2016年06月13日

世界一短いメール

世界一短い手紙は、かのフランスの文豪ヴィクトル・ユーゴーが、「レ・ミゼラブル」の出版後に、売れゆきを心配して「売れてんのかい?」の意味で出版社に送った「?」だけが書かれた手紙で、それに対する出版社からの返事がまた「!」(バカ売れですぜ)というもの。その話はつとに有名だが・・・、

私も、手紙ではないが中学時代の同級生の女子(今はオバサン)に世界一短いメールを送っている。

ほぼ毎日で、文面は「△」とか「▲」だけ。それだけで彼女には十分に意味が通じる (^◇^)

実は、夏のペルー旅行、先日の中学の同窓会で50年ぶりに会った同級生のAさんに「一緒に行かない?」と誘っていて、彼女も「行きたい」とは言っているが、誰か誘えないかと手を尽くしていて、そうは言ってもおいそれと行ける距離でも金額でもないからなかなか仲間が現れない。

そうこうしているうちに、阪急交通社のHPでの空席マークが◎(余裕あり)から〇(残席あり)になって、△(残席わずか)になり、そして▲(キャンセル待ち)になって、数日して見てみると、キャンセルが出たのか再び△に戻っていたりする・・・。それも出発日が近くなるほど次に▲になったら△に戻る可能性は少なくなるもの。だが、相手のあることだし、当然に事情もあるだろうから、あまりしつこく「どうなった?」と訊くのも憚られる。それで、「今後はこの件では電話しないからね」と伝えておいた。

と言いつつも本音では気になっているから、(彼女も見ているようだが)阪急交通社のHPで空席状況を毎日チェックして知らせるようにしていて、それが文字通りショートメールでの「△」とか「▲」である。そのうち向こうからも「〇」とか「☓」とかの返信があるだろう。

今朝の時点で「▲」、おそらく、次に「△」に戻った時がラストチャンスかも・・・、そんな気がする。

「一人参加じゃ寂しいし・・・」と言うので、「大丈夫だよ、僕がそっちの部屋で寝てあげるから」と言ってやったが、それで余計に悩んでしまったんだろう。向こうもいちおう人妻だし・・・ (*^_^*)

ところで・・・、

以前書いた、私が中学時代にAさんに「OさんがAさんのこと嫌いだって言ってたよ」と告げ口したという話、「俺がそんなこと言うかなあ・・・」とずっと気になっていたのだが、真相は全く違うものだとか。クラスに、あるお金持ちの女の子(Eさん)のグループがあって、AさんはEさんのグループから少し虐めに遭っていて、それを、Eさんたちとも付き合いがあった私が庇っていたらしい。私は全く記憶にないが。

だが、それだと全然意味が違う。それがどうして「OさんがAさんのこと嫌いだって言ってたよ」と私が告げ口したという話になるのか分からない。しかも、二次会でもその話で盛り上がってたというし・・・。

「それならアンタが誤解くらい解いておいてくれよ」と言いたい ( `ー´)ノ

待てよ・・・、もしかすると今回の旅行、あのアマ、自分を高く売り込む(恩に着せる)ためにギリギリまで様子を見ているか、或いは既に申し込んでたりして・・・。フン!、最低落札価格で落としてやる





posted by poohpapa at 04:48| Comment(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする