2222年01月01日

当ブログの考え方

当ブログ「悪徳不動産屋の独り言」の管理人で、東京都下の立川市で主として不動産賃貸仲介管理業を営んでいる(株)坂口有吉不動産の坂口久夫と申します。どうぞ宜しくお願いします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先ず初めに、平成28年4月5日まで当社管理物件に立川市と武蔵村山市の生活福祉課の極めて不誠実な対応により生活保護の精神異常者が入居していて、当社名で検索するとその男による当社を誹謗中傷する記事や書き込みが無数に出てきます。立川警察には被害届と告訴状を受理してもらいました。家主も当社も甚大な被害を受けています。どちらの言い分が正しいか、何が真実なのかは皆さんそれぞれがお考えください。中には、いかにも第三者を装って書きこんでいるものや、家主や私の個人名を使ってコメントしているものもあります。精神異常者ですがそういう悪知恵は働きます。

その男、当社の車にペンキを掛けたり何箇所も引っ掻き傷を付けたり唾を吐きかけたり、当社のウィンドーに何度も唾を掛けたり生卵を投げつけたり、当社名であちこちに卑猥な文面の葉書などを送っていて、切手不足で戻ってきた葉書は70枚ほどあります。やることがセコイですね。

私の個人情報をネットで晒し、間抜けにも私の自宅を特定したつもりで間違った家の写真をネットにアップしています。何か仕掛けるほどの度胸は無く、「何かしてくるのでは」という恐怖感を与えるのが狙いですね。警察の話では「もう立派な犯罪」とのことで、逮捕間近と聞いていましたが、立川警察は捜査をしていませんでした。「そういうのは精神異常者かどうかは関係ありません」と言ってましたが、立件しても公判の維持ができないのでやりたくないんでしょう。立川警察も市役所と同じ、所詮は公務員です。

先日、警察に預けていた証拠品がようやく返還されました。週刊誌にネタを提供するのもアリですね。

さて、「気違い」が私の個人情報等をネットに晒したことから匿名で記事を書く意味が無くなりましたので冒頭のように会社名など公開することにいたしました。法律もマナーも関係ない「気違い」は無敵ですね。

そんな「気違い」でも怪しいNPO法人絡みで協力者がいるようで、部屋探しを装って来店し、こちらの動きの探りを入れてきたりしています。当社の入居者の中にも協力者がいて、警察に通報しました。

3月23日に家主との和解が成立して家主が51万円の立ち退き料を払ったことで4月5日に出て行きましたが、私の被害届と告訴は撤回しません。27年間で最悪の入居者です。まさに、正真正銘の気違いサイコパスです。そのあたりの経緯は後日詳細にアップします。いろいろあって、私はこの家主も赦しませんが。

相当な被害を被りましたが、一番悪いのは、そういう人間だと知っていながら不動産会社や家主に黙っていた武蔵村山市と立川市の生活福祉課です。市の職員は市民が安全快適に日々の生活が送れるよう努めなければならないものでしょうが、自分たちの保身しか考えていません。

そういう人間だと判っているなら、本来「こういう状況の人がいますが、何かありましたら役所も全力でフォローしますので、家主さん、ご理解頂けますか?、不動産屋さん、ご協力頂けますか?」と言うのが当たり前。トラブルが起きたら「我々の仕事は生活保護受給者に保護費を渡すところまで」「個人情報保護法がありますので何もお伝えできません」と逃げるのは不誠実。百歩譲って法的に間違っていないとしても道義的に正しくないのは明白。私が生活福祉課の職員を「人間のクズ」と呼ぶ所以であります。

両立しないのであれば、護るべきは「福祉を食い物にしている気違いの人権」なのか、「マトモに働いて納税している一般市民の人権」なのか、考えなくても分かりそうなものですが。

最近も、その気違いがいろんなHNを使ってこのブログにコメントを入れてきています。自分であちこちに誹謗中傷の書き込みをしていながら「ドス黒い噂が出るわ出るわ」などと書き込んでいます。「気違い」が患っている精神病は娘さんに遺伝するものなので、可愛い娘さんではありますが他人事ながら本当に心配です。だいいち、そんな「気違い」にマトモに子供が育てられるハズがありませんし。児童相談所も当分は娘さんを父親である気違いのもとに返さないでしょう。いい仕事をしています。

いちおうこちらに書いておきますが、もし私が不審死することがあったなら、その「気違い」を真っ先に疑ってください。事故と思われるような死に方をしても、です。そういう知恵は廻る男ですから。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて、この記事は、「悪徳不動産屋の独り言」というブログを運営する管理人の基本的な考え方やスタンスをご理解頂くためのものです。したがってこの先は常に本記事がトップに表示されるよう設定します。

本ブログは主に不動産屋として日常業務の中で、お客様や家主様、同業者との間で起きた実話を基に私の主観で書いたものです。業界ブログではありますが、記事のカテゴリーは多岐に亘っていまして、全て私の独断と偏見によるもの(?)です。

もちろん、人を傷つけるのが目的のサイトではありませんが、私の素性も公開しましたので、とくに問題が有りそうな記事は非公開にいたしました。公開されている記事の中には「私が特定されることで本人には(書かれているのが)自分の事と判る」ものもあるかと存じます。

個人情報保護法に違反する記事(第三者に個人を特定できる内容)は無い、と思っておりますが、お気付きの点がありましたらご指摘頂けたら、と存じます。ただし、当事者による単に「不愉快」という理由の場合は非公開に変更することはいたしません。

私の業界記事は「市井の多くの不動産屋の本音」だと思います。客観的に事実を見つめ、不動産屋、家主、消費者、が互いの本音を知り理解することは、快適なアパート暮らしや健全な賃貸ビジネスのためにとても重要なもの、と考えます。

頂いたコメントは、私に対する批判だから、という理由で削除することはありませんが、善意か悪意かに関係なく、他の読み手さんに誤解を生じかねないものや、最低限のマナーを弁えない一方的な誹謗中傷や、自分と違う意見には耳を傾けないことが明らかなコメントは削除したり、返信しないことがあります。反対意見や批判であっても全くかまいませんが、趣旨をちゃんと理解して、空気だけは読んでください。

また、HN未記入、「通りすがり」及びそれに準ずるHNの方からのコメントには内容の如何に関わらず返信をしないことがあります。たまに何かのキーワードで飛んで来て、記事をちゃんと読まずに傲慢な荒らしコメントを入れて自分だけ喜んでいる「カミツキガメ」と揶揄されている人たちからコメントが入ることもあります。そういうのも含めて楽しんでお読み頂けたらと存じます。

元々は独立している自分の子供たちに、後々「私の生き様や価値観」を知ってもらうために書き始めたもので、本来は遺言書のような意味合いのものでしたが、いつの間にか多くの皆さんに読んで頂くようになり、週刊誌や新聞でも取り上げられ、本としても出版されて、ラジオ番組(吉田照美のやる気満々;番組は終了)の「午後2時の興味津々」のコーナーにゲストとしてお招き頂き、日本テレビのバラエティ番組「バカなフリして聞いてみた」にも2週に亘って出演させて頂きました。4年前はマツコデラックスさんのトーク番組にもお招き頂き、収録も終わっていましたが、番組自体が消滅してしまいました。同様に「有吉ゼミ」からもオファーを頂きましたが、企画が流れてしまいとても残念です。何と言っても、私が一番大好きな女性タレントと共演させて頂ける話だったので。でも、また別の番組からお声が掛かったりしています。2018年は、テレ朝の「東京らふストーリー」にも出演させて頂きました。ブログ様様ですね。

ちなみに私の本、著者名は私の亡くなった父親の名前です。五月書房さんから「著者名、どうしますか?」と訊かれて、「親父の名前がこんな形ででも残せれば・・・」と思って決めました。無断借用です^_^;

私の著書、多摩地域の公立図書館にはたいてい置いてあるようです。もちろん立川市の図書館にも。

当ブログ、「一番読んで欲しい私の子供たちは誰も読んでくれていないもの」と思っていましたが、次男からはたまにコメントが入りますし、末娘も時々読んでくれているようです。財産を遺さない(遺せない)父親からのメッセージなんで、長男も、私が死んだ後にでも少しずつ読んでくれたら嬉しいです。

長く続けているので、記事数は5755話、累計アクセス数は2000万を超え、頂いたコメントも14114件にもなりました(令和元年5月20日現在)。誹謗中傷コメントを除き、全てに返信していることが私の誇りです。


現在、業界紙「住宅新報」(週刊)にて紙上ブログを10年間に亘って連載中!



※ この記事の内容は、随時変更していきます。
posted by poohpapa at 00:00| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月29日

中学の同窓会も中止

私の中学時代の学年同窓会も今年は中止に。

以前も記事にしているが、

卒業時には一学年381人いた同窓生も今は2割ほどが亡くなっていたり、全国に散らばっていたりで、毎年出席しているのは50名ほど。健在だが同総会には出席しない奴に意向を確認したら、半分くらいは「以後の連絡も無用」になっているとか。幹事は持ち回りでなく、ずっと同じ二人。不動産鑑定士をしているH君と、元市議会議員のOさん。「たまには誰か代わってよ」と言わないのだから頭が下がる。

毎年4月29日に開催されていて、それは「毎年、同じ日で固定したほうが忘れられないで済む」という狙いから。GWに絡めれば帰省中で参加しやすくなる、ということもあるだろうし。

私は5年前に一度しか参加していない。たまたま帰省していたから、というだけのことで、「同窓会に出たくない」と思っているワケではなく、「新幹線代を払ってまでは・・・」というのが本音。開催通知の往復ハガキにいつも欠席の返信をしているが、Oさんには必ず労いの電話を入れさせてもらって、同級生の動向を教えてもらっている。この1年で亡くなった同級生もいたようだ。もうそういう歳だもんなあ・・・。来年は、「坂口、若い奥さんもらっていたけど去年亡くなったってよ」と噂されてたりして。うん、有り得る。

そのOさん、私が電話すると最初の一言がいつも「わあ、久しぶり〜」だから、私の名前を登録してもらっていると判る。同窓生全員を登録しているワケではないだろうから、それはとても光栄なこと。男子のH君に電話しないのは、互いに苦手意識を持っているから。中学時代から(良くない意味で)「あいつはこういう奴」とのイメージが固定されていて今も変わってないだろうから感謝しつつも距離を置いている。

同窓会なんて、今が不幸な奴は出てこない。性格的にも出る奴と出ない奴はハッキリ分かれていそう。うちらの学年は個性的な奴が多く、何かする際には纏まっていて、上から下まで打てば響く生徒の集まりで、そんな学年は他に無く、凄い学年だったと思う。そんな中にいられて凄く光栄。いろいろあって今が不幸でも、人と会うのが面倒でも、たまには出ればいいのに・・・、と、自分も出ていないけど思う。

中学の同窓会もだけど、高校の生徒会執行部の同窓会も、幹事から先日「6月にやろうと思うんだけど」とメールが来ていたが、開催されるかどうかは微妙。こちらは半世紀ほど開かれていない。なぜなら幹事がKとAだから。この二人、私の親友ではあるけど、性格的には「マメ」な私とは対極にあるモノグサ。この二人を組ませたのが間違いだったと後悔している。開催されたら今世紀最大の奇跡になるかも。

国会では相も変わらず「政策の中身」が議論されることなく誰かの責任追及に終始。新型肺炎・・・、国がどう言っているか、でなく、自分で「何をすべきか、どう防御するか」考えて行動することが大切だろう。

昨日、バラキさんと電話で話していたら、調布方面では薬局にマスクを求める長い行列ができていて、どういうワケか、ティッシュやトイレットペーパーまで棚から消えているとか。その波は都心部から郊外に広がってきているようだ。水曜日と木曜日、朝一番で伊勢丹に行った際、駅前に数軒あるドラッグストアの前を通ったけど、立川ではまだ行列はできておらず静か。だが、数日後には分からないかも。

うちは、そんな風評には流されない。ドラッグストアからティッシュやトイレットペーパーが消えても動じない。無ければ無いで生きていけるのだし、普段から1年分くらいはストックしてあるから (おい

さて、今日も朝一番で伊勢丹に行く。20箱も買ってバラ撒いていた「じゃがポックル」・・・、足りなくなったからもう5箱買うためである。「個数制限がある商品は広く行き渡るようにするためなんですよ」とのご指摘も頂いたが、自分が食べるためではないのでご容赦を、って、そういう問題ではないか・・・💧




posted by poohpapa at 05:55| Comment(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

専門家ではない素人(私)の考え

世の中、corona ウィルスの感染者が出た、死者が出たと騒ぎ、自発的なのか指導によるものかは不明だけど、大勢の観客が集まるコンサートも中止されたり、スポーツは無観客試合にして、学校は2週間休校に、と騒いでいて不思議。ふだんはテレビのコメンテイターを批判していながらこんなこと言うのもナンだけど、客観的に見ていると、今回の新型肺炎の影響をモロに受ける業種と関係ない業種があるみたい。

ま、政治家も含めて公務員は収入減にはならないよね。我々の不動産業界も影響は少ない。「物件を見せてほしい」という人は一時的に減るかもだけど、どのみち当初の予定通り部屋探しすることになるし更新の期限はやってくる。うちのことで言えば、飛び込みのお客さんは元々ほとんどいないし、他社さんからの問い合わせも減っていない。欲をかかなきゃ食べてはいける。だから不動産業界はパニックにはならないだろう。

現在、伊勢丹立川店で開催されている大北海道店に出店予定だったコロッケ屋さんも今回の影響で経営破綻しているし、観光業やインバウンドで食べている人たちは深刻だろうな。ダイヤモンド・プリンセス号が全艦徹底的に消毒して4月に料金を半額にして運航を再開するらしいけど、それでも利用する人はいないんじゃないかな・・・。他の客船も同様だろう。

そりゃあ、何万人も集まるスタジアムやコンサート会場に一人でも感染者がいたなら一気に拡がる可能性はあるだろうけど、そこまで気にしなくちゃいけないものかねえ・・・。私なんかはもう高齢者の域だから「どんなに予防してたって罹る時は罹るし、罹らない人は罹らない。罹ってしまったら運命(不運)」だと思って受け入れる。もう十分に人生を楽しんだし子供に何かを遺す気もない。本当に心配なのはうちのだけ。

感染して亡くなるのは主に高齢者ということだから、「それならいいじゃん」と思ってしまう。私なんかは、国が医療機関や研究所に補助金を出すなら「高齢者の終末医療や延命」の研究をしている機関より、「新生児医療」の研究をしている機関に比重を置くべき、と思っている。年寄りを用済みとして扱え、と言っているのでなく、どちらが有意義であるか、ということ。うちのは中年だけど同じ考え方。

小さなプロダクションに所属している芸能人も大変みたい。こんな記事があった。

ライブ中止で「会社すら潰れかねない損失」バンド・Non Stop Rabbitの告白に反響
2020/02/27 17:47

会場に来るファンだけのことを考えたら、「もしかすると感染する可能性があるかも」と覚悟していたり織り込み済みなんだろうから、中止までしなくていいような気がする。2週間どこにも出かけず家に籠っていたら世間から新型肺炎は消えるワケ?、そんなことはないだろう。私の考えが間違っているのかも知れないけど、言われている予防をしっかりして、いつもどおりの生活をすることが一番大切なのでは。

国が、2週間の休校やらイベント、スポーツ大会の中止を指示しているのは、なんか「遅まきながらも、やることはやってるよ」という国民へのアピールでしかないような・・・。なので、効果は期待薄かと・・・。

世界中のこの騒動、発端と一番の責任はどこにあるんだろ・・・。中国かWHOか、両方か <`ヘ´>

そういえば、伊勢丹の北海道店、いつになく空いていたなあ。見ていて、お店のスタッフが気の毒になるくらいに。正規の北海道展の会場とは反対側のお菓子だけのブースは混んでたけど。そこで「じゃがポックル」を20箱も買ってきてバラ撒いた。「一日600箱(初日のみ千箱)、お一人様5箱まで」という制限があったので2日に分けて2度、列の最後尾に並び直して、そこだけはレジが凄く混んでいた。

あと2箱残っていて、沖縄旅行のお土産を買ってきてくださった Jonathan's のスタッフと、名古屋(逢瀬旅)のお土産を買ってきてくださったバーミヤンのマネージャーさんに貰って頂こう。

私は・・・、批判もあるだろうけどマスクはしないし、いつも通りの生活を続ける。


posted by poohpapa at 06:33| Comment(13) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

政府批判の的外れ

武漢肺炎で、「政府の対応があ」だの「安倍総理の指導力があ」だの「外国はこうしてんのにい」だのと批判している人たちは多い。挙句に自国籍の船から感染者が出ているのに「東京五輪、ロンドンが引き受けます」などと能天気なことをロンドン市長が言い出して・・・。

この新型疫病、最初の一人が世間に出てしまった時点で完全に防ぐなんてこと絶対に無理だと思う。あとはネズミ算式に増えるのみ。潜伏期間というものが無くて発病したら即死、というなら話は別だけど。交通違反の罰則や取り締まりをどんなに強化しても「死亡者0」にするなんてことはできないのと同じ。ま、以前は1万人を超えていた年間交通事故死亡者が現在は3000人くらいにはなっているけど。

あの時どうしたら良かったか、どうすべきだったか、は、結果を見てからしか判断できない。それを、したり顔で政権批判に結び付け、いまだに「モリカケだ」 「桜だ」 「今度は新型肺炎だ」と政権潰しに絡めて、マスコミは「もう安倍さんではダメだ、完全に詰んだ」と世論をミスリードしている。何が何でも憲法改正阻止のマスコミと野党が連携して安倍さんの念願成就を困難にしていることを差し引いても、私から見ても今の安倍さんは迫力に欠けるから心からの支持ができないでいるんだけどね。

周りが安倍さんに忖度しているんじゃなくて、今は安倍さんが周りに忖度しすぎている感じ。野党が政権の足を引っ張るならともかく、与党の中にも「隙あらば」と政権の足を引っ張る奴がいて情けない。あるアンケート調査で、石破が次期総理候補で安倍さんを抜いてトップに立った、というけど噴飯もの。私みたいなズブの素人でも「石破が総理になったら日本の国益は大きく損なわれる」のが解かるのに、何を考えているのやら。

それにしても、テレビのコメンテイターやMCの発言内容のお粗末なこと。馬がゴールしてから馬券を買うが如しで結果が判ってから当てるなら誰にでもできる。レベルが低すぎる。

私からすると、政府の対応に初動ミスがあったとしたなら原因は「人権に配慮しすぎた結果」だと思う。ダイヤモンド・プリンセス号の乗客乗員を強制的に隔離したなら「人権無視だ」とマスコミは一斉に批判しただろうに、陽性患者が出た途端に「どうしてあの時に・・・」などと言い出す。だったら最初に言えよ、である。極めて一部の人たちの人権に配慮した結果が多くの人たちの人権を損なっている。

ダイ・プリ号が横浜に寄港した初期のころ、横浜のTさんと話していたら、「オリンピックの選手村が完成しているのだから、乗客乗員を全部そこに隔離すればいいんだよ」と言っていて、私も同感。政府の中に誰かそう提言する人はいなかったものかねえ。Tさんなら優秀な総理補佐官になれそうだわ。
 
最近はうちの地元選出の自民党代議士の政策第一秘書のYさんと親しくなっちゃったから、今度、事務所に行って意見してこよう(^◇^)

posted by poohpapa at 07:18| Comment(6) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

あちこちで話題になってるけど・・・

【オリンピック2020中止?】ロンドンでどう?ロンドン市長(イギリス)が誘致の声をあげた → 炎上

へ・・・???

私も最初は知らなかったけど、ダイヤモンド・プリンセス号ってイギリス船籍なんだよね??

どの口が言うか!?、という話だよね。むちゃくちゃ頭が悪いよね、こいつ <`〜´>

ゆくゆくは首相の座を狙っているみたいだけど、碌なモンじゃないと思う。言うのなら、「我がイギリス船籍の船が寄港地の日本に多大な迷惑をお掛けすることになってしまい本当に申し訳なく思う。東京オリンピックが無事に開催されるべくイギリス政府も国民も可能な限りの支援をしたい」でなくちゃね。でもって「代替え開催した場合、ロンドン五輪で得られた収益は全て日本(東京)に還元します」でなくちゃ。

だいたいが、ロンドンで代替え開催しても世界中から観光客が集まるワケで、ロンドンなら遠いから安心、なんてことはないのだし。それとも、期間中は中国やアジア諸国からの入国は認めないとか?

国連安保理の常任理事国はみんな大嫌い。国連という名の戦勝国連合なんて一度解体したほうがいいだろな。もっとも、奴らが既得権を手放すワケがなく、再び世界大戦が起きない限り再編は無理だけど。常任理事国以外の国が反旗を翻して蜂起する、なんて考えられないしなあ・・・。日本やドイツが脱退すればいい。イタリアは・・・、どっちでもいいけど。一時的に国益を損なっても長い目で見たら国益に適っているだろうに。今の国連は全く機能していないし関係機関も腐っていると思う。

あのグレタも、地球温暖化対策なんかより、あのキツイ目つきで国連改革を訴えればいいのに (^◇^)



posted by poohpapa at 07:04| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

就寝時間12時間・・・

昨晩は7時過ぎに寝て、尿意で4時20分に目が覚めるまで9時間熟睡。再び布団に戻り、うとうと。7時12分にうちのが先に起きたので私も起きることに。布団の中に12時間いた計算・・・。

いつもは9時〜9時半の間に就寝して4時前に起きているから就寝時間は7時間程度だけど。体調が最悪でいつ心臓が止まっても不思議なさそうに思えるから今のうちに「私の言い分」を遺しておきたい。

さしあたって、このブログに子供たちへの遺言や、離婚した経緯など真相を伝えておこうと思う。直接会って話してもいいけど誰もが見られる文章にしておきたい。なぜかというと、元妻が明らかなデマを私の友人たちにも親族にも、うちの管理物件の家主さんや普段から仲良くしている取引先にも流しているから。その件に関しては20年近く沈黙してきたけど、そろそろ私からも反撃しておこう。私は松居一代と結婚した覚えはないんだけどな・・・。幸い、実害は生じていないが。

元妻は、いろんなデマをさんざん流した後で、「これからお父さん(私)のために尽くすから、もう一度やり直そう」と言ってきた。それでもし私が「解かった、もう一度やり直すことにしよう」と言ったならどうするつもりだったんだろう。たぶん、私が受け入れないと判っていてそう提案して、「自分は夫に浮気されていても耐えに耐えて誠意を尽くした可哀想な妻」ということにしたかったんだろう。

でも昔からそうだったんじゃなくて、そう変わったとしたなら責任は私にもあるとは思うけど。

それでも、私が一番怒っている対象は元妻でなく(何の感謝心もない)義父と義妹夫婦だけどね。

体調が戻ったら少しずつ書いていくつもり。人んちのトラブルなんて何の興味もないだろうけど、後々の参考のために、とお考え頂きお付き合い頂けたらと思う。

posted by poohpapa at 08:39| プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月24日

体調不良のため記事の更新をお休みさせて頂きます

ここ1ヶ月くらい出ていなかった「うわっ、気持ちわるい・・・」という症状がバージョンアップして戻ってまいりました。症状が出ている時に手首で脈を測ってみると、ちゃんとしたリズムで心臓は動いているようなんですけど。市の定期健診、早く予約しなければ。いろいろあって今はまだ死ねないもんなあ・・・。

みなさんも新型肺炎だけ気にされず普段からご自身の健康への配慮をなさってください。

posted by poohpapa at 05:33| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

気になったニュースと記事

本題の前に「嫌み」な話、

昨日も菓子折りを頂いてしまった・・・。明後日には超美味しいロールケーキが届くらしい。どれもお裾分けしにくいお菓子だから、うちで消化するしかない。9月のMちゃんの結婚式に今の礼服を着ていくのは諦めた。

しばらく出ていなかったけど、「気持ち悪い」症状がここ数日再び出るようになった。気をつけよう。


で、本題、

実は今、韓国とはもう戦争中やねんで。それを決めるのは私ら日本人や。覚悟せなあかんで。
ナニワの激オコおばちゃん 2020年02月22日

このブログ主さん、ただの「大阪のオバチャン」ではない。実によく勉強していらっしゃる。私の中では「大阪のオバチャン」と言ったらデパートなんかでも販売員を呼びつけて、スカートの一部分を指さして「ちょっと姉ちゃん、ここ、ほつれとるやないか。んなモン売り物にならんやろ。これで1万はないで、5千円にしとき、ほんなら買うたる」と値切り倒すイメージ。東京では「いくらしたか」を自慢するけど大阪では「いくらまで値切ったか」を自慢する文化、同じ国とは思えない国民性の違い。私は大阪が好き。

で、毎日訪問させて頂いているけど、考え方の軸がぶれなくて尊敬している。本当に、今、中国や韓国とは銃器や爆弾で攻撃しあってないだけの話で、外交という手段での戦争中だと私も思う。私が尊敬する(その敵側の)故周恩来の言葉「外交とは形を変えた戦争の継続である」というのは真理。


「虫ドル」カブトムシゆかり、ウエディングドレス姿で結婚報告「このたび人妻はじめました」
報知新聞社  2020/02/22 19:21

このタレントさん、知らなかったけど、すごく顔立ちが整っているなあ、と驚いた。しかし勿体ないわあ。何がか、と言うと、この人、茶髪でなく本来の黒髪だったらもっと綺麗だと思う。残念だなあ・・・。


「今日はなんとなく学校に行きたくない」と恐るおそる母に伝えたら…人生の支えとなる提案に「すごく共感」「母は偉大」と反響集まる
citrus 編集部  2020/02/22 21:00

うちの子供たちから「学校に行きたくない」と言われた記憶はないんだけど・・・、昔の私なら「馬鹿野郎、お前の気分で休んでいい話じゃない!」と叱りつけていたかも。今なら「べつに行かなくていいんじゃない」と言うだろな。当時すでに、私の中学高校時代と比べて教師の質の低下に驚いてはいたけど、それでも休ませなかったかも。私の場合、家は極貧だったけど学校では対等でいられて天国だったし。

最高の気分転換は「美味しいものを食べに行く」に限る。今、何人かの女性から「美味しいもの食べに連れてって」と言われている。モテるのでなくスポンサーにされているだけ。ちゃんと自覚はしている。


最後に、記事ではないけど、JCBトラベルから旅の案内のメールが送られてきて・・・、

「日本船クルーズ特集」

ふむふむ、「飛鳥U による世界一周クルーズ 107日間でお一人様440万円〜」とな・・・。

今、誰が行くかい、そんな旅。カネと暇があってもダイヤモンド・プリンセス号の現状を見たら申し込む人はいないだろうな。どう考えても(違う意味で)「日本船籍だから安全安心」とは言えない。船籍がどこか、なんて関係ない。うちらの北欧だって不透明になってるのに・・・。催行中止になりそうな予感。

と言うより、世界のクルーズ旅行主催会社、次々と経営破綻に追い込まれるだろうな。

posted by poohpapa at 05:34| Comment(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

シリーズ化はしないけど、二日続けて「気分がいい一日」だった

いろいろ頂き物をして、一昨日に続いて昨日は二日続けての「良い一日」だった。午前中に更新におみえになったお客様から「昨年は凄くお世話になったので」と菓子折りを頂いた。その後、ランチでバーミヤンに行ったら美人マネージャーさんから「いつも美味しいものを頂いているので」と旅行のお土産を頂いた。その前にはJonathan'sのスタッフから「沖縄に行ってきたので」とお土産を頂いたし。

昨日の記事でも書いたが、伊勢丹のスタッフからハワイ旅行のお土産を頂いたり、超高級羊羹が届いたり・・・、まあ頂き物のお菓子が途切れない。私はよほど「物欲しそうな顔」をしているんだろう。うちのはスマホに賞味期限を管理するアプリを入れていて、「いろいろ頂けるのは嬉しいけど、これじゃ自分が食べたいお菓子が買えない」と言ってぼやいている。

そして、駅前に行ったら某企業のティッシュを配っているお姉さんが私の顔を見ると手を振って、いっぱいティッシュをくださった。おかげで、うちは当分はティッシュには困らないだろう。ちなみに、以前いっぱい頂いた、と言うか預かった(昨年10月に立川市に新規オープンした)森山眼科クリニックのティッシュは私の周りの白内障予備軍の人たちに資料と一緒に配っている。自分が「いい」と思ったものは人に薦めたくなるから。

そのお姉さん、1ヶ月ほど前もティッシュを配っていて、一つ頂いたので、「寒いのに大変ですね、ご苦労さま」と言って、たまたまポケットに入っていた「かもめの玉子 みかん冬」を、「これ、美味しいから食べてみて」と差し上げたら、「お顔、覚えておきますね」と言って喜んでくださって、私の顔を見る度に余計にティッシュをくださる。「お店から叱られるんじゃ?」と言ったら「大丈夫ですよ」と笑う。ここまでは私がいろいろ頂いた話。

昨日は銀行から店に戻ると、ちょうどうちの店の前でタバコの吸い殻とかマスクとかのゴミ拾いをしている若者たちが・・・。マスクは一昨日から落ちていたが、私も「拾ってゴミ箱に入れる勇気」はなかったので放置していた。最近は使用済みマスクの落とし物をよく見る。今、そんなもの無造作に道端に捨てるかねえ・・・。差別的表現だと言われそうだけど、使用済み生理用品を道に捨てるようなものじゃん。

若者たちは「育て上げネット」というNPO法人の人たち。「ご苦労さま、有り難うございます。ちょっと待っててね」と言って、5人いたので店から缶コーヒーを5本持ってきて「これ、飲んで」と言って渡したら、やはり凄く喜んでくれた。一人は「コーヒーが飲めない人」だったのでサイダーに変更した。

自分たちがしている善行を誰かが見ていて、それを認めてもらえることは何よりの励みになると思う。たった1本の缶コーヒーだけどお役に立てたら嬉しい。私は宅配便や郵便配達のお兄さん、飛び込みで訪問した営業さんにも缶コーヒーを渡すようにしている。一息ついてくれたら私も嬉しいから。

さらに、伊勢丹に行って某店舗のスタッフにチョコレートを差し入れた。なぜかというと、先日申し込みをしてくださった別のスタッフNさんの審査が通ったことを本人に伝えに行ったら、隣にいた若いスタッフが私に丁寧に「有り難うございます」とお礼を言ったから。本人に「良かったね」と言うなら解かるのだが・・・。そういうケースで私にお礼を言われたこと、30年間の賃貸仲介の仕事で初めてのことで、とても感動した。職場の人間関係が円滑で仲が良いのが分かる。そういうのは嬉しい。

そのお店は3人のスタッフで回していて、一昨日、フェルマータの食パンを2斤届けた時にはそのスタッフはお休みだったので、「今度はあなたの分も買ってきますね」と伝えた。もちろん、約束は守る。でもって、見返りなんか要らない。強いて言うなら笑顔だけ頂ければ十分に満足、自己満足でいい。

見返りを求めない、要らない、ということは、相手に対して愛情をもって接している、ということだろう。

うちのは私のバラ撒きクセを「おとうちゃん、やりすぎ」と笑って呆れているが、私は議員ではない。議員たちは人のカネ(税金)でバラ撒いているけど私は自分のカネでバラ撒いている。そこは違う。

以前に紹介した私の大好きな「タイの通信会社のCM」の最後に出てくる「与えるということは 最高のコミュニケーションである」という言葉は全くその通り、真理だと思っていて、私はそれを実践しているに過ぎない。

正直なところ・・・、意地でもある。

先日書いた、全宅立川支部の現副支部長から数年前に「坂口社長、嫌われてますねえ。坂口社長の名前が出ると『ああ、ああ、ブログの人ね』と言う人もいますよ」と見下して言われたことがあって、そこから更にバラ撒きグセに拍車が掛かった、ということもある。ま、一種の買収と言えなくもないけど。

私からすると、「バッカじゃねえの。じゃあ、てめえは郵便局やファミレス、デパートやスーパーなんかに行って、どれだけの人が心からの笑顔で迎えてくれるのかねえ。ただの客とスタッフの関係でしかないだろ。互いに深い交流を求めていなければそれでも問題ないけどさ。てめえは誰からも嫌われていないかも知れないけど誰からも意識されるほど好かれてもいないじゃん。仕事を離れたら友人もいないだろな、ってことも人望が無いこともよく判るよ。私を恨んで嫌っている人(例の気違いを除けば主に滞納者)もいるけど私に恩義を感じてくれている人も親友と呼べる人もたくさんいるよ。人間、嫌われるようになってナンボだし」と言いたい。

「こいつには幸せになってほしくない」と思える相手もいるけど、Nさんの同僚のように、人(相手)の幸せを素直に自分のことのように喜べる人間になりたい、そう思っている。なかなか難しいけどね (^◇^)

posted by poohpapa at 06:28| Comment(2) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

昨日の記事で書いた大学教授・・・

その後のニュースや他の方のブログの記事、頂いたコメントなんかで「やっぱり」と思ったんだけど、初めて(削除された動画で)顔を見た瞬間に「こいつ、狂ってるな・・・」と直感した。その時点では素性なんかは判っていなかったんだけど、「人を見る目がない」と言われている私でも当たる時がある。

例の気違いの時みたいに「困っている人のお役に立とう」と考えてしまうと「人を見る目」も曇るけど、そうでなければ外さない。もっとも、最初は当たっていたけど長い年月の間に人は変わるし裏切ったりもするから、当たったかどうかは直ぐには分からなかったりする。それはお互い様なんだろな。

表情に滲み出ている雰囲気も大事な要素だけど、相手の目を見れば分かるよね。「もしかして、怪しい奴かな」と思ったら、相手の目の奥まで見ようとしてしっかり覗き込むと、本当に怪しい奴の場合は挙動不審になったり落ち着きがなくなったりしてね。まあ、人様の顔のことを言える立場じゃないけど。

さて、「良い一日」と「悪い一日」がほぼ交互に来る話・・・、昨日は「良い一日」だった。

仕事も順調だったし、超高級なお菓子(虎屋の木箱入り羊羹)が送られてきたり、伊勢丹のスタッフからハワイ土産を頂いたり、同じく伊勢丹にお弁当を買いに行ったら最近親しくなったスタッフがオマケしてくれたり、例の美味しいフェルマータの食パンを10斤買ってきて配ったら凄く喜ばれたりして。急性膵炎で入院している旅仲間さんから4日ぶりにメールの返信が来て、とにかく無事なのも分かったし・・・。

てことは今日は・・・。ま、あまり考えないようにしよう (^_-)-☆

posted by poohpapa at 05:53| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする