2222年01月01日

当ブログの考え方

当ブログ「悪徳不動産屋の独り言」の管理人で、東京都下の立川市で主として不動産賃貸仲介管理業を営んでいる(株)坂口有吉不動産の坂口久夫と申します。どうぞ宜しくお願いします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先ず初めに、平成28年4月5日まで当社管理物件に立川市と武蔵村山市の生活福祉課の極めて不誠実な対応により生活保護の精神異常者が入居していて、当社名で検索するとその男による当社を誹謗中傷する記事や書き込みが無数に出てきます。立川警察には被害届と告訴状を受理してもらいました。家主も当社も甚大な被害を受けています。どちらの言い分が正しいか、何が真実なのかは皆さんそれぞれがお考えください。中には、いかにも第三者を装って書きこんでいるものや、家主や私の個人名を使ってコメントしているものもあります。精神異常者ですがそういう悪知恵は働きます。

その男、当社の車にペンキを掛けたり何箇所も引っ掻き傷を付けたり唾を吐きかけたり、当社のウィンドーに何度も唾を掛けたり生卵を投げつけたり、当社名であちこちに卑猥な文面の葉書などを送っていて、切手不足で戻ってきた葉書は70枚ほどあります。やることがセコイですね。

私の個人情報をネットで晒し、間抜けにも私の自宅を特定したつもりで間違った家の写真をネットにアップしています。何か仕掛けるほどの度胸は無く、「何かしてくるのでは」という恐怖感を与えるのが狙いですね。警察の話では「もう立派な犯罪」とのことで、逮捕間近と聞いていましたが、立川警察は捜査をしていませんでした。「そういうのは精神異常者かどうかは関係ありません」と言ってましたが、立件しても公判の維持ができないのでやりたくないんでしょう。立川警察も市役所と同じ、所詮は公務員です。

先日、警察に預けていた証拠品がようやく返還されました。週刊誌にネタを提供するのもアリですね。

さて、「気違い」が私の個人情報等をネットに晒したことから匿名で記事を書く意味が無くなりましたので冒頭のように会社名など公開することにいたしました。法律もマナーも関係ない「気違い」は無敵ですね。

そんな「気違い」でも怪しいNPO法人絡みで協力者がいるようで、部屋探しを装って来店し、こちらの動きの探りを入れてきたりしています。当社の入居者の中にも協力者がいて、警察に通報しました。

3月23日に家主との和解が成立して家主が51万円の立ち退き料を払ったことで4月5日に出て行きましたが、私の被害届と告訴は撤回しません。27年間で最悪の入居者です。まさに、正真正銘の気違いサイコパスです。そのあたりの経緯は後日詳細にアップします。いろいろあって、私はこの家主も赦しませんが。

相当な被害を被りましたが、一番悪いのは、そういう人間だと知っていながら不動産会社や家主に黙っていた武蔵村山市と立川市の生活福祉課です。市の職員は市民が安全快適に日々の生活が送れるよう努めなければならないものでしょうが、自分たちの保身しか考えていません。

そういう人間だと判っているなら、本来「こういう状況の人がいますが、何かありましたら役所も全力でフォローしますので、家主さん、ご理解頂けますか?、不動産屋さん、ご協力頂けますか?」と言うのが当たり前。トラブルが起きたら「我々の仕事は生活保護受給者に保護費を渡すところまで」「個人情報保護法がありますので何もお伝えできません」と逃げるのは不誠実。百歩譲って法的に間違っていないとしても道義的に正しくないのは明白。私が生活福祉課の職員を「人間のクズ」と呼ぶ所以であります。

両立しないのであれば、護るべきは「福祉を食い物にしている気違いの人権」なのか、「マトモに働いて納税している一般市民の人権」なのか、考えなくても分かりそうなものですが。

最近も、その気違いがいろんなHNを使ってこのブログにコメントを入れてきています。自分であちこちに誹謗中傷の書き込みをしていながら「ドス黒い噂が出るわ出るわ」などと書き込んでいます。「気違い」が患っている精神病は娘さんに遺伝するものなので、可愛い娘さんではありますが他人事ながら本当に心配です。だいいち、そんな「気違い」にマトモに子供が育てられるハズがありませんし。児童相談所も当分は娘さんを父親である気違いのもとに返さないでしょう。いい仕事をしています。

いちおうこちらに書いておきますが、もし私が不審死することがあったなら、その「気違い」を真っ先に疑ってください。事故と思われるような死に方をしても、です。そういう知恵は廻る男ですから。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて、この記事は、2004年2月19日に開設した「悪徳不動産屋の独り言」というブログを運営する管理人の基本的な考え方やスタンスをご理解頂くためのものです。したがってこの先は常に本記事がトップに表示されるよう設定します。

本ブログは主に不動産屋として日常業務の中で、お客様や家主様、同業者との間で起きた実話を基に私の主観で書いたものです。業界ブログではありますが、記事のカテゴリーは多岐に亘っていまして、全て私の独断と偏見によるもの(?)です。

もちろん、人を傷つけるのが目的のサイトではありませんが、私の素性も公開しましたので、とくに問題が有りそうな記事は非公開にいたしました。公開されている記事の中には「私が特定されることで本人には(書かれているのが)自分の事と判る」ものもあるかと存じます。

個人情報保護法に違反する記事(第三者に個人を特定できる内容)は無い、と思っておりますが、お気付きの点がありましたらご指摘頂けたら、と存じます。ただし、当事者による単に「不愉快」という理由の場合は非公開に変更することはいたしません。

私の業界記事は「市井の多くの不動産屋の本音」だと思います。客観的に事実を見つめ、不動産屋、家主、消費者、が互いの本音を知り理解することは、快適なアパート暮らしや健全な賃貸ビジネスのためにとても重要なもの、と考えます。

頂いたコメントは、私に対する批判だから、という理由で削除することはありませんが、善意か悪意かに関係なく、他の読み手さんに誤解を生じかねないものや、最低限のマナーを弁えない一方的な誹謗中傷や、自分と違う意見には耳を傾けないことが明らかなコメントは削除したり、返信しないことがあります。反対意見や批判であっても全くかまいませんが、趣旨をちゃんと理解して、空気だけは読んでください。

また、HN未記入、「通りすがり」及びそれに準ずるHNの方からのコメントには内容の如何に関わらず返信をしないことがあります。たまに何かのキーワードで飛んで来て、記事をちゃんと読まずに傲慢な荒らしコメントを入れて自分だけ喜んでいる「カミツキガメ」と揶揄されている人たちからコメントが入ることもあります。削除されずに残っていたら、そういうのも含めて楽しんでお読み頂けたらと存じます。

元々は独立している自分の子供たちに、後々「私の生き様や価値観」を知ってもらうために書き始めたもので、本来は遺言書のような意味合いのものでしたが、いつの間にか多くの皆さんに読んで頂くようになり、週刊誌や新聞でも取り上げられ、本としても出版されて、ラジオ番組(吉田照美のやる気満々;番組は終了)の「午後2時の興味津々」のコーナーにゲストとしてお招き頂き、日本テレビのバラエティ番組「バカなフリして聞いてみた」にも2週に亘って出演させて頂きました。4年前はマツコデラックスさんのトーク番組にもお招き頂き、収録も終わっていましたが、番組自体が消滅してしまいました。同様に「有吉ゼミ」からもオファーを頂きましたが、企画が流れてしまいとても残念です。何と言っても、私が一番大好きな女性タレントと共演させて頂ける話だったので。でも、また別の番組からお声が掛かったりしています。2018年は、テレ朝の「東京らふストーリー」にも出演させて頂きました。ブログ様様ですね。

ちなみに私の本、著者名は私の亡くなった父親の名前です。五月書房さんから「著者名、どうしますか?」と訊かれて、「親父の名前がこんな形ででも残せれば・・・」と思って決めました。無断借用です^_^;

私の著書、多摩地域の公立図書館にはたいてい置いてあるようです。もちろん立川市の図書館にも。

当ブログ、「一番読んで欲しい私の子供たちは誰も読んでくれていないもの」と思っていましたが、次男からはたまにコメントが入ります。財産を遺さない(遺せない)父親からのメッセージなので、長男も、私が死んだ後にでも少しずつ読んでくれたら嬉しいです。末娘とは親子の縁を切りました。

長く続けているので、累計アクセス数は2019年の1月に2000万を超え、令和4年6月20日現在で記事数は6906話、頂いたコメントも16371件にもなりました。誹謗中傷コメントを除き、全てに返信していることが私の誇りです。

業界紙「住宅新報」(週刊)にて連載させて頂いている紙上ブログも14年目に突入しました!


※ この記事の内容は、随時変更していきます。
posted by poohpapa at 00:00| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月10日

今日から17日まで、不動産屋の長い夏休み、その前に

多くの不動産屋が(お盆に合わせて)水曜日から水曜日までの8日間の夏休みを取るが、当社も同じ。うちだけ開けていても仕事にならないし。ただし電話は全て携帯に転送されるから年中無休みたいなもの。

今日は内閣改造と世界平和統一家庭連合による記者会見が行われる。ワイドショーは連日、多くの時間を割いて議員と旧統一教会の関係を追及しているが、マスコミはこの件で何の責任も無いのかねえ??

議員の中には「頼まれれば何でも祝電は打つ」と開き直る奴もいて、自分が当選するためには何でもアリ、国会議員はそれで当たり前、ということか。「公明党の支援は受けない」と宣言して公明党の逆鱗に触れ、それでも見事当選した岡山の小野田紀美参議院議員の爪の垢でも煎じて飲め、と言いたくなる。

だいたいが、国会議員たるもの「世界平和統一家庭連合なるものが旧統一教会が名称変更しただけのもの、今も実質的な霊感商法や高額寄付の強制で苦しんでいる信者や元信者がいる、とは知らなかった」とは言わせない。タダで選挙運動を手伝わせたり票を稼ぐ、つまり自分が当選するために関係を断つどころか利用しようとするのが間違い。私は安倍さんは支持しているが、その件(だけ)は誤りだったと思う。

この件では公明党も静か、一言も苦言を呈していない。ヘタに騒いで藪蛇になるのを恐れているからか。

内閣改造も、完全には「統一教会と関係を持っていた議員」を排除できないようだ。政権維持と強化だけしか考えていないのが透けて見えている。河野太郎がデジタル相に就くみたいで、何を考えているやら。

ところで、中国によるハニートラップに引っ掛かって(脅されて)中国の意のままに動かされている与党の大物議員がけっこういるようだが、それも不思議である。なんでも、中国政府は日本から訪れる議員の好みのタイプの女性を周到に調べて用意するみたいで、事実なら凄いことだし日本では有り得ないこと。

それに引っ掛かった議員、中国の言いなりになるのでなく、一部始終を暴露すればいい、と、私は思う。「日本政府の一員として中国を訪問したら、ホテルの部屋に中国政府が用意した綺麗な女性が訪ねてきて、一夜を共にさせて頂いた。それで中国は『私を意のままに動かせる』と勘違いしているようだが、それは間違い。中国は『そんな汚い手』を使ってくる国である、と公にしたい。私は、出された料理は残さず食べる。それが美味しいかマズいか、どんな隠し味が仕込まれているかは別の問題である」と言えば良い。

そういう議員が一人でもいれば、中国はハニートラップという手を使えなくなる。もちろん、中国が仕掛けてくるのはハニトラだけでなく、カネもある。それも同様に、受けておいて(バレる前に)暴露すれば良い。

さて、内閣改造・・・、高市氏の処遇と、国交相が相変わらず公明党議員になるのか、が気になっている。

そうそう、統一教会のニュースや解説の中で「キリスト」という言葉が全く出ないんだけど、統一教会ってキリスト教の一派ではなくて全く別の宗教??。「日本は韓国に多大な迷惑を掛けたのだから、その償いとして韓国に献金するのが当たり前」として韓国に何百億円も送金しているようだけど、それって宗教ではなく「タダの集金システム」ってことじゃないのかな。私は、宗教で幸せになった人、知らないなあ(^^♪

posted by poohpapa at 06:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月09日

私の好きなジャーナリストの一人

朝日、毎日と並ぶ国賊的新聞社である東京新聞の中にあって極めてマトモな見識を持つ長谷川幸洋氏、私は「ニュース女子」のМCを務めていた頃から大好きだった。「この人が東京新聞にいるのがおかしい」と思っていて。在職中はさぞかし窮屈な思いをしていたんじゃないかな、と、他人事ながら心配していた。

その長谷川幸洋氏の記事 ↓

「平和ボケ」した日本のメディアの「致命的な勘違い」が、ペロシ訪台で見えてきた いつ、目を覚ますのか
現代ビジネス 長谷川幸洋  2022/08/05

これは、「平和ボケ」した日本のメディアだけでなく、日本人なら読んでおいたほうが良いだろな、と思う。

posted by poohpapa at 05:56| Comment(5) | TrackBack(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月08日

今日は何の日??

うちの店の社名にもなっている親父の命日。亡くなって25年・・・。コロナが落ち着いたら久しぶりに帰省してお墓参りもしたいなあ。中学時代の恩師からも「来年の祭りには帰ってこいや」とお誘い頂いてるし。

それと、高校時代から私が最もお世話になった1年先輩のМ君の誕生日。後で忘れず電話しよう (^^♪

posted by poohpapa at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりの整体院

左膝の裏側が、ふだん歩いていたり立ったり座ったりしても違和感はないけど、深く曲げると激痛が走るので、整形外科でリハビリも受けているけど、整体院に行ってきた。うちのに言わせれば「歩き過ぎだよ」とのことだけど、「老いは足から」とも言われているので極力歩くようにしていて、週平均で9万歩は歩く。

左脚の痛みは2ヶ月ほど前から感じていて、スマホの「五三次」アプリで見ると、2年間に江戸と京都を3往復していることになっていて、別のアプリだと東京から北京の先までの距離を歩いていて、歩き過ぎ、と言われればそうかも知れない。だが、そうであるなら右脚も痛むハズ。今のところ右脚は何ともない。

立川駅北口の立川通りには、歯科医院と不動産屋、整体院、(最近は減ったが)薬局しかないくらいの激戦区。そこに新しく「ココロカラダメディカル整体院」というのが出来て、同院は南口にもあるし、何でまた立川に?、とは思ったが、駅前で配っていたティッシュの「初回500円」の宣伝に魅かれて行ってきた。

場所は、私が通っている整形外科のあるフロム中武の向かいの2階。間口が狭くて解かりにくい。中も「鰻の寝床」のようでやや窮屈、個室ではないのでプライバシーは保てないのが難点。ワンフロア1事務所(店舗)で、エレベータのドアが開いたら即店舗。肝心の(若い整体師の)技術は素晴らしいと思えた。

整体は「一度で結果が出る」ものではないので、次回から1ヶ月8回の「整体とストレッチのコース」で申し込んだ。まあ、それで改善しなければ「やっぱり歳の所為」「歩き過ぎ」だと思って諦めるしかないだろう。

生きていく(食べていく)ためには、まだ数年は現役で不動産屋をやっていなければならないから、お医者様とリハビリ師、整体院の整体師や、うちのとも相談しながら治していこう。ただ、あまりにいろんな人の意見を聞き過ぎると、どこかの総理大臣(検討使)みたいに「話は聞くけど決断できなくなる」かもだけど。

それにしても、東京−京都間の距離、368km、2年で3往復だと2208km・・・、よく歩いたモンだ(^^♪

posted by poohpapa at 05:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 健康、ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月07日

解決策・・・、探らなくていいと思う

韓国・徴用工訴訟「日本企業の資産現金化」が近く決定か、元韓国大使が解説
DIAMONDonline  武藤正敏 2022/08/06

韓国は「我々はこの問題の解決の為に努力している。あとは日本が誠意を示せ」、と言っているが・・・、

元々「徴用工問題」も「従軍慰安婦問題(日本軍による強制)」も無い。徴用工は応募工、従軍慰安婦は同胞(や親)の人身売買によるただの売春婦、だと私は思っている。応募工は、安い賃金(対価)で劣悪な環境に置かれていたワケでなく、従軍売春婦も日本の士官より多い収入を得ていたのだから。もし彼(彼女)らから稼ぎを搾取している者がいたとしたなら、それは日本人ではなく韓国人ではなかったのか。

どちらも日本の信用を貶めるための嘘。韓国政府に言ってもカネは出ないから、お人好しの日本に大声でしつこく騒いで「解決金なるもの」を何度も「今度が最後」と言って支払わせ、味を占めて繰り返している。

日本の外交は、世界に例を見ない「人間性善説」の上で成り立っている。トルコや台湾のように、いつまでも日本に恩義を感じて接してくれる国など(外交的には)珍しく、有るのが不思議なほど。もちろん、韓国や中国は真逆。事実を基に非難しているならともかく、歴史を捏造や歪曲してまで日本を貶めている。

徴用工問題で、日本は、解決策・・・、探らなくていいと思う。日本政府は「現金化された場合の報復措置を決めている」とのことだが、先に明らかにしておいたほうが良いと思う。韓国は威勢のいい言葉とは裏腹にビビリで日和見だから、言うことがどう変わるか見てみたいもの。私は「日韓断交」を熱望している。

で、近く行われる内閣改造では、林外相は、「本当に日本の国益を考える人物」と交代してもらいたい。


と、書いていたら、3時間前の毎日新聞のニュースで、松野博一官房長官と林芳正外相は留任だとか。

岸田は馬鹿か!、松野博一官房長官の留任はともかくとして、とことん日本を売る気なのか!?<`〜´>


posted by poohpapa at 05:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月06日

感動的な動画

ここんとこ疲れ気味で、YouTube で癒し系の動画を探したり、同業者さんが送ってくださる(超可愛い)お子さんの動画や写真を見たり、毎朝たかさんが送ってくださる猫の写真などを見て癒されているが、その中で、ちょっと古いのだが、こんな動画を見かけた。「日本人の心」って元々こういうものではなかったか。


【感動】生き別れた母探し66年ぶり来日 最後に待っていたものは Setting foot on Japanese soil after 66years, in search of her mother

5歳で(養子縁組で)単身アメリカに渡り、壮絶な苦労をなさっていて、それでも前向きに生きてきて、いや生き延びてきて、母の足跡を探しに66年ぶりに帰ってきた日本で最後に待っていたものに感動した。

多くの善意の人たちが献身的に協力していて涙が出る。こういう人たちの思いは、吉祥寺の金井米店の前で「ヘイトだ」「レイシズムだ」とプラカードを掲げて営業妨害している奴らには絶対に解からないだろう。

さて、15分ほどの動画だけど、お時間のある時にどうぞご覧になって頂きたく思う。

posted by poohpapa at 05:51| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月05日

ゼレンスキーはウクライナにとって「良い大統領」だったのか

私は過去ログで、ゼレンスキー大統領のことを高く評価していたけど、今は「見誤ったか」と思っている。

ロシアがウクライナに侵攻(侵略)し始めた当初、欧米が用意した亡命の道を辞退(拒否)して、「自分はウクライナ国民と共に戦う」と宣言して留まったのだから「立派な国家元首」と思っていたのだが、違うかも。そりゃあ「売られた喧嘩」なんだから簡単に白旗を上げるなんてできないものだろうけど、戦争が長引くことによって世界中に悪影響を及ぼしている。ま、言うなれば(露ウとも)「多大な迷惑」を掛けている。

それでいて、ゼレンスキー大統領は各国に武器や弾薬、食糧や資金の援助を求めている。西側諸国も、「勝手にどうぞ」とは言えず協力せざるを得ない状況なのだが、私なんかからすれば「体(てい)の良い強請りタカリ」に思える。初期の頃、橋下徹が「ウクライナは早く降参してこの戦争を終結させるべき」と言っていた時には、「そんなことしたらロシア人からどんな目に遭うか、大東亜戦争末期と同じことが起きる」と思って憤慨したけど、コロナ同様、悪影響をもたらされた他国からすれば、長引けば迷惑でしかない。

一番の問題は、国連(とくに安保理)が全く機能していない、ということではなかろうか。国連の無力さが露呈してしまっていて信用が地に落ちている。立川の駅頭でも、ユニセフの旗を立てて「ウクライナの人たちに支援を!」と募金を呼び掛けているが、私は協力しない。してもウクライナには届かないだろうしね。

日本は、戦勝国連合である国連から脱退して、考えを同じくする国々と新しい国連を造るべきだ。もちろん、容易なことではないが、10年、20年、と地道な活動を続けて行けば多くの国から評価されると思う。中には、両方に加盟する国も出てきたりしてね。岸田さんあたりが提唱すればノーベル平和賞モノだよ。

ゼレンスキー大統領、ここんところにきて「メッキが剥がれてきた」ような、私はそんな気がしてならない。

posted by poohpapa at 06:44| Comment(6) | TrackBack(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月04日

気になったニュース、またも(本音では触れたくもない)韓国ネタ

韓国の尹錫悦大統領、支持率急落の中で切る特赦カード
JB press 玉置 直司  2022/08/03

まあ「明日は我が身」で順送りだからね、そりゃあ特赦もするだろな。支持率が落ちてきた時には「反日捏造強請りカード」もお約束だしね。退任後に「何の罪にも問われなかった大統領」っていたのかねえ。


「信頼が破綻」徴用工訴訟の原告側、韓国政府との協議の不参加を表明
朝日新聞社  2022/08/03

ちゃんと日本人と同じ待遇で働いていたのだし、徴用工ではなく応募工。奴隷のように満足な食事も寝る時間も与えられずタダ働きをさせられていたならともかく。この問題は、解決済みではなく事実無根の話。

従軍慰安婦問題と同じで、日本政府が「うるさくてしつこく、カネに汚い」韓国人を黙らせるためにカネを支払って「味を占めさせた」ことが間違い。毅然として「どの戦場にも売春宿はあったけど日本軍の関与も性奴隷にした事実も一切ない」と、朝日新聞が自ら捏造を認めた時点で突っ撥ねれば良かった話で<`〜´>

ネットでは「早く現金化して国交断絶してくれ」との声も多く、私も同感。韓国は国家の体を成していない。

posted by poohpapa at 05:16| Comment(6) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月03日

ハードだった一週間・・・

サボっていたワケではないけど、溜まっていた事務仕事、アパートの設備の修理の手配などを片付けたり、月末から月初めにかけての管理家賃の振り込みや精算書の発送、物件案内と下調べ等々、怒涛の一週間だった。猛暑だし、我ながら、よく倒れなかったもの、と思う。ま、適当に手を抜いてたりしたけど。

そんな中で、野良のみーちゃんがここ五日間連続でお泊りしていて、私の布団の上に乗ってきてくれる。元々が野良なので、9時くらいになって「外に出たい」という素振りを見せたら出してあげて、うちのが寝るまでに戻らなければ閉め出すことになるが、それは仕方ないと思う。みーちゃんの好きにさせている(^^♪

振り返れば、3年前に亡くなったノルンとの14年間で、ノルンが私の布団に乗ってきたことなど一度も無い。ノルンは、うちのにしか懐いていなかったから。だから、みーちゃんが私に(私にも)懐いてくれるのは嬉しい。うちのが「奇跡だねえ」と笑っているが、私もそう思う。いつかは永遠に帰ってこない日が来る、と覚悟はしているけど、推定年齢10歳〜11歳のみーちゃんの余生が幸せであることを心から願っている。

そう言えば、我が家に出入りし始めた1年半ほど前と比べて、眼つきも穏やかになったし、丸々と太った。


さて、定休日お約束の Jonathan's のモーニングに行ってこよう。スタッフの笑顔から元気をもらいに ♪

posted by poohpapa at 06:07| Comment(4) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする