2015年10月18日

猫好きでなくてもメロメロ

いつもの grape-『心』に響く動画メディアさんの記事から、

世界初!「ホワイトライオン」と「ホワイトタイガー」の間に生まれた赤ちゃん【7枚】

今回の記事は動画ではなく写真だけですが、それでも「愛くるしさ」は十分に伝わってきます。

日本にも、ライオンの赤ちゃんを抱っこしての写真を撮らせてくれるサファリパークは何箇所かありますが、このホワイトライガーは別格です。一昔前にオーストラリアのブリスベンの自然保護動物園でコアラを抱っこして写真に収まりましたが、それとも違うし・・・。ま、当たり前ですが (*´ω`)

飼育員さんたちが羨ましすぎます。


ついでに、これも興味があります。たぶん行けないでしょうけど・・・。

【無料で予約いらず】都会の地下神殿、11月14日に特別開放!

エヘン!、以前トルコのイスタンブールで、映画007「ロシアより愛をこめて」のロケに使われた地下宮殿を観ましたが、日本にもこんな所があったなんて・・・。中途半端に遠いけど、観たいなあ・・・。


posted by poohpapa at 04:45| Comment(2) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

昨日のアクセス解析から

昨日、一時的に少しアクセス数が伸びていたので、「どうしてかな」と思ったら・・・、

検索ワードのトップは「宅建試験」・・・、

そっか、明日は本試験だったか・・・。まあね、今頃になってあちこちのサイトを覗いて「合格の秘訣」を探してるようじゃ合格は望むべくもないけど、「藁にも縋りたい受験者」いるんだろうね (*^_^*)

とにかく、試験は年に一回だけ。今年は明日がその日。

簡単にアドバイスさせて頂くなら、

〇 大きく深呼吸をしてから臨むこと
〇 事前に必ずトイレに行っておくこと
〇 試験は後ろの「宅建業法」から解き始めて「法令上の制限」「民法」の順、つまり逆から解くこと。
〇 迷う設問は流して他の問題を先に解いて戻ればいい
〇 とにかく、パニックになりそうだったら目を閉じて深呼吸する

言うまでもなく、満点を取る必要は無く、35/50で良いのだから焦る必要は無い、ということ。ちゃんと努力してきたなら「努力は裏切らない」と思う。逆に、努力してない人に合格して欲しくないけど。

あとは・・・、けっこう運にも左右されたりしてね・・・。実は、朝起きた時から試験は始まってるから。私の友人で、試験会場が遠く、家を早めに出たのに鉄道が人身事故で振替輸送になって、試験会場に着くのが遅れて、繰り下げて受験させては貰えたけど動揺していて力を出し切れず不合格になった人がいるから。なので不測の事態も想定して気持ちの備えを怠らないこと。

とにかく、「自分は16%に必ず入る」と信じて臨んでほしい。大丈夫、84%は落ちるんだから落ちても恥ずかしくないし・・・(おい)




posted by poohpapa at 07:17| Comment(6) | 不動産業界(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝日と毎日、ついに狂ったか (*^▽^*)

朝日新聞 DIGITAL にしては非常に珍しい記事、

ベトナム戦争時「韓国軍兵士が性的暴行」 女性ら訴え

ベトナム戦争に参加した韓国軍兵士に性的暴行を受けたなどと訴えているベトナム人女性やその家族らが15日、訪米中の朴槿恵・韓国大統領らに対し、韓国政府による謝罪と賠償などを求める請願書を提出したと発表した。「私たちのことが忘れられてしまう。正式な謝罪もなく数十年が経った」などと訴えている。

 米国の支援団体「ベトナムの声」がワシントンで記者会見し、被害にあった女性4人(60〜74歳)と韓国軍兵士と被害女性の間に生まれた男性(45)らがベトナムからのネット中継で謝罪を求めた。また、15日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルに意見広告を掲載。レイプ被害にあったという女性4人が顔写真付きで登場し、朴氏に対し「謝罪すべき時です」と呼びかけている。(ワシントン=小林哲)


実態はただの売春婦だった「いわゆる従軍慰安婦」と違って、こちらは事実。しかも、訴えたのは4人だが、実際は何万人もいたとのこと。韓国軍の男ども、ベトナムに何をしに行ってたことやら。

朴槿恵が彼女たちにどう向き合うのか見ものである。あれだけ日本を批判して他国にまで従軍慰安婦像を建てまくっているくらいだから、まさか無視などできまい。

韓国は、やること為すこと、全て「ブーメラン」になる幼稚な国である (^◇^)


いっぽう、毎日新聞も負けてはいない (ぷっ)

米・元捕虜:「収容所長は暴力許さなかった」 遺族と対面


 ◇POWのワーナーさん、45年5月から釜石市に

 米国の元戦争捕虜(POW)のジャック・ワーナーさん(93)が日本政府の招待で来日し、大戦中に収容された岩手県釜石市の収容所所長の遺族と対面した。POWを巡っては、戦後70年を経て子や孫の世代が和解へ乗り出す動きが出ている。

 ワーナーさんと長女パメラ・エスリンガーさん(66)が12日、収容所所長だった稲木誠さん(故人)の長男実さん(59)と長女の小暮はるみさん(60)ら遺族8人と横浜市の英連邦戦死者墓地で対面した。海兵隊員だったワーナーさんは、1942年にフィリピン戦線で捕虜となり、45年5月から釜石市に移されていた。

 「お父さんより君の方がハンサムだな」。ワーナーさんが実さんに冗談を飛ばす。ワーナーさんは、誠さんについて「捕虜への暴力を許さなかった人だ」と敬意を払った。

 出会いを実現させたのは誠さんの孫で米国在住の小暮聡子(さとこ)さん(34)。誠さんが出版していた手記を読んだ聡子さんは「祖父の収容所」で過酷な体験をした人を捜し始め、2013年に米西部オクラホマ州に住むワーナーさんを見つけた。

 日本の「POW研究会」によると、近年は米国の捕虜体験者の子供や孫の世代が、積極的に問題に関わるようになっている。日本でも聡子さんのように、祖父母世代の問題に向き合う「3世」も現れているという。

 研究会の笹本妙子事務局長は「当事者は体験を客観視できない傾向があるが、2世や3世は広い視野から考えられる」と話す。

 日本軍は第二次大戦中に約14万人の連合軍兵士を捕虜とし、3万6000人近くを日本へ移送して強制労働を課した。終戦までに国内外で3万人以上が亡くなったとみられている。日本政府は90年代から、元捕虜らとの和解を進めるために当事者や家族を招いている。【大前仁】


いい話ではないか。毎日新聞の取り上げ方がコレなら、実際はもっと凄い美談だったかも。

それにしても、朝日も毎日も、どうしちゃったんだろ??、どこぞ具合でも悪いんじゃなかろうか(爆)


posted by poohpapa at 05:58| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

三井不動産よ、オマエもか ( `ー´)ノ

前の記事に続き、ウニュ( with news )より引用、本日2本目、

日本で最も時給の高い会社は? トップ10社のうち7社が5千円超え

 日本で最も時給が高い会社はどこ? 企業リサーチサイトを運営するヴォーカーズ(本社・東京都渋谷区)が24日、「上場企業の時給ランキング」を発表しました。

商社がトップ5にずらり

 同社の調査によると、トップ5には総合商社(三井物産、住友商事、伊藤忠商事、三菱商事、丸紅)がランクインしました。1位の三井物産の時給は5900円。これは、同社の1日の標準労働時間を7.25時間、月間の平均残業時間を45.9時間と推定し、1年間の総労働時間で平均年収1351万5千円を割って計算したものです。

(中略)

 今回の調査では、上場企業の有価証券報告書とヴォーカーズのサイトに投稿されたデータから、各社の「時給」を推定。残業時間を含めた年間勤務時間で平均年収を割り、金額を算出しています。調査の詳細は「Vorkers 働きがい研究所」(http://vorkers.jp/hatarakigai/vol_16)に載っています。

とあって・・・、7位に、あの、横浜で「販売したマンションが傾き始めた」三井不動産レジデンシャルの親会社の三井不動産が堂々の第7位(怒)

7位 三井不動産 時給5132円 平均年収1101万8千円
   標準労働時間(日)7.50時間平均残業時間(月)28.9時間


欠陥マンションを販売した三井不動産レジデンシャルは三井不動産のグループ会社の一つ、という位置づけだが、こういうのを見たら、そのマンションの購入者は腹立つだろうなあ・・・。

構造計算偽造問題の時 ( ) と違って、「融資した銀行にも責任を取らせろ」とは言わないけど、「三井不動産よ、オマエもか!」とは言いたくなる。超大手不動産会社の驕りであろう。



posted by poohpapa at 14:05| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見習いたいもの

ふだん度々、岩手の岩谷堂羊羹のほうが虎屋の羊羹より美味しい、と書いているのだが・・・、

今般、虎屋17代当主が赤坂本店建替えの臨時休業に際して出した挨拶文は素晴らしいと思った。

ウニュ( with news )より、

「感動的」「商人の鑑」…虎屋17代の休業あいさつ文、称賛相次ぐ

虎屋の HP に掲載されている挨拶文の全文がこちら ↓


赤坂本店 ・ 会社からのお知らせ

2015.10.2

十七代 黒川光博より 赤坂本店をご愛顧くださったみなさまへ

赤坂本店、および虎屋菓寮 赤坂本店は、10月7日をもって休業いたします。
室町時代後期に京都で創業し、御所御用を勤めてきた虎屋は、明 治2年(1869)、東京という全く新しい土地で仕事を始める決断をしました。赤坂の地に初めて店を構えたのは明治12年(1879)。明治28年 (1895)には現在東京工場がある地に移り、製造所と店舗を設けました。

昭和7年(1932)に青山通りで新築した店舗は城郭を 思わせるデザインでしたが、昭和39年(1964)、東京オリンピック開催に伴う道路拡張工事のため、斜向かいにあたる現在地へ移転いたしました。「行灯 (あんどん)」をビルのモチーフとし、それを灯すように建物全体をライトアップしていた時期もありました。周囲にはまだ高いビルが少なかった時代で、当時 大学生だった私は、赤坂の地にぽっと現れた大きな灯りに心をはずませたことを思い出します。

この店でお客様をお迎えした51年のあいだ、多くの素晴らしい出逢いに恵まれました。
三日にあげずご来店くださり、きまってお汁粉を召し上がる男性のお客様。
毎朝お母さまとご一緒に小形羊羹を1つお買い求めくださっていた、当時幼稚園生でいらしたお客様。ある時おひとりでお見えになったので、心配になった店員が外へ出てみると、お母さまがこっそり隠れて見守っていらっしゃったということもありました。
車椅子でご来店くださっていた、100歳になられる女性のお客様。入院生活に入られてからはご家族が生菓子や干菓子をお買い求めくださいました。お食事ができなくなられてからも、弊社の干菓子をくずしながらお召し上がりになったと伺っています。
このようにお客様とともに過ごさせて頂いた時間をここに書き尽くすことは到底できませんが、おひとりおひとりのお姿は、強く私たちの心に焼き付いています。

3年後にできる新しいビルは、ゆっくりお過ごしになる方、お急ぎの方、外国の方などあらゆるお客様にとって、さらにお使い頂きやすいものとなるよう考えています。
新たな店でもたくさんの方々との出逢いを楽しみにしつつ、これまでのご愛顧に心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

虎屋17代
代表取締役社長 黒川光博


何と言っても心が籠っているし老舗でなければ書けない話。「ありきたり」でないのが素晴らしい。

虎屋、といえば、いつも思い出す。帰省した際に虎屋の羊羹を土産にしていて、数年後に兄貴が上京して銀座に出掛け、虎屋に入った兄貴が「オマエが持ってきた羊羹、あんなに高かったのか!?」と驚いて飛び出してきた。以来、その価値を知らない人には高級品は送らない。例えば GODIVA とか・・・。

まあ、どちらが美味しいと思うかは好みの問題であろうが、岩谷堂はその日に製造された羊羹を、翌朝、社長が抜き取りで食べてみて、納得いかなければ全部棄ててしまうこともあるんだとか。一方の虎屋、何と言っても17代に亘って顧客から愛されて今も存続している。甲乙は付け難いかも(おい)

いずれにしても、なかなか真似は出来ないけど、商売人はかくありたい。

posted by poohpapa at 05:09| Comment(4) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

これは 「 しくじりの二の舞 」 では・・・???

東京オリンピックのエンブレム・デザインの盗作騒ぎの余韻が冷めやらないのに、こんな話が・・・、

「東京ブランド」のロゴ「& TOKYO」公開 五輪エンブレム問題を受けて発表も慎重に

関連して、その後に、こんな話も出てきた。

「& TOKYO」ロゴ、ネットの類似ロゴ指摘に 都知事「問題ない」

昨日ガストのモーニングに行って読売の朝刊を読んで、そのロゴの存在を知ったのだが、私は怒っている。また盗作騒ぎが起きていることに対してではない。デザインそのものと費用に対してである。

読売新聞によれば、

 「東京ブランド」を世界に発信するロゴ「&TOKYO(アンドトーキョー)」について、都は13日、制作や普及のための予算が総額5億1070万円に上ると発表した。
 内訳は、デザインなどロゴの制作そのものに500万円、商標登録に向けた調査に2540万円、PR映像などの経費に7010万円など。ほかにも、ロゴの入ったグッズの作製に7841万円、キャンペーンの実施費用として2億1176万円などを盛り込んでいる。
 ロゴの画像は、16日から都が設ける「東京ブランド」のホームページから入手でき、ロゴは誰でも無料で利用できる。都は、「&」の前に様々な言葉をつなげることで、利用が拡大していくことを想定している。
 16日からは活用事例を一般から募集し、発表会などで広く紹介していくという。


デザインをご覧いただければ解かると思うが、とても「デザイン」などとは言えない代物。ただのゴシック体の活字でしかない。こんなのに500万・・・。関連費用で5億円以上・・・??

「責任者を出せ!」、くらいの話である。

そもそも、そんなロゴが必要だったのか甚だ疑わしい。舛添知事はオリンピック開催に向けての都の費用負担に関して尤もらしいイチャモンをつけていたが、何の目的かは知らないが、外交官気取りで月末には再びロンドンに行くことになっていたり、自分の無駄遣いには全く無頓着なようだ。

舛添氏が元々は半島の人であったとしても、日本や都民にとって役に立ってくれるなら文句は無いが、任期が終わってみれば「やっぱりね」という評価になるようなら「祖国に帰れ」と言いたくなる。

それはさておき、この「&TOKYO」ロゴ、私は壮大な無駄遣いで終わるように思えてならない。



posted by poohpapa at 06:21| Comment(6) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

こういうのは無関係な人間からすれば迷惑

最近は「フラッシュモブ」なんてのが流行っているらしい。

街中で大掛かりなドッキリを仕掛けるのだが、ほとんどは「プロポーズ」みたい。駅前のコンコースや超高層ビルの広場などを使っていて、ある時間になると、大掛かりな仕掛け(仕込み)によって、その場に居合わせた人も通行人もダンサーに変わったり大オーケストラが演奏を始めたりする。もちろん、しかるべき許可は取っているが、私が冷たいのかもしれないけど、こういうのに出くわしたら「いい迷惑」でしかなく、プロポーズなんかはこんな演出なしでプライベートでやってくれ、と言いたくなる。

当然に、これだけのダンサーの頭数を揃えるには相当に費用も掛かるし場所代も掛かっていそう。

フラッシュモブ サプライズ プロポーズ Charice 「Louder」 JR大阪駅 "カリヨン広場 "Flash Mob Surprise Proposal"

この動画の主役のカップルはなかなか感じがいいけど、いつもいつもそうとは限らない。こう言ってはナンだが、この相手にそれだけの手間とカネを掛けるかねえ、と思ってしまう女性もいるし、ここまで派手にプロポーズして(されて)結婚しても、このうちの何組かは数年後には離婚してたりして。

私も、ここまで派手なプロポーズをしたワケではないが、20歳で結婚した時には「一生連れ添う」つもりではいて、まさか離婚するとは思っていなかった。互いに「当時のまま」でいられなかったということで、それは仕方ないと思う。当事者である夫婦だけでない他からの要素も加わってくるし。

ところで、大阪のカリヨン広場って、夕方になると「こんなこと」ばかりやってるのかなあ・・・。それにしても、こんなふうに公衆の面前で派手にプロポーズされたら、嫌でも断りにくそう。その時は「はい」と受けておいて、後日キャンセルしたりして・・・。不動産屋の申し込みでも、案内したその時は気に入って申し込んでもキャンセルしてくること、ままあるしね。

・・・と、思っていたら・・・、

いつもの訪問先「NEVER まとめ」 さんのサイトに失敗パターンがいろいろ(^_-)-☆

【プロポーズ失敗】フラッシュモブ等、失敗まとめてみた。(動画)

だいたいが、こういうのは「絶対に受けてくれる」と確信が持てなければ出来ないだろうに・・・。逆に、こんな大掛かりな仕掛けで公衆の面前でプロポーズされていなければ受けてもらえたりして。たいていは男からプロポーズする、と相場は決まっているようで、彼女が「そういうの好きか嫌いか」今まで付き合ってて判らないものかねえ。断られたら滅茶苦茶シラケるよね。そこからどう立ち上がって帰路についたか覚えてなかったりして・・・。

人様の不幸を喜ぶ趣味は無いけど、必ずしも「気の毒に・・・」とは思えない。正直「ザマア見ろ!」と冷めた目で見ている自分がいる。たまたま急いでいて「ただ、そこを通りたかっただけなのに・・・」という状況なら邪魔でしかなくて腹が立つだろうし。全く知らない人なら「おめでとう、お幸せに」とは思えない。

良かった・・・、失敗パターンも存在していて(^◇^)

どのみち、私の場合は体も硬いしダンスも覚えられないから「どだい無理」な話だけど。

うちのとは、「明日、市役所に婚姻届け、出しとくわ」で感動が無かったなあ・・・(*´ω`*)



posted by poohpapa at 05:59| Comment(10) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

やべえ・・・、いくつか該当してたりして (*´▽`*)

いつもの msn.より、日刊 SPA! の記事、

女子に聞いた“ウザい意識高い系オヤジ”の特徴。口癖は「先週、ブログで書いたんだけどさ」

「意識高い系」。もとは「自己研鑚に勤しむ人」を指すはずが、いつしか「大言壮語の割には実績が伴わない人」を揶揄するスラングとして定着した昨今、いい年したオヤジの中にも、この「意識高い系」は多い。すべてはモテたいがため!? 女性には「下心ミエミエ」でウザがられているオヤジたち特徴とは?

◆女子50人に聞いた「意識高い系オヤジ」の特徴

<ネットで持論タイプ>

SNSで中身のない「オレ的社会評論」を長文で書き綴り、フォロワー数や「いいね!」の数を異様に気にする。「先週、ブログで書いたんだけどさ」も口癖

<リアル説教タイプ>

「今の仕事でいいの?」「今の彼氏でいいの?」などとダメ出しを行う。やがて「俺も若い頃はさ〜」などと自らの“武勇伝”にスライドし、気持ちよく語りだす

<人脈強調タイプ>

「俺は○○にルート持ってるから」などと人脈を誇示するが、そのほとんどは“一度会っただけ”のレベル。「出会いに感謝、ご縁に感謝」など偽善的文言を好むのも特徴

<知性粉飾タイプ>

「コンセンサス」「スキルアップ」などの英単語を多用して知的レベルの粉飾を行う。学歴の高低や職歴を問わずまんべんなく分布し、自己啓発セミナーの類いを好む

<社会運動家タイプ>

反原発、反レイシズム、LGBT、または街宣など社会運動を行っていることをモテに転用しようとする、運動家にあるまじきタイプ。思想信条は問わない

<男尊女卑タイプ>

自分の年齢を棚に上げ「女は20代まで」「早くしないと売れ残るよ」「女は○○じゃないとダメ」などと女性蔑視思想を開陳。同年代の女性に対しては強く出られない

― [意識高い系オヤジ]の言動は回りくどい性欲である ―



「人脈強調タイプ」と「知性粉飾」と「社会運動家」は該当しないけどね (^◇^)

「男尊女卑」はモロ該当してるなあ・・・(滝汗)

具体的に検証すると、

SNSで中身のない「オレ的社会評論」を長文で書き綴り、は、まあ、たしかに、一話当たりの文章量は無駄に長かったりして・・・。

フォロワー数や「いいね!」の数を異様に気にする。「先週、ブログで書いたんだけどさ」も口癖

twitter も facebook もやらないからフォロワー数も「いいね!」も全く気にしないけど、アクセス数の増減は気になる時がある。むしろ「検索ワード」や「どの記事が読まれているか」を気にしている。アクセス数は以前より減っているけど、1日に読まれている記事数は、1年くらい前までの500〜1000話から、この1年くらいは毎日1200〜1500話くらいに増えていて、1週間ほど前に、1日で2000話もの記事が読まれていたことがあった。それは、正直、怖いものがある。

「先週、ブログで書いたんだけど」は言わないけど、似たような「断り」を入れることはある。

「リアル説教タイプ」も当たってるかな・・・。歳を取ると話が長くなるし、黙って若者を見守っていれば良さそうなものなのに、ついつい黙っていられなくなって、まあ語る語る (^◇^)

最後の、― [意識高い系オヤジ]の言動は回りくどい性欲である ―、は意味不明。

「意識高い」は、「自己研鑚に勤しむ人」というより今は「プライドが高い」という意味か・・・。

ま、オジサンの話を「ウザイ」としか考えないような馬鹿女のほうがウザイように思えるけど・・・。「黙って聞け」と言うのでなく、オジサンの話を嫌な顔もせず素直に聞く若い女性がいたなら「息子の嫁に・・・」と思ってしまうもの。最近の女は権利ばかり主張して、男と食事に行ったら「男が奢るもの」と決めていて、奢らなければ陰口を叩かれる・・・。出さなくていいけど「当然だと考えるな」ということ。

若さだけを武器にしてカネだけが目当てでオジサンに近寄ってくる女もいるのだし、この記事からはオジサンに対する悪意しか感じられない。と・・・、読み流せばいい記事にちょっと噛みついてみた(爆)


posted by poohpapa at 06:15| Comment(10) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

中国発の悪い冗談 ( `ー´)ノ

中国・孔子平和賞…村山元首相が最終選考に残るも「健康上の理由で授賞式に参加できない」と固辞 ジンバブエのムガベ大統領に授与決定

ジンバブエのムガベ大統領に授与されることになったから、ではない。健康上の理由で辞退されることにはなったが、日本人からしたら売国奴でしかない村山富市が候補になったから、である。まあ、ムガベ大統領も碌なモンではないようだが、とにかく、中国の孔子平和賞が胡散臭い賞であることは分かった。

だいたいが、今年の候補者、ビル・ゲイツはともかくとして、日本の福田康夫、村山富市の両元首相のほか、国連の潘基文事務総長、韓国の朴槿恵大統領・・・、そうそうたる顔ぶれではないか。どうして河野洋平が入っていないのか不思議だが(^◇^)

ノーベル平和賞も孔子平和賞も、平和賞なんてモノは「質の悪いパロディ」でしかない。

それにしても、夏には「抗日戦勝70周年記念行事」に出席していたハズだが健康上の理由・・・??


ついでに、中国が申請していた「南京大虐殺文書」の世界記憶遺産への登録が決まったとのこと。何ら「事実かどうか」の検証もせずに、である。

「大虐殺」は虚偽や疑問点だらけ 憤る声も

日本は無効狙い反論へ 政治利用許したずさんなユネスコ…門外漢の委員、抗日行事参加の親中の事務局長

ユネスコ拠出金見直しへ 「断固たる措置取る」日本政府

以前も書いたが、日本も通州事件尼港事件ライダイハンを登録申請すればいい。

これが「私たちも忘れないようにするから日本人も忘れないでいてほしい」と言うならまだしも、いわゆる従軍慰安婦も南京大虐殺も中韓が都合よく脚色した「でっち上げ」の要素が大きいのだし。

いつも思うのだが、こんな国と友好関係なんて築けない。本当に「友好関係」を願っているならそんなことはしないものだろう。経済だけの友好国なんて要らない。インドネシアの新幹線にしたって、中国政府がインドネシア政府に要求したんだろうけど、日本が負担して実施した地質調査などの資料が中国側に渡って、その結果、中国が受注したようだし、とにかく「やることが汚い」のだから。

国と国の関係でなく個人間でなら「そういう奴」となんか付き合ってはいられないもの。陰口を叩いたり、カネをせびったり、利益を横取りしたり、悪い評判をバラ撒いている奴とは付き合えない。子供同士が仲良くしていても家族ぐるみでは仲良くは出来ないし距離を置いたほうがいいもの。

先日、中国で日本人数名がスパイ活動をしたとして逮捕されているが、元々中国人であって日本国籍を取得した女や元々が韓国籍(北朝鮮籍)だった男も含まれているようで、そういうのを「日本人がスパイ活動で逮捕」などと報道するのも如何なものか。日本人は、そもそも中国に対してスパイ活動などする必要が無いし、日本中に(中国内でも日本企業に対して)産業スパイを送り込んでいるのはむしろ中国のほうなんだし。

日本人も、いいかげん目を覚ましたほうがいいと思う。とくに、沖縄県の翁長知事は( `ー´)ノ


ちなみに、リンク先の記事は一定期間経過後に消去されるようなのでお早めにどうぞ。

posted by poohpapa at 05:51| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

夏の旅行記 6 (アントワープ/ベルギー)

出発前の予想に反して、オランダよりベルギーのほうが観るべきものが多く楽しかった。ま、綺麗なお姉さんに出会う比率は「いい勝負」ではあったけど・・・(^◇^)

オランダ観光は2日で終え、ベルギー第二の都市アントワープへ向かう。

アントワープ、と言えば、日本人の誰もが思い浮かべるのは「フランダースの犬」であろう。日本人の、と言うのにはワケがある。実は「フランダースの犬」はベルギー人にはあまり認知されていないのだ。

その証拠は、マルクト広場にある「フランダースの犬」の石碑を見ればよく分かる。
DSC08910.JPG
なんと、説明が日本語で彫られている。ちょっと興醒め (+_+)

ではあるが、私にとっては「フランダースの犬」と日本の「ごんぎつね」が悲しい童話の双璧。

主人公ネロは、ノートルダム大聖堂に展示されているルーベンスの絵に憧れて、「いつかルーベンスのような画家になりたい」と夢見ていたが、貧乏で入場料が払えず観られなかったとされている。

悲しすぎる結末だが、パトラッシュと一緒に死んだことが、考えようによっては救いかも知れない。

DSC08897.JPG
世界遺産のノートルダム大聖堂

ネロが憧れたルーベンスの「キリストの昇架」と「キリストの降架」がこちら ↓
DSC08920.JPG

DSC08932.JPG


DSC08921.JPG
こちらはノートルダム大聖堂の天井画


DSC08903.JPG
ベルギー人は、「フランダースの犬」は知らなくても、この銅像「ブラヴォー」の伝説は誰でも知っているとか。スヘルデ川沿いに棲む巨人アンティゴーンをブラヴォーが退治して、斬り落としたアンティゴーンの腕を川に放り投げる場面だ。この伝説がアントワープの街の名前の由来になっているとのこと。「hand (手) + wearpan (投げる)」が、やがて「Antwerpen(アントワープ)」の音に転じたらしい。腕の切り口は噴水になっていて、銅像の後ろの建物はアントワープの市庁舎。

アントワープ市内は馬車で観光できる
DSC08900.JPG

アントワープでもう一つ、忘れてはならないものがダイヤモンド。一説によれば過去には世界のダイヤモンド取引の9割以上は、このアントワープのデビアス社が牛耳っていたんだとか。と言っても、支配していたのはベルギー人ではなくユダヤ系資本の財閥ロスチャイルドであった。と、教えて頂いた ^^;

そのあたりの経緯は「007」や「ゴルゴ13」でも取り上げられていて、非常に興味深い。


そうそう、忘れないうちに・・・、オランダもベルギーも駐車場料金はべらぼうに高く、一桁違う。



posted by poohpapa at 05:00| Comment(2) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

このドッキリは過去最高の怖さかも (^^)/

先日、いつもの訪問先 「 Pouch 」さんで見かけたドッキリ動画。私が仕掛けられたら腰を抜かすかも。

【心臓飛び出し注意!】戸別訪問とか前世紀だろ? 電力会社のドッキリが本気すぎてマジに悲鳴を上げて逃げ出す皆さん

ドアノッカーをコンコンと鳴らすのって、なんか外国の映画みたいでカッコイイ! 的なイメージはありますよね。もし友だちの家に遊びに行って、玄関のドアにドアノッカーがついていたら、積極的にコンコンしていきたい派です。

だがしかし。こんなドアノッカーはイヤだ!

【鬼ギレするドアノッカーまじ怖い】

資料を片手に、豪邸を訪問する電力会社の担当員の皆さん。扉についたドアノッカーに手をかけてコンコンしようとするわけですが、その途端、ドアノッカーが鬼ギレ!

「ワレ何しに来とんじゃゴラァ!」「勝手に触ってんじゃねえよ!! アァ!?」そりゃもう、大声上げて逃げ出しますよ。こんなん口から心臓出るわ……。

そんなドアノッカーを相手に、勇気を振り絞って「こんにちは……」なんて話しかけたり、一歩引いて「今日お訪ねしたのは……」なんてセールストークを試みる人も。

いやいや、豪胆すぎでしょ。


【実はプロモーション映像でした】

実はこれ、ニュージーランドの電力会社「ENERGY ONLINE」によるプロモーション映像。請求書の発行やあらゆるセールスの案内などをオンラインに集約し、「今どき、戸別訪問なんてうっとうしいよね」というコンセプトを打ち出しているんです。

それにはまったく同意なんですが、いかんせん悪ふざけが全力すぎて、わかって見ていても心臓がバックバックします。ドアノッカーの迫真の演技と皆さんの驚きっぷりは、ぜひとも動画でご覧くだされ。

そしておそらくこの撮影のために駆り出されたであろう社員の皆様、本当にお疲れさまでした……!

参照元: YouTube(Energy Online), ENERGY ONLINE
執筆=森本マリ (c)Pouch



動画だけYouTube で楽しみたい方は、こちら ↓

https://www.youtube.com/watch?t=11&v=NtlUNhbODCQ

10秒と16秒、28秒くらいに登場するお嬢さん、キュートですね(^◇^)


ついでと言ってはナンですが、これも面白いです。

Statue Crushes Crying Baby Prank


ネットは「おもしろ動画」の宝庫ですね、いい息抜きになっています。短いので仕事や作業の邪魔にもなりませんし、芸の無い芸人がうるさいだけのバラエティ番組なんかより遥かに上を行ってます。


posted by poohpapa at 05:24| Comment(0) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

マイナンバー制度に関する「まとめ」

私の毎日の訪問先、「NEVER まとめ」さんが、近く実施されるマイナンバー制度に関して、非常に解かり易く解説していらっしゃいますのでご紹介 (*^_^*)

それぞれの記事にリンクを貼りますので「お気に入り」に入れておかれると先々役立つことでしょう。もうこの制度を騙った「振り込め詐欺」も発生しているようで、悪知恵の働く奴がいるものですね。


マイナンバー制度とは?簡単に説明!私たちの生活・仕事はどう変わるの?H27.10月通知!

マイナンバーカード(個人番号カード)って何?どうすれば発行できる!?

知らないと危険かも。マイナンバーが届いてからの注意点

もちろん、いろんな危険性も指摘されていますが、いいこともあるようです。

あまり報道されてない「マイナンバー」で便利になること

それぞれの記事には更にリンク先が貼られていて、そちらも目を通されるといいでしょう。


不動産屋はいろいろ副収入がありますが、これからはガラス張りにしないといけませんね(おい)




posted by poohpapa at 04:34| Comment(6) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

夏の旅行記 5 (デハール城とキンデルダイク)

先ず、初日2日目と連泊したアムステルダムのホテルのシャワースペース。

DSC08738.JPG
シャワーカーテンもドアも無く、2cmほど段差が付いているだけなので、シャワーを浴びると嫌でも水が溢れる。どうしてこんな作りにしているものか、と思うのだが、こういうホテルはけっこう多い。

DSC08740.JPG
2日目の朝食もガッツリ頂く。バイキング形式だから (*´ω`)

現地ガイドさんの計らいで、日本人がツアーではほとんど訪れないデハール城を見学。
DSC08748.JPG

DSC08782.JPG

DSC08769.JPG

DSC08770.JPG

DSC08773.JPG

DSC08765.JPG
ここは大当たり。オランダに行って「ここを訪れない」のは実に勿体ない。

ちなみに、デハール城の男子トイレ。水鉄砲の標的(蠅)が便器に描かれている。
DSC08784.JPG


風車で有名なキンデルダイク(たしか、長崎のハウステンボスはここがモデルだったかと・・・)
DSC08838.JPG

DSC08849.JPG
船で巡る

DSC08887.JPG
売店で売られていた木靴ふうのスリッパ。買わなかったけどセンスいい

DSC08850.JPG
木靴を履いて記念写真に収まるカップル。このお姉さん、美人だしスタイル抜群(たぶん)

DSC08881.JPG
昼食をとったレストランのお姉さん。とても美しい女性で、何枚も写真を撮ったが、旅仲間さんが入ってしまっていて、単独で写っている写真はこれだけ。メニューの説明をするためにもっと前屈みになっていたりして、その・・・、谷間の奥深くまで写っている写真もあるが非公開。ご希望の方はメールアドレスを知らせて頂くと当方の振込先を連絡するので、1枚につき千円で、入金を確認したら添付ファイルで送ることに・・・、というのはウソ、冗談。だが、写真の存在はホント(*^_^*)

何十万も元手を掛けて行ってるのだし、これくらいの楽しみがなくっちゃね。何か文句でも!?



posted by poohpapa at 05:26| Comment(6) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

意外と堅実な娘から説教をされてしまった

ヤフオクに、動画も撮影できる比較的新しい型式のニコンのデジタル一眼が安く出品されていた。

18mm-55mmのレンズとセットで3万円、である。レンズのみの価格の半分であるのだが、入札は無く、再出品ではさらに5千円下がって2万5千円・・・。

娘に「こないだあげたD70より程度のいいカメラが安く落札できそうだけど、どうする?」と訊くと、「要らない。前ので充分。無駄になるから、そういうカネの使い方はしないほうがいい」と怒られたふらふら

前にあげたD70はグリップのゴムが劣化してベタついてて気持ち悪いし、同じDXフォーマットでも圧倒的に今回の出品物のほうが性能がいい。液晶も大きくて92万画素。D70は12万画素で小さい。付属品も揃っていて、使用頻度も少ないから新品同様、である。なんで?、というくらい安い。

カネを取るつもりはなく、元のD70も使ってくれる友だちがいたならあげてもらってかまわない。だが、生活費や犬の治療代の援助は求めてくるのに、そういうところは妙に堅実である。ま、ケチとも言う。

もっとも、以前は、買って1年もしないニコンのGPS機能付きコンパクトデジカメ「P6000」もあげているから不自由はしてないんだろうけど・・・。なんか、落札しないほうが勿体ないような気がするたらーっ(汗)

実のところ、以前、D70を買って直ぐの頃に桜を撮っているが、実に良く撮れていて、新しいデジタル一眼で撮った写真と見比べても、おそらく「違いなんか分からない」とは思う。技術的にはもう完成されたレベルにまで達していて、今は「必要のない画素数」なんかを競っているだけのように思われる。

娘に落札して「あげよう」と思っていたカメラ、最終的に25500円で落札された。本音では、父親としては「欲しい」と言ってくれたほうが嬉しい時もあるのだが、考えようによっては「親不孝な娘」であるパンチ

今回は娘に諭されて止めたけど、次にまた「良い出品」があったら病気が再発するかも知れないあせあせ(飛び散る汗)



posted by poohpapa at 06:00| Comment(2) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

メルマガ「60億人の名言」の≪ 今日の名言 ≫より

 私が取っているメルマガ「60億人の名言」に大村先生の言葉がありましたのでご紹介、

≪ 今日の名言 ≫

 何にしても一生懸命やっていると、必ず支えてくれる人が現れてくれるものです。

 (大村 智 天然物有機化学者・2015年ノーベル生理学、医学賞受賞者)


激しく同意、であります。自慢じゃありませんが(自慢ですがたらーっ(汗))私も今まで何度も壁に突き当たりましたが、その度に必ず、損得抜きで支えてくださる人、支援してくださる人が現れましたから。



 

posted by poohpapa at 07:56| Comment(4) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年も昨年に続いて日本人がノーベル賞

大村智(さとし)北里大特別栄誉教授がノーベル医学生理学賞を受賞することになった。

msn.の毎日新聞のニュースから (政治関連の記事でなければ安心して読めるわーい(嬉しい顔)

ノーベル賞:「泥にまみれる仕事」…大村さんが金字塔

 手作業で採取した土から、有用な化学物質を作り出す微生物を探す地道な研究に、大きな光が当てられた。ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった大村智(さとし)北里大特別栄誉教授(80)は、スキーの国体選手、高校の夜間部教師と、アカデミズムとは無縁な世界を経て研究の道に入った。記者会見で「このような賞をもらっていいのかな」と喜びを語った大村さんに、同僚ら関係者からは祝福の声が寄せられた。

 「泥にまみれる仕事」。大村さんは、土の中の微生物が作り出した化学物質を調べる自身の研究を、そう表現する。

 山梨・甲府盆地の自然豊かな環境で育った。学生時代は勉学よりスポーツに熱中し、距離スキーで国体にも出場。東京都立墨田工業高の夜間部の教師として社会人のスタートを切ったが、ある日、試験用紙を配る際に、生徒の指先に昼間働く町工場で付いた油がこびりついているのを見て胸を打たれた。「真剣に勉強したい。自分も学び直そう」

 大学院を経て、郷里の山梨大へ。ここでブドウ酒の研究に関わり微生物の面白さに触れた。29歳の時に北里研究所(東都港区)に入所。誰よりも早い朝6時に出勤し、教授の講義時の黒板ふきと論文の清書に明け暮れた。

 大きな転機は、6年後の71年に訪れた留学の機会だった。

 米国とカナダの5大学から招きがあり「直感で」最も給料の安かった米ウェスヤーレン大に客員教授として赴任。大村さんを招いたマックス・ティシュラー教授は、当時世界最大規模の製薬企業・米メルク社の元研究所長で、大村さんの渡航後間もなく米化学会の会長に就任した。大村さんは補佐役として大物研究者と交流を深めるうち、自分で研究費を集め、社会に還元するというスケールの大きな米国流の研究スタイルを学んでいった。

 2年後に帰国する際、メルク社と共同研究の契約を交わした。研究室のスタッフは、高卒と大卒が主体のわずか5人。資金提供を受ける分、重圧も大きかった。全員、外出時にはいつも小さなポリ袋とスプーンを持参し、各地で土を採取して持ち帰った。顕微鏡で微生物を探し、生産している化学物質を分離・培養する。地道な作業を繰り返した。

 熱帯地方の感染症・オンコセルカ症の撲滅につながる「エバーメクチン」は、静岡県伊東市のゴルフ場周辺の土から見つかった。これを基に開発された「イベルメクチン」は動物でもヒトでも、寄生虫がもたらすさまざまな病気に驚くほど効いた。79年、学会で成果を発表すると、会場は異様な興奮に包まれた。「なぜ1回の投与で効くのか?」。相次ぐ質問に、大村さんは「効くから1回なのだ」と答えたという。

 2004年、大村さんはエバーメクチン発見から25年を迎えたのを機に、初めてアフリカのガーナを訪れた。過去にオンコセルカ症が流行した地域では、安全地帯を求めて捨てられた集落の跡がいくつもあった。集団投与を終えた集落の学校に立ち寄ると、好奇心に満ちた目で子どもたちが待っていた。

 簡単な英語で自己紹介したが「ジャパン」にも「トーキョー」にも反応はない。「メクチザン(イベルメクチンの商品名)知っていますか」と問いかけると、歓声が上がった。案内役が「この先生はメクチザンを作った人です」と紹介すると、子どもたちが駆け寄ってきた。「自分の研究が役に立った」と初めて実感できたという。

 「僕は役に立つ物質を作るんじゃなく、見つけているだけ。だから微生物へのリスペクト(敬意)を忘れない」。数々の学術賞を受けるたび、大村さんはそう語る。研究室の成果をまとめた冊子のタイトルは「微生物からの素晴らしい贈り物」だ。【清水健二】



東大でも京大でもない北里大というのにも価値がある。馬鹿にしているのではない。国からの補助がまるで違うからである。何といっても、東大だけで全国の国立大学が受ける補助金の1割を得ている。

経歴も異色で驚きだが、このニュースの中で私が感動した話が二つ、
 
東京都立墨田工業高の夜間部の教師として社会人のスタートを切ったが、ある日、試験用紙を配る際に、生徒の指先に昼間働く町工場で付いた油がこびりついているのを見て胸を打たれた。「真剣に勉強したい。自分も学び直そう」

苦労人なんだと解かる。たいていの人は生徒の指先が油で汚れていても「教室に入る前に手くらい洗えよ」くらいにしか思わないだろうし、そういうのが人生の転機にはならないもの。私も、もしかすると(今までに何度かあったであろう)人生の転機になりそうな出会いを見過ごしているかも知れない。そんな大村先生の研究と成果にノーベル賞という栄誉が与えられるのは凄く嬉しい。

そして、もう一つが、

米国とカナダの5大学から招きがあり「直感で」最も給料の安かった米ウェスヤーレン大に客員教授として赴任。

この時、カネで決めていたら今回の受賞は無かったかも知れない。もしかすると、韓国人がノーベル賞を獲れない理由も根底にそんなことがあるのかも知れない。彼らは「一番給料が安い大学」など選択しないだろうから。いや、もしかすると、大村先生の研究も「韓国が最初」などと言い出すかも(^◇^)

いずれにしても、人との出会い、ご縁、が大きかったと思うし、それも普通の人なら見逃していた話。先生が謙虚で、真剣に地道に生きていらっしゃったからこそ、そういうご縁を見逃さなかったんだろう。

何より、日本人の研究で多くの人が救われたのが嬉しい。先生の受賞は「天からのご褒美」だと思う。




posted by poohpapa at 07:01| Comment(8) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

この差って何ですか?

同じ女子プロレスラーで、同じように「鬼嫁」と呼ばれる二人でも、片方はどうも評判が芳しくなく、片方は皆に愛される・・・、TBSのバラエティ番組ではないが、「この差って何ですか?」と訊きたくなる。

前者はジャガー横田であり、後者は北斗晶である。北斗晶の乳がんの手術に際してはブログ(フェイスブック?)に一晩にして1万数千件の激励が寄せられたという。

その数字、私が11年かけて積み上げてきた(頂いた)コメント数を上回る・・・ふらふら

それは、単に北斗晶が有名人であって「これから癌の手術を受けるから」という同情からではないだろう。いかに多くの人から愛されて、皆が気に掛けていてくれるかの証だと思う。人間、かくありたい。

世に毒舌タレントや旦那を扱き下ろして命令口調で喋る女性タレントはけっこういる。それで嫌われるタレントもいれば、だれからも嫌われることなく愛されるタレントもいる。その差って何だろう・・・。

北斗晶の場合は、きつい口調で話していても旦那を尊敬していて愛しているのが伝わってきて、要はキャラであるのが分かるから笑って見ていられるが、中には「どうも実生活でも旦那を尊敬してないんじゃないか」というのが伝わってくるタレントもいる。たぶん、北斗晶は家でも(カメラが廻ってなくても)同じ態度だろうし、その裏表の無さも好感が持たれる要因になっているんだろう。得な性分である。

佐々木健介のイジメられぶりも可愛くていい。大の男が、しかもプロレスラーが、鬼嫁の体を案じて人目を憚らず涙する様は、女々しいのでなく立派の一語。男たるもの、ああいう泣き方をしたいと思う。

ここんとこ、私は人相のことに良く触れているが、どうもジャガー横田は裏表がありそうに思えてならない。あるいは表と裏が同じで見たまんまの「性格の悪さ」かも知れないが・・・。人気云々でなく、彼女が癌で手術するとしても、マスコミはあまり取り上げないのではなかろうか。とにかく眼つきが悪い。

笑顔の差、なのかなあ、とも思う。北斗晶は心から素直に笑っているから周りを明るくしてくれるが、ジャガー横田は顔では笑っていても目が笑っていないから見ていて怖い。心の底からの笑顔を見せたなら北斗晶よりは美人かも知れないが・・・、キャラの設定を誤っているのかも。

ところで、その北斗晶も時折ビックリするくらいキレイな(可愛い)表情になる時がある。きっとそれは、ご主人から愛されている、という証なんだろう。女性は、(あまり美人でなく、そこそこブスであっても)男性から一身に愛情を注いでもらっていると内面から美しくなるモノだから。

で、今回、川島なお美も判断の遅れから亡くなったし、同じように手術に踏み切る判断が遅れてしまった北斗晶も5年後の生存率は50%とのこと。少しでも疑いがあったなら、仕事も約束も全て放って手術や治療に専念すべきだと思う。それで仕事や友人を失ったりしたなら、所詮「自分の代わりはいくらでもいた」というだけのこと。ましてや民間療法などに走るのは愚の骨頂。一時的に病状が改善されても自己満足の錯覚でしかない。万一それで助かった人がいたとしても、本当に「それで」かどうか分からないし、自分に合う確率は低いもの。手術することに憶病になるあまり逃げてはならないと思う。

手術は、しないで済めばそれに越したことは無いし、女性にとって乳房を失うことはとても辛いことだと思うが決断を誤ってはならない。「死んで花実が咲くものか」である。自分を必要としてくれている人は必ずいるし。今となっては(後悔もあって)「5年後の生存率50%」という数字は北斗晶にとって重く圧し掛かっているだろうけど、針が生存のほうに振られてくれることを願っている。そう信じたい。

私は相当にビビリだが、今から35年前に腎臓結石になって主治医から「手術しますか?」と訊かれた際、アッサリ「お願いします」と答えている。理由は「大きな手術も経験しておこう」と思ったから。手術が怖いという気持ちより何でも経験しておきたい気持ちのほうが勝っていただけのこと。それに、もし友人が手術することになったら、「俺も手術は体験してるけど心配しなくて大丈夫だよ」と言えるから。現実に、腎臓の手術は物凄く大変で盲腸なんかとはワケが違う。体験していなければ「頑張ってね、お大事に」としか言えないが、自分も体験していれば「怖くなんかないよ」という言葉に説得力が生まれるもの。


そういえば、ジャガー横田は夫婦とも最近はテレビであまり見かけない。この差は・・・・・、やめとこたらーっ(汗)

posted by poohpapa at 06:09| Comment(8) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

夏の旅行記 4 (風車で有名なフォーレンダムなど)

オランダ、と言えば、風車とチューリップ、木靴、そして跳ね橋が有名。ちょうど、走行中に跳ね橋が上がるところに遭遇。橋の下の運河を船が通る時に、車や人を止めて橋を上げて先に船を通してあげる仕組み。国土がほぼ海抜0m のオランダならではの知恵。歩行者も車も大人しく待っている。

DSC08647.JPG

この後、港町に行ったのだが、なんて町か分からない、ガイドブックを見ても載ってなくて。VOLENDAM でいいのかなあ・・・。実は全員で民族衣装に着替えて記念写真を撮ったんだけど、そこに記されていたもので。アップはできないが、皆いい表情で、その写真が今回の旅行で最高の一枚だったかと・・・。あまり日本人と会うこともなく、その港町は凄く良かった。私が撮った写真はつまらなかったけどたらーっ(汗)

DSC08651.JPG
そこで食べた昼食。向こうのファーストフードは料理の写真が飾ってあっても料金が書かれていなくて、なんか高かった。ボリュームがあったからポテトを食べ残しちゃって・・・。

食べ残したポテトは港の鴎にあげることにしたのだが・・・、生存競争は激しかった。
DSC08656.JPG

この港町を出て、風車で有名なフォーレンダムに向かう。チューリップの季節に来ていたなら、と思う。
DSC_0502.JPG
フォーレンダムの中のツァーンセ・スカンスという地域みたい。オランダ語は(も)難しいあせあせ(飛び散る汗)

ここは風車の数が少なく、後で訪れたキンデルダイクのほうがオランダらしい風景だった。あと、中国人観光客が多かった。わりと静かなグループばかりだったけど中国語が聞こえてきた時点で不快。

オランダらしい景観を楽しんだ後はアムステルダムが発祥の地であるミッフィーの専門店に。
DSC08680.JPG
店の外観

DSC08681.JPG
商品棚

ここでは小物を購入。嵩張らない土産品は一ヶ所に多くの人がいる職場への土産に便利。真夏のことでチョコレートは持ち帰る途中で溶けてしまうこともあるし、お菓子もピンとくるものが無くて・・・。

こちらは、アムステルダムの「ハードロックカフェ」のポスター。
DSC08692.JPG
肌が凄く綺麗だなあ、と思って迷わずシャッター。生身ではないがキレイなお姉さん(^◇^)

ハードロックカフェは今回の旅先ではアムステルダムとブリュッセルに有って、予めガイドさんにお願いしておいて連れてきてもらった。実は、伊勢丹の馴染みのマネキンさん、世界中を旅してハードロックカフェのバックプリントのTシャツを収集しているが「どちらも未だ所有していない」とのことだったので、買ってくると約束していたのだ。店舗によってデザインが違っていてどれも特徴があって面白い。

私がアムステルダムで購入したものが記念すべき100枚目、ブリュッセルのが101枚目で、一枚一枚写真に収めていて、後日そのコレクションの写真を見せて頂いた。ただ集めるだけでなく、ふだん着用もしているとのことで、そこが私とは違って偉い。私の場合は何かコレクションしているなら同じ物が2つないと使えないから。そういう面では神経質なので、普段用とコレクションは分けることになる。

で、これが、アムステルダムの街角にはあって日本では考えられない設備、
DSC08693.JPG
男性用の立小便トイレ、である。扉も目隠しも無いのが驚きどんっ(衝撃)

どうしてこんなものを設置しているかと言えば、こういうのが無いと、「街中どこでもトイレ」になってしまうからだとか・・・。「せめて腰のあたりくらい隠せるドアがあればいいのに・・・」とは思う。用足しを終えて振り向いたら若いお姉さんが歩いていた、なんてことも有り得るし、逆セクハラだろう。

男性の立ちションを見学(?)した後、船でアムステルダム港と運河を巡る。その時に居合わせたカップルの女性が凄い美人。バックミラー越しにしか撮れなかったから鮮明でないのが残念。
DSC08703.JPG

この船の船長が50歳くらいの女性で、凄く性格がキツクて、客を睨みつけて小言を言うような人。観光客相手なのだから、もう少し愛想よく笑顔で注意すればいいのに・・・、と残念に思ったバッド(下向き矢印)

家でもあんなだったら旦那や子供は堪らないもの。あ・・・、もしかすると独身の可能性が高いか わーい(嬉しい顔)

そして、どこの商店街にもある(一見すると喫茶店のような)店の写真を隠し撮り、
DSC08735.JPG
大麻が吸える店、である。もちろん、オランダでは合法なのだが・・・。

店内では若者から中年くらいの主に男性が仲間と大麻を吸っている。いくら「地下に潜られるよりいい」と言っても、これでいいものやら・・・。合理的ではあっても日本では根付かないシステムだろう。

posted by poohpapa at 06:03| Comment(2) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

これも不動産業界の信頼回復の為、ほんと

駅前の銀行に行ったついでに、伊勢丹に「頼んでおいたワイン」を受け取りに寄った。

その帰りのこと、多摩信本店の交差点を渡ったところで向こうから老婦人が私のほうに寄ってきて、「すみませんが、『高松町3丁目』のバス停はどちらでしょう?」と訊く。「どちらまで行かれますか?」と訊くと、「若葉町団地まで」とのこと。

「でしたら、ここから『高松町3丁目』のバス停に行くのと駅まで戻るのとでは駅前のほうが近いくらいですよ。駅から乗れば必ず座れますし、駅前までご一緒しましょうか?」と訊くと、たぶん、私の進行方向と逆だからと遠慮したんだろう、「いいえ、バス停までの道を教えて頂ければけっこうですよ」と言う・・・。

杖をついていらっしゃって足がご不自由とお見受けしたので、「では、私もそっち方向に向かいますのでバス停まで一緒に歩きましょうね」と言って、老婦人に合わせてゆっくり歩き始めた。途中、横断歩道の信号を一度やり過ごして、歩道の途中で点滅することが無いよう調整しながらバス停まで行くと、我々がバス停に着く直前に「若葉町団地」行きは出てしまった。幸いにも10分ほど待てば次のバスが来る。

それで「次のバスは10分くらいで来ますから」と伝え、一旦は店に戻ったが、どうにも気になる。いろんな路線のバスがひっきりなしに来るから、あの様子でちゃんと乗れるかどうか、である。

店の冷蔵庫からペットボトルのお茶を1本持ってバス停まで引き返すと、一番前で体を乗り出すようにしていた。それで「はい、お茶どうぞ。私がここで若葉町団地行きのバスが来たら声を掛けますから、後ろの柵にもたれて休んでいてください。そこにいると、バスの運転手さんが『乗るのかな』と思って、みんなドアを開けますから」と伝えて私がバスが来るのを待って老婦人に知らせることにした。

すると、反対車線を当社の入居者さんがオープンカーで駅方面に向かっていて、たまたま信号待ちで目の前で停車したので手を振って呼ぶと、ちょうどやってきたバスが「久米川駅行きです」とドアを開ける。これじゃ何の為に私が立っていたのか分からない。ま、こういう「間の悪いこと」はよくあるものたらーっ(汗)

5分ほど待つ間に少し話をしていて驚いた。実はその老婦人、私と一歳違いだったのだ。「足を悪くしてるので実際より老けて見られてしまいます」と仰っていて、私も、てっきり70代後半だと思っていた。

「こんなにご親切にして頂いて・・・」と恐縮するので、「いえいえ、気になさらないでください。私は世の中から嫌われる仕事をしていますので、たまにはこれくらいしないと帳尻が合わないのです」と言うと、「何のお仕事をなさっているのですか?」と訊く。それで、待ってましたとばかり「不動産屋です」と答えた。それで一人でも「不動産屋さんてこんなふうに親切なんだ」と思ってくれたら嬉しい。

バスが来たので私が整理券を取って渡したが、けっこう混んでいて乗車口に近い優先席までも行かれそうにないくらいだったので、やはり駅までお連れしたほうが良かったかな・・・、と後悔した。誰かが気が付いて席を譲ってくれていればいいのだが・・・。

今回、私は業界の信用回復の為に善行を施した。だが私のような人間は、この業界には少ないと思う。


posted by poohpapa at 05:58| Comment(8) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

元祖と本家の争いなのか・・・

維新の党、橋下市長が脱退して分裂するようだが、そうなると「元祖」と「本家」の争いに発展しそうな気がする・・・。松野代表は「脱退する議員に政党交付金を分けない」とか「維新という名称は使わせない」と言っているようだが、仮にそれが正しいとしても、なんか変??

元々は「維新の党」は橋下氏あっての「維新」だから、橋下氏がいるほうが真正の維新で、元の維新は残った国会議員や府議が何人いようが「抜け殻」でしかない。元々は当選目当てで橋下氏に擦り寄ってきただけで、政策もポリシーも一致せず、橋本氏の同志ではなかった、ということだろう。

おおさか維新、24日に結党大会=橋下氏、当面代表に―17人規模、都構想に再挑戦


これが、ソフトバンクの孫社長がソフトバンクから手を引いて別の通信会社を興すとか、ユニクロの柳井社長がユニクロを去って別のカジュアルウェアショップを展開するとしたなら、消費者は元々のソフトバンクやユニクロを利用しつつも、社長が別に興した会社のほうが本家、と思うのではなかろうか。

そもそも孫社長や柳井社長が看板(象徴)になってるワケで・・・。ま、ユニクロは然程でもないだろうけど。普通で考えれば、橋下氏が維新の党を出て別に政党を作ったなら、そっちが「維新」ではないか。

だいたいが、現代表の松野氏、器も小さいし本来は国会議員としての資質は無いと思われる。松野氏は泥船の民主党と組むことを模索しているようで、それで「どの程度の資質か」が判る。放っておいても松野氏の維新はジリ貧になるだろう。橋下氏の維新こそが本家で元祖。今後、有権者は橋下氏無き維新など支持しないと思われる。自分の数年後が見えないような人物に国政を任せられるワケが無い。

橋下氏も自身を客観的に見て、もう少し「有権者の心理」を慮ったほうが成功するとは思う。

大阪は、大阪府と大阪市の予算がほぼ同じ。それなりに無駄も発生しているから解消するためにも都構想は府民にとっては「良い案」だとは思うが、安保法案と同じで、ハッキリ言って「どう説明しようが理解できない、理解するつもりもない」相手は「説明不足」だの「理解が得られていない」などと言って反対することだろう。橋下氏、反対陣営に対しネガティブキャンペーンを張ればいい。「都構想に反対する人たちは、既得権にしがみついて税金を食い物にしようとしている人たち」と訴えて。

それにしても、松野氏、親父と似ていて「嫌な顔つき」で、小者感が漂っている。



posted by poohpapa at 05:43| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする