2015年10月23日

これは、新しい「巧妙な恫喝の手法」と読んだ

msn.の産経新聞のニュースによれば、

「中国は武力衝突避けるべき」習主席側近の論文が波紋
尖閣めぐり日中衝突すれば「中国に退路はない」


 【北京=矢板明夫】中国人民解放軍の上将で、習近平国家主席の側近として知られる国防大学政治委員の劉亜州氏が最近、共産党機関紙、人民日報が運営する人民ネットなどで発表した日中関係に関する論文で「中国は武力衝突を極力避けるべきだ」と主張し、中国国内で波紋を広げている。専門家の間では「習政権が従来の対日強硬策を改めた兆しかもしれない」との見方が浮上している。

 劉氏は論文の中で、近年の日中関係の悪化について「北東アジアだけの問題ではなく、米国が裏で糸を引いている」との認識を示した。その上で、安倍晋三首相を「日本の右翼勢力」と決めつけ、「中国との対立を深めることを通じ、憲法改正につなげようとしている」と推測した。

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)の現状について、劉氏は「1980年代までのような、日本による単独支配の状況でなくなった」と主張。同海域で中国が日本と武力衝突すれば、「中国は勝つ以外に選択肢はなく、退路はない」と強調した。さらに「敗北すれば、国際問題が国内問題になる可能性がある」とし、現在の共産党一党独裁体制を揺るがす事態に発展しかねないとの危機感を示した。

 劉氏は一方で、武力衝突で日本が負けても、尖閣諸島の実効支配の主導権を中国に渡すだけで実質的損失はほとんどないとした。

 劉氏は日本と対抗するために「まず米国との関係を改善すべきで、韓国や台湾とも連携しなければならない」と主張する一方、日本国内の「平和勢力」と提携する必要性にも言及した。

 2012年に発足した習近平政権は当初、「領土問題で妥協することは絶対にない」と繰り返し強調し、尖閣諸島を念頭に「戦争の準備をせよ」との通達を全軍に出したこともあった。しかし、昨年から南シナ海で東南アジア諸国や米国との対立が先鋭化して以降、中国要人が尖閣問題に言及することが少なくなった。

 北京の共産党関係者は論文について「二正面作戦を避け、南シナ海に集中したい習指導部の考えを反映している可能性もある」と指摘した。



単に私の「深読み」かも知れないが、この論文は、中国政府に対して警鐘を鳴らしているのでなく、日本人に対して、「尖閣問題では戦争も起こり得るよ、それでもいいの?」と恫喝している内容。「避けるべき」と言いながら可能性を排除せず「戦争」を連想させるもの。

日本人の多くが戦争アレルギーであることを見越して、「戦争」や「武力衝突」という単語を使って可能性をほのめかすだけで日本人は折れてくる、と解かっていて書かれた「政府認定の論文」に過ぎない。狡猾な中国の考えそうなことである。

たしかに、中国は人口が多いから中国政府からすれば国民の1億や2億死んだって「どう」ってことはない。首脳部さえ生き延びられればいいのだから「戦争も辞さない」と考えていたとしても不思議はない。だが、日本相手なら怖くもなんともないだろうがアメリカは怖い。だから「戦争になるよ、本気だよ」と勇ましいことを言っていても大戦にはならない。ただし局地的な衝突くらいは起こり得る。

中国も本音では(アメリカを敵に回しての)戦争は避けたいところ。幸い、日本人は戦争アレルギーで、イザとなれば国民が「尖閣を奪われても戦争を回避しようとする」のが分かっているから脅すだけで十分に効果がある、と踏んでの論文、中国の軍人が冷静に状況を判断しているのでなく単なる恫喝、と私は読んでいる。

ところで、中国は社会主義国家、共産党一党独裁の国であるハズなのに、昨今の貧富の差は凄まじい。それでは社会主義国家たりえない。富を国家が管理して平等に分け与えるのが社会主義国家のあるべき姿。今の中国は一党独裁で富も一部の国民で独占している状態。中途半端な社会主義国家でしかない。この激しい貧富の格差が、やがて中国を内側から崩壊させるエネルギーに変わっていく、と私は読んでいる。それは、例え中国共産党幹部が力で国民を押さえつけていたとしても、である。


この夏、中国の田舎ではこんなニュースもあった。

【感動】両腕が無いのに91歳の母親の介護をしている男性・・・中国

私が昔イメージしていた中国は、そういう国、であった。国が貧しかった頃のほうが遥かに豊かで、全国民の数%ではあるが、国が豊かになった今のほうが賤しくなっている。それは日本も同じだが。

話を戻すが、日本は「受けて立つ覚悟」を毅然とした態度で示すことが大切だと思う。「戦争は嫌だ、したくない」とばかり言っていたんでは日本は滅びる。「慰安婦問題で日本は謝罪・賠償すべき」「領土問題も折半か共同管理を提案したらいい」などと主張する宮崎駿みたいなバカは「お花畑」もいいところ。いい歳をこいて「庇を貸して母屋を取られる」という諺さえ知らないんだろう。



posted by poohpapa at 05:59| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

改良ではなく改悪だろう ( `ー´)ノ

このブログ( Seesaa )の絵文字が白黒になってしまった。当然に以前のカラーほうが一目で文章に込めた感情が伝わってくるから圧倒的に分かり易くて良かった。なんで「こんな改悪」をしたんだろ??

最近替わった絵文字の一覧がこちら ↓ 、この中から「文章に合った絵文字」を探すのは難しい。

☀ ☁ ☔ ⛄ ⚡ 🌀 🌁 🌂 ♈ ♉ ♊ ♋ ♌ ♍ ♎ ♏ ♐ ♑ ♒ ♓ 🎽 ⚾ ⛳ 🎾 ⚽
🎿 🏀 🏁 📟 🚃 Ⓜ 🚄 🚗 🚙 🚌 🚢 ✈ 🏠 🏢 🏣 🏥 🏦 🏧 🏨 🏪 ⛽ 🅿 🚥 🚻 🍴
☕ 🍸 🍺 🍔 👠 ✂ 🎤 🎥 ↗ 🎠 🎧 🎨 🎩 🎪 🎫 🚬 🚭 📷 👜 📖 🎀 🎁 🎂 ☎ 📱
📝 📺 🎮 💿 ♥ ♠ ♦ ♣ 👀 👂 ✊ ✌ ✋ ↘ ↖ 👣 👟 👓 ♿ 🌑 🌔 🌓 🌙 🌕 🐶
🐱 ⛵ 🎄 ↙ 📲 📩 📠 ✉ 💴 🆓 🆔 🔑 ↩ 🆑 🔍 🆕 🚩 ➿ #⃣ 1⃣ 2⃣ 3⃣ 4⃣ 5⃣ 6⃣
7⃣ 8⃣ 9⃣ 0⃣ 🆗 ❤ 💓 💔 💕 😃 😠 😞 😖 😵 ⤴ 🎵 ♨ 💠 💋 ✨ 💡 💢 👊 💣 🎶
⤵ 💤 ❗ ⁉ ‼ 💥 💦 💧 💨 〰 ➰ 🎬 👝 ✒ 👤 💺 🌃 🔜 🔛 🔚 ⏰


仕方ないので、最近の記事は「(^◇^)」「(*´ω`)」「^^;」「( `ー´)ノ」で間に合わせている。このほうが、むしろ伝わりやすい。以前の記事で使っていた絵文字も自動的に白黒になっている。

替わった絵文字はハートも汗も白黒だし動かない。なぜ経費を掛けてまで改悪するのか Seesaa の真意が分からない。元に戻してもらいたいと願っている Seesaa ユーザーは私だけではないと思う。


posted by poohpapa at 04:58| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする