2222年01月01日

当ブログの考え方

当ブログ「悪徳不動産屋の独り言」の管理人で、東京都下の立川市で主として不動産賃貸仲介管理業を営んでいる(株)坂口有吉不動産の坂口久夫と申します。どうぞ宜しくお願いします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先ず初めに、平成28年4月5日まで当社管理物件に立川市と武蔵村山市の生活福祉課の極めて不誠実な対応により生活保護の精神異常者が入居していて、当社名で検索するとその男による当社を誹謗中傷する記事や書き込みが無数に出てきます。立川警察には被害届と告訴状を受理してもらいました。家主も当社も甚大な被害を受けています。どちらの言い分が正しいか、何が真実なのかは皆さんそれぞれがお考えください。中には、いかにも第三者を装って書きこんでいるものや、家主や私の個人名を使ってコメントしているものもあります。精神異常者ですがそういう悪知恵は働きます。

その男、当社の車にペンキを掛けたり何箇所も引っ掻き傷を付けたり唾を吐きかけたり、当社のウィンドーに何度も唾を掛けたり生卵を投げつけたり、当社名であちこちに卑猥な文面の葉書などを送っていて、切手不足で戻ってきた葉書は70枚ほどあります。やることがセコイですね。

私の個人情報をネットで晒し、間抜けにも私の自宅を特定したつもりで間違った家の写真をネットにアップしています。何か仕掛けるほどの度胸は無く、「何かしてくるのでは」という恐怖感を与えるのが狙いですね。警察の話では「もう立派な犯罪」とのことで、逮捕間近と聞いていましたが、立川警察は捜査をしていませんでした。「そういうのは精神異常者かどうかは関係ありません」と言ってましたが、立件しても公判の維持ができないのでやりたくないんでしょう。立川警察も市役所と同じ、所詮は公務員です。

先日、警察に預けていた証拠品がようやく返還されました。週刊誌にネタを提供するのもアリですね。

さて、「気違い」が私の個人情報等をネットに晒したことから匿名で記事を書く意味が無くなりましたので冒頭のように会社名など公開することにいたしました。法律もマナーも関係ない「気違い」は無敵ですね。

そんな「気違い」でも怪しいNPO法人絡みで協力者がいるようで、部屋探しを装って来店し、こちらの動きの探りを入れてきたりしています。当社の入居者の中にも協力者がいて、警察に通報しました。

3月23日に家主との和解が成立して家主が51万円の立ち退き料を払ったことで4月5日に出て行きましたが、私の被害届と告訴は撤回しません。27年間で最悪の入居者です。まさに、正真正銘の気違いサイコパスです。そのあたりの経緯は後日詳細にアップします。いろいろあって、私はこの家主も赦しませんが。

相当な被害を被りましたが、一番悪いのは、そういう人間だと知っていながら不動産会社や家主に黙っていた武蔵村山市と立川市の生活福祉課です。市の職員は市民が安全快適に日々の生活が送れるよう努めなければならないものでしょうが、自分たちの保身しか考えていません。

そういう人間だと判っているなら、本来「こういう状況の人がいますが、何かありましたら役所も全力でフォローしますので、家主さん、ご理解頂けますか?、不動産屋さん、ご協力頂けますか?」と言うのが当たり前。トラブルが起きたら「我々の仕事は生活保護受給者に保護費を渡すところまで」「個人情報保護法がありますので何もお伝えできません」と逃げるのは不誠実。百歩譲って法的に間違っていないとしても道義的に正しくないのは明白。私が生活福祉課の職員を「人間のクズ」と呼ぶ所以であります。

両立しないのであれば、護るべきは「福祉を食い物にしている気違いの人権」なのか、「マトモに働いて納税している一般市民の人権」なのか、考えなくても分かりそうなものですが。

最近も、その気違いがいろんなHNを使ってこのブログにコメントを入れてきています。自分であちこちに誹謗中傷の書き込みをしていながら「ドス黒い噂が出るわ出るわ」などと書き込んでいます。「気違い」が患っている精神病は娘さんに遺伝するものなので、可愛い娘さんではありますが他人事ながら本当に心配です。だいいち、そんな「気違い」にマトモに子供が育てられるハズがありませんし。児童相談所も当分は娘さんを父親である気違いのもとに返さないでしょう。いい仕事をしています。

いちおうこちらに書いておきますが、もし私が不審死することがあったなら、その「気違い」を真っ先に疑ってください。事故と思われるような死に方をしても、です。そういう知恵は廻る男ですから。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて、この記事は、「悪徳不動産屋の独り言」というブログを運営する管理人の基本的な考え方やスタンスをご理解頂くためのものです。したがってこの先は常に本記事がトップに表示されるよう設定します。

本ブログは主に不動産屋として日常業務の中で、お客様や家主様、同業者との間で起きた実話を基に私の主観で書いたものです。業界ブログではありますが、記事のカテゴリーは多岐に亘っていまして、全て私の独断と偏見によるもの(?)です。

もちろん、人を傷つけるのが目的のサイトではありませんが、私の素性も公開しましたので、とくに問題が有りそうな記事は非公開にいたしました。公開されている記事の中には「私が特定されることで本人には(書かれているのが)自分の事と判る」ものもあるかと存じます。

個人情報保護法に違反する記事(第三者に個人を特定できる内容)は無い、と思っておりますが、お気付きの点がありましたらご指摘頂けたら、と存じます。ただし、当事者による単に「不愉快」という理由の場合は非公開に変更することはいたしません。

私の業界記事は「市井の多くの不動産屋の本音」だと思います。客観的に事実を見つめ、不動産屋、家主、消費者、が互いの本音を知り理解することは、快適なアパート暮らしや健全な賃貸ビジネスのためにとても重要なもの、と考えます。

頂いたコメントは、私に対する批判だから、という理由で削除することはありませんが、善意か悪意かに関係なく、他の読み手さんに誤解を生じかねないものや、最低限のマナーを弁えない一方的な誹謗中傷や、自分と違う意見には耳を傾けないことが明らかなコメントは削除したり、返信しないことがあります。反対意見や批判であっても全くかまいませんが、趣旨をちゃんと理解して、空気だけは読んでください。

また、HN未記入、「通りすがり」及びそれに準ずるHNの方からのコメントには内容の如何に関わらず返信をしないことがあります。たまに何かのキーワードで飛んで来て、記事をちゃんと読まずに傲慢な荒らしコメントを入れて自分だけ喜んでいる「カミツキガメ」と揶揄されている人たちからコメントが入ることもあります。削除されずに残っていたら、そういうのも含めて楽しんでお読み頂けたらと存じます。

元々は独立している自分の子供たちに、後々「私の生き様や価値観」を知ってもらうために書き始めたもので、本来は遺言書のような意味合いのものでしたが、いつの間にか多くの皆さんに読んで頂くようになり、週刊誌や新聞でも取り上げられ、本としても出版されて、ラジオ番組(吉田照美のやる気満々;番組は終了)の「午後2時の興味津々」のコーナーにゲストとしてお招き頂き、日本テレビのバラエティ番組「バカなフリして聞いてみた」にも2週に亘って出演させて頂きました。4年前はマツコデラックスさんのトーク番組にもお招き頂き、収録も終わっていましたが、番組自体が消滅してしまいました。同様に「有吉ゼミ」からもオファーを頂きましたが、企画が流れてしまいとても残念です。何と言っても、私が一番大好きな女性タレントと共演させて頂ける話だったので。でも、また別の番組からお声が掛かったりしています。2018年は、テレ朝の「東京らふストーリー」にも出演させて頂きました。ブログ様様ですね。

ちなみに私の本、著者名は私の亡くなった父親の名前です。五月書房さんから「著者名、どうしますか?」と訊かれて、「親父の名前がこんな形ででも残せれば・・・」と思って決めました。無断借用です^_^;

私の著書、多摩地域の公立図書館にはたいてい置いてあるようです。もちろん立川市の図書館にも。

当ブログ、「一番読んで欲しい私の子供たちは誰も読んでくれていないもの」と思っていましたが、次男からはたまにコメントが入ります。財産を遺さない(遺せない)父親からのメッセージなので、長男も、私が死んだ後にでも少しずつ読んでくれたら嬉しいです。末娘とは親子の縁を切りました。

長く続けているので、累計アクセス数は昨年の1月に2000万を超え、令和2年6月11日現在で記事数は6190話、頂いたコメントも15031件にもなりました。誹謗中傷コメントを除き、全てに返信していることが私の誇りです。

業界紙「住宅新報」(週刊)にて連載させて頂いている紙上ブログも12年目に突入しました!


※ この記事の内容は、随時変更していきます。
posted by poohpapa at 00:00| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月03日

これも感動モノ

音楽つながりで、もう一話、  

【和訳】夢を追いかけ続ける30歳クリスが歌う"イマジン"で、会場は感動に包まれる|
AGT 2019

歳をとってきて、なんだか涙もろくなっちゃってダメだね。

それにしても、この人のギターの音色が柔らかくて凄くキレイ (^^♪


posted by poohpapa at 07:47| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勇気と希望がもらえる曲

実は、9年前にも記事にしているのですが、今、みんな苦しい道を歩んでいるので再度ご紹介。

日野てる子さんの「」という曲で、半世紀以上も前の曲ですが、打ちひしがれて落ち込んでいる時なんかに聴くと救われる曲です。私くらいの年代の方なら聴き覚えがありますでしょうか。

曲名をクリックして頂くと、YouTube で聴くことができます。

例えば、好きな曲があってカラオケなんかで歌う際に、モニターに歌詞が流れますよね。それを部分的に見るのでなく、歌詞全体を先ず読んでみることが大切なんですが、ほとんどの人、「予め詞だけを読んでみる」なんてことしません。詞の意味を理解して歌えば当然に上手く歌えたりもしますが。

最近の曲はリズムや音、乗り、で評価されることが多いですけど、本来は、歌詞を聞いて「この気持ち解かるわあ、私も同じ気持ちになったことあるもん」などと多くの人が共感してヒットするもの。なので、自分の青春時代の思い出と重なっているから、ということもあるでしょうけど、昔(昭和の頃)の曲はいつまでも覚えていたりしますが最近の曲は心に残りません。詞の内容が安っぽいからでしょうね。

以前も書きましたが、最近の曲はストレートに愛情表現をしていて「好きだ」 「抱きたい(やりたい)」ばかりですもんね。情緒もへったくれもありません。青春時代の淡い思い出と重なっていても、10年20年経って思い出すこと、無いんじゃないでしょうか。聴けば思い出す程度で。

で、この「道」という曲も、先ず、歌詞を読んでみてください。感動的な歌詞です。


  「道」   唄 日野てる子

一、 この道はどこへ続くの
    私が選んだ一つの道は 
    悲しみばかり続く道
    夕風に涙も枯れて
    はるばると海山超える

二、 この道は一人行く道
    苦しみ悩んで傷つく時も
    それでも一人歩く道
    行き暮れて沈む夕日に
    幸せの遠きを思う

三、 この道に花はいつ咲く
    優しい心と小さな夢を
    温めながら辿る道
    いつの日か愛する人の
    胸深く抱かれる日まで


「私が選んだ一つの道は 悲しみばかり続く道・・・」
「苦しみ悩んで傷つく時も それでも一人歩く道・・・」

人間、支え合って生きていくものですが、どんなに家族や友人に恵まれていても所詮は一人、「だから自己責任」と言うのでなく、誰かに責任転嫁などしないでしっかり前を向いて歩かなければならないもの。そうしていれば「幸せが待っている可能性が高い」と思いますね。まあね、ここでブチ込んでくるか、という話ですが、枝野や蓮舫や安住には解からないでしょうね、この歌の良さは (^◇^)


前の記事では触れませんでしたが、洋楽でなら、私は「レット・イット・ビー」が元気になれます。ちなみに、私同様「英語じゃ意味が解かんねえよ」という方のために和訳の動画もサービスしときますね。

人生なんて9割以上が辛いことで、楽しいことのほうが遥かに少ないですけど、俗に言う「朝の来ない夜は無い」ですね。でも、ネガティブな人にはいつまで待っても朝(幸せ)は来ないし、ポジティブ思考の人の道は必ず開けるように思います。今、苦しいのは皆同じ、不平不満は言わずに頑張りましょう♪



posted by poohpapa at 04:59| Comment(4) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月02日

今ね、茨城の歯医者さん夫妻からメールが入ったんだけど

私の旅仲間の歯医者さんご夫妻、月に一度の贅沢、ってことで焼肉屋にいるんだと。しかも、毎回、焼肉屋から写真を送ってくるんだけどさ、今日なんか私の晩飯はバナナ2本だけ。チンパンジーかよ、って話。向こうは特上霜降り和牛で、私は東急ストアの値引きシールが貼ってあるバナナ・・・。

「月に一回の贅沢」って言うけど、あんなに美人で気立てのいい女房をもらってるんだから「毎日が贅沢」じゃねえか、って話。「これから帰ります」って LINE が届いたんで、悔しいからこう返信してやった。


「脱輪しろ、脱輪しろ」

posted by poohpapa at 20:40| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは壮観

もっと良く撮れた写真や動画があると思うんだけど・・・、

産卵のため集まった6万匹のウミガメ、ドローンで撮影に成功 豪

6万匹ものウミガメが同時に産卵できる砂浜なんてあるのかねえ・・・。

私も、昨年の12月に沖縄を訪問した際、橋の上を走行するバスの車窓から、ウミガメが泳いでいるのを一度(一瞬)だけ見たことがあるけど、たった1匹でも感動した。それが6万匹・・・。願わくば、「ウミガメの産卵を見学するツアー」(産卵ウオッチング)なんてものが現れなきゃいいんだけど。

阪急交通社ならやりそう (^◇^)

posted by poohpapa at 07:29| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ある家主さんの予言

うちで家賃管理させて頂いている家主さんで、もの凄く占いが当たる家主さんがいらっしゃる。

とくに男女の相性。会ったこともない夫婦のことも、何も事前に情報を伝えていないのにズバリ言い当てる。個々の性格まで「ご主人はこういう人だね、奥さんはこういう人じゃないかな」、と、まるで長年親交があったかのように正確に言い当てるのだから凄い。あまりに当たるものだから、疎遠になった人もいるらしい。結婚前に相談されて、傍目からは男性の学歴も収入も羨ましく思えるほどで理想的な相性と思われるような内容だったが「上手くいかないから結婚しないほうがいい」と助言していて、結果はその通りになったとか。なので、女性が再婚する際には相談してこなかったとか。

私なら、前回当たったなら今回も相談するけど。ま、占った結果が良ければ「この占い(あの人の占い)はよく当たる」と信じたり、結果を不快に思うと「占いだからね、そんなもんは当てにならないよ」と言ったりする。占いを信じるかどうかは別にして、占いの結果に謙虚に向き合うことは大切だと思う。

それはともかく、コロナに関しても、先月23日に8月分の管理報告書を届けた際に、占った結果ではないが「8月に入ったら、皆が驚くほどの感染者が出るよ。東京都はそのことが判っているんだと思う。おそらくは1日の感染者が600人を超えてくるだろうね」と予測していて、そうなりそうな勢い。さらに「5年以内に大地震が起きるんじゃないかな」とも。それは、科学的な根拠からでなく占った結果みたい。

ところで、東京都の医師会の会長が会見を開いて「国会を開け」と激怒していて、一見すると極めてマトモなことを言っているように聞こえるのだが・・・、私には「もしかすると、この人、何も見えていないかも」と思える。根拠は・・・、無い。いつもの「ただの 直感」である。私は皆が(大多数の人が)「そうだ」と断定したり同調する時は疑って掛かることにしている。皆が「絶対にクロ」と思っている時は「もしかするとシロではないか」と・・・。実際にそういう経験は何度もしているし。

コロナ対策にとって一番邪魔なもの、それは、安倍憎しのマスコミや簡単に洗脳されて騒ぎ立てる世論じゃないかと思う。コロナ対策が正しいかどうかは結果でしか判らないこと。「あちら(経済)が立てばこちら(安全)が立たず」とか、逆もあるのだし。全員が喜ぶ対策など無理であって望むべきも無いこと。誰が舵取りしても上手くはいかない。でね、「私は賢い、だから騙されない」と言っているのではない。

そうそう、先日、お店に、地元選出の立憲民主党の衆議院議員(女性)からアンケートがFAXされてきた。いろんな支援金について必要かどうか、どういう対策を望むか、という内容だったので、ちゃんと身分を明かした上で、「何でも国に支援を求めてカネを出させようとするのが間違い。立憲民主党が消えて無くなってくれるのが日本にとっての最善策」と書いて返信しておいた。キツかったかなあ・・・(^◇^)

ま、家主さんの予想が外れてくれたら嬉しいのだが・・・、きっと当たるだろうな。

posted by poohpapa at 05:53| Comment(6) | 家主さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月01日

昨日、ビックカメラで受けた最高のサービス

昨年の4月にスマホ・デビューをして、アプリも最低限しか入れてなくて、まだほとんどスマホの機能を使いこなしておらず「宝の持ち腐れ」状態になっているのだが、今話題の、新型コロナウイルス感染症の接触確認アプリ「COCOA」を入れてみようかと思い、うちのに「入れてよ」と頼んだら・・・、

iPhone のPWが合わなくて入れられない。以前は幾つか入れられていたし、PWもいじってないから、合わないのはおかしい。だが、合わないものは仕方が無い。それで、本体を購入したビックカメラに持って行って相談することにした。当時の担当者(女性)は退職しているが、上司のUさんはまだいる。

行ったら、ちょうど店頭にUさんがいた。「こういう用件で・・・」と声を掛けると、商談用の席に案内してくれて、PWの変更手続きをしてくれて、さらに、「今チラッと見えたのですが、危ない設定が一つ入っているので解除しておきましょう」と言って、それも済ませてくれた。危ない設定、というのが何のことだか訊かなかったけど、たぶん、何かで「常に有効」とかになっていたんだろう。

それにしても、テーブルを挟んで私のスマホはUさんとは反対向きになっているのに、つまりスマホの画面が逆さまの状態で手際よく作業をこなす・・・、その状態に慣れているとはいえ神業である。画面が逆でも、チラ見しただけでそんな細かなところを見逃さないのだから本当にプロの仕事、凄い。

作業を終えて、Uさんに「助かりました。お幾らですか?」と訊くと、笑顔で「我々にはそういう費用を頂く権限が与えられていません」と言う。つまりはタダ、ということ。そして、こうも言う、「2階に行かなくて良かったですよ」と。ビックカメラの2階では iPhone に関する様々なサービスを提供しているのだが有償で、今回の作業も2000円くらいは支払うことになる、とのこと。Uさんを訪ねて良かった (^◇^)

たまたま持ち合わせていた美味しいお菓子を、「お世話になったので、良かったらどうぞ」と渡そうとすると、「そういうのもダメなんですよ」と辞退。そっか・・・、以前の担当者さんの時も、売り場の責任者の了解を取って渡したんだっけ。次の機種変更の時もビックカメラを使うことで恩返ししよう。

我々の商売でも、お客様から「オタクに伺って良かったです」と言われる時があって、お世辞でも凄く嬉しい。商売をしていると、そういうのは最高の褒め言葉の一つ。うん、Uさんを見習おう (^^♪

posted by poohpapa at 05:29| Comment(2) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月31日

こういうのは、親切を通り越して怖い

一昨日、ある方に LINE で「お誕生日おめでとうございます」と送ったのだが・・・、

夕方には「 LINE を使って大切な方にプレゼントが送れます」との広告が届いた。たまたまなのかなと思っていたら、「今日がお誕生日の〇〇さんにプレゼントを送りませんか」だと・・・。べつに、スマホや LINE に友人知人の誕生日を登録しているワケではない。まるでメッセージを覗き見されているかのような話。そういうのを「便利」と思う人もいるだろうけど、親切ではなく「大きなお世話」だったりして。

PCなんかでも、何か商品を検索すると次からは関連した商品の広告が表示されたり、ヤフオクで出品物をチェックすると、次から「あなたが検索した商品の関連商品があります」とか「最安値の出品はこちら」などと表示される。そういうのは便利だったりするけど、LINE の話は怖いものがある。

詳しいことは解からないけど、大阪府が TikTok での情報発信をスタートさせるとのことだが、 TikTok って運営会社は中国・・・、大丈夫なのかなあ、極秘事項までハッキングされそう。ま、それを言ったら LINE も韓国なんだけど。ソフト開発とハッキングは(繋がっていても)別の話だとしても、怖い、と思うようになってきた。なんか、「日本は世界から遅れている、取り残されている」と感じてしまう。

日本は、ハード面では世界一の演算速度を誇るスパコンを開発したりしているけど、大切なのはソフトではなかろうか。スパコンの世界一なんか他の国に譲って、日本はもっとソフトの開発に注力したほうが良さそう。そうしようとしていても、ソフト面で中国や韓国に追いつくのは困難かも知れないけど。

日本には、中国や韓国みたいに「情報や極秘事項を(日本から)盗んでやろう」という凄まじい執念は無いもんなあ・・・、その差は大きいよなあ。スパイ防止法も無くて産業スパイにとっては天国だし。ま、ハッキングなんて面倒なことしなくても、最近は優秀な技術者を高給でスカウトしているけど。


と、書いていたところに再び LINE で「今日はAさんの誕生日です(プレゼントを・・・)」と送られてきた。Aさんというのは入居者さんで、電話番号だけで LINE のお友だち登録がされている人。今までに LINE でやりとりしたことは無く、もちろん、私はAさんの誕生日を登録していないから、Aさんご自身が LINE のプロフィールに誕生日を登録しているんだろうけど、そんなのが届いたのは初めて。

以前からそうだったけど、昨今はとくに中国や韓国を「疑いの目」で見るようになってしまった。

posted by poohpapa at 05:08| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月30日

ついに出た、でも当たり前

昨日、岩手県で、ついに最初の「コロナ陽性者」が(二人)出た。ずっと「0」を保ってきたのだから県民の落胆は大きいかもね。岩手(宮城県との境に近い県南の一関市)出身のうちのも私も毎日チェックしていて、残念ではあるが・・・、もしかすると、とっくに陽性者は存在していたのかも、と思う。

「県側が必死に隠蔽していた」とかでなく、偶然が重なって今まで表に出なかっただけのことで、人や物の行き来があるのだから出ないほうが不思議。もっと早くに何人か出ていたほうが良かったかも。

と言うのも、「うちのの出身地だから」というのでなく、岩手の人たちの県民性はとても温かで、私にとっては最も相性が良い県でもあるが、盛岡なんかを除けば田舎も田舎、どんなに隠しても「何処の誰が感染者」だと早くに特定されて、ヘタしたら村八分も起きかねない。周りはそんなつもりはなくても本人や家族は責任を感じて居たたまれなくなることもあるだろう。本人の自殺や一家心中の可能性も無いとは言えない。そこが心配である。だから、早く三人目四人目が出てほしい。10人くらいがベストだろうな。

いちおう今まで「0」だったんだから県外を行き来していた人ではなかろうか。とにかく、自分が第一号になったことを気にする必要はないと思う。緊急事態宣言下で歌舞伎町のキャバクラやホストクラブに行っていて郷里に帰って感染が判明したとかでないなら、ほぼ本人に責任は無い話なんだから。

うちらからすれば「お、今日もゼロだね」と確認する楽しみが無くなったけど。まあそれでも「時間の問題」とは思っていた。岩手県民も、さぞかし怖かっただろうな、絶対に自分が第一号なりたくない、と。

でもって、うちのはコロナのお陰で、不幸があっても今なら田舎に帰らなくても済む(大義名分が立つ)から、それは正直嬉しいみたい。私も岩手の葬儀を体験したけど、田舎の葬儀は三日も続く。私の郷里愛知県は一日で終わるけど、とにかくカネが掛かる、それとは違う辛さがある。それが解かっているから、お母さんも親戚の誰かが亡くなられてもうちのに「帰っておいで」とは言わなかったりして。

あ・・・、イギリスなんかだと、そういうの(いつ第一号が出るか)も賭けの対象になったりしてね。とにかく、第一号が出てくれて安堵した。「0」が続けば続くほど県民の心の負担は大きかっただろうから。

posted by poohpapa at 05:34| Comment(6) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月29日

だから韓国が最も嫌いな国

慰安婦像にひざまずく「安倍首相」像=韓国の植物園が制作
時事通信社  2020/07/28

写真は、こちら

国際儀礼への考慮必要 謝罪する「安倍首相」像で韓国外務省
jiji.com  2020年07月28日

韓国は国家的総気違いとしか思えない。うちの入居者にも韓国ふうの気違い(日本人)が二人いた。

入居に当たって家賃交渉をしたり、様々な配慮をしたのに、理由も無く私を攻撃し始めた奴。

「例の気違い」と Cyber の二人。思い当たるフシなど全く無く、ある日突然私が攻撃目標にされて。普通は感謝されるくらいの話だろうに、「例の気違い」には車まで壊されて・・・。二人に共通しているのは、「常に誰か攻撃目標が必要」ということ。管理会社という立場上「反撃しにくい」と解かっているからだろうけど。普通は死んだ人のことは悪く言わないものだけど、 Cyber は例外。クズ以下だから。

私が先に死んでいたら他の誰かが攻撃目標にされただけなんだろうな。ま、うちのが私に対して攻撃的になったなら、むしろ、それなら納得がいく。その・・・、思い当たるフシが幾つもあるから (おい

Cyber も「例の気違い」も全く心当たりが無い。「例の気違い」には、夜中に窓を開けて「うわあーーー!」と大声で騒ぎ始めたから、家主の要請を受けて「他の入居者の方やご近所の迷惑になるから叫んだりしないように」と注意を与えたのが原因だと思われるけど、それだって自分が悪い。

韓国と同じ。韓国の現在の発展は日本からの支援のお陰。プライドが傷つけられたり気に入らないことがあったとしても日本を非難するのはお門違い。やってることが Cyber や「例の気違い」と全く同じで、自分が当事者でないからだろうけど、ウイグルやチベットで弾圧や虐殺を続ける中国より嫌い。

Cyber は、私を攻撃する分、私以外の人には凄く良い人になっていて、そういう人からは、私が悪い、私のほうに問題がある、と思われていたんだろうな。せめて普通の入居者と管理会社の関係であったなら、自分の死期を悟った時に私に相談して飼猫を託すことができたワケで、そうすれば孤独死した後の1ヶ月半もの間、飼猫を飢えと渇きに耐えさせなくても済んだのだから、飼主として無責任の極み。

遺体で発見されるまで取引先から管理会社である当社に「ここんとこ連絡がつかないのですが・・・」という問い合わせが何も入らないのだから、それこそが全て。私なら、「こんな奴に頭を下げたくない」と思っても頭を下げる。自分のプライドを優先するのだから、気違いでもありアホ、ということ。

仲良くしていた頃は元妻さんや親族のことをボロクソ非難する話をよく聞かされていて、「大変だったんだなあ」と同情していたけど、なんてことはない、元妻さんたちは当時、その後の私と同じ状況だったと解かった。 Cyber が娘さんの為に遺した生命保険金を元妻さんが受け取り拒否したのも解かる。

記事の中で、

韓国外交省関係者は、民間の行事に政府が具体的に言及することは避けたいとしつつも「韓国政府として外国の指導者への国際的な礼譲を考慮する必要があるとみている」と語った。

とあるけど、日本の国旗に落書きしたり燃やしたり、日本の総理の顔写真や絵に落書きして非難する、なんてことは今に始まったことではないのだから、「何を今さら」としか思えない。

韓国とはもう国交を絶ってもいいと思う。日本にとってはデメリットの方が大きいのだから。「どこの国とも仲良く」なんてのは幻想。「 with コロナ」も「 with 韓国」も同じこと、共存など無理だし無用。

posted by poohpapa at 05:52| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする