2222年01月01日

当ブログの考え方

当ブログ「悪徳不動産屋の独り言」の管理人で、東京都下の立川市で主として不動産賃貸仲介管理業を営んでいる(株)坂口有吉不動産の坂口久夫と申します。どうぞ宜しくお願いします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先ず初めに、平成28年4月5日まで当社管理物件に立川市と武蔵村山市の生活福祉課の極めて不誠実な対応により生活保護の精神異常者が入居していて、当社名で検索するとその男による当社を誹謗中傷する記事や書き込みが無数に出てきます。立川警察には被害届と告訴状を受理してもらいました。家主も当社も甚大な被害を受けています。どちらの言い分が正しいか、何が真実なのかは皆さんそれぞれがお考えください。中には、いかにも第三者を装って書きこんでいるものや、家主や私の個人名を使ってコメントしているものもあります。精神異常者ですがそういう悪知恵は働きます。

その男、当社の車にペンキを掛けたり何箇所も引っ掻き傷を付けたり唾を吐きかけたり、当社のウィンドーに何度も唾を掛けたり生卵を投げつけたり、当社名であちこちに卑猥な文面の葉書などを送っていて、切手不足で戻ってきた葉書は70枚ほどあります。やることがセコイですね。

私の個人情報をネットで晒し、間抜けにも私の自宅を特定したつもりで間違った家の写真をネットにアップしています。何か仕掛けるほどの度胸は無く、「何かしてくるのでは」という恐怖感を与えるのが狙いですね。警察の話では「もう立派な犯罪」とのことで、逮捕間近と聞いていましたが、立川警察は捜査をしていませんでした。「そういうのは精神異常者かどうかは関係ありません」と言ってましたが、立件しても公判の維持ができないのでやりたくないんでしょう。立川警察も市役所と同じ、所詮は公務員です。

先日、警察に預けていた証拠品がようやく返還されました。週刊誌にネタを提供するのもアリですね。

さて、「気違い」が私の個人情報等をネットに晒したことから匿名で記事を書く意味が無くなりましたので冒頭のように会社名など公開することにいたしました。法律もマナーも関係ない「気違い」は無敵ですね。

そんな「気違い」でも怪しいNPO法人絡みで協力者がいるようで、部屋探しを装って来店し、こちらの動きの探りを入れてきたりしています。当社の入居者の中にも協力者がいて、警察に通報しました。

3月23日に家主との和解が成立して家主が51万円の立ち退き料を払ったことで4月5日に出て行きましたが、私の被害届と告訴は撤回しません。27年間で最悪の入居者です。まさに、正真正銘の気違いサイコパスです。そのあたりの経緯は後日詳細にアップします。いろいろあって、私はこの家主も赦しませんが。

相当な被害を被りましたが、一番悪いのは、そういう人間だと知っていながら不動産会社や家主に黙っていた武蔵村山市と立川市の生活福祉課です。市の職員は市民が安全快適に日々の生活が送れるよう努めなければならないものでしょうが、自分たちの保身しか考えていません。

そういう人間だと判っているなら、本来「こういう状況の人がいますが、何かありましたら役所も全力でフォローしますので、家主さん、ご理解頂けますか?、不動産屋さん、ご協力頂けますか?」と言うのが当たり前。トラブルが起きたら「我々の仕事は生活保護受給者に保護費を渡すところまで」「個人情報保護法がありますので何もお伝えできません」と逃げるのは不誠実。百歩譲って法的に間違っていないとしても道義的に正しくないのは明白。私が生活福祉課の職員を「人間のクズ」と呼ぶ所以であります。

両立しないのであれば、護るべきは「福祉を食い物にしている気違いの人権」なのか、「マトモに働いて納税している一般市民の人権」なのか、考えなくても分かりそうなものですが。

最近も、その気違いがいろんなHNを使ってこのブログにコメントを入れてきています。自分であちこちに誹謗中傷の書き込みをしていながら「ドス黒い噂が出るわ出るわ」などと書き込んでいます。「気違い」が患っている精神病は娘さんに遺伝するものなので、可愛い娘さんではありますが他人事ながら本当に心配です。だいいち、そんな「気違い」にマトモに子供が育てられるハズがありませんし。児童相談所も当分は娘さんを父親である気違いのもとに返さないでしょう。いい仕事をしています。

いちおうこちらに書いておきますが、もし私が不審死することがあったなら、その「気違い」を真っ先に疑ってください。事故と思われるような死に方をしても、です。そういう知恵は廻る男ですから。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて、この記事は、2004年2月19日に開設した「悪徳不動産屋の独り言」というブログを運営する管理人の基本的な考え方やスタンスをご理解頂くためのものです。したがってこの先は常に本記事がトップに表示されるよう設定します。

本ブログは主に不動産屋として日常業務の中で、お客様や家主様、同業者との間で起きた実話を基に私の主観で書いたものです。業界ブログではありますが、記事のカテゴリーは多岐に亘っていまして、全て私の独断と偏見によるもの(?)です。

もちろん、人を傷つけるのが目的のサイトではありませんが、私の素性も公開しましたので、とくに問題が有りそうな記事は非公開にいたしました。公開されている記事の中には「私が特定されることで本人には(書かれているのが)自分の事と判る」ものもあるかと存じます。

個人情報保護法に違反する記事(第三者に個人を特定できる内容)は無い、と思っておりますが、お気付きの点がありましたらご指摘頂けたら、と存じます。ただし、当事者による単に「不愉快」という理由の場合は非公開に変更することはいたしません。

私の業界記事は「市井の多くの不動産屋の本音」だと思います。客観的に事実を見つめ、不動産屋、家主、消費者、が互いの本音を知り理解することは、快適なアパート暮らしや健全な賃貸ビジネスのためにとても重要なもの、と考えます。

頂いたコメントは、私に対する批判だから、という理由で削除することはありませんが、善意か悪意かに関係なく、他の読み手さんに誤解を生じかねないものや、最低限のマナーを弁えない一方的な誹謗中傷や、自分と違う意見には耳を傾けないことが明らかなコメントは削除したり、返信しないことがあります。反対意見や批判であっても全くかまいませんが、趣旨をちゃんと理解して、空気だけは読んでください。

また、HN未記入、「通りすがり」及びそれに準ずるHNの方からのコメントには内容の如何に関わらず返信をしないことがあります。たまに何かのキーワードで飛んで来て、記事をちゃんと読まずに傲慢な荒らしコメントを入れて自分だけ喜んでいる「カミツキガメ」と揶揄されている人たちからコメントが入ることもあります。削除されずに残っていたら、そういうのも含めて楽しんでお読み頂けたらと存じます。

元々は独立している自分の子供たちに、後々「私の生き様や価値観」を知ってもらうために書き始めたもので、本来は遺言書のような意味合いのものでしたが、いつの間にか多くの皆さんに読んで頂くようになり、週刊誌や新聞でも取り上げられ、本としても出版されて、ラジオ番組(吉田照美のやる気満々;番組は終了)の「午後2時の興味津々」のコーナーにゲストとしてお招き頂き、日本テレビのバラエティ番組「バカなフリして聞いてみた」にも2週に亘って出演させて頂きました。9年前はマツコデラックスさんのトーク番組にもお招き頂き、収録も終わっていましたが、番組自体が消滅してしまいました。同様に「有吉ゼミ」からもオファーを頂きましたが、企画が流れてしまいとても残念です。何と言っても、私が一番大好きな女性タレントと共演させて頂ける話だったので。でも、また別の番組からお声が掛かったりしています。2018年は、テレ朝の「東京らふストーリー」にも出演させて頂きました。ブログ様様ですね。

ちなみに私の本、著者名は私の亡くなった父親の名前です。五月書房さんから「著者名、どうしますか?」と訊かれて、「親父の名前がこんな形ででも残せれば・・・」と思って決めました。無断借用です^_^;

私の著書、多摩地域の公立図書館にはたいてい置いてあるようです。もちろん立川市の図書館にも。

当ブログ、「一番読んで欲しい私の子供たちは誰も読んでくれていないもの」と思っていましたが、次男からはたまにコメントが入ります。財産を遺さない(遺せない)父親からのメッセージなので、長男も、私が死んだ後にでも少しずつ読んでくれたら嬉しいです。借金を返さないので末娘とは親子の縁を切りました。

長く続けているので、累計アクセス数は2019年の1月に2000万を超え、令和6年02月14日現在で、記事数は7531話、頂いたコメントも17377件にもなりました。誹謗中傷コメントを除き、全てに返信していることが私の誇りです。

業界紙「住宅新報」(週刊)にて連載させて頂いている紙上ブログも、一度も休まず14年続いています!


※ この記事の内容は、随時変更していきます。
posted by poohpapa at 00:00| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月24日

立川駅ビル「ルミネ」の弁当屋さん

一昨日の昼、うちのと駅ビル「ルミネ」の弁当屋さんで弁当を購入した。その店の弁当は安くて美味しい。

2人が別々に選んで、うちのがレジのお姉さんに弁当を2パック渡そうとして、焼きそばを床に落として中身が床に散らばってしまった。お店の人には何の落ち度も無い。うちのが傘を持っていて、弁当を持ち上げにくかったのが原因。私がすれば良かったんだけど清算はうちのの役目。レジ担当のお姉さんが直ぐに雑巾を持って前に出てきて床を手際よく片付けてくれた。我々以外に客はいなかったのが幸いだった。

明らかに我々の所為、お姉さんに私とうちのが謝ったんだけど、「いえいえ、気にしないで」と優しく声を掛けてくれたし、全く嫌な顔をしていない。あれでは「こちらがいけないんで、その分はお支払いします」と言っても辞退しただろうな。商売とは言え凄いなあ、と感心してしまった。ふと、ついさっき南口の駅ビル「グランデュオ」で美味しいお菓子(さつま芋のチップス、バター風味)を買って持っているのを思い出し、お姉さんに「宜しければこれ、お召し上がりください」と一袋渡そうとすると、「とんでもない、上の者に叱られます」と辞退。でもって、「でしたら、また(当店を)ご利用ください」と笑顔が返ってきた。うん、プロだねえ。

食べ物を粗末に扱った、なんてことではないけれど、お店の人が心を込めて作った弁当を床に落として生ゴミにしてしまったことで、多少なりとも良心の呵責は感じている。本当に申し訳ないことをしてしまった。

我々がその店を利用するのは月に一度くらい。だけど、これからは月に二度は利用させてもらおう (^^♪

と言うか、早いうちに改めてお詫びがてら弁当を買いに行こう。一昨日のお姉さん、いてくれるといいな。

posted by poohpapa at 07:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月23日

うん、これは参考になる話

終の住処を子供に「要らない」と言われたら…?「負動産」にしないための「家じまい」のコツ
現代ビジネス 日下部 理絵 によるストーリー

うちもねえ、住宅ローンは「うちの名義」になっているから、(当然に)私が死んでも住宅ローンは片付かない。だから私が生きているうちに住宅ローンを完済してあげないと、と思っているけど、うちのは私なんかより度胸が据わっている。「そんなこと心配しなくていいよ、なんとかなるものだから」と言い切っていて。

女のほうが長生きするから、私より17歳も年下のうちのは、私より20年以上も長く生きることだろう。土地は借地だし、私があと数年で死んだなら、いろいろ面倒なことが起きそう。長男は自分の家を持っているし、次男は奥さんの実家の近所のアパートを借りていて、奥さんは「(私がいる)立川には住みたくない」と言っているのだから、うちのの死後に貰っても迷惑だろうと思う。末娘は親子の縁を切っているし。

なので、うちのが亡くなったら、「欲しい」と言ってくれる他人にあげてしまうことになるんじゃないかなあ。

いずれにしても、 の記事はとても参考になるので、該当しそうな人は保存しておくといい、と思う (^^♪

posted by poohpapa at 05:30| Comment(5) | TrackBack(0) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月22日

おカネの使い方、それでいいのかな

たくさんいる私の友人知人、経済的には幅が広く、私と同じくらいの生活困窮者もいれば、何不自由なく遊んで暮らせる者もいる。コロナの格下げ以降、何度も海外に出掛けたり、美味しいものを食べに行ったり、(カネが掛かる)趣味を楽しんでいたりしていて羨ましい限り、と思えたりしてね。ただ、思うんだよね。

私みたいに恩着せがましく言わない(公表しない)だけで、陰でしっかり能登半島地震なんかに義援金を送っているのかも知れないけど、ついつい「そんなカネがあったら10回に1回は我慢して義援金を送ってあげなよ」と言いたくなる。まあ、様子を見てると、彼(彼女)らは義援金は送ってないだろな、と解かる。

倒壊した家の下敷きになって、即死でなく救援隊が来るのを何日も待って、運よく下敷きにならなかった家族に手を握られてだんだんと弱って冷たくなって死んでいく悲しさなんて当事者本人にしか分からないだろうけど、私は伊勢湾台風で似たようなことを体験しているから解かる、いや、解かるような気がする。

ネットのニュースで見たんだけど、日本がウクライナに支援している額、6兆円だとか。もちろん、能登半島地震前からの累計だろうけど、即時中止して能登の復興のために使うべきじゃないのかな。先ず自国民の為に使って、余裕があれば他国を支援する、でいいのでは??。外交とはそんなものじゃない、それでは国益に適わない、のかも知れないが、これだけの災害が起きているのに国際社会から非難される?

欧米も日本も、ロシアのウクライナへの侵略戦争がこんなに長引くとは思っていなかったんだろうね。ゼレンスキー大統領やシュミハリ首相が戦争の真っ只中で諸外国を回って「さらなる支援」を要請していて、日本は外面よく支援を約束してるけどアメリカは変わってきている。大地震なんか起きていないけどね。

「ウクライナにあげる金などない」、支援に米欧が内向き…トランプ氏が復帰すれば「終わりの鐘響く」
読売新聞 によるストーリー

なんか、今までの各国の支援が無駄金になる日が来そう。日本は被災地復興を優先させようよ。でね、以前にうちの選挙区の小田原潔代議士(自民党)に、「裏金やキックバックの全額を能登に義援金として送らせると良い」と LINE で送っていて、「大阪では既にそういう声が出ています」とのことだったけど、一向にその気配は無い。こういうのはスピードが大事。今ごろになってやっても意味も効果も無い。裏金の話が出て直ぐに岸田総理が指示していたなら支持率もアップしただろうに、と思う。岸田が総理でいることの良し悪しは別にして、当選ラインぎりぎりで選出されている自民党議員は喜んだだろうな、と思うよ。

posted by poohpapa at 06:57| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月21日

一昨日迎えたブログ20周年

中学や高校時代、中には小学校時代から今も付き合っている友人知人がいるけど、ブログで付き合いが始まった友人は、私の場合「付き合いが濃密」で、ブログをやっていて良かった、と心から思える人たち。つまり、もしブログが無かったなら人生の楽しみの半分は無かったかも、と思う。ブログだけでなく、(私は落札者の立場でしかないけど)ヤフオクでお世話になった人で今も付き合いが残っている人もいて幸せ。


7月20日、高校の学年の同窓会が開催されることになって、たぶん、それも最後になるだろな、と思うから是非参加したい。450人の同窓生のうち11人が幹事(発起人)になってくれているとか。リタイアして時間がある、ということでなく、ハートがある、てことで、この機に開かないと、もうできなかったりしてね。

11人・・・、どんな面々なんだろ??、今度訊いてみよう。そう言えば、何人も鬼籍に入っているしなあ。

昨日は中学時代の恩師(1年2年時の担任)から「変わり無いか?」とお電話を頂いた。恩師が85歳、奥様が86歳で、「もう体はボロボロだがや、膝が痛くて歩けんようになっただがん」とのこと。先月私が入手した膝関節のサプリ1ヶ月分をお送りしたので、そのお礼も兼ねた電話で、元気な声が聴かれて嬉しい。

さて、これから Jonathan's のモーニング。今日は長男が来るみたい。楽しみ (^^♪

posted by poohpapa at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月20日

このブログが成人式を迎えました

昨日、お陰さまで当ブログが開設20周年を迎えました。「思えば遠くに来たもんだ」で感無量です(^^♪

と同時に、業界新聞「住宅新報」さんのコラム連載も、一度も休載することなく、まる15年を迎えました。

実は、寂しいこともあります。ブログ立ち上げ初期の頃、毎日のようにコメントをくださっていた「〇のクマ」さん、どうしていらっしゃるかな、と気がかりです。単に私が嫌われただけかも知れませんが。コメントは頂いてなくてもお付き合いは残っている方もいらっしゃいます。付き合いの仕方は変わって当然ですが (汗

ブログ草創期(同じ頃)ブログを始めて、今は閉鎖しているお仲間さんもいらっしゃいますが、私が長く続けられたのは、一にも二にも、背中を押してくださる読み手の皆さんのお陰で、心から感謝しております。

20年の間に亡くなられた方もいらっしゃいます。次は私の番かもですが、継続は力なり、で頑張ります。

以前も書いたことですが、私は、うちのと再婚して、その後の人生が劇的に変わって面白くなりました。私にブログを始めるよう勧めてくれたのはうちのですし、そのお陰で、テレビのバラエティ番組から4度、ラジオの番組からも招かれ、出版もさせて頂きました。普通の人は経験できないこと、だと思います。ブログをしていなければ毎日の生活に追われる「ごく平凡な人生」を送っていたと思うのです。最高の女房です ♪

もちろん、「平凡な人生」を送ることを否定して見下しているのではありません。「周りと違う特別な人生(ちょっと変わった人生)」を送るより、平凡でいられたら平和なのですし、ある意味「難しい」のですから。

これからも、皆さんお体にお気を付けて、宜しくお付き合いくださいますよう、心よりお願い申し上げます。


posted by poohpapa at 06:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月19日

こんなことありませんかねえ・・・

昨日から、ずっと同じ歌謡曲が頭の中で再生されています。

愛ちゃんはお嫁に」という曲で、昔のメロドラマの筋書きをそのまま歌詞にしたような曲でして。1956年に発売されていて今から67年前、私が5歳の時の曲。当時、お袋の膝の上でラジオから流れてくるのを聴いていて、そのことを何かの拍子に思い出したのかグルグルと何度も・・・。

いろんな古い曲が頭の中で何度も再生されることはたまにありますが、その理由は全く分かりません。

で、「愛ちゃんはお嫁に」の歌詞、凄くリアルなんですよ。「でしゃばりお米に手を引かれ」なんて脇役の固有名詞も出てきて、ドラマ化されて主題歌だったのかなあ、でも当時はテレビも無かったし、などと考え始めたら夜も寝られなくなって。今朝、目が覚めてもこの曲が頭の中で回っているんですよね、なんでだろ。

曲自体は憶えやすくていい曲だと思います。その所為か、いろんな演歌歌手がカバーしているみたい。

ぜひ聴き比べてみてください。ただし、この曲が頭の中でエンドレスで回り始めて止まらなくなっても私は一切責任は負いません。まあ、子供の頃とか青春時代に聴いたことがある曲でないと頭の中で回ることは無いでしょうけど。それに、年齢が私より上の人でないと、きっと「聴いたことが無い」でしょうから (^^♪


【 追記 】 この曲がヒットした翌年に映画化されているみたいですね。私は田川寿美さんのバージョンが好きかなあ。天童よしみは・・・、パスかなあ。歌は上手いけどイメージが合わないような気がして (^◇^)

愛、愛、愛ちゃん・・・、もしかすると、これがきっかけかなあ・・・、一週間ほど前のこと、

伊勢丹の7階のバレンタインデーのイベントに行ったら、仲良くしているマネキンのUさんの前に、感じのいい(どこぞの資産家の)お嬢さんがいて、チョコレートをごっそり買っていて、Uさんに「去年まではシルビオ・ペッソーニのチョコは2階で売ってましたよね。Uさんがいなかったので探してしまいました」だと。Uさんはイイお客さんを持ってるなあ、と思って、名前を訊いたら躊躇わずに「〇〇愛です」と答えてくれて、翌日、伊勢丹の地下でバッタリ会ったので私のお薦めのお菓子を差し上げていて、それでかなあ・・・。

もちろん、その愛ちゃん、どこにお嫁に行っても大丈夫ですよ、私は最高の女房を頂いているんだから ♪

posted by poohpapa at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月18日

ちょっと前のネットの記事、これ、分かる人、0.01%くらいかな

【衝撃】光よりも速い存在3つ!

もちろん、私は分からない。ただ、「ブラックホールでは光でさえ吸い込まれて逃げられない」と聞いたことがあるので、そのあたりがヒントになる、と言うか、関係しているのかな。光の秒速、299790km(地球をおよそ7周半)って、それだけは細かく記憶しているけど学校で習ったのはそこまで。あとは知らない。

だいたいが、コンピューターも無い時代に、光の秒速、誰が(どんな機器を用いて)どう計ったんだよ!?

興味があるので、誰か、詳しく(解かりやすく)解説できる人、教えて頂けませんか。宜しくお願いします。

posted by poohpapa at 07:03| Comment(4) | TrackBack(0) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月17日

昨日の記事3本・・・

公開に設定しても公開されず、そのまま放っておいて、お昼ごろチェックしたら未だ公開されておらず、夕方、帰宅してチェックしたら公開されていた。その間、私は何もしていないので、原因は Seesaa 側にあるんだろな。でもって、会社のPCでコメントの返信を入れようとしたら「海外のIDでのコメントは受け付けていません」と出る・・・。私は日本に住んでるし、今日も同じようなことが起きるのかなあ、面倒だなあ。

そうそう、まだまだ先の話だけど、「7月20日に母校の半田高校の学年の同窓会が開催される」とのこと。昨秋の帰省の際にお世話になったS君からメールを頂いた。S君・・・、私とは肺癌仲間、しかも同時期に。参加しないと、もう二度と会えない同級生もいるだろうから必ず出席したいと思う。懐かしいなあ。

二度と会えない・・・、どちらか、とか両方が他界したり、同窓会に参加しない奴がいたりしてね。中学の同窓会で、まるで顔が変わっていて路で会っても判らないだろな、という同級生も多かった。高校の場合はそれほどでもないかも。これから帰省する機会も減ってくることだろうし、うん、絶対に参加しよう (^^♪

posted by poohpapa at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月16日

試験的な記事

記事のアップができない。理由が不明。左側の帯には告知が出ているのに。規約や道徳に違反する言葉も使っていないハズだけど。
posted by poohpapa at 07:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする