2015年10月14日

こういうのは無関係な人間からすれば迷惑

最近は「フラッシュモブ」なんてのが流行っているらしい。

街中で大掛かりなドッキリを仕掛けるのだが、ほとんどは「プロポーズ」みたい。駅前のコンコースや超高層ビルの広場などを使っていて、ある時間になると、大掛かりな仕掛け(仕込み)によって、その場に居合わせた人も通行人もダンサーに変わったり大オーケストラが演奏を始めたりする。もちろん、しかるべき許可は取っているが、私が冷たいのかもしれないけど、こういうのに出くわしたら「いい迷惑」でしかなく、プロポーズなんかはこんな演出なしでプライベートでやってくれ、と言いたくなる。

当然に、これだけのダンサーの頭数を揃えるには相当に費用も掛かるし場所代も掛かっていそう。

フラッシュモブ サプライズ プロポーズ Charice 「Louder」 JR大阪駅 "カリヨン広場 "Flash Mob Surprise Proposal"

この動画の主役のカップルはなかなか感じがいいけど、いつもいつもそうとは限らない。こう言ってはナンだが、この相手にそれだけの手間とカネを掛けるかねえ、と思ってしまう女性もいるし、ここまで派手にプロポーズして(されて)結婚しても、このうちの何組かは数年後には離婚してたりして。

私も、ここまで派手なプロポーズをしたワケではないが、20歳で結婚した時には「一生連れ添う」つもりではいて、まさか離婚するとは思っていなかった。互いに「当時のまま」でいられなかったということで、それは仕方ないと思う。当事者である夫婦だけでない他からの要素も加わってくるし。

ところで、大阪のカリヨン広場って、夕方になると「こんなこと」ばかりやってるのかなあ・・・。それにしても、こんなふうに公衆の面前で派手にプロポーズされたら、嫌でも断りにくそう。その時は「はい」と受けておいて、後日キャンセルしたりして・・・。不動産屋の申し込みでも、案内したその時は気に入って申し込んでもキャンセルしてくること、ままあるしね。

・・・と、思っていたら・・・、

いつもの訪問先「NEVER まとめ」 さんのサイトに失敗パターンがいろいろ(^_-)-☆

【プロポーズ失敗】フラッシュモブ等、失敗まとめてみた。(動画)

だいたいが、こういうのは「絶対に受けてくれる」と確信が持てなければ出来ないだろうに・・・。逆に、こんな大掛かりな仕掛けで公衆の面前でプロポーズされていなければ受けてもらえたりして。たいていは男からプロポーズする、と相場は決まっているようで、彼女が「そういうの好きか嫌いか」今まで付き合ってて判らないものかねえ。断られたら滅茶苦茶シラケるよね。そこからどう立ち上がって帰路についたか覚えてなかったりして・・・。

人様の不幸を喜ぶ趣味は無いけど、必ずしも「気の毒に・・・」とは思えない。正直「ザマア見ろ!」と冷めた目で見ている自分がいる。たまたま急いでいて「ただ、そこを通りたかっただけなのに・・・」という状況なら邪魔でしかなくて腹が立つだろうし。全く知らない人なら「おめでとう、お幸せに」とは思えない。

良かった・・・、失敗パターンも存在していて(^◇^)

どのみち、私の場合は体も硬いしダンスも覚えられないから「どだい無理」な話だけど。

うちのとは、「明日、市役所に婚姻届け、出しとくわ」で感動が無かったなあ・・・(*´ω`*)



posted by poohpapa at 05:59| Comment(10) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする