2015年11月05日

私は出世しない人間の典型

先日の記事でも書いているが、男は、履いている靴を見れば「どの程度の人物か」判るらしい。

内山信二、子役時代に出世するAD見抜いていた

 タレントの内山信二(34)が2日、テレビ朝日系のバラエティー番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に出演。子役時代に、出世するテレビ局のADを見抜いていたことを明かした。

 子役時代はスタッフに対して「やりたい放題だった」といたずらをしまくったという内山。ただ「ほとんど怒られていません」という。その理由として「人を選んで悪さをしていたから」だと振り返る。

 「悪さをしない人リストというのがあって、1位がさんまさん、2位が局P(テレビ局の社員プロデューサー)です。3番目はだれだと思いますか?出世しそうなADさんです。出世するADさん、分かってました。そういった方には絶対にエアガンを撃ちません」と内山。出世するADの見抜き方について「靴が汚いADは出世しない」と断言。子供目線に入りやすかった靴が汚いかどうかで、判断していたという。

 さらに「今日もいると思う」とスタジオ内を見渡した。汚れた白い靴をはいていたスタッフを見つけると「あの白い靴を履いたメガネの彼は出世しません。かなり汚いです」とバッサリ。「出世で言ったら一番右の彼。(靴とTシャツを)黒と黒で合わせたりとか、ああいう感じの。今いる4人でいったら両サイドでしょうね。(左端の)女性も含めて。両サイドは今のところ僕の中では鉄板ですね」と出世を予想した。

 「ホントかよと思うと思うんですが、ホントに当たってて、(フジテレビプロデューサーの)渡辺琢さんはADさんにも関わらず白いブーツを履いていた。しかもきれいに履いていて、この人は出世するなと思っていたら、ご覧なさい。今やフジテレビを背負って立つプロデューサーですよ」

 内山は生徒役の出演者に対して「ホントに当たってるんです。スタジオ入ったときにADさんの靴から見ていただければ」とアドバイスしていた。



どうりで私は自営業(小規模店舗の経営者)から飛躍しないワケだ

靴底が擦り減って本体にまで及びそうになっていて、内部の布には穴が空いている。そんな靴で家主さんのお宅を訪問したり物件の案内をしている。一足の靴を大事に(?)4年も履き続けている奇特な人、と思われるか、貧乏くさくてだらしない奴、と思われるかは相手の価値観次第だが、それで馬鹿にされたとしても気にしない。相手に不快感を与えるまでには至っていない、と思うし・・・。

その昔、NHKのラジオ番組「とんち教室」で、「〇〇とかけて、△△と解く、その心は・・・×××」という設問で、「〇〇とかけて」の部分を隠しておいて出演者に先に「△△と解く」を言わせ、「その心」でどう辻褄を合わさせるか、というのをやっていた。その時に隠していた「〇〇とかけて」のお題は「女房」であった。出演者の一人が「履き古した靴」と答えたので、先にお題を知らされている観客はザワついた。

出演者はまだ知らないが、それだと、「女房とかけて、履き古した靴と解く」になるから、「心」次第では帰宅してからトラブルに発展しかねなかったりして・・・ (*^_^*)

で、「その心」は、

「どちらも、棄てようと思ってもなかなか棄てられない」というもの。会場は湧いたが、あまりに見事な出来栄えに、私は「出演者は予めお題を知らされていたのでは」と思った。ま、それでもいいんだけど。

靴は、履き込めば履き込むほど自分の足に馴染んでくるもの。仕事とプライベートで分ければ良さそうなものだし、同じ靴を2足用意して交互に履くのがいいんだろうけど、スペースの関係もあって難しい。

少し意味合いが違うが、その昔、百科事典のbPセールスマンが「訪問して、購入しない家は直ぐ判ります。玄関に靴が散らかっている家が百科事典を買うことはありません」と言っていたのも思い出す。

履いている靴や足下周りというのはそれほどに大切で「人を表すもの」ということか・・・。

まあね、今以上に「上」を目指す気も無いので、当面は今の靴を履き続けていこう (*´ω`)



posted by poohpapa at 06:50| Comment(8) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする