2015年11月25日

企業側の気持ちも解かるわ、これ・・・

いつもの msn.のニュースから、

オワハラ:経験者は20.6% 大学生就活 内閣府調査

 ◇「内々定出す代わりに就活やめるように強要」83.7%

 今年の大学生の就職活動(就活)で、企業が内定を盾に就活を終わらせるよう圧力をかける「就活終われハラスメント(オワハラ)」を受けたとする学生が20.6%に上ることが内閣府の調査で分かった。文部科学省の調査では13.5%だった。専門家は、今年は中小企業の後に大手の面接が始まったことがオワハラの背景にあると指摘している。

 調査は内閣府と文科省がそれぞれ10〜11月に実施。内閣府は学生と大学院生の計約2600人、文科省は同約6200人と大学520校から回答を得た。

 内閣府の調査では、「オワハラ」を受けた経験について、大学生の20.6%が「ある」と回答。内容(選択式の複数回答)は「内々定を出す代わりに就活をやめるように強要された」が83.7%で突出して多かった。以下、「内々定後に懇親会が頻繁に開催され、必ず出席を求められた」(19.7%)▽「内々定後に長時間の研修があり、他社を受けられなくなった」(11.7%)−−の順。

 オワハラを受けた時期は、大手の面接が始まった8月の前半が32.4%で最多だった。

 一方、文科省の調査では、オワハラ経験が「ある」と答えた学生は13.5%で、「ない」は83.4%。

 「マイナビ」HRリサーチ部の石田力課長は、今年は採用活動が長期化したことや、中小企業の後に大手が面接することになったのが影響したと指摘。一方で「オワハラの問題が盛んに報道されて、オワハラと受け止める学生が多かった可能性がある。強要と言えるような行為は、それほどなかったのではないか」と分析している。【高木香奈】



この件では、大学の学生課にも多くの相談が寄せられているとか・・・。

勝手なことを言うな!、である。学生は「権利を侵害された」と言いたいんだろうけど、企業側が内定を出すのに際して「以降の就活をしないよう求める」のは当たり前。ハラスメントなんかじゃない。

これ、我々の商売で言うなら、

何件か部屋を案内して、そのうちの一つの部屋をいちおう気に入ってもらって申し込みが入り、審査も通したのに、そんなことおかまいなしに客がまだ他の不動産屋も廻っているようなもの。時に契約書まで作成していたのに、「ああ、あれ、やめました。他にもっといい部屋が見つかったから」と言われることもあって赦し難い話。違法じゃないからいい、というものではない。信義則違反、ということ。

世間を知らない学生だから権利を守って学生側を保護してあげないと・・・、なんて考え方は間違い。

だいたいが選挙権だって18歳まで引き下げたんだから、20歳を過ぎていながら「自分がどこの会社に就職したいのか」が定まらず、「とにかく内定が欲しい、一社でも内定を出してくれれば安心して他を当たれる」と、内定が出たら恩義も忘れて掌を返す・・・、自分の事だけしか考えないのは情けない。

大学受験の滑り止めじゃあるまいし・・・、である。

この会社に就職したい、という明確な意思を持ち、その会社に必要とされる人材になるよう学生時代に自己を高めていって、的を絞って応募するのが当たり前。内定を出してもらったのに「オワハラを受けた」と文句を言ってるようじゃ使いものにならんだろ。そんな奴、入社後は組合活動に精を出すのが関の山。

「どうせ骨を埋める気もないくせに、下手な鉄砲を撃ちまくってんじゃねえよ!」と言いたくなる。世の中、テメエの都合だけで回ってるワケじゃないんだから。

企業だって、予定を立ててポスト(机)を空けて待っているんだから、内定を出した後でキャンセルされたら辛いもの。新卒採用に関しては企業側もリスクを背負っているのだし、企業側の権利も護るべき。

さして優秀でもない優柔不断な学生が、付け刃で面接の練習をして、それで一流企業の面接官の目を欺けると思っていたら大間違いなん。そんな奴は死ぬまで就職難民を続けていろ、と言いたい。

posted by poohpapa at 06:05| Comment(8) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする