2016年06月04日

ドンキで買ったDVD

先日、ドン・キホーテで買物をしていて、ふとレジの前のDVDに目がとまった。高校時代に友人と観に行って、東京に出てきてからVHSビデオでは購入したがDVDでは持っていなかった映画だった。

ディズニーの不朽の名作「ファンタジア」である。それが、ブラケースではない厚紙のケースに入ったものではあるが、価格はなんと・・・、



100円(税込108円)


いくらなんでも100円はないだろう。紙ケースの説明書きを読むと・・・、ハングル文字が・・・。字幕も英語と日本語と韓国語から選べるようになっているから、言うまでもなく MADE IN KOREA である。

封を開けるには、厚紙のケースを鋏で切るしかない・・・。

それにしても、著作権にうるさい DISNEY に著作権料を払ったなら100円で売り出せるハズが無い。製造元とドンキの利益を考えたら材料費と印刷代くらいにしかならない。てことは、どう考えても「海賊版」ではなかろうか・・・。と、思っていたら、「海賊版」ではなく「無認可版」というものらしい。

DISNEY の映画のこれら作品の多くは著作権保護期間が既に切れていて、パブリックドメインになっている。他にも「バンビ」や「シンデレラ」とかもあって、全部で5作品くらいあった。

「ファンタジア」だけ買って、家で観てみると映像が相当に粗い。ま、100円だからこんなものか。100円だから、というより MADE IN KOREA だからか (^◇^)

好きな映画だから、次は正規版で買い直そう。




posted by poohpapa at 05:26| Comment(2) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする