2015年10月24日

夏の旅行記 8 (ブルージュの運河めぐり観光船)

パリと似てベルギーもまたオープンカフェが多い。生活習慣の違いによるものだろうが、羨ましい。

DSC09014.JPG
朝からコーヒーと軽食を楽しむ人たち。

オランダではキンデルダイクで船による(風車群を巡る)観光を楽しんだが、ベルギーのブルージュでも運河めぐりの観光船があった。

DSC09044.JPG
切符売り場。時間が早かったので、まださほど混雑していない。

DSC09051.JPG
正面に教会と銅像が見える。

DSC09069.JPG
白鳥の群れが観られる一角もあるが・・・、水はオランダの運河同様あまりキレイではない。

橋の下をくぐる時には橋の上から観光船を眺めている他の観光客と手を振り合ったりして楽しい。カップルの彼女がミニスカートだったりするともっと楽しい (*^_^*)

DSC09079.JPG
帰ってきた頃には混み始めていた。何事も、早めに行動するのが正解。

船を下りて聖母教会に向かう。ここではミケランジェロの聖母子像が観られる。
DSC09083.JPG

DSC09086.JPG
この聖母教会、無料でも入れるが、カネを払わない人は聖母子像が観られないように囲いがしてある。当然と言えば当然だが、方法がちょっぴりセコイ (^◇^)

ベルギーは、もし目隠しをして連れてこられて街の中で目隠しを取られて「ここは何処だと思うか?」と訊かれたなら、「パリの郊外」と答えてしまうかも知れない。ベルギーは「ほぼフランス」であった。






posted by poohpapa at 05:25| Comment(4) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする