2015年11月12日

逃げ足、早っ! (^◇^)

昨日の記事に書いた、国連の特別報告者マオド・ド・ブーア=ブキッキオ(馬鹿女)の「日本の女子生徒の13%が援助交際を経験している」という発言、事実上の取り消し(?)で決着したようだ。

ではあるが、煮え切らない引っ込め方で、日本人としては到底納得できるものではないが ( `ー´)ノ

「13%が援助交際」事実上の撤回 外務省の抗議受け

 日本の女子学生の13%が援助交際を経験していると国連の特別報告者マオド・ド・ブーア・ブキッキオ氏が発言した問題で、菅義偉官房長官は11日の記者会見で、ブキッキオ氏から「数値を裏付ける公的、最近のデータはなく、誤解を招くとの結論に至った」との書簡が日本政府に届いたことを明らかにした。

 書簡は、国連人権高等弁務官事務所を通じて在ジュネーブ国際機関日本政府代表部に届いた。「今後、この数値を使用するつもりはない」とし、国連人権理事会に提出する報告書にも引用しないという。菅氏は「事実上、発言を撤回したものと受け止めている」と述べた。

 ブキッキオ氏は10月下旬の日本記者クラブで会見した際に援助交際について発言。外務省が抗議と撤回を求めていた。
   (朝日新聞デジタル)


「数値を裏付ける公的、最近のデータはなく、誤解を招くとの結論に至った」??、自分がデマを広めようとしたんだろが。「ご迷惑をお掛けしました、の一言くらいねえのか、このババア!」と言いたい

日本政府は明確な「取り消し」回答を求めたほうがいいと思う。でないと、またぞろ「良からぬ噂」だけが世界中で独り歩きし始めるだろう。いわゆる従軍慰安婦問題と一緒で。

日本は、良くも悪くも「大人」で、こんな曖昧な答えであってもこれ以上の追及はしないで済ませるだろうし、今までは「まあまあ、相手も認めてるんだから、ここは相手の気持ちを汲んで・・・」と、それで赦してきたが、この問題ではハッキリと「非を認めさせる」ところまで追い込むべきだろう。

行ってきたばかりだが、ダニには喰われるし、こんなババアもいるし、オランダが好きじゃなくなった。ま、中には「こんな立派な人」もいるけどね。





posted by poohpapa at 06:30| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする