2015年11月28日

物凄い懸賞 (*^_^*)

宇宙旅行ほどではありませんが、通常の「海外旅行が当たる」という懸賞より凄いです。

英国政府観光庁の懸賞で、「究極のボンド体験を獲得しよう」というもの。昨日届いた英国政府観光庁のメルマガにありました。


最新ボンド映画『スペクター』がビッグスクリーンに登場します。イギリスの象徴的な名所や風景が再び活躍しています。イギリスでボンドの故郷の魅力を発見し、ご自身でボンドライフを体験してみてください。イギリスへのボンドスタイルの旅を獲得するには、弊庁の素敵なコンテストにご参加ください。

イギリスでボンドライフを体験するチャンスを獲得しよう

あなたのアドベンチャーには下記のものが含まれます:

• 運転手付きアストン・マーチンで巡るロンドンでの週末
• ロンドン中心部にあるラディソン・ブル・エドワーディアンホテルでの贅沢な滞在
• 歴代ジェームズ・ボンドに会えるマダム・タッソー蝋人形館への貸切訪問



今すぐご応募ください!


とのことで、単なる抽選ではなく「イギリスで体験してみたいこと」のコンテストですね。英国政府観光庁のメルマガは日本だけでなく世界中に送られているでしょうから、年末ジャンボに当選するくらいに確率が低いものと思われますが、独創的な夢があれば是非応募なさってください。

私は・・・、「ハングライダーに乗ってバッキンガム宮殿の女王陛下の寝室のバルコニーに降り立つ」なんですが、やったなら、窓や壁に激突するか、その前に地上から撃墜されそう (*´ω`)


そういえば・・・、一昨日ご紹介した「横峯さくら選手の的当てゲーム」、6000点をクリアして応募を済ませた後もゲームを楽しんでいて、自己記録を更新しました。15540Pになりました。こういう、タイミングを計るゲーム得意なんです。以前は「ゴルゴ13のトランプ」をスロットで154個も当てて、そのうちの100個は友人知人の住所氏名で登録して直接送ってもらっています。

その昔記事にしてますが、ゴルゴの顔が3つ揃えば当たりで、こちらのタイミングで一つずつストップボタンを押します。リーチまでは誰でも届きそうですが、リーチが掛かった後はスピードアップするようで、かなり早く回ってましたね。スロットって、そういうものなんでしょうかね。

そのゴルゴ13のトランプ、プラスチック製で、表にはコミックの名シーンが1枚1枚描かれていて、凄く気に入ってます。今もたまにヤフオクに出ていて、だいたい1000円くらいで出品落札されてますね。うちに在庫がかなりありますが、しばらくは誰にもあげません (^◇^)


posted by poohpapa at 06:12| Comment(2) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

強敵 現る (*^_^*)

以前こちらで紹介した立川で超人気のパン屋さん「Ohana bakery」(オハナ・ベーカリー)、ここんとこ、そんなに並ばなくても買えるようになっていて、それは有り難いんだけど・・・、どうしてか不思議だった。

と言っても、10時半に開店して12時半にはほぼ売り切っているペースは以前と同じだから、味が落ちたとか、売り上げが落ちている、ということは無いと思う。相変わらず美味しいし・・・。

で、うちのがネットを見ていて、「おとうちゃん、今月13日に、栄町に新しいパン屋さんがオープンしていてけっこう評判がいいみたい」と言う・・・。一昨日、ついでがあって久しぶりに車を出したので、うちのとランチがてら行ってきた。ランチは・・・、その近くの幸楽苑のラーメンだったが。

パン屋さんの名前は「パン・パティ アンソロジー」、隣にはドラッグストアも一緒にオープンしていて駐車場も完備している。「LIVING多摩」にもオープン時の詳しい情報が載っていた。

町田が本店で相模原にも店舗があるようだ。立川が3店舗目、ということか。

目移りするぐらい美味しそうなパンが並んでいて、ついつい買いすぎてしまいそう (*´ω`)

とりあえず「やわらか食パン」を3斤と翌日の朝食用に惣菜パンを買って帰った。夕食時に一枚だけ食べてみると・・・、「下町ロケット」のセリフじゃないが、「なんじゃこりゃ〜!」であった。

パンの本当の美味しさは、当然に、何も付けないほうがよく判る。それでも、一口だけ食べたら後はハチミツを付けて食べるつもりだったが・・・、気付いてみたら何も付けないで食べ終えていた。

「やわらか食パン」という名前のとおり、柔らかくてモチモチで、甘みが沁み出てくるからジャムもバターもハチミツも何も要らない。私が何も付けずに食べてしまったものだから、うちのも驚いていた。

立川には美味しいパン屋さんは多い。隣町の国立市にも米粉のパン屋さんがあって、そちらも凄く美味しい。と言うか、立川で美味しいパン屋さんを挙げていったらキリがないほど。その中でも「Ohana bakery」と、新規オープンした「パン・パティ アンソロジー」は群を抜いていると思う。

以前、「Ohana bakery」が立川に誕生するまでは一番人気だった某パン屋さんの話は最近あまり聞かなくなった。味が落ちた、というのではないと思う。強いて言うなら「消費者が飽きてしまった」ということだろうか。上記の2店は「こだわりの製法」を持っているので飽きられたりはしないと思うが。

もしかすると、「Ohana bakery」の開店時間前から並んでいる人たちが多少なりとも「パン・パティ」に流れていて、行列に並ばなくても済むようになったのは、客が分散した、ということかも知れない。今までは早くに売り切れて買えなかった人たちが買えるようになって相変わらず同じ時間に売り切れているとか・・・。それだと話の整合性が無いか・・・。ともかく強力なライバル店が現れたことには違いない。

パン好きな人には解かると思うが、実はこの二つの店舗、パン作りの手法とコンセプトがさほど被っていないので、どちらかの店だけあればいい、ということはないから競合しつつ残っていけるだろう。

私が日頃お世話になっている方たちの中にも「パンが大好き」という方が何人もいらっしゃるので、そのうちお届けしたいと思っている。うちのは「すぐバラ撒きたがる」と呆れているが・・・。

そうだ・・・、ワインの飲み比べみたいに、今度、その2店の食パンの食べ比べをしてみよう。

posted by poohpapa at 05:19| Comment(4) | グルメ・クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする