックを開けられている気配は全く感じられなかったとのことで、物凄い早業である。手探りで(財布だと思って)化粧品ポーチを開けたら違っていたので、手にしたリップを戻さずにそのまま捨てて立ち去ったのであろう。リュックの口も開いていた。奥様の名誉のために言っておくが、それは「奥様がボーっとしていた」のでなく「誰でも気付かなかった」と思う。後で別の記事でも書くけど、クロアチアを訪れるなら、スリにはくれぐれも気を付けて頂きたい。


DSC03067.JPG

DSC03068.JPG
ホテルに向かう途中バスの中から、夕暮れのドブロヴニク

DSC03069.JPG
この日の宿は「シェラトン ドブロヴニク リビエラ」で、今回のツアーでは一番いいホテル。

DSC03073.JPG

DSC03074.JPG

DSC03076.JPG

DSC03081.JPG
室内も豪華

DSC03080.JPG

DSC03077.JPG

DSC03079.JPG

DSC03078.JPG

こんないいホテルに泊まっていても、夜にはイビキ(私)と歯ぎしり(Tさん)の闘いが繰り広げられる。

posted by poohpapa at 04:24| Comment(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

「世界!ニッポン行きたい人応援団」の、この回は良かった、涙が出た

世界!ニッポン行きたい人応援団 (この動画の前半)

ご覧になられた方もいらっしゃるだろうが、オランダのライデン大学日本学科に通うヴァレリーさん。現在3年生で、25歳になっても「やりたいこと」が見つからず悩んでいて、自分の消極的な性格も直したい、という理由で「四国でお遍路をしたい」とのこと。ま、自分探しの旅をしたい、ということか。

今は学生向けの3階建てのシェアハウス(キッチン、トイレ・風呂共同)に住んでいて、部屋は個室だが15uと広くは無い。家賃は47000円だから、東京郊外と同じくらいの相場か。「親に負担を掛けまい」として学生ローンとアルバイトで大学に通っているとか。絵に描いたような苦学生である。

日本に来てお遍路を始めて、日程的に88ヶ所全部を廻ることは出来なかったものの38ヶ所を廻り、表情も少しずつ自信に満ちていくのが見て取れた。遍路仲間との触れ合いや出会った人たちのご厚意もあって、きっと良い体験になったことだろう。こういう流れは嬉しい。ウルウルきながら観ていた。

オランダは基本的に親日国であるが、太平洋戦争時に捕虜になった人が、その体験から日本を憎んでいると聞く。こんなことを言ってはナンだが、彼らのほとんどは存命ではないから、こういう一般市民の温かな交流を続けていくことで国ぐるみで親日国になってくれることだろう。このヴァレリーさんも、帰国して周囲の人たちに「日本で受けた親切」「感動した出来事」なんかを語って広めてくれると思う。

時に、「アンタ、自分のカネで来れるでしょ!?」という人を招待することがあるが、以前のアメリカ在住ロシア人女子高校生ヴァレリアさんの回の時のように、本当におカネが無くて来られない人を招待してほしい。このヴァレリアさんの回の動画は何度観ても涙が出る。本人も友人も素晴らしい人柄で。

今回は感動的な流れで二度も観直してしまった。地方に行くと、日本にも人情が色濃く残っている。

posted by poohpapa at 07:00| Comment(4) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

この記事、私も全く同感

平和運動や核廃絶運動をしている団体、かつノーベル平和賞なんか貰っちゃってる団体とか指導者、勘違いが甚だしいと思う。以下の記事をお読み頂きたい。私も、「こいつら何様のつもり!?」と感じていたので、読んで非常にスカッとした。↓ の記事、本当に面白いので是非是非お読み頂けたらと思う。

「ノーベル平和賞」だから何をしてもいいってわけでもねえだろ

核を持ってない国に突然やってきて、いきなり「アンタんとこは被害者なんだから一緒に声を上げろよ。旦那に会わせろよ」って言ったって、旦那が出張中じゃあ物理的に無理。私が一週間前に「総理に会わせろ」と言っても会ってくれない。ま、半年前に言えばなんとか・・・、会ってはくれないだろうけど(おい)

世界で唯一の被爆国なんだから核廃絶に賛同して当たり前、というのはICANの論理。現実に今、近隣に核を持った国が核弾頭を日本に向けているのだから日本がアメリカの核の傘で護ってもらうのは仕方ない。核廃絶、絶対に無理である。すべての核保有国が賛同したとしても廃絶にはならない。絶対に不可能なことを目標に掲げて活動している団体にノーベル賞を与えるのが間違い。成果が出ないのは判り切っているのだから。じゃあ何の為に活動しているのか、と言えば世界平和じゃなく自分たちの為。

こういう活動家は常に上から目線の物言いをする。相手の都合や立場など意に介せず、「自分たちは崇高な理念で動いているのだから、理解しない奴はクズ。我々が面会を希望したら総理であっても会うのが当然」とでも言いたげに。こんなでは総理が会わなくて正解だったと思う。文中にもあるが、核廃絶運動をするなら「核を持ってる国」に先に行くべき。日本を都合よく盾代わりに使おうとしているのかも。いやいや、安倍総理に面会したいのは資金調達が目的だったりして、たぶんそんなところだろう。

似ているのが「自然保護団体」「動物愛護団体」「人権団体」である。その国の慣習や食文化など全く理解しようとしない。自分たちの主張こそが正しい、と信じて疑わないから相手の事情を聴く耳は持たずに自分たちの価値観を押し付けてくる。時に「テロと紙一重の実力行使」だったりして・・・。

ノーベル平和賞・・・、こいつらに与えたのが間違いだったんじないかな。頭の中は完全にお花畑だし、もっと相応しい人や団体があったのでは、と思えてならない。

再度言うが、現在の核保有国が核を手放すなんてことは有り得ない。その前提に立って、どう平和を構築していくか、どうバランスを取って戦争を回避していくか、という研究や活動をしている団体にこそ与えるべき。ただし、そんな団体は無いけど・・・。今のノーベル平和賞、ほとんど意味が無いように思う。

posted by poohpapa at 05:55| Comment(10) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

頭のいい人が書くと、こんなに解かりやすい内容になる

ウーマン村本よ、国民を「愚民視」しているのは誰か 
井上達夫(東京大学大学院法学政治学研究科教授)

7頁もあるので読むのは大変だが、井上達夫教授、さすがに的確に真理を突いてくる。

最初のほうに出てくる

村本君の発言の裏に、ある種の愚民観を感じるのね。国民はよく分からないからとか。君は一見、国民の目線に立っているようだけど、実は、上から目線で見ている。(自衛隊・安保の存在が、戦力の保有・行使を禁じた憲法9条2項に反することは)ちゃんと説明すれば小学生でも分かる。これ(愚民観)は護憲派と同じ。(護憲派は)憲法改正プロセスはなんとしても発動させたくない。なんとなれば、魑魅魍魎(ちみもうりょう)が出てくる、日本は軍国主義に走る、と。日本の国民を信用していない。

は、まさにその通り。とくに「君は一見、国民の目線に立っているようだけど、実は、上から目線で見ている」は、私が最も言いたかったこと、それ故に私は村本が大嫌い。あの目は確信犯的で冷淡だし。

東大の教授なんて「最高学府と言いながらほとんど左巻きのインテリもどきばかり」だと思っていたが、現実や現状を中立公正に見られる人もいるのが判って安堵した。

井上教授のお陰でモヤモヤした気分が晴れて、ちょっとスッキリしたかな (^◇^)


posted by poohpapa at 05:31| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

これ、いい写真 (^◇^)

久しぶりに見た(相撲の)いい写真。決定的なシーンで、結びの一番かと思っちゃうほど。

北の富士さん 大鵬孫と朝青龍おいに期待「新弟子同士の相撲じゃない」

たまたまカメラマンがいた位置も良かったんだろうけど。昔はこんな決定的シーンを撮るのは大変だったんだろな・・・。連写機能も付いてない時代は、力士よりカメラマンのほうが一瞬の勝負だったかも。

それにしても、ほんと、新弟子同士の相撲じゃないよね、将来が楽しみ。早く上がってこいよ〜 (*^_^*)



posted by poohpapa at 07:32| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっぱり安倍総理は開会式に行かないほうがいい

韓国、今回の平昌オリンピック、開会式では北朝鮮との統一旗で入場行進するとか、女子アイスホッケーは合同チームで出るとか・・・、そんな話が聞こえてきた。なにそれ??、である。

70年前に高給を貰っていた従軍慰安婦のことは「日本軍に強制連行された」だのと世界中に嘘をついて今なお非難しているくせに、北朝鮮による大韓航空機爆破テロで多数の被害者が出ていたり、8年前には韓国哨戒艇「天安」沈没事件が起きて46名の死者行方不明者が出ている件はもう忘れている。そちらは北朝鮮の仕業かどうかは確実ではないが、死者まで出ているテロ行為は非難せず、高給を食んでいた(死者は出ていない)売春婦の件で執拗に日本を非難している。韓国人の価値観はどうなっているのか。カネにならなきゃ放っておいてカネになりそうなら騒ぐってことか。韓国人らしいと言えば韓国人らしい思考回路である。

今回、女子アイスホッケーで統一チームで出ることになれば、韓国チームの一員として22名のベンチ入りが決まっていた選手が何人か弾き飛ばされることになる。韓国の首相(?)は「韓国の女子アイスホッケーはメダル圏内にないから影響はない」などと全くトンチンカンな釈明をしているが、そういう問題ではないだろう。もしかすると、文大統領はノーベル平和賞を狙ってたりして (ぷっ)

こんななら、国会の日程を調整してまで安倍総理が参加する必要は無いだろう。


と・こ・ろ・で・・・、「これは産経の記事か」と思ってしまうような AERA の記事があった。どこの記事かに関係なく、言ってることは非常に正しいと思う。

北朝鮮に足元を見透かされる韓国 「朝鮮統一旗」の下できな臭い情報戦

韓国は北朝鮮から合同行進や統一チームを呼び掛けられても突っ撥ねれば良かったのだ。韓国は短絡的に、「いろんな綻びが表面化しているが、オリンピックは何が何でも成功させたい。これで少なくともオリンピックの期間は平和が約束される」と飛びついたが、世界から来賓や選手が来ているのに北朝鮮が韓国にミサイルや砲弾を撃ち込むワケがない。そんなことをしたらアメリカを挑発するよりお粗末な自殺行為。妙な色気を出さずに突っ撥ねて、通常通りに「参加資格のある選手」だけ参加させれば良かった、ということ。ここで毅然とした態度が取れずに北の要求をホイホイ受け入れたことで、実は平和は更に遠くなってしまったと思う。大切なのはオリンピック後、である。韓国は「このまま統一に向けて話が進むかも」と期待しているんだろうけど、(同じ言葉を話していても)体制が違い過ぎる国家が何ら支障なく統一できる、などと考えているとしたらお目出度い。合同チームを出すのとはワケが違う。

数十年後、もしも南北朝鮮が統一を果たしたとしても、それは韓国という国家が消滅することを意味していると思う。北が持ってきた核ミサイルによって「我々も核保有国になった。日本なんか問題じゃない(我々が上だ)」くらいに勘違いするだろうけど、それ以前に、韓国は無くなって北朝鮮が大きくなるだけの話。オリンピック後、しばらくして北から今度は統一の話を持ちかけられるだろうけど、今回の一件で完全に北に舐められたから、話は北のペースで進むことになる。対等な統一など夢幻でしかない。

「何とか統一したい」としか考えていない韓国と、(本音では)「飲み込んでしまえ」と思っている北朝鮮・・・、詐欺師と被害者の関係に似ている。「楽して金儲けしたい」と考えている人間に、詐欺師が言葉巧みに「美味しい儲け話」を持ち掛けたらどうなるか・・・。リスクなど吹っ飛んでしまうもの。

今は休戦状態だが、統一の話が進めば、再び朝鮮戦争が起きることになる、と私は思っている。先に、韓国内で暴動が起きるんじゃないかな、内戦、とまではいかないまでも。南北統一は、先に北朝鮮の体制を崩壊させてからでないと果たせない、と私は確信している。


安倍総理、開会式なんか行っちゃダメですよ (^◇^)

posted by poohpapa at 06:51| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

2018年、世界で最も安全な航空会社20社だと

エアライン・レーティングスが、2018年の世界で最も安全な航空会社リストを公表した。

世界で最も安全な航空会社20社

日本の航空会社大手2社、JALとANAはどちらも入っているが、アメリカ大手のユナイテッド航空、デルタ航空、アメリカン航空は入っていない。ま、ユナイテッドは安全云々の前に、自分たちでダブルブッキングをしておきながら既に乗り込んでいた客を引き摺り降ろすくらいだから (^◇^)

大韓航空もチャイナエアもアエロフロートもアリタリアもエアフランスも入ってないや。他にも、トルコ航空やマレーシア航空、タイ航空といった著名な航空会社が上位20社から漏れている・・・。マレーシア航空は数年前に「不可解な消息不明事故」が起きているから仕方ないだろうけど。

ツアーだと自分で航空会社を選べないが、これから海外旅行に出掛ける際の参考にしたい。私は、大韓航空とアエロフロートだけは絶対に乗らない。希望する旅先でも、ツアーの利用航空会社がその2社なら申し込まない。中国系航空会社も同じ。とくに韓国語が機内アナウンスや周りから聞こえてくる大韓航空は無理。

海外旅行・・・、年齢的にはせいぜい70歳くらいまで、あと数回しか行けないだろうけど・・・。

posted by poohpapa at 06:03| Comment(2) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

本当の理由は違うだろうに・・・

【平昌五輪】「安倍晋三首相は隣国の開会式に出席したほうが良い」自民・公明両党幹事長、国会日程を調整

表向きは「国会日程に照らして無理」ということになっているが、間違いなく「本当の理由は別にある」のだから、二階幹事長と公明党で「出席できるよう日程を調整しよう」などというのは余計なお世話。

posted by poohpapa at 12:05| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする