2016年06月08日

少し修正を

北海道で起きた小2男児置き去り事件で、父親に関して私は「躾でなく虐待だと思う」と書いていたが、「厳し過ぎた躾」と修正したい。ではあっても、父親が子供に謝ったのは間違いだと思うが。

この男児は、人や車に対して石を投げたことで父親から山道に置き去りにされたワケで、私も国立市を車で走行中に小学生が走行中の別の車に投石する場面に遭遇したことがあるが、非常に危険である。

無事に発見されたことでそのことが忘れられていて、今朝のニュースでも、病院の前で「早く学校に行きたいですか〜?」「今、何がしたいですか?」という能天気な質問が飛んでいたが、そんなのは温かい心で見守っていることにはならない。改めて父親に躾をし直してもらいたいと思う。

10数年後、別のニュースで、「ああ、これ、あの時のガキだったか・・・」と思わないで済むことを願う。



posted by poohpapa at 09:21| Comment(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりに、日本少額短期保険と日本共済の比較

昨日、杉並の下井草まで引越しの立ち会いに行ってきた。

退去の様子は・・・、今までで5本の指に入るくらいの傷め方。とてもじゃないが敷金の範囲内で収まるものではない。本人もそれは承知していて、「請求してくれたら、ちゃんと払います」とは言っているが、今までそういうケースで「ちゃんと払ってくれた人」のほうが少ない。請求明細が届くと「知らねえよ」と掌を返した奴もいるし、連帯保証人に連絡したら「息子にも『そんなもんは払わなくいい』と言っておいたから」と開き直られたケースもある。支払いを拒んだ一人は(当時)国立音楽大学の教授だった。

昨日のケースでは、当然に家主さんが負担するものがあっても追加請求は100万くらいにはなるかも知れない。とにかく、建物本体に(全ての部屋で)物凄いダメージを受けている。本来は立ち会いに同席してもらわない(隣に住む)家主さんを呼んで現状を見てもらったし写真も撮った。

で、その中で、ガステーブルの横の壁が燃えて穴が開きかかっていたので、「これはもしかすると保険で出るかも知れないから保険会社に訊いてみて。少しでも負担が軽くなったら助かるでしょ?」と言うと、立ち会いの後で保険会社に電話をしたようで、私が帰社する途中の電車の中でメールが入った。

「保険会社に問い合わせたら『出ません』とのことでした」とのこと。何それ???

保険会社は日本少額短期保険。その入居者は当社がまだ日本少額短期保険の代理店だった時の契約。念のため試しに現在の取引先である日本共済に「こういうケースでは出ないものですか?」と問い合わせると、「写真を送って頂けますか?、それを見て判断することになると思います」とのこと。

日本少額短期保険は言下に却下しているが、日本共済は「払えるケースかどうか」検討してくれる・・・。私が Cyber の孤独死の際に感じた「ハートの有無」の実感の再現である。日本少額短期保険は「保険金を払わない前提の保険会社」であって、日本共済は「できるだけ払ってあげよう」という姿勢だと判る。

うちが契約する保険金は年間で120万くらいで、微々たるものである。それでも7年間取引していたのだから手数料を除外しても社員一人分の年収分くらいは貢献しているだろう。7年間で保険金が支払われたのは水漏れによる2件だけなんだし。まさかに、年間1000万の上得意なら支払うけど年間100万の代理店が相手なら支払わない、と差別はしてないと思うが、もしかすると代理店が当社だと判った時点で「支払わない」と判断された、なんてこともあるかも知れない。

だが、どうして状況を詳しく訊くことなくアッサリ却下したのか、が分からない。去年、ずっと感じ続けていたように、やはり日本少額短期保険という会社は「不親切な会社」ということなんだろう。

日本少額短期保険は担当者が7年間で一度だけしか当社を訪問していないが、日本共済は1年で4度訪問してくださっているし研修も開いてくれている。日本少額短期保険は「必要に応じて研修を開いています」と言っていたが、7年間で一度も開かれてはいない。もっと早く日本共済を知りたかったなあ・・・。

さて、請求書が届いたなら、ちゃんと振り込んでくれることやら、それが心配である。

posted by poohpapa at 05:10| Comment(2) | 出入りの業者、各種営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日のクイズの答え

54

posted by poohpapa at 04:26| Comment(4) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする