2222年01月01日

当ブログの考え方

当ブログ「悪徳不動産屋の独り言」の管理人で、東京都下の立川市で主として不動産賃貸仲介管理業を営んでいる(株)坂口有吉不動産の坂口久夫と申します。どうぞ宜しくお願いします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先ず初めに、平成28年4月5日まで当社管理物件に立川市と武蔵村山市の生活福祉課の極めて不誠実な対応により生活保護の精神異常者が入居していて、当社名で検索するとその男による当社を誹謗中傷する記事や書き込みが無数に出てきます。立川警察には被害届と告訴状を受理してもらいました。家主も当社も甚大な被害を受けています。どちらの言い分が正しいか、何が真実なのかは皆さんそれぞれがお考えください。中には、いかにも第三者を装って書きこんでいるものや、家主や私の個人名を使ってコメントしているものもあります。精神異常者ですがそういう悪知恵は働きます。

その男、当社の車にペンキを掛けたり何箇所も引っ掻き傷を付けたり唾を吐きかけたり、当社のウィンドーに何度も唾を掛けたり生卵を投げつけたり、当社名であちこちに卑猥な文面の葉書などを送っていて、切手不足で戻ってきた葉書は70枚ほどあります。やることがセコイですね。

私の個人情報をネットで晒し、間抜けにも私の自宅を特定したつもりで間違った家の写真をネットにアップしています。何か仕掛けるほどの度胸は無く、「何かしてくるのでは」という恐怖感を与えるのが狙いですね。警察の話では「もう立派な犯罪」とのことで、逮捕間近と聞いていましたが、立川警察は捜査をしていませんでした。「そういうのは精神異常者かどうかは関係ありません」と言ってましたが、立件しても公判の維持ができないのでやりたくないんでしょう。立川警察も市役所と同じ、所詮は公務員です。

先日、警察に預けていた証拠品がようやく返還されました。週刊誌にネタを提供するのもアリですね。

さて、気違いが私の個人情報等をネットに晒したことから匿名で記事を書く意味が無くなりましたので冒頭のように会社名など公開することにいたしました。法律もマナーも関係ない「気違い」は無敵ですね。

そんな気違いでも、怪しいNPO法人絡みで協力者がいるようで、部屋探しを装って来店し、こちらの動きの探りを入れてきたりしています。当社の入居者の中にも協力者がいて、警察に通報しました。

3月23日に家主との和解が成立して家主が51万円の立ち退き料を払ったことで4月5日に出て行きましたが、私の被害届と告訴は撤回しません。27年間で最悪の入居者です。まさに、正真正銘の気違いサイコパスです。そのあたりの経緯は後日詳細にアップします。いろいろあって、私はこの家主も赦しませんが。

相当な被害を被りましたが、一番悪いのは、そういう人間だと知っていながら不動産会社や家主に黙っていた武蔵村山市と立川市の生活福祉課です。市の職員は市民が安全快適に日々の生活が送れるよう努めなければならないものでしょうが、自分たちの保身しか考えていません。

そういう人間だと判っているなら、本来「こういう状況の人がいますが、何かありましたら役所も全力でフォローしますので、家主さん、ご理解頂けますか?、不動産屋さん、ご協力頂けますか?」と言うのが当たり前。トラブルが起きたら「我々の仕事は生活保護受給者に保護費を渡すところまで」「個人情報保護法がありますので何もお伝えできません」と逃げるのは不誠実。百歩譲って法的に間違っていないとしても道義的に正しくないのは明白。私が生活福祉課の職員を「人間のクズ」と呼ぶ所以であります。

両立しないのであれば、護るべきは「福祉を食い物にしている気違いの人権」なのか、「マトモに働いて納税している一般市民の人権」なのか、考えなくても分かりそうなものですが。

最近も、その気違いがいろんなHNを使ってこのブログにコメントを入れてきています。自分であちこちに誹謗中傷の書き込みをしていながら「ドス黒い噂が出るわ出るわ」などと書き込んでいます。気違いが患っている精神病は娘さんに遺伝するものなので、可愛い娘さんではありますが他人事ながら本当に心配です。だいいち、そんな気違いにマトモに子供が育てられるハズがありませんし。

いちおうこちらに書いておきますが、もし私が不審死することがあったなら、その気違いを真っ先に疑ってください。事故と思われるような死に方をしても、です。そういう知恵は廻る男ですから。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて、この記事は、「悪徳不動産屋の独り言」というブログを運営する管理人の基本的な考え方やスタンスをご理解頂くためのものです。したがってこの先は常に本記事がトップに表示されるよう設定します。

本ブログは主に不動産屋として日常業務の中で、お客様や家主様、同業者との間で起きた実話を基に私の主観で書いたものです。業界ブログではありますが、記事のカテゴリーは多岐に亘っていまして、全て私の独断と偏見によるもの(?)です。

もちろん、人を傷つけるのが目的のサイトではありませんが、私の素性も公開しましたので、とくに問題が有りそうな記事は非公開にいたしました。公開されている記事の中には「私が特定されることで本人には(書かれているのが)自分の事と判る」ものもあるかと存じます。

個人情報保護法に違反する記事(第三者に個人を特定できる内容)は無い、と思っておりますが、お気付きの点がありましたらご指摘頂けたら、と存じます。ただし、当事者による単に「不愉快」という理由の場合は非公開に変更することはいたしません。

私の業界記事は「市井の多くの不動産屋の本音」だと思います。客観的に事実を見つめ、不動産屋、家主、消費者、が互いの本音を知り理解することは、快適なアパート暮らしや健全な賃貸ビジネスのためにとても重要なもの、と考えます。

頂いたコメントは、私に対する批判だから、という理由で削除することはありませんが、善意か悪意かに関係なく、他の読み手さんに誤解を生じかねないものや、最低限のマナーを弁えない一方的な誹謗中傷や、自分と違う意見には耳を傾けないことが明らかなコメントは削除したり、返信しないことがあります。反対意見や批判であっても全くかまいませんが、趣旨をちゃんと理解して、空気だけは読んでください。

また、HN未記入、「通りすがり」及びそれに準ずるHNの方からのコメントには内容の如何に関わらず返信をしないことがあります。たまに何かのキーワードで飛んで来て、記事をちゃんと読まずに傲慢な荒らしコメントを入れて自分だけ喜んでいる「カミツキガメ」と揶揄されている人たちからコメントが入ることもあります。そういうのも含めて楽しんでお読み頂けたらと存じます。

元々は独立している自分の子供たちに、後々「私の生き様や価値観」を知ってもらうために書き始めたもので、本来は遺言書のような意味合いのものでしたが、いつの間にか多くの皆さんに読んで頂くようになり、週刊誌や新聞でも取り上げられ、本としても出版されてラジオ番組(吉田照美のやる気満々;番組は終了)のゲストとしてもお招き頂き、日本テレビのバラエティ番組「バカなフリして聞いてみた」にも2週に亘って出演させて頂きました。2年前はマツコデラックスさんのトーク番組にもお招き頂き、収録も終わっていましたが、番組自体が消滅してしまいました。でも、また別の番組からお声が掛かったりしています。ブログ様様ですね。

ちなみに、著者名は私の亡くなった父親の名前です。五月書房さんから「著者名、どうしますか?」と訊かれて、「親父の名前がこんな形ででも残せれば・・・」と思って決めました。無断借用です^_^;

最近まで「一番読んで欲しい私の子供たちは誰も読んでくれていないもの」と思っていましたが、次男からはたまにコメントが入りますし、末娘も時々読んでくれているようです。財産を遺さない(遺せない)父親からのメッセージなんで、長男も、私が死んだ後にでも少しずつ読んでくれたら嬉しいです。


現在、「住宅新報」(週刊)にて紙上ブログを8年間に亘って連載中!



※ この記事の内容は、随時変更していきます。
posted by poohpapa at 00:00| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

うちの田舎の殺人事件

女子高生殺害:24歳容疑者を逮捕…愛知のホテル

別れ話のもつれから絞殺、って言ってもラブホテルで殺されたのが18歳の女子高生・・・???

20日の夕方から泊まってた、と言うんじゃ、親は何やってたの!?、という話。恥ずかしい

これで廃業に追い込まれたならホテルが気の毒。アパートでも起こり得るから他人事ではない。

posted by poohpapa at 11:58| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

迷子の老婦人、三たび・・・

うちのと買い物に行く途中、駅前の大きな交差点のところで、よく迷子になっている老婦人を見かけた。もしやと思って、後ろから「Yさん」と声を掛けると、やはり帰り道が分からなくなっている様子。

「あら、ちょうど良かったわ・・・、私の家が分からなくなってしまって・・・」と言う。Yさんの家は自宅でなく老人ホーム、具体的に言うと(今流行の)介護と食事付きのマンションである。立派なお子さんもいるようだが事情があって子供たちとは別居してホームに入っている。最初に出会ったのは私の店の前、いきなり「私の家はどこでしょう?」と訊かれて、手がかりを頼りにホームまで送ってさしあげた。

次は、「歌の会」がある公民館を下見しようとして行き方も帰り方も分からなくなってしまった時。他にも、何かの時の準備で「内科クリニック」を探していて道に迷ったりしていた。ホームからは「一人で出歩かないよう」言われているが、24時間の監視は付いていないし天気が良ければ出歩いてしまう。

その都度、どういうワケか私と出くわす・・・。ま、それもご縁なんだろう。今回も、高島屋のほうを指さして「あの橋(駅から続く歩道橋のような通路)を渡っていけば帰れますわよね」と言うが、それはそうなんだけど降りる階段はいくつもあるから、確実に迷うと思われた。それで、「そんな回り道をしなくても、この道を真っ直ぐ行って、二つ目の信号がY字路になっているから左に行くとYさんのマンションが見えてきますよ」と教えてあげた。3度も同じことを言い、それでも心配だったので「ホームまで送りましょうか?」と言ったのだが辞退された。ほぼ直進で信号二つ、それでも迷いそうな感じ・・・。

今までも迷ったらその都度誰かに尋ねて帰ってはいたんだろう。お年寄りに「散歩をするな」とも言えず、今度道に迷ったら誰かに見てもらうよう「ホームへの帰り方」をカードにして、いつも身に着けているように言って渡して差し上げようかと思う。

posted by poohpapa at 07:37| Comment(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

台湾旅行 2日目 3 (台中)

日月潭、文武廟を観た後で昼食、

DSC01534.JPG

DSC01538.JPG
ここは飲茶料理だからか一品ずつ出される。

DSC01540.JPG
私が取った料理

DSC01541.JPG
私が頼んだマンゴージュース、味は・・・、微妙。正直、日本のマンゴージュースのほうが美味しい。

この後で黒檀製品を売る土産物店に寄る、

DSC01542.JPG
これ、黒檀でできた彫り物の上で白檀のお香を焚くと煙が(水が流れるように)下りてきて、下部の池のようなところに溜まる仕組み。まるで滝と滝壺のようで、見ていて飽きなかった。店員に強く勧められたが、なんせ高価。うちにはこういう香りを好まないノルンがいるし断念。でも欲しかったなあ・・・。

この土産物店は入口にバケツと黒檀製品が置いてあって、黒檀が木なのに重くて水に沈む様子が見られる。店内には台湾バナナが積んであって自由に食べられる。そういうのも料金のうちか (^◇^)

そういえば、忘れていたけど、ここで黒檀の(長い柄の)靴ベラを購入した。500元、2000円だった。

その後、彰化大仏の見学、

DSC01543.JPG

DSC01544.JPG

DSC01549.JPG

DSC01552.JPG

DSC01555.JPG

DSC01557.JPG
境内でサックスの演奏を聴かせる人が・・・、演目は、内山田洋とクールファイブの「長崎は今日も雨だった」とか都はるみの「大阪しぐれ」とかで日本の曲。けっこう上手かった。だけど、せっかく台湾に来ているのだから、できれば日本の曲は聴きたくないかな、というのが本音ではあった。






posted by poohpapa at 06:19| Comment(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

MXテレビは正しい

いつものmsn.の毎日新聞の記事から、

MX:「偏見報道」に波紋…「事実無根」市民が抗議行動

私からすると、番組内容は「正しい」「何ら間違っていない」と思える。だいいち、さすが「朝日より左寄り」の毎日新聞の記事だけあって、この記事自体が異常なまでに偏向している。

見出しからして、「偏見報道」に波紋、とあって、最初から偏向報道だと決めつけている。

鈴木秀美・慶応大学教授の、「制作会社が作った番組であっても、MXにはテレビ局として期待される真実の追求への配慮が必要だ。政治的意見はあってもいいが、一方的な決めつけをしているなら問題だ。」という毎日新聞にとって都合のいい言葉で記事を結んでいるが、「オマエが言うな ( `ー´)ノ」という話。まさにブーメランで、飲んでいたお茶を噴き出してしまった。

この番組内容にMXテレビに抗議をしている市民がいる・・・、普通の市民は「私と意見が違うな」と思っても抗議まではしないもの。皮肉にも「そのことが逆にこの番組の内容が正しかったことを裏付けている」ことになるのではないか (^◇^)

今、民放で本音を流しているのはMXテレビだけである。負けずに頑張ってもらいたいと思う。



posted by poohpapa at 07:28| Comment(6) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

街の名物パン屋さんが閉店した

度々当ブログでも紹介していたオハナベーカリーが閉店した。手間暇かけて作られるパンは都内からも買いに来る客がいるほどで、10時ごろ開店して1時にはその日のパンが全て売り切れるほど。とくに食パンに技量の差が顕著に表れるので、私もいろんな人に「食べてみて、美味しいよ」と配っていた。

年末に貼紙がしてあって「膝の状態が思わしくなくパン作りに耐えられないので、新年は17日までお休みします」とのこと。年が開けて19日に店を覗いたが開いておらず、更に大きな貼紙が・・・。

読むと、どうにも膝が回復せず、いよいよ店を閉めることになったようだ。私が時折パンを届けていた伊勢丹のソムリエさんに話したら絶句していた。他の人たちもきっと残念がることだろう。

パン作りと膝・・・、工程でどのような負担が掛かっているか不明だが、店を続けられないくらいなら相当なものであったことだろう。

もうオハナベーカリーのパンが食べられなくなるのは寂しい。技を継承してくれる後継者はいないものか、と他人事ながらついつい思ってしまう。職人さん(経営者)は私より若いし、もし回復したなら、いつかこの街で再びオハナベーカリーをオープンしてほしいと思う。皆、きっと、ずっと待っているから。

posted by poohpapa at 07:07| Comment(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

台湾旅行 2日目 2 (台中)

宝覚寺の後、彰化へ。今日も写真をたくさん貼る。

日程表では彰化大仏が先だったが、風光明媚な日月潭(湖のようなもの)を先に観光。

いちおう大きさで、湖>潭>池、ということになっていて、日本には「潭」の概念は無く、湖>池。

DSC01473.JPG

DSC01474.JPG

DSC01475.JPG

DSC01477.JPG
太公望もいて、いい雰囲気、なんだけど・・・、釣れるのかなあ、ここで・・・。

DSC01483.JPG

DSC01476.JPG

DSC01485.JPG
我々の乗ったバス。派手派手なデザインで、バスを間違えることは無い。

少しバスに乗って文武廟へ、

DSC01486.JPG

DSC01489.JPG

DSC01490.JPG

DSC01491.JPG

DSC01492.JPG
狛犬も、いかにも中華風 (^◇^)

DSC01495.JPG

DSC01496.JPG
境内で蘭を売っていて、凄く安い。買って帰れないのが残念。

文武廟の中へ、

DSC01502.JPG

DSC01508.JPG

DSC01515.JPG
孔子像

DSC01503.JPG
天井もキレイ

DSC01521.JPG
壺にコインを投げ、入ると願いが叶う、とのことで、私も挑戦。距離が近いから一発で成功。もちろん、願ったのは「ノルンの健康と長寿」それのみ。人間(飼主)のことは後回し (*^_^*)

DSC01532.JPG

DSC01530.JPG
霞んでいるのは中国からのPM2.5の影響。それが無ければ遠くまでスッキリ見渡せるとか。

DSC01529.JPG
若者が何やら演奏していたので傍に行って撮影しようかと思っていたら、ガイドさんが「あれは中国共産党のPRでやってるものだから聴く意味がありませんよ」と教えてくれた。台湾にも日本の SEALDs みたいに社会主義に洗脳されている若者がいるんだ・・・、と思った。

posted by poohpapa at 07:01| Comment(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

台湾旅行 2日目 1 (台中)

朝食はどのホテルもバイキング形式で種類も豊富だった。

DSC01427.JPG

DSC01425.JPG

DSC01428.JPG
私の朝食、このあと若干お代わりをした。さすがにフルーツはどれも美味しい。

DSC01418.JPG
ホテルのロビー。我々のバスは2号車で利用航空会社はエバー航空だったが、1号車のグループはキャセイ航空(香港)で、ガイドさん曰く「エバー航空のほうが断然いいですよ」とのこと。私もそう思う。

DSC01423.JPG
一泊目のホテル「成旅晶賛飯店」を道路の向かい側から撮影。

DSC01424.JPG
ホテル前の様子。朝早く、まだ閑散としている。

DSC01430.JPG
やる気無さそうなホテルの従業員の見送り (^◇^)

台中の、いや台湾最初の観光は、高さ33mの金色の弥勒菩薩像が微笑む宝覚寺、

DSC01445.JPG
弥勒菩薩ってこんなだったっけ・・・?? (^◇^)

DSC01441.JPG
大理石の弥勒菩薩像を撫でると何かとご利益があるらしい。寂しい人たちが殺到していた(うそ)

DSC01449.JPG
宝覚寺には戦前に台中周辺で亡くなった14000人の日本人の墓もある。

DSC01438.JPG
宝覚寺について解説してくれているガイドの須さん。

DSC01446.JPG

DSC01450.JPG

DSC01439.JPG
境内の様子、右側の「放し飼いの犬」に注目!

DSC01455.JPG
その犬がこうなる・・・。

DSC01457.JPG
観光客にすっかり慣れていて、このリラックスぶり (*^_^*)

そして、私が台湾で撮影したおよそ1000枚の写真のうち一番のお気に入りが次の写真、

DSC01460.JPG
「油断しきっている犬」を温かく微笑んで見やる美女。何と言うか「美女と野獣」っぽい雰囲気。このお嬢さん、黒髪も凄くキレイ。そして、たいへんな特技(?)も持っていたのだが・・・、それは後日。

DSC01462.JPG
そのワンちゃんがお見送りしてくれた。その様子はホテルの従業員より心が籠っているような・・・(爆)

 
posted by poohpapa at 07:02| Comment(11) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

台湾旅行初日

成田を発ったのが14時ちょうど、台北には17時05分に到着したが、時差が1時間あるので所要時間は4時間ほど。台北観光から始まるのでなく初日は台中へ、およそ3時間、150kmのバス旅。

途中レストランに寄って夕食。

DSC01400.JPG
12人と10人の2班に分かれて円卓に着いて、その同じ顔ぶれが台湾を発つまで続くことになった。最後の食事の際、ガイドさんが気を利かせて「せっかくですから最後の食事くらいはメンバーを変えてみますか?」と声を掛けてくださったが、なぜか全員が沈黙。よって最後まで同じ顔ぶれ・・・ (^◇^)

DSC01405.JPG

DSC01403.JPG
こんな料理が並ぶ。

DSC01404.JPG
私が取った料理の一部。他の人が料理を取っている最中かどうか確認して台を廻すのは楽しい。

料理は美味しいがスープはほとんど味がしない。台湾ではずっとそうだった。「出汁」という概念が無いものか、少し出汁が効いていたとしても、たまたま素材の味が染み出た、という程度。

DSC01408.JPG
ホテルに着く前にバスの中で今回のツアーのコースについてガイドさんがレクチャー。現地ガイドの須さん、日本語は日本人と遜色なく、それも当たり前、高校を卒業するまで日本で暮らしていたんだとか。

そして、スーペリアクラス(スタンダードの一つ上)の我々のホテルに到着、

DSC01415.JPG
部屋は清潔で広い。旅の代金から考えると、こんないいホテルが使えるのが不思議。

DSC01413.JPG
ベッドも凄く広い横幅で、横に寝ても足が出ないほど。ここに一人で寝るのだが、貧乏性だから真ん中には寝られず片側半分だけを使う(トホホ)。もっとも、半分はスーツケース置き場にしていたのだが、それにしても贅沢。2人参加の方はツインになっていたようだった。

DSC01412.JPG
洗面所とトイレ。トイレは前回のペルー旅行と同じく、お尻を拭いたトイレットペーパーを流せなくて、横のゴミ箱に入れる。スーペリアの一ランク上のデラックスホテルを利用した方が2組いらっしゃって、そちらのホテルは温水洗浄便座だとか。ただし、トイレットペーパーを流せないのは同じかも。

DSC01417.JPG
ホテルの正月用の装飾。旧正月はもっと盛大に飾るかも。

DSC01416.JPG
こちらはエレベーターホールの装飾。


さて、本格的な観光は明日からスタート (*^_^*)


 念のため、写真をクリックすると拡大します。それをもう一度クリックすると更に拡大します。




posted by poohpapa at 06:31| Comment(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

トランプ米新大統領に本年度のノーベル平和賞・・・か(東スポふう)

トランプ氏、ロシアに核兵器削減と制裁緩和の取引呼び掛け

オバマ大統領だって「核の廃絶に向かって努力する」と訴えただけで貰えて結局は何もしなかったんだから、トランプ新大統領が貰っても何の不思議もない。既に、ノーベル平和賞なんてその程度に成り下がっているもんね。私なんか、佐藤栄作氏が貰った時に、既にそう思ってたけど。

posted by poohpapa at 11:02| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする