2016年02月29日

立川警察はクソの役にも立たない ( `ー´)ノ

昨日の夕方、うちのと駅前方面に買い物に行くと、立川駅北口の大きな交差点あたりで物凄い爆音が聞こえてきた。遠くからでも轟いているのが聞こえてきたくらいで、交差点に近づくと、それが整備不良(たぶんワザとそうしている)のオートバイの音だと判った。信号待ちしている大勢の人たちは音の発信源を特定すべくキョロキョロ見回していたが、交通量も半端でなく多く、探すことができなかった。

ようやく、向かい側で信号待ちしているオートバイだと判ったところにたまたま巡査が自転車で通りがかったので、私が「捕まえてよ」と声を掛けたのだが、向かおうとはせずニタニタ笑っている・・・。

向こうは信号待ちしているのだから笛を鳴らしながら駆け付ければ検挙できたと思う。そのうち信号が変わってオートバイは大音響を撒き散らしながら高島屋方向に去ってしまった。一台で暴走族の集団以上の爆音で、それがオートバイのエンジン音だと判明するのに時間が掛かったほど。

巡査が「間に合わない」と判断したとしても、笛を吹くことで「どこかに警察官がいる」ということくらいは認識させられると思う。私が赦せないのは「駆け付けなかった」ことより「笑っていた」こと。

巡査は自転車でその交差点まで来る間に爆音を訊いていたであろうから、もっと早い段階で検挙に向けて動くこともできたと思う。最初から「自分が検挙しよう」という気は無かったと思われる。

いつかどこかで必ず捕まるだろうが、立川警察によって、ではないだろう。

立川警察はこういうことがよくある。「役立たず」「税金泥棒」という言葉は立川市の生活福祉課の職員の為だけの言葉ではなかった ( `ー´)ノ



posted by poohpapa at 06:10| Comment(7) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

北海道新幹線の予約の件・・・

3月26日に開業する北海道新幹線の一番列車、予約が取れなかった。ま、思ったとおり、ではある。そしてまた予想どおり帰路分は取れていた。私は鉄オタではないが、一番列車でなければ乗る意味が無い。なので、せっかく取れたがキャンセルすることにして、うちのに手配を頼んでいたが、一日中「えきねっと」のサイトに繋がらなかったようだ。諦めきれずにしぶとくチャレンジしている人が多い、ということか。実は昨夜の時点で、開業初日の上りの席は午後以降に新函館北斗駅を出る分ならまだ残っていた。

それで、せっかくの機会だから今からでも往きの航空券とホテルが取れるなら「やはり北海道に行こう」と思い直した。当初は「往復の新幹線が取れるなら日帰りして函館で美味しいラーメンを食べて帰る」という贅沢を体験してみようと思っていたが、うちのが「勿体ないから泊まってくれば?」と勧めてくれたこともあり、JCBのザ・クラス・コンシェルジュ・デスクに電話して相談すると・・・、

どちらも直ぐに希望通りに手配してくれた。あっけないほど見事に手際よく予約が完了した。JCBのコンシェルジュ・デスクはいつもとても良い仕事をしてくれる。ザ・クラスのカードを持っていることの優越感は、カードを使う際に提示する時ではなく、コンシェルジュに電話した時にこそ感じられる

で、あまり長くも休めないし、3月は賃貸がメインの不動産屋にとっては繁忙期だが、事前に予定が判っていれば何とか調整はつく。とりあえず、仕事に支障が出ないであろう2泊3日で行くことにした。

24日の木曜日、午後2時くらいまで仕事して、それからバスで羽田に向かい、16時50分発のエア・ドゥ31便で札幌に向かう。ANAとの共同運航便で、どういうワケか、ANAで申し込むのとエア・ドゥで申し込むのとでは料金が違う。ANAを利用すればマイレージも付くが、エア・ドゥのほうが4,000円ほど安いからエア・ドゥを選択。エア・ドゥの運賃は15,490円。新幹線より遥かに安い。

ちなみに新幹線の「東京 ⇔ 新函館北斗」の運賃は普通車で22,890円、グリーン車は30,060円、グランクラスだと38,280円。なので格安航空券はグリーン車のほぼ半額。帰りはそのグリーン車。飛行機でなく鉄道で新函館北斗駅を17時21分に出て東京駅着は21時23分、所要時間は4時間2分。

24日は札幌に泊まる。JCBから「JRタワーホテル日航札幌」と「ホテル・オークラ札幌」を紹介して頂いたのだが、前者は部屋の広さが18.6u、後者は28uでプレミア・ダブル(またはツィン)にアップ・グレードしてもらえて尚且つ朝食付き10,500円、前者は16,700円。迷わずホテル・オークラ札幌を選択。

2泊目の25日は、以前から泊まってみたかった「ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ」を指定した。そちらもスーペリア・ダブル(40u)にアップグレードしてくれて、レイクビューの部屋。そこを一人で使うのだから何とも贅沢。洞爺駅から送迎バスで40分とのことで交通は不便だが、高台の丘から洞爺湖が一望できる。料金は朝食付き30,500円、それに入湯税が150円。それでも安いと思う。

実は、ネットでの評判はあまり芳しくない。「サービスが悪い」との意見が多く見られる。「北海道のホテルのサービスは総じて良くない」という評価はもう半世紀も前から変わっていない話。ホテルのサービスは南に下るにしたがって良くなるようだ。と言うか、本州に渡ればサービスは段違いに良くなるらしい。

それで思い出した。今回の北海道、以前体験した旅行と実によく似たコースなのだ・・・。

43年前の元妻との新婚旅行、である。あの時も、往きは羽田から飛行機で、札幌、登別、洞爺に泊まって、帰りは寝台列車、であった。なんか、「上書きしてこい!」と言われているような・・・ (*^_^*)

札幌には夜の到着になるが、翌日は反対方向の小樽に足を伸ばしてみるのもいいかも。そんなに遠くないし。元々夜はあまり食べないので、朝食のホテルのバイキングはガッツリ食べて、ランチだけ奮発しよう。と言っても海鮮モノは苦手なので、一食1,000円もあれば足りてしまうが・・・。

本当は1ヶ月後でなく今すぐ旅に出たい心境だが、ま、しかたない。今、もの凄く憤慨していることがあって、今それを書くとあちこちに弊害が出るから書かないが、そのうち洗い浚い書くつもりでいる。



posted by poohpapa at 06:34| Comment(6) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

「熊本の名校長・最後の授業」

予定を超えて3日続けての手抜き記事、

YouTubeで見つけた「ちょっと感動的な動画」、と言っても、文章がスクロールされるだけだけど、

「熊本の名校長・最後の授業」 大畑誠也

「大畑誠也」というのは校長先生のお名前。とても立派な教育者でいらっしゃるのが伝わってくる。ただ言葉だけで「親を大切にしなさい」と言っても右から左、こうして伝えれば一生記憶に残る。

私も一度だけ母親の手を引いて歩いたことがある。中学の卒業間際の三者面談に来てもらった時である。小学校まではよく授業参観にも来てもらっていたが、中学からは入学式も授業参観も、そして卒業式にも来てもらわなかった。小学校の卒業式、私が答辞を読むのに、それでも来てもらわなかった。

なぜなら・・・、

お袋は、晴れの席で着られるような服が無かったから。それと、間接リュウマチで歩行が難儀だったからである。それでも、進路を決める三者面談には来てもらわないワケにもいかず、タクシー代も無く・・・。

三者面談を終えて3階の教室から非常口の薄暗い階段を使って下りる時、お袋の手を引いた記憶がある。中学と家までは徒歩30分くらい。ゆっくりゆっくり歩いた。家に帰ってから、「ありがとな、今日は嬉しかった」と言われた。本当に嬉しそうな顔をしていた。私が一生のうちでお袋に優しくしたのはその時くらいかも。

あ・・・、あと、小学4年の時に(裕福な)友だちの家に遊びに行って饅頭を出されて、自分では食べずに、友だちのお母さんに「おかあちゃんが饅頭が好きだからボクの分、持って帰っていいですか?」と言って、頂いて帰ったことがある。後で友だちが家に残っている饅頭を全部届けてくれた。私が帰った後で「アイツんち、凄く貧乏なんだよ」と言ってくれたんだろう。今なら恥ずかしくて出来ない話 (*´ω`)

でも待てよ・・・、私なら今でもやるかも・・・。「これ、うちのノルンが好きなんで・・・」

posted by poohpapa at 06:17| Comment(10) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

中東で何が起きているか

昨日に引き続き、ダイヤモンド・オンラインの記事をリンクさせて頂く (*´ω`)

第2次大戦前夜にそっくり!米国離れが加速する世界情勢

はっきり言って、第二次大戦前夜にアメリカ離れが加速していた、なんて事実は無かったのだから、記事の題名はおかしいのだが、記事の内容そのものは正しいと思う。中東での戦争の原因などについて詳しく書かれていて、概ね同意できるもの。

私は以前から世界で起きている紛争の原因の大半は国連の常任理事国、とくにアメリカの利権絡み、それも石油が原因で引き起こされているもの、と思っている。もっと言えば、アメリカこそが世界中の紛争の諸悪の根源、くらいに思っている。そこにそれぞれの大国の思惑が絡んで別の勢力を裏で支援する国があるから話はややこしくなるし、いつまで経っても平和なんて訪れない。

そうであっても、日本はアメリカの同盟国という選択肢しか無いのが現状。ただし、何度も書いているが、アメリカは国益が最優先の国で義理も人情も無いからいつかは日本を見捨てたり裏切ったりするだろう。日本はいつまでもアメリカを当てにせず、いつ裏切られてもいいように準備をしておく必要がある。欧米や中韓がどんなイチャモンを付けてきても、日本は「自分の国は自分で護れる」国にしておく必要がある、ということ。

3.11の際の「お友だち作戦」はとても有り難いものだったが、それだけで信用してはならないもの。

そのうち「日本ももっと多くの難民を受け入れろ」とか各国から圧力を掛けられるだろうけど、先に「責任を取らなければいけない国」が受け入れるべき。日本が難民を受け入れたなら国が傾きかねないし、中東の人が難民として祖国を遠く離れた日本にやって来て日本の習慣に馴染めるのか、という不安もある。そもそも日本という国はそういう受け入れ態勢が(国防と同じく)整っていない。

国と国の話だけでなく、個人間でも、「人は変わるし人は裏切る」もの。「未来永劫仲良し」なんて友人は少ないものだろう。私自身は、多くの(けっして裏切らないであろう)友人に恵まれているけど・・・。

話が変わって、日本では選挙権が18歳まで引き下げられたが、私はそれは失敗だと思っている。だいいち、それならば「成人は18歳」でいいことになる。むしろ逆に、選挙権は或る程度の人生経験を積んだ25歳くらいに引き上げたほうが良かったくらい。或いは、昔のように納税額で決めてもいい。消費税は別にして1円も税金を納めていない者と、多額の税金を納めている者と、発言の機会とも言える投票権が同じ一票というのは平等ではあるが公平ではない。などと言うと、「弱者を見捨てろ、と言うのか!」と反発する人もいるだろうけど。この国は戦争ではなく福祉(過剰な人権)で崩壊する、と私は思っている。


一方、私が「日本で暮らす外国出身のタレントの中で最も好きで尊敬している」フィフィさんが、ご自身のブログで「サウジアラビアとイラン何が起きてるの?」という内容を発信している。今年の1月8日の記事だが、更新頻度が少ないもので気付いたのは一昨日。日本人が誤解しがちなイスラム教のこと、中東で起きている紛争などについて、とても解かりやすく書いてくださっている。まさに、目から鱗、である。

最初のダイヤモンド・オンラインの記事で解かりにくかった人、フィフィさんの記事でなら理解できると思う。それでも理解できなければ・・・、小学校からやり直すしかない、ほんと (*^_^*)



 コメントを頂いても返信にはお時間を頂くかも知れません。どうぞご了解ください m(_)m



posted by poohpapa at 07:30| Comment(2) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

老後の生き方について、非常に参考になる記事のご紹介

昨日は定休日ではあったが、会社の固定電話に掛かってきた電話を私の携帯に転送するよう設定してあるのでいろんな電話が入ってきた。2月に入ってからは水曜日でも5件は仕事の電話が入る。休みだからといって留守番電話にしておくワケにもいかない。空室の問い合わせには直ぐに対応したいし・・・。

うちが定休日なのは私の勝手な事情であって相手には関係ない話だからしかたない。なので、正直、2月は休んだような気がしていない。一人でやってる分、気楽でもあり辛くもある。ま、チャラなんだろう。

と、先に言い訳をしておいて、疲れ気味なので今日明日はリンクによる手抜き記事を・・・ (*´ω`)

ネットで、「なるほどなあ・・・」という記事を見かけたので紹介したい。とても参考になる・・・、いや、参考にしなければならない人も(私だけでなく他にも)いることだろう (*^_^*)


「ダイヤモンド・オンライン 」の神野正史記者による記事で、

優秀な人間が『老害』になる理由とは?歴史に学ぶ「慢心」 という記事。

長いし全文コピペするのは問題があるかも知れないのでリンクを貼らせて頂いて逃げることに(おい)

具体的な例(史実、人物)を挙げてとても解かりやすく書いている。とくに大企業の重役、そのうちの顧問とか相談役といった人たちに読んでもらいたい記事だし、我々一般の年寄りにも参考になると思う。



posted by poohpapa at 05:56| Comment(6) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

Amazon prime service の年会費へのクレーム

ほとんど詐欺では?

昨日、JCBの引き落とし明細を見ていて、身に覚えのない請求を見つけた。

Amazon prime service 3900円、とある。私はカードを使った際に(使いすぎないよう)全て記録を取っていて常にチェックしている。利用日は2月19日とのことなので、たかだか4日前の買い物。いろいろ記憶を辿っても、その日に Amazon で買い物した心当たりは全く無く、「いよいよ惚けが入ってきたか」と心配になってきた。最近はテレビを観ていてもタレントの名前が出てこなくて、半日くらいしてようやく「ああ、米倉涼子だったか」と思い出すほど。昔はクイズ番組で問題を読み終える前に答えが出たのに、今は数日遅れで突然にタレントの名前が出てくることもある。ただし苗字は出ても下の名前が出るのにさらに半日・・・。若い頃の頭の回転速度が1000mb/s だとすると、今は0.1mb/s くらいのもの 💧

Amazon からの発送手続きのメールも決済が終わるまで保管しているが記録に無い。先ずJCBに問い合わせると、「Amazon prime service の年会費」だと判明。365日24時間受付という問い合わせ先の電話番号も教えて頂いた。JCB、なんか、その件の受け答えが慣れている・・・ (^◇^)

Amazon に電話すると最初にメーセージが流れてきた。「ご請求の3900円は Amazon prime service の年会費です」とのこと。通常、初めに流れてくるのは「ご用件によってお繋ぎする部署が分かれておりますので、これから流れるガイダンスに従ってダイヤルボタンを・・・」とかであるハズ。それが「3900円の説明から入る」ということは、それくらいに多くのクレームが寄せられている表れではないか。

Amazon prime service というのは「お急ぎ便」(当日便)などのサービスが受けられるもので、1月にお試し無料、とのことで映画のDVDを注文していて、1ヶ月後には自動的に会員登録されたようだ。

だが、そんな説明はなかった。解除してくれることにはなったが、ほとんど詐欺、百歩譲っても、説明不足であることは間違いないだろう。なんでも、最初にお試し無料を利用した後の利用状況によって返金額も変わってくるとかで、私の場合は全額が戻ることにはなったが、これは相当に物議を醸しそう。

「気が付かなければ儲けもの」という姿勢は以前記事にした日本少額短期保険の不誠実さとよく似ている。天下の Amazon が、そんな詐欺もどきの手法を使うのは感心しない。後で検索してみたら私と同じような苦情の記事が出るわ出るわ。好調な業績の上に胡坐をかいていると、そのうち会社が傾くと思うのだが・・・。



 すみません、溜まっておりますコメントの返信、ガストのモーニングから帰りましたらゆっくり書かせて頂きます、どうぞご了解ください。あ、先に、くらまさん、宜しくお願いします (詳しくは後ほど)


posted by poohpapa at 05:23| Comment(8) | 出入りの業者、各種営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

今に始まったワケではない「たましん」の失態

昨日の Business Journal の記事で、

あの超名門金融機関、会長が暴力団の葬儀出席、不正・暴力事件・内紛、金融庁ですら敬遠

というものがあった。一昨年から「たましん」の会長と暴力団との付き合いは問題になっていた。一緒にゴルフをしたり、暴力団組長の葬儀にも参列していたようだ。裏で「暴力団に何か依頼している」としたら怖い。だいいち、利用者からすれば、見出しにあるような「超名門金融機関」ではないような・・・。

よく行く本店の店頭には、たしか「ストップ・ザ・暴力団」みたいなステッカーも貼ってあったような・・・、気のせいだったかなあ・・・ (ぷっ)

以前「たましん」の本店の窓口でも課長に直接伝えたが、私は「たましん」が大嫌いである。

15年ほど前の年の瀬、渉外係がうちの店にやってきて「どうしても新規の定期預金を取らないと店に帰れません。印鑑をお持ちでなければ私が買ってきます」とまで言い、一旦は帰ったが当社の閉店間際に再びやってきた。泣かんばかりの様子に、「申し訳ないけど、職員をそこまで追い詰めるような信金に定期預金なんかできません。それに、そんなのはそちらの事情で私には関係ありません」と突っぱねた。

逆の立場で、「融資してもらえないと会社が潰れます。お願いします、100万でも200万でも・・・」と私が懇願したとして、「分かりました、では100万なら・・・」と「たましん」が言うだろうか。テレビドラマの「半沢直樹」ではないが、きっと、すがる私を蹴飛ばすようにして去っていくことだろう。

現実に経験している。4年前、今の家を買う時、市が金利の半分を負担する制度があって「たましん」に融資の相談に行った。家を紹介してくれたのは筋向いのDホームである。うちは無借金なので金融機関とはどことも付き合いが無い。自分では「借金をしていないことが信用に繋がる」と思い込んでいて、そうではなく、借金をして、ちゃんと約束通り月々の返済をしている、ということが信用、それを積み重ねることで融資額も伸びていくもの、と初めて知った。で、申し込みの相談に窓口に行った数日後・・・、

「たましん」のDホームの担当者がDホームを訪れ、「あちらには融資してもせいぜい250万ですね」、と言ったんだとか。Dホームの社長とは仲がいいし、うちの決算資料まで渡して預けてあるから、べつに内情を知られても問題はない。と言うか、もう知られている。「たましん」のDホームの担当が言ったことは間違いでなく、私も「まあ、そんなモンだろうな」と思える。だが、言うなればDホームとは仲良くしていても商売敵である。そこに出掛けてそういうことを伝えるのが間違い、ということ。たとえDホームの社長が「融資の件は進みそうか」と訊いていたとしても、である。

さらにその数日後、融資担当から「正式に申し込みますか?」と問い合わせの電話があったが断った。たとえ金利が安くなっても、客を「常に上から目線で見ている」ような金融機関からは借りたくない。そして結果的に、今の立川市のお世話になんかならないで良かった、とも思う。

結局、住宅ローンは三井住友系の住宅ローン専門の会社にお願いすることになった。以前も書いたが、その時の担当者のSさん、私が名刺を出したら「もしかして、住宅新報にコラムを連載していませんか?」と訊き、「しています」と答えたら、「当社で購読していて、いつも読ませてもらっています。でしたらこのローン、必ず通させてもらいます」と言って、変則的な形でローンを通してくださった。そのことで、「たましん」は冷淡で、住宅ローン専門会社の担当者にはハートがある、と判る。金利は高くてもそういうお付き合いは大切にしたいと思う。もちろん、一度も滞納などしていない (^◇^)

まだある。これも15年以上前のことだが、渉外担当がうちの店に寄って、カバンの中身をひっくり返した。中から出てきた書類は、うちの店の通帳の入出金記録を印刷したものであった。「そんなものをふだんから持ち歩いていていいのか」と問い質したら、「いえ、これは、その・・・、あの・・・」と口籠った。

たまたまふだんは行かない恋ヶ窪支店で、毎月の管理家賃の振り込みをしようとして窓口で個別に10件ほどの「引き出し」を依頼したら、小さな盆の上に袋が閉じられてない状態で積み重ねられた袋の山で渡されて、受け取る時に僅かな揺れで小銭が床に零れ落ちてしまった。きっと、300万ものカネを窓口に(預金でなく)引き出しに来た面倒臭い客と思われていて、嫌がらせをされたんだろう。その時チラッと女子職員の顔を見たら表情ひとつ変えていなかったし、もちろん「お客様、大丈夫ですか?」などという言葉も無かったから。内心では「ザマア見ろ!」と思っていたことだろう、それは間違いなく。

「たましん」の職員は総じて傲慢である。地元で長く続いている優良企業、そこに勤めている自分はエリート、とでも思っているんだろう。都銀でもなく地銀でもなく、格付けではその下なのに ( `ー´)ノ

少なくとも「たましん」の幹部は皆、自分たちの職責とか地域の中での役割や立場というものを勘違いしているのではなかろうか。企業の役員だからと言って偉くはない。そんなのは「その企業の中でだけ」の話だが。

私が信用しない(信用してはならない、と思っている)五つのモノ、「警察、学校、銀行、マスコミ、お上」の中に、当然に「たましん」も含まれる。




posted by poohpapa at 07:30| Comment(8) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

他人が口を挟む問題じゃないのかも知れないけど・・・

先月31日、イスラム国によって殺害されたジャーナリスト後藤健二氏の一周忌法要が行われていて、その4日後に義父の石堂行夫氏(後藤氏の実母の再婚相手)が出入国管理法違反幇助の疑いで逮捕されたようだ。そのニュースの前半部分に私は引っ掛かっている。余計なお世話かも知れないが、

後藤氏の法要が営まれたのは、府中市にある慈恵院というお寺。地元の人なら良く知っていることだが、慈恵院は元々が日本で最大級のペットの葬儀場、霊園である。実は、私が義父母と一緒に14年間暮らしていた二世帯住宅(前妻の実家)とは目と鼻の先である。なので、うちが引き取って育てていたシーズー犬も、その子供も、数年前に事故に遭い大怪我を負って亡くなった猫の葬儀(荼毘に付した)のもその慈恵院でお願いしている。慈恵院は動物病院と提携していて近隣ならペットの遺体を車で巡回して引き取りに来てくれる。

私が住んでいた頃は路線バスで武蔵小金井⇔府中を移動すると「次は浅間町、犬猫霊園の慈恵院入口です」というアナウンスが流れていたくらいで・・・、「愛犬や愛猫と一緒に眠りたい」という飼主の要望が寄せられたことで人間のご先祖供養も始めたとのこと。ペットのお墓は2000基、人間の檀家も100家ほどあるとか。後藤氏が「そう望んでいた」のかも知れないが・・・、それにしても「なんで?」である。

だいいち、後藤氏はクリスチャンだったハズ・・・。やはり本人の意思とは関係ないんじゃなかろうか。こういう時、遺族は「本人が喜んでくれるような法要」を考えるものじゃないんだろうか。

後藤氏の母親、そもそも後藤氏がイスラム国に拘束された際、会見で我が子の救出を訴えるだけでなく、脱線して、この時とばかりに反原発について語り始めたりしていて、凄い違和感を覚えたものである。だから今回のニュースでも「なんか変・・・」と思ってしまったのかも知れないが。

このお寺には既に、後藤氏の遺骨が戻って来た時に備え、ロッカー式のお墓が用意されているそうで、現在は(誰のペットか不明だが)犬のお骨が入っているとか。慈恵院側も、あれだけ注目を浴びた人物の法要を動物供養を中心としているところでやっていいものか石堂夫妻に相談したようだが、母親の強い希望で執り行われたようである。何を考えているんだろう・・・。

今生きている人間の自己満足で決めてしまったら本人が気の毒。そうでなくても「後藤氏の死は無駄死」だと私は思っているし、この母親から産まれてなければ死なずに済んだのかも・・・、と思ってしまう。

慈恵院に対しても言いたい。慈恵院、以前のようにペット専用であったほうが良かったのではなかろうか。人間の墓にペットの遺骨を入れるのは逆に許されていないし「ペットと一緒に眠りたい」という飼主がいるのも事実で、その気持ちは私にも痛いほど解かる。だが、そういう需要が多く寄せられていたとしても、「ペットは大切な家族の一員ではあるけど、どんなに可愛くても人間と一緒にしてはならないもの」でもあると思うから。



posted by poohpapa at 06:15| Comment(8) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

こんな贅沢な申込みをしてみた

3月26日に北海道新幹線(東京〜新函館北斗)が開業になる。うちのが「えきねっと」の会員で、2月26日からの予約開始の1週間前から申し込みを受けてもらえるので19日に一番電車を申し込んだ。

ただし、ネット会員の予約開始日ではあったが、うっかりしていて9時20分頃に申し込んだのでたぶん取れてないと思う。19日は早朝5時半から受け付けていたようだ。結果は26日に判明する。

往きは6時32分の東京駅始発(はやぶさ1号)を「グランクラス」で、帰りは新函館北斗駅を17時21分発のはやぶさ34号をグリーン車で申し込んだ。つまり、北海道まで電車で日帰り、である。なんでそんな無茶をするのかと言うと、夏の海外旅行が諸般の事情で中止になってしまったのと、ここんとこ仕事上のストレス続きで、そんなことでパァ〜っと羽目でも外さなければやってられないから、である。

もしも取れれば函館まで往復新幹線で日帰りして、函館では美味しいラーメンでも食べてこよう。JCBザ・クラスの特典で二人以上で行けば一人分がタダになるグルメ・ベネフィットを使って、誰か北海道の読み手さんでも誘って極上のランチを頂くのもアリかな・・・、と思ってJCBの資料を見たら・・・、

函館では「酒肴菜友 じょっぱり」という割烹しかないみたい。しかもランチのコースはなくて・・・。写真で見る限り「お造り」や「刺身」がウリみたいで、グルメ・ベネフィット指定のコース料理(一人前10000円)だと、どのみち私が食べられるものはあまり無さそう・・・。 やっぱりラーメンでいいや💧

新幹線で日帰りして函館でラーメンを一杯食べて帰ってくる・・・、なんとも贅沢ではないか (^◇^)

うちのは「せっかくだから一泊でも二泊でもしてくれば?」と言うが、臨時休業だからそうもいかない。だいいち今からではホテルの予約も取れないだろうし、新幹線が取れるかどうかも不明だから無理。

などと考えるのは楽しいが、始発の予約は取れないと思う。北陸新幹線開業の時には予約開始25秒で満席になったそうだから、おそらくは始発切符は2月26日には一枚も残っていないのではなかろうか。先行予約の「えきねっと」分と通常の予約分とで席を割り振っているのかも知れないが・・・。

これ、往きが取れなくて帰りが取れる可能性は最も高い。始発に乗らなければ意味が無いので、その場合は帰路の分は数百円のキャンセル料を払って諦めることになる。もし取れたなら行くが、私にとっては「北海道新幹線の開業日の始発をグランクラスで申し込んだ」という事実が今後の語り草になる。

ま、北海道には行けなくても、4月29日には田舎で中学の同窓会に出るからそれでもいいや (*´ω`)

posted by poohpapa at 07:00| Comment(6) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

深大寺を彷徨うこと1時間20分

調布の深大寺にあるテラスハウスの家主さんからお電話があった。その物件は2室連棟のテラスハウスで、ふだんから大変お世話になっている家主さんと同じ(全国的には少ないが地元では名士の)ご苗字で、遠い親戚にあたるようだ。家主さんは私より若干年長で気さくなお方。電話のご用件は・・・、

「最初から入っていた家族が退去したので、そちらで募集をしてもらえないか」ということ。ご縁があって、もう一つの部屋は当社で管理させて頂いている。空いた部屋は以前は別の不動産会社で管理していたようだが今回は私にご用命を頂いた。前入居者は内装屋さんだったので退去時に自身でキレイに原状回復して明け渡している。新たにエアコンを2基設置することになり、工事が完了するのを待って写真を撮りに伺った。

いつも更新契約の書類などは郵送で済ませていて、前回伺ったのは数年前。前述の同じご苗字の家主さんの駐車場に車を停めさせて頂いて、そこから徒歩で伺った。わりと近所で、調布北高校とドン・キホーテの裏側、徒歩5分くらいで行けるハズだったのだが・・・、掛かった時間は1時間20分・・・。

実は似たような住宅がたくさん並んでいる地域で、そちらの家主さん宅に伺う際に目印にしている物が有ったのだが・・・、それが消えていた。目印は、住宅街には似つかわしくない自動販売機だった。

おかしいな・・・、と思いながら進んでいるうちに、いろんな角を曲がったりしてずいぶん遠くまで行ってしまったようだ。私は元々が不動産屋にあるまじき方向音痴だから、そうなるともう抜け出せない。途中、消防署に寄って教えてもらい、その通りに進んだつもりだが迷った。次に郵便局で教えてもらい、ようやく辿り着いた時には約束の時間を大幅に過ぎていて、電話しておいたので家主さんがご自宅の前で待っていてくださった。

どうにか明るいうちに写真撮影を終えたので今日にでも広告を出したい。あの場所で4DKで家賃が13万で駐車場は無料。2台停めることも可能だから相場より凄く安い。きっと直ぐに決まると思う。

駐車場に戻ると、いつもの家主さんから車の窓に「帰りに声を掛けてください」とのメモが・・・。「ん?、オレ、何かしくじったかな・・・」と思いながら伺うと、奥様が皮を剥いた文旦と、高級な漬物を一緒に用意していてくださった。「容器は返さなくていいですから」とも・・・。有り難く頂戴して帰路につく。1時間20分も歩いたのにさほど疲れを感じないのは、お二人の家主さんの優しさに接したからだろう。

それにしても不思議である。そのお二人の家主さんの物件は調布であって、うちの店は立川だから、車で行っても50分くらいは掛かる。しかも大手ではなく細々と一人でやっている不動産屋なのに、どうしてそんなに離れた、しかも明日消えていても不思議はないような不動産屋に任せてくださるのか・・・。

きっかけは別にして、たぶん相性が一番大きいかな、と思う。二人の家主さんに共通して言えるのは、ふだんから不動産屋の苦労をよく解かっていてくださる、ということ。下請け業者にまで気を遣ってくださるから、そうなると私のほうも「お役に立ちたい」と思うもの。それが良く回転しているんだろう。

さすがに昨晩は早く寝て、朝までグッスリ。心地よい疲れではあった (*´ω`)


posted by poohpapa at 06:20| Comment(2) | 家主さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

昨日から見た明日(今日)の話

今日は二つの節目の日、

一つは、このブログが開設されて丸12年の記念日。もう一つは後日書かせて頂きたい。

今までに書いた記事数が4,468話、で、休んでいた期間や閏年もあるが、一日1.02話になる。ほぼ毎日の更新で、そして今現在、頂いたコメントが11,089件。毎日1,000話以上が読まれていて・・・、

ここまで続けられたのも読み手さんからたくさんの励ましを頂いたから、それは間違いなく・・・。直接お会いして食事したり、海外旅行にまでご一緒したり、電話で話したりコメントやメールでやり取りさせて頂いたり、通信は無くても毎日訪問して頂いたり、部屋探しさせて頂いた方もいらっしゃって、それは、ブログが「ご縁」の窓口になっている、ということで、私にとっては凄く幸せなこと。とくに、読み手さんと海外旅行までご一緒した経験のあるブロガー、そうはいないと思える。

ブログを通じていろんな出会いと別れがあったし、嬉しいことも嫌なこともあったから「おしなべてチャラ」だと言えそう。それでも、続けていて良かった、と心から思える。昨日の記事の Cyber みたいに「良い出会い」から始まって「最悪の別れ」で終わったこともあるけど。

そういえば、昔はよく見かけたキリ番プレゼントなんかを今でもやってるのはこのブログくらいかも知れない。しかも賞品がそこそこだし・・・(エヘン!)。だいたいが5千円相当の菓子折で、1万コメントの時はたまたまオークションで落札した南洋真珠のピアスだったし、わりと気前よく出しているほうかと思う。

次は6,666,666かな。(意味は無いけど)アクセス数を都道府県別人口で比較すると、6位の千葉県を抜いていて、数字的には千葉県民全員が一度はこのブログを読んでくださった計算になる。次の目標は4位の愛知県7,460,529(人)、そこまでは続けていたいと思う。とくに意味はないけど。

私が誇りに思えるのは、続けてこられたことより、嫌がらせなどの悪意のコメントを除いて全てのコメントに返信している、ということ。コメントはいろんな方から寄せられるが返信するのは私一人だから。今も多くの方にご訪問頂いているのは、そのあたりを皆さんが酌み取っていてくださるから、だと思う。

立川支部の役員の中には私の名前が出ると、「ああ、ブログの人ね」と冷ややかに見下す人もいるみたい。人それぞれに向き不向きがあるから「ブログをやっているのが偉い」とは言えないものだけど、そんなふうに人を見下せる人物が「どれだけの取り柄を持っていて、どれだけ社会や業界に貢献しているか」は甚だ疑わしいと思う。少なくとも、11,000件のコメント全てに対してちゃんと返信するようなことは、その人物には出来ないことだろう。軽薄で碌な不動産屋じゃないのは容易に想像できる。

以前から愚痴を零しているが、ブログ草創期からのブログ仲間さんがブログを閉鎖なさったり、更新が滞っていたりするのは何より寂しい。ブログをやめても読めるように残しておいて頂けると嬉しいんだけど、なかなかそうもいかない事情があるんだろう・・・。ブログはやめても今もお付き合いが続いている人もいるけど。

その頃からほぼ毎日記事を更新していてコメントにちゃんと返信しているのは私の知る限り「たなぼた」さんくらい。もちろん、私とお付き合いのある範囲で、ということだけど・・・。その「たなぼた」さん、私より一足先に、先日12周年を迎えられた。これからは「たなぼた」さんを蹴落として目標にして続けていこう。


 今までのお付き合いに心から感謝申し上げます。今後ともどうぞよろしくお願いします。


posted by poohpapa at 06:42| Comment(19) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

昨日と明日、の、昨日の話

昨日と明日は、当社にとって、ある意味「区切りの日」である。その、「昨日」の話、

一年前の昨日は、Cyber の孤独死を発見した日。後片付けも大変だったしいろんなトラブルにも見舞われた。死んでまであちこちに迷惑を掛けるんだから「生きている価値」など無かった人物だと思う。「死人に口なし」ではあるが、私が今まで知り合った人間の中で五指に入る最低のクズだった。

勝手な価値観でデマや悪口を撒き散らし、傷つけられた人は大勢いる。私が Cyber から300万円もの借金をして踏み倒して逃げている、という話を信じていた人も何人かいて、息をするように嘘をつく。

私のことだけでなく、人を「詐欺師だ」と言って裁判を起こしたり、警察に「逮捕しろ」と捻じ込んだり、金融機関に「全額一括で返還してもらえ」とわざわざ言いに行ったりしている。正真正銘の気違い、サイコパスだった。全く相反する二つの顔を持ち、良好な関係を保っている人物に対してはとても紳士的で、そういう人、つまり別の一面を知らない人からは嫌われてはいなかった反面、特定の人物を攻撃したり執拗な嫌がらせを重ねることで自身の存在感を確認しながら生きている・・・。

「自分は誰より頭が良くて何でもよく知っていて、自分以外はみんなバカ」と思っていたようだ。人と話す時は常に上から目線でモノを言う。それはまさにサイコパスの特徴(症状)である。

誰かを潰そうとしては失敗し、最後の対象が私だった。もちろんそれも失敗している。それでも、私なんかはまだいいほう。家主さんや親族の方はもっと辛い思いをしている。被害者は人間だけに止まらない。飼われていた猫は飼主が冷たくなった部屋で1ヶ月半もの間、餌も清潔な飲み水も無い状態で生き延びていた。自分の命が消えそうなのは解かっていただろうから何も手を打たないのは無責任の極み。その結果、一番嫌っていた私の世話になるのだから「何をかいわんや」で、実に情けない話である。

仮に自分の攻撃目標が死んだら、新たに別の攻撃目標を定めて徹底的に嫌がらせをするだけ。死んでも、親族と職務上しかたなく立ち会った私以外は誰一人として焼香になど訪れない。つまり、友人はいなかった、ということ。だいいち、自宅で仕事している自営業で、連絡が取れなくなった1ヶ月半の間、どこからも「連絡がつかなくて困っているのですが・・・」という問い合わせが入らないのが不思議だった。つまりは誰からも必要とされてなかった人物で、もしかしたら、餌と水やりは別として、飼猫からも慕われてなかったかも、と思う。

私が今までに、「死んでくれて良かった・・・」とホッとした二人の人物のうちの一人である。もう一人は、いつか記事をアップしたいと思っていて、実は下書きは既に出来ている。商売絡みの人物である。「死んでくれたら嬉しい」と思っている人間なら今も何人かいるし、お互いさまかも知れないけど・・・。

私は、生きている時に大嫌いだった人間が死んだからと言って評価を替えたりはしない。「惜しい人を亡くしました」などという嘘はつけない。Cyber が死んでホッとしている人間は他にもたくさんいるだろう。

さて、先日立ち退かせた男の事後処理を進めなければならないし、今週は何かと忙しい・・・。




posted by poohpapa at 05:59| Comment(6) | 嫌な客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

立川市の新規の生活保護のお客様を断った 2

昨日、30代半ばくらいの男性が部屋探しで来店した。見るからに純朴な感じの人で、雰囲気で、すぐに生活保護の人だと判った。

店に入るなり、小さな声で「お願いします」とだけ言い、「どんなお部屋をお探しですか?」と訊くと「私が入る部屋です」とのこと。まあ、そりゃあそうだろう。「予算はいくらですか?、場所はこの近辺で、ですか?」と訊くと、「5万くらいで・・・、有りますか?」とのこと。そこまで言って、「喉が渇いているので水を頂けますか?」と訊く。それも珍しい、と言うか、初めてのこと。こちらから「缶珈琲かコーラ、サイダー、何になさいますか?」と訊くことはあっても、お客さんのほうから(たとえ水であっても)「飲み物が欲しい」と言われたことは無い。うちは喫茶店じゃないし。とりあえず、冷蔵庫から水を出して差し上げた。

水をくれ=生活保護、ということではないが、ふつうは遠慮するものであって、喉が渇いているなら向かいのコンビニで何か好きな飲み物を買えば良さそうなもの。素直で正直、そこが尋常とは違う、と思えたから生活保護のお客さんだと確信した。ではあっても、その時点ではこちらから「生活保護?」とは訊けない。話の流れで向こうから言い出すのを待つしかない。

続けて、「ここではタバコは吸えないんですか?」とも訊く。どこまでも正直である。「この店の中はタバコを吸えないようにしてます」と答えると、「僕はタバコが大好きなんで・・・」と寂しそうに笑う。

私はタバコが嫌いなので愛煙家には優しくない。タバコが嫌い、というより愛煙家が嫌いなのだ。「僅かな時間なのだから嫌煙家のほうに合わせて我慢しろよ」と言いたくなる。部屋探しでも飲食店でも同じである。居酒屋は別として、誰かとレストランや喫茶店に入る際、サッサと当たり前のように喫煙席に行く相手とは付き合えない。「喫煙席でもいいですか?」と訊いてくれればタバコの煙も我慢はするが、当然のように喫煙席に行かれると人間性を疑ってしまう。嫌煙家にとって洋服にタバコの臭いが付くのは我慢できないことなのに。

その青年、相当なヘビースモーカーのようだ。ここで素朴な疑問が湧く・・・。生活保護者がタバコを嗜んでも問題は無いと思うけど、一般的な一日の本数を超えて吸うとしたら、「他を削ってタバコに充てているんだから問題ないだろう」と言えるかどうか、ということである。ギャンブルと同じ、である。「絶対やめろ!」とまでは言わないが、「税金でお世話になっている」という認識くらい持ち合わせて、節度はあって然り、だと思うのだ。タバコのために削れるものがあるなら保護費は少なくてもいいのだし。最低限の暮らしを保証する以上に出すのは過保護で、自分で頑張っている人への逆差別ではないか、ということ。

ま、そのことには触れずに、「ごめんね、うちは(こういう理由で)立川市と武蔵村山市の新規の生活保護の人の部屋探しはしないことにしているので・・・」と言うと、「市の対応はヒドイですね」と言って目が潤んできた。こういう人の部屋探しをしないのは気が引けるし、うちにとって5万の手数料収入は大きいが、そこでポリシーを曲げたら「なし崩し」になるから曲げない。

お客さんに、「うちでは探せないけど、親切に対応してくれる業者さんがあるから紹介しようか?」と言うと、「いいえ、自分で当たってみますから大丈夫です」とのこと。

ついでに、こうアドバイスをした。「部屋探しをする際、不動産屋に最初から『僕はタバコを吸います』なんて言わないほうがいいよ。そんなことをイチイチ言うとヘビースモーカーだと思われて火事の心配なんかされて審査が下りなくなることもあるよ。喫煙者お断り、というアパートもあるけど、入居してからタバコを吸うのは原則的に自由なんだから」、と。仮にタバコを吸える不動産屋の事務所であっても、わざわざ言わなくてもいい事、である。真面目そうな青年だから、いい部屋に出会えたなら私も嬉しい。

寂しそうに出て行こうとするので、「水でなくて、何か他の飲み物を持って行く?」と声を掛けると、「いいんですか?、さっき水も貰ったのに・・・」と躊躇う。「いいんだよ、うちで部屋探ししてあげられないお詫びだから、ごめんね」と言うと、嬉しそうに缶珈琲を受け取って出て行った。

うちの店では、これからずっと、こんなことが繰り返されることだろう・・・。

後で顧客カードを見てみたら・・・、他の市からの転入だった。立川市の生活保護がまた増えたようだ。


posted by poohpapa at 05:39| Comment(12) | うちの会社、社長、同僚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

昨日は長〜い一日だった・・・

一昨日の夏日から、昨日は雪がちらつく天気にまで気温が急降下。2日間の温度差ということでは過去最高かと思われるくらいで、日中は、たぶん20℃くらいの開きがあったかと・・・。

9時半に外国籍(中韓ではないアジア)の方の案内をすることになっていたが、紹介するつもりだった物件の管理会社の方から(差別ではなく正当な理由があって)「外国の方は・・・」との断りが入り、早出して準備していたがキャンセルさせてもらった。実は、私もホッとしている。頼ってくださるのは嬉しいのだが、本人は日本語があまり話せず、妹さんが代理で店にいらっしゃる・・・。私は本人と会っていないから、である。別の物件も用意していたが同様に「日本語が通じないのは・・・」と言われたし。

10時半からは遠方からおみえになるお客様の契約。午後から研修で夕方まで拘束。2部に分かれていて、前半は「テレビでレギュラー番組を持ってはいても、我々不動産屋にとっては参考にもならず何の役にも立たない話」の1時間。前日は4時間しか寝てなかったので猛烈な睡魔に襲われていた・・・。

後半は「相続絡みの話」で、こちらは聴きやすい声でテンポも速く、テキストも虫喰いにしてあって受講者が答えを考えながら聴くことになるから寝ているヒマはない。非常に役に立った、と言うか、これから生かしていきたいと思う。ま、両極端な講義であった。

夕方、いったん店に戻り、お通夜に参列するための準備。いつもはジーンズを穿いて仕事しているが、いくら「お通夜は『着の身 着のまま』駆け付けてもいい」と言っても、最近はお通夜であっても参列者は喪服を着ていることが多いから、さすがにジーンズはまずい。家に帰って黒っぽいズボンを探したが、見つかったのはウエストが合わなくて「座ったなら尻がブチッと避けそう」なズボン。だが、それしかないから極力「座らないよう」気を付けて電車で向かった。

亡くなられたのは家主さんで、棺の中のお顔を拝見して驚いた・・・。亡くなった私の父親とあまりにソックリだったのだ・・・。まるで親父の葬式を二度しているかのようで・・・。しばらく見つめていた。

たまたま、亡くなられた病院の病棟の看護師長(婦長)さんは当社の入居者さんで、ご遺族の方が「坂口さんから『くれぐれも宜しく』とお願いしてくださっていたからでしょう、兄さんが亡くなった後で先生も看護師さんも霊安室にお線香を上げに来てくださいました。同じ病院で姉さんが亡くなった時はそんなことはなかったので・・・」と仰って頂いたが、そんなことはないと思う。たまたま、ではなかろうか。

帰路、電車に乗る前にうちのに電話して「これから帰るけど(電車の待ち時間を考えたら)30分くらいかな」と言うと、「じゃ先にお風呂に入っているね」とのこと。風呂から出た頃に私が帰宅するくらい、と思っていたら、そういう時に限って電車がすぐ来る・・・。それだと、帰宅しても「浄めの塩」を掛けてくれる人がいない。立川に着いたら、時間は7時前・・・。そこで、いいことを考えた。

伊勢丹はまだ開いている・・・。

地下に行って、馴染みのソムリエさんに「悪いんだけど塩かけて」とお願いした。快く応じてくださったが、こともあろうにデパートの食料品売り場で通夜帰りの浄めの塩を掛けさせるんだからヒドイ客である。だが、おかげで自分で鍵を開けて家に入れることになった。


人が亡くなると、いろんな思いが込み上げてくる。その家主さんとも、正直「いいことばかり」ではなかった。それでも、弟さん夫妻がいろいろ私を気遣ってくださっていたから付き合いを続けていられたようなもの。ご本人も根は悪い方ではなかったし・・・。他人の私でさえそうなんだから、ご遺族の胸中はいかばかりか・・・。

今日の告別式は参列しないが、11時にご出棺とのことなので、私の居場所で手を合わさせて頂こう。



posted by poohpapa at 06:09| Comment(5) | うちの会社、社長、同僚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

家賃滞納だけじゃなかった・・・

今月8日に1年がかりで退去させることができた(私の27年の賃貸仲介管理歴の中で五指に入る)最悪の入居者の部屋を見てきた。引越し業者を使わず連帯保証人さんが手伝って行うので「荷物の持ち出しが完了するのは夜になる」とのことで、退去後のチェックはリフォーム業者と一緒に昨日したのだが・・・、

家賃を一年以上も滞納してて平気でいられるような奴の部屋がどうなっていたか・・・、

想像を絶するものだった。

自身が借りていた2階の部屋だけではない。長く空室だった下の部屋まで物凄い傷め方で・・・。

自分では1年以上も家賃を払わずに、電話しても出ず、留守電に録音しておいてもメールしても返事が無く、自分に用がある時だけシャーシャーと店に来てタメグチで私に命令するような奴だからそもそも碌な人間ではない。連帯保証人さんがしっかりしていたから良かったようなものの、移転先でも同じことを繰り返すんだろう。ずっと家賃を払ってくれていた連帯保証人さんも「もう受けない」と言っていた。ただ、こんなケースでは保証会社より(しっかりしている)連帯保証人のほうが良いのかも、と思った。

我々の業界にもブラックリストは必要だと思う。そんなのは個人情報とは関係ない話だし、護るべき個人情報ではないだろう。商売とはいえ、管理会社や善意の家主さんにも迷惑を掛けることになるのだし。

で、室内の様子がどんなだったかと言うと・・・、

 まるで室内で孤独死した人の体液が零れているのでは、というくらいグロなので閲覧はご注意を!

続きを読む
posted by poohpapa at 06:08| Comment(15) | 嫌な客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

これは応募したい (^◇^)

手帳で有名な高橋書店が、

思わず手帳にメモしたくなった「身近な人の名言・格言」と「手帳・日記・家計簿の商品企画」を大募集。

とのことで、大賞は賞金50万円。まだ発表されてませんが、近々出るであろうニコンのD810の後継機種の購入資金にはなりそうですね。って、大賞を獲る気満々ですが (´▽`*)

ま、優秀賞の10万でもいいや。いや、何かで他の人に「私が戴いた名言」を知ってもらえたなら嬉しいですね。こういうの、得意な読み手さんは多いのではないでしょうか。


ところで、「手帳」といえば・・・、昨日は、このブログの古くからの読み手さんで、かつ福岡の同業者さんで、都宅協が公益法人になってから(うちの立川支部が)「会員に不動産手帳の無償配布をしなくなった」と聞いて私に毎年手帳を送ってくださっていたMさんが立川まで訪ねてくださいました。

しかも、メールで「今、小田原にいるのですが・・・」とのこと。「今、八王子にいるのですが・・・」なら解かりますが、「小田原からわざわざ」というのは凄いこと。驚きました。

その日のランチはガストに行っていて、お気に入りのAさんがいたので、まだいると思ってガストで5時に待ち合わせ。遅めのランチで2時まではいたので「まだいるなら紹介しよう」と思っていたのですが、どうやら4時で上がってしまったみたい。その代わり、何度もこのブログに登場している女子高校生のTさんがいたので(忙しいのに)席まで呼んでご紹介。本来はいないハズだったのですが嬉しい誤算でした。

まあね、そのくらいの「秘めた楽しみ」でも無ければやってられない商売ですから、ほんと (^◇^)


あ・・・、私は宮崎議員とは違いますから、片っ端から手を出してませんからね〜 (*´ω`)



posted by poohpapa at 06:07| Comment(6) | 懸賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

技術の進歩に驚愕した一日、の続き

昨日から断続的に自律神経失調症の症状が出ていて辛いので本日は短めに (*´ω`)


先日の、「ほんまかいな・・・??」というくらい転送速度が遅いマイクロSDカードの話の続編、

7.48Gの音楽データの転送、48mb/秒のマイクロSDカードを使っているのに4時間半(270分)も掛かったので、ビックカメラでSONY製の70mb/秒の物を購入して改めてデータを転送してみた。

同じ機器を使っていて、転送速度が約1.46倍とはいえ要した時間は26分。つまり、1/10弱。実質的には6.84倍のスピードで転送されていることになる。まあ、本来はそんなものなんだろう。

もう一つ、転送したデータ量を確認したら、先のは転送したデータの数値が1割程度足りなかった。いっぺんに大量のデータを転送しようとしたのも良くなかったのかも知れない。今度、時間のある時に「抜けている曲が無いかどうか」1アルバム毎にチェックしながら、ゆっくり転送を試みてみたいと思う。

先のは東芝製(台湾で製造)とのことだったが、やはり「バッタもん」は買うべきじゃないな ^^;

あ・・・、よく見たら、SONYのも台湾製だった (*^_^*)



posted by poohpapa at 05:37| Comment(7) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

今、嵌っているチョコレート

先日、東急ストアで、チョコレートを4千円ちょっと購入した。自分で食べるためと、食物アレルギーの娘が「チョコレートなら食べる」とのことなので、買い溜めしたものである。

以前も書いたが、娘はチョコレートは好きだがロッテ(韓国系企業)のチョコは食べない。私は韓国は嫌いだがロッテのチョコは食べる。それで、ロッテのチョコを自分用に少々と、森永の「カレ・ド・ショコラ」を(ホワイトを除いて)3種類購入した。そのチョコが頗る美味しかった。ベルギーのチョコにも負けていないくらいに。以前、娘も好きだと言っていたから、次に来る時には喜んで持って帰るだろう。

ホワイトチョコを除いた3種類のうち、私がとくに好きなのは「 Venezuela BITTER 」で、ほとんどブラックと言えるが、「French MILK」より苦く「cacao70」より甘いので、「 Venezuela BITTER 」が私には合っている。久しぶりに美味しいチョコに出会った、という感じ。

バレンタインデーの時期にだけ食べられる特別なチョコを除けば今のところ一番かな、と思う。

昨夏の旅行でブリュッセルで購入した「マダガスカル産カカオ豆」を使った板チョコもかなり美味しかったのだが、ネットで探しても見つからない。似たようなベルギーの板チョコは伊勢丹の通販で見かけたが、同じではないし値段も頗る高かった。次にヨーロッパ方面を旅した時に探すしかなさそう・・・。

あとは、うちのが通販のポイント消化で取り寄せた「柿の種に4種類(ミルク、イチゴ、抹茶、ホワイト)のチョコを塗したの」にも嵌っていて、柿の種とチョコレートが見事に合っていて、そこそこの値段はするが期間限定販売だったので急いで4袋取り寄せた。それを毎食後4粒ずつチマチマ食べている。

食卓に、いつも「気に入ったチョコレートが置いてある」、というのは私の子供の頃には考えられなかったことで、凄く幸せ。今も裕福ではないけど、いつでもバナナが食べられるのと同じくらい幸せに思う。



posted by poohpapa at 07:10| Comment(8) | グルメ・クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

技術の進歩に驚愕した一日

一昨日から腰痛で、昨日はいつも楽しみにしているガストのモーニングにも行かなかったほど。

座っていて立ち上がる時とか、寝る時、起きる時が最も辛く、立ち上がって真っ直ぐ立ってしまえば楽だし、歩いている時は腰に響かないのだが・・・。ま、今朝は昨日までよりいくらか症状が改善したものの、原因に心当たりがないだけに気持ちが悪い。

モーニングには行かなかったが、ランチは家でとり、午後は伊勢丹に出掛けた。2階のバレンタインフェアに寄ると、馴染みの売り子さんがバレンタインのチョコをくださった。以前も(自分の銭では絶対に買えない)一粒で1000円近くもする超高級チョコが8粒も入ったのを二箱も頂いたことがあって、値段が高いからでなく、そのチョコが今まで食べた中では最高に美味しいチョコ。一口食べただけで凄さが分かったほど。世界大会で優勝したフランス人ショコラティエの作品だったようだ。「奥様と二人で食べてね」とのことだが、私は味が分かればいいので一粒だけ頂いて、あとはうちのに食べてもらおう。


さて、以前からバックアップ用にしていた SONY のウォークマンがついに壊れてしまったので、新しく16Gのものを購入して、マイクロ SD カードにも楽曲を保存することにした。うちは大きな家電、たとえば冷蔵庫やエアコン、洗濯機、テレビなんかは(昔からよく知っていて信頼が置ける)埼玉の電器屋さんにお願いしていて、小物は近場のビックカメラで購入している。ま、株主でもあるし・・・ (^◇^)

で、そのマイクロ SD カード、東芝製で32G 、しかもクラス10で「48 mb / 秒」という速さ、それがナンと1枚880円で購入できる。うちのが初めてデジカメを購入した時、メディアが64 mb で18000円もしたのを今も嘆いている。記録容量が500倍であって値段は約1/20である。てことは、20年もしないうちに1/10000になった、ということ。容量もだが、転送スピードも格段に速くなっている。

指の爪くらいの質量で、CD 220枚分を記録して、それでも容量の1/5しか使っていない。私が購入したのは32 G だが、128 G も出ていて、そんな膨大な情報をどこに記憶するんだ!?、くらいの話。

ただし、さすがにマイクロ SD カードに保存を完了するまで4時間半もかかったし、CD ラベルなんかの情報を得るのにそこから1時間半も掛かっているから転送だけで半日仕事。転送そのものは夕方6時前から始めて10時過ぎに終わったが、あとはうちのに任せて寝てしまった。

ところで、本来はウォークマンをPCに接続するとMedia Go という音楽と画像のソフトが立ち上がるハズであったが、上手く立ち上がらないのでメーカーのサービス部門に電話すると、担当した女性が非常に詳しく教えてくれた。その教え方というのが、私の PC 画面と同じ画面を担当者も観られるようにして、私の PC 画面にマーカーで「ここをクリックして」とかの指示を出してくれる方法。それだと、私のような PC 初心者でも間違えることは無いからとても有り難い。それでも30分以上も掛かったが (*´ω`)

ん、待てよ・・・、私と同じ画面を観ている、ということは、壁紙がJR SKI の平祐奈ちゃんの写真になってることも、ショートカットに橋下マナミが置いてあることもバレバレだったか・・・ 💧

きっと、「このオヤジ、なに考えてんだ!?」と思ってただろうな・・・(滝汗)

posted by poohpapa at 06:41| Comment(6) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

メールで、こっぴどく叱られた・・・

臆病者!何故メールをよこさないか!逃げる気か!馬鹿者!

届いたメールの表題である。

オレ、誰かに何かやったかな・・・??、と思っていたら・・・、



本文は、

━━━SWEET LOVE◆

◆新着メール◆
市内在住(旧姓)音無小百合様からメールが届いてます♪

◆タイトル◆
臆病者!何故メールをよこさないか!逃げる気か!馬鹿者!

◆返信はこちら◆
http://c5ho9i8n5.click/user.app?cmd=message&k=f4ecef440dbf91c6555685f8a08773c3&toID=9624006&resID=1911449424


《SWEET LOVE事務局》
↓お問い合わせ・配信停止はこちらから↓
http://c5ho9i8n5.click/members.app?k=f4ecef440dbf91c6555685f8a08773c3&cmd=message&toID=7997635

━━━━━━━━━━


( 「/」を「/」に替えて表示 )

なんてことはない、出会い系サイトの「釣り」だったようだ。「ヒマしてます」「会いたいです」「うずいてます」「先ずお茶からでも」「今日なら主人が出張中です」などなど、いろんなアプローチで毎日10通くらいメールを寄こしているが、一向に反応しないので新しい切り口で送ってきたようだ。

なにが《SWEET LOVE事務局》だ! ( `ー´)ノ

しかも「旧姓」などと謳って、いかにも人妻からだと思わせている・・・。手が込んでいる (^◇^)

だが、乗らなくて当然なのに「臆病者」だの「馬鹿者」だのと罵られるのは納得がいかない。

しかたない、逃げずに逢って直接文句を言ってやるか (´▽`*)

posted by poohpapa at 06:55| Comment(2) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする