2016年07月31日

投票に行ってきました

都知事選の投票の為に、ちょうど3日ぶりに家を出ましたが・・・、頭がフラフラしてます。

この3日間、朝晩は白粥一パック、昼はパック(小)のカット西瓜とプリンのみ、おかげでズボンのベルトの穴がひとつキツクできるようになりました。ですが、ちょっと胃にもたれそうな物だともう食べられません。バナナでさえ「どうかな・・・」と思うくらい。この食生活はまだ数日は続きそうです。

明日には振り込みを済ませなければならないので店に出て、クリニックにも寄ります。10年前と同じ症状ですが、素人が「だから今回も自律神経失調症」だと決めつけるのは危険だと思うので・・・。

お互い、「暑気あたり」などには気を付けましょう。


posted by poohpapa at 13:15| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

障碍者大量殺戮に関して相模原市生活福祉課の対応

このニュース、

「大麻吸引のせいだった」=措置入院で容疑者話す―市、退院伝えず・障害者殺害

この中で、

市は同容疑者が退院したことを園や家族、県警を含めどこにも知らせていなかった。「他害の恐れがなく、人権上の問題もあった」と説明している。

とあって、当初のニュースでは、市職員は「警察に知らせる義務はない」と語っていたようだが・・・。「義務はない」・・・、所詮は他人事なんだろう。個人情報保護法を言い訳の根拠にもしているが、ここまでの惨事になることは予測できなかったとしても、護るべきは誰なのか、ということが解かっていない。

「他害の恐れが無い」というのは明らかに判断ミスだし、一連の流れのどこを見たらそう判断できるものやら。それで保護観察や監視を付けるチャンスを失ったのだから市の責任は重大。市職員の「事なかれ主義」がもたらした凶悪事件と言えるだろう。

それは立川市の生活福祉課と全く同じである。例の気違いの件で何度も立川市の生活福祉課に相談に行っているが、その度に返ってくる答えが「個人情報保護法がありますので」「それは私どもの仕事ではありません」というもの。「オマエらがやらないで誰がやるんだ!?」という話なのだが。

相模原市も立川市も生活福祉課の職員は人として腐っているように思う。

ついでに言うと、容疑者は気違いだが責任能力はある。精神鑑定で無罪、だけはあってはならない。



posted by poohpapa at 06:31| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

これは本当に正論動画

桜井誠、日本人の心に響く魂の演説まとめ!

こういうのを報道しないもんなあ、どこのテレビ局も ( `ー´)ノ

これ、ぜひ最期までご覧ください。私は、安倍さんは支持しているので耳の痛い内容もありますが 💧

こんなのもありました、桜井誠【鳥越俊太郎!男なら,私はもっとやってるんだと言え!他の女性に失礼だ!】都知事選・五反田駅街宣

ところで、増田寛也氏はいとうせいこうに似てますが、桜井誠氏、カンニング竹山に似てますね





posted by poohpapa at 05:20| Comment(2) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

病気で臥せっています

昨日の午後から、強烈な自律神経失調症の症状が出て臥せっています。

店で1時間ほど机に俯せになって寝て、うちのに迎えに来てもらい、肩を借りて近所の病院まで行きましたが「うちでは診られないので」と、内科と精神科の両方をやってるクリニックを紹介され、「タクシーを呼びましょうか?」と言われました。重度の鬱病だと思われたみたい。

一人で歩けず、うちのの肩を借りてどうにか家まで辿り着いて、庭で、7時間前に食べた朝食の一部を戻しました。3時半に床について、一度7時前に目が覚めて、寝てる間にうちのが買ってきてくれたカットスイカを食べて、加味逍遥散を飲んで再び熟睡。3時半にトイレで目覚めて、今はPCの前。

ですが再び横になります。今日は店も臨時休業です。トイレに行くのだけでも困難なくらいですから。

posted by poohpapa at 04:07| プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

鳥越俊太郎は判断を誤り晩節を汚した

いい歳をして都知事の椅子に色気を出したばっかりに晩節を汚してしまった鳥越俊太郎・・・。

私は全く評価していなかったけど、「雉も鳴かずば撃たれまい」で、都知事選に出さえしなければ、実情を知らない大衆からは「立派なジャーナリストだった」と尊敬されて死んでいけたものを・・・、と思う。

著名人で、(自称)ジャーナリストでありながら、これほどまでに薄っぺらな男を私は知らない。同業者で他にいるとしたら岸井成格くらいのものである。もっと上(下)を行くのを探すとしたら有田芳生だろうか。もっとも、有田芳生の場合はとてもジャーナリストとは呼べないレベルで単なるリボーターの域でしかないけど。あれで参議院議員というんだから参議院は良識の府ではなくなっている、と言えそう。

で、先日、こんなチラシがポスティングされていた。

DSC00560.JPG
表面

DSC00561.JPG
裏面

どこにも鳥越俊太郎の名前は入っていないがイラストで分かるようになっている。この手法は自民党も使っている。候補者の名前は出さずに「都知事には実績のある人を」とアピールしたポスターが選挙事務所に貼られていて、有権者に「えっと、自公の推薦で出てたのなんつったっけ?」と考えさせる手法。

同じではないが、似たような手法、どっかで見たことあるな・・・、と思っていたら、

以前も書いたけど「ケンミンの焼きビーフン」のCMだった。宗教団体よろしく集団で(名前が不明だが)団扇のような楽器を叩きながら夜中に「ケンミンの焼きビーフン」と連呼して街を練り歩いていて、CMの最後は「ケンミンの」で終わる。「焼きビーフン」まで言わないから、視聴者が頭の中で「焼きビーフン」と続きを唱えることになる。そのほうが確実に記憶に残る。イラストを見て「ああ、鳥越俊太郎か」と思ってくれたほうが名前を目にするより頭に焼き付くもので、効果は高くなると思われる。

「ジャーナリストは真実を伝える正義の味方」というイメージを狙っているんだろうけど、特定の思想が入れば真実も正義も埋もれてしまう。それに、断言するが、鳥越が人様の意見を聞くワケがない。真実を伝えようとするのでなく自分の思想を巧妙に大衆に押し付けようとしているだけの似非ジャーナリスト。

それにしても、「ジャーナリスト出身だから、できる都政がある。」って、出身ねえ・・・、いつジャーナリストを卒業したんだろ!?。「AKB48出身だから、歌える歌がある」みたいな感じ。言葉尻を捉えるようだが、それを言うなら「ジャーナリストだからこそ、できる都政がある」ではないか。

「一人ひとりの声に耳を傾ける」という現場主義を貫く。聞く都知事を。

って、ホント、鳥越には無理だから。聞いてるフリならできるだろうけど。

「あなたに都政を取り戻す。」

ただし、抽象的な公約を掲げているのは他候補も同じ。そうであっても鳥越が一番酷いけど。こういう耳障りのいいキャッチフレーズにはもう騙されないよ、文春の記事の後ではとくにね (^◇^)

落選後の会見で、「落ちたのは文春の所為」って責任転嫁するんだろうな、こういうタイプ

と思っていたら、今度は新潮社にも抗議文を送ったそうな・・・。着々と落選後を睨んだ行動を起こしているようで・・・ 。さらに、鳥越に関してはこんな話もあって、おいおい、である。

鳥越氏、TV討論で声荒げる 大反発したNGワードとは (2頁の記事の2頁目で、動画はこちら

6年前、自ら話したことであるが、76歳になって逆に改善されたとは思えない。今、私が64歳で、テレビに出ているタレントの名前が直ぐに出なくて四苦八苦していて、同世代の友人も同様とか。個人差があったとしても、その動画を観る限りかなり重症である。とてもじゃないが鳥越には都知事は務まらない。6年前には自分で認めているが、それすら覚えてないだろう。副知事と3日も会わなければ「あんた誰?」と言うに違いない。

それにしても、テレビは有力な3候補しか取り上げておらず、3人以外の政見や主張はテレビでは聞いたことが無い。伝え方が偏向していて、それって明らかに公職選挙法違反ではなかろうか。



posted by poohpapa at 04:51| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

ネット広告の反響のお客さん

ちょっと前の出来事、

多摩の外れの古い貸家の広告に反響があった。古いも古い、築40年は経っている平屋の貸家で、あちこちガタも来ているのだが、けっこう問い合わせが入る。その最初の問い合わせのお客さんのケース。

前入居者は私と同年代、単身で優しい男性だったが、全身に癌が転移して病院で亡くなられ、ご遺族が室内をキレイに片付けてくれた。だが、猫を複数匹飼っていたので壁は爪とぎの痕でボロボロになっていて、全面的にリフォームすることになりそう。敷金は(当時)3ヶ月分の21万を預かっていて、ご遺族は「放棄します」と仰っている。室内の様子からすると「それで追加請求はしない」のが妥当かな、と私も思う。家主さんも快くそれで了解してくださったので清算に関しては何の問題も起きない。

さあ、どこまで手直ししたものか・・・、と思っていたところに反響。「部屋を見せて頂きたい」とのことだが、今、中を見たなら決めては頂けないもの。我々はリフォーム後の状態をイメージできるが、お客さんは素人なので、説明しただけではイメージは湧かない。できればキレイになったところで見てもらいたいのだが、それだと1ヶ月ほどのタイムラグが発生する。ワケあって、その後で他の業者さんからも問い合わせが多く寄せられているので、再度見てもらったらキャンセル、は避けたいところ。

ワケというのは、その貸家、今は「礼金敷金0、退去時のクリーニングもリフォーム代金も家主負担」という条件だし、駐車場も無料で2台まで置けてペットの複数匹飼いも可、ということ。
 
「汚い状態でもいいので見たい」とのご希望なのでお客さんを案内することにした。その数日の間にも「そのお客さんが決めなければ当社のお客さんが申し込みを入れます」という話が2件入っていた。

事前に家主さんと相談して、トイレも台所も全面改装、エアコンも2台新設、洗濯機置場も新しく作るし、現在は3室とも和室だが、お客さんが希望すれば全室フローリングに変更することもOKとのこと。「他にもご希望があればなるだけ添いますよ」と仰る。それは有り難い。なぜなら、お客さんの要望を取り入れて改装するなら(よほどのことが無い限り)キャンセルは無くなるから、である。

お会いすると、お客さんの人柄も良かったので安心した。あとは双方の了解の下、直接リフォーム業者と電話で打ち合わせして頂くことになった。

私が言うのもナンだが、このお客さん、この家主さんとその物件に出会えて幸運だったと思う。


と、思っていたら・・・、

翌日の朝、電話があって、「息子が(通りから敷地に入る道が角切りしてなくて狭いので)車を入れる自信がないから」、ということで断りが入った。人柄良いお客さんだっただけに残念だが、ま、仕方ない。




posted by poohpapa at 03:51| Comment(2) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

都知事選に立候補している増田寛也氏・・・、と、私の今日の予定

都知事候補の増田寛也氏、誰かに似てるな、どっかで見たことあるような・・・、と考えていてずっとモヤモヤしていたのだが ・・・・・、

この人だった (*^_^*)

で、増田寛也氏、私と生年月日が1週間違いで、私が1週間先輩。それがどうした、という話だけど💧

たぶん、私の同級生で同じく旧建設省に入った(現在は不動産協会の専務理事をしている)O君のこともよくご存知であろう。苦労人のようだし親しみは感じるが・・・、投票するかどうかは別問題、かな。

従来の主張と都知事選での公約とで齟齬が生じていて一貫性がないことになんとなく不信感。舛添が打ち出した「都有地の韓国人学校への貸与」は白紙に、とは言っていても俄かには信じがたいし。


ところで・・・、昨日、同業者さんの店に向かって歩いていたら・・・、

高校時代、新聞室で仲間だった同級生から電話があった。「今、船橋の娘のところに来てるんだけど、そっちまで出て行ってもいいので時間があれば会える?」とのこと。で、立川まで来てもらってランチすることに。暇でもあるし中間地点の新宿あたりで待ち合わせても良かったのだが立川まで来てくれるのは大いに助かる。

高校入学時は新入部員は私と彼女の2人だけ。その後に同学年で私より個性が強烈な2人が加わったが、彼女はずっと「我の強い部員たちのクッション役」だった。会うのは20年ぶりくらいかなあ・・・。

私には、何十年も会っていなくても、いきなりスッと話題に入っていける友だちが何人もいる。それは自慢できると思う。今日の話題の半分は、ペルー旅行に「一緒に行く」と約束して申し込みまでしていてキャンセルした同級生「あのアマ」さんの悪口で、きっと盛り上がると思う。裏切りの代償は大きい

虫の知らせと言うか何と言うか、昨日はその「あのアマ」さんから久しぶりにメールが何通も入っていた。女の勘は鋭いから、なんとなく「陰険なムード」を察して牽制してきたものか (^◇^)




posted by poohpapa at 05:29| Comment(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

ストレスが溜まっている日本人にお勧めのサイト (皮肉)

週刊文春が鳥越俊太郎のスキャンダルをスクープしたものの、その後はその問題が取り沙汰されることはなく事態は静かに推移している。それは、マスコミが「これから始まるであろう裁判」を意識して「騒がないほうが得策」と判断したものか、マスコミの左巻き体質で「鳥越が不利にならないよう配慮している」のかは定かではないが、やけにお行儀が良くなっている。これがもし増田氏のスキャンダルだったならどうなっていただろうか。今頃は連日キャンペーンを張っていたに違いない。


で、ネットを巡回していて、こんなサイトを見つけた。

在日韓国人の私が、日本を一刀両断!
在日韓国人の私が、グローバルな視野で日本を考察するブログです。韓日の相互理解の架け橋になりたい!

その中で、こんな記事、

東京都知事選挙での投票が認められず、役所に抗議して来た!

はあ?、資格が無いから投票できない、それだけの話だと思うんだけど・・・。在日の人たちの多くは、「日本が何でもしてくれて当たり前」という感覚で凝り固まっているように思う。外国人参政権推進派の議員や在日の人たちは「日本人と同じように税金を納めている」と言うけど、日本の道路も公共施設も使わせてもらっていて福祉の世話にもなっていたりするのだから税金を払うのは当たり前。

逆に、海外に駐在する日本人は「買い物などで税金を落としているから選挙権を与えよ」などとは言わない。オーストラリアの閣僚の言葉「あなた方はこの国に暮らして恩恵を受けているのであって、権利ではない」というのは正しいと思う。在日は恩恵に何ら感謝することなく「当然の権利」、もっと言うなら「日本の義務」とでも思っているようで、そこが日本人から疎まれる所以である。

このサイトの記事を読んでみると、とにかく面白い。「よくもまあこんな勝手なことばかり書けるもの」という印象で、まるで吉本のコントを見ているくらいに抱腹絶倒である。

この管理人が特殊なのでなく、これがほとんどの在日韓国人の本音なんだろう。「国籍も心(感情)も日本人」であるなら選挙権を持って頂くことはかまわないが、こんなのが選挙権を持ったら大声で勝手な主張をするのは目に見えているから私は外国人参政権に大反対。みんな本国に帰ればいいのに・・・。

少子化の日本にとって、在日の子供は宝物」なんて記事もある。その中で、

少子化が進む日本国にとっては将来納税者となる子供はとても貴重な存在であり、

なんで??、払ってくれる税金より、たかられる額のほうが大きいでしょ!?

これは少子化を危惧している人なら「確かにそうだな」と誰もが納得して貰えると思います。

しません。ゴキブリの卵が孵って成長したら高級和牛になるとでも?

日本政府に言いたいんです。「在日の子供が減っても良いのか!」と。

私は総理ではありませんが、減ってもかまいません。むしろそうして頂けると非常に助かります。

子供の授業料を無償化して貰えないのなら、私たちは安心して子供を産めないですよ・・・

産まないでください、お願いします。

「公立高校に行けば授業料無償化の対象だよ。日本の公立高校に行けば?」と言う日本人がいました。一見もっともな意見に見えますが、公立高校では、在日の子供まで「君が代」を歌わされ、「日の丸」の前で起立しなければならないんです。

それが嫌なら母国に帰るべきです。「日の丸や君が代は嫌いだけど日本政府はカネを出せ、補助しろ」なんて、虫のいい話だと思いませんか?


日本人は、「日本は先の大戦で我々にあんなことした、こんなこともした」という被害者意識に凝り固まって事実を歪曲したり捏造して「未来永劫カネを出し続けて当然」と考える韓国人が嫌いなのだ。日本で暮らして徴兵まで免れて様々な恩恵を受けていることに先ず感謝するところから始めなければならないのに先ず権利を主張し、勝手な屁理屈でカネを要求する・・・。日本の法令や慣習に従って平穏に生きている在日の人たちもいるが、このブログ主みたいな在日がいるから真面目に生きている同胞が苦労させられる。「韓日の相互理解の架け橋になりたい!」と言いながら逆の効果しか生み出さない記事ばかり。

各記事に日本人から寄せられているコメントがどれも秀逸で、日本を一刀両断するどころかモノの見事に日本人から返り討ちに遭っているのに全くヘコタレない管理人のメンタリティは称賛に値するかも。舛添や鳥越に匹敵するほど、いや、それ以上で、もしかして、単に不感症なだけか (^◇^)

ただ、的外れでも全てのコメントにちゃんと返信しているのは偉いと思う。そこは私と同じか・・・(おい)

管理人は「在日韓国人の私が、グローバルな視野で日本を考察するブログです。韓日の相互理解の架け橋になりたい!」と言っているが、「グローバルな視野」どころか偏狭な視野でしかなく、「韓日の相互理解の架け橋になりたい」のなら、むしろ同胞に対して逆のことを諭さなければならないモノ。つまり、日本人に対して「ああしろ、こうしろ」と要求するのでなく、先ず同胞に「こんなことやあんなことはしないように」と呼びかけるものでなければならないのでは、ということ。

日本に対する要求や非難ばかりで自分たちの反省が無い・・・、そこがまさに大半の韓国人の特質。

コメントへの返信からもブログ主は「聴く耳を持たない」のが判る。せっかくキレイな日本語の文章が書けるのだから、早く間違いに気付いてほしい。ま、記事を読む限り、無理とは思うけど・・・。

こんなサイトの記事を読んでいると、都知事選、桜井誠氏に入れたくなってきた、ほんと。



posted by poohpapa at 05:41| Comment(10) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

ほえ??、車運転中にポケモンGO???

今日、バラキさんからのコメントで「時速10km以上の移動はカウントされない」と教えて頂いていたのだが、車を運転中にポケモンGOをやっていた運転者が3人、違反切符を切られている・・・。

スピードは出ていなかったのかも知れないが、非常に危険。自分がノロノロと広い道路に出て行ったら右側から自動車や自転車が普通のスピードで突っ込んでくる、ということもあるだろう。

車運転中にポケモンGO=20〜30代3人反則切符 ― 岡山県警


あ、岡山県警・・・。なら、もの凄い美人の婦警さんがいるよ。どうして知ってるかは内緒だけど (*^_^*)



posted by poohpapa at 19:05| Comment(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早速、ポケモンGOに対する危惧が現実に

京都府亀岡市でポケモンGOに興じながらバイクに乗っていた男が反則切符を切られていた。

ポケモン探しながら運転 バイクの男性に反則切符 京都

原付きバイクで蛇行しながら走行していてパトカーに見つかったようだ。これは、これから始まる「ポケモンGO狂騒曲」の序奏に過ぎない。嵌っている奴が自損事故で死ぬのは自業自得で勝手だが、これからたくさんの巻き添え死傷者が出ることだろう。こんなので巻き添えを食らって命を落としたら堪らない。

この男、反則切符を切られなかったとしても、そのまま走っていたら事故を起こしていたに違いない。

車やバイクの運転中だけでなく、駅のホームでも転落する事故が起きることだろう。昨日、青梅線に乗っていたら「スマホを使用しながらの歩行は危険ですのでおやめください」とのアナウンスが流れていた。JRも、今まで以上に「歩きスマホ」による事故を警戒しているようだ。

これ、状況によってはPL法で製造物責任が問えるのではなかろうか。直接的に危害を加えてなくても当然に「歩きポケモン」による事故が起きることは開発段階で充分に予測できたハズで、もし、私や家族が巻き添え事故に遭ったなら訴えを起こしたいと思う。大事故でなくても小競り合いくらいはあちこちで起こり得るし、うちの敷地の中に入り込んでくる者もいることだろう。

7月18日付の当ブログの「株価急上昇の任天堂・・・、倒産するかも (^◇^)」の記事に「視野」なるHNのお方からこんなコメントが寄せられたが・・・、 ⇓

コンテンツが継続して人気があれば、周辺商品の著作権料だけでも莫大。
これでまた人気が継続する。したがって著作権収入が(今は出資先会社だが)安定して見込める。
ポケモンは、90年代ですでにディズニーに匹敵するキャラクタ−市場を形成しており、現在の市場規模4兆円超であることを日本人のおやじ世代は知らない。
ポケモン市場規模、で検索してみたらよろしい。

歩きスマホとこのゲーム、まして倒産などとは関係なし。
人がゲームに夢中になるのは昭和の時代からあること。
歩きスマホが気に入らないことで、会社の好況を妬むのは醜い。
任天堂の好況の本質を知らず、ゲームを下に見ている(ことが漂っている)こと自体、視野がせまい。


私も本気で「任天堂が倒産する」とは思っていないが、マジ反応した視野さんも1ヶ月後にはどう思うことになっていることやら (^◇^)

ポケモンGOでの歩きスマホに罰則を与えることはできないだろうが、車やバイクの運転中の「ながらスマホ」で何件も事故が起きれば厳しい規制が掛けられることになるのは必定。ポケモンGOが抱えている問題は事故や事件だけではないようで、「ゲームとして面白ければいい」という話にはならない。

任天堂が儲かっても僻んだりもしないしゲームを下に見ることも無い。ただ、自損事故でも巻き添えでも、こんなことで命を落とすことがあったら実につまらない話。私はそれを危惧しているだけである。



posted by poohpapa at 03:17| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

立川にジャーナリストが来ていた

午前中にJR青梅線で昭島まで案内に出掛け、12時55分頃立川駅まで帰ってきたら、北口が騒々しい。都知事選の主要3候補のうちの誰かが来ているんだろうな、増田氏は2回も来ているから無いだろうな、と思っていたら、ジャーナリストだった。私が「鳥越だった」と書かないのにはワケがある。

支援者が持つ幟に「ジャーナリスト本人が来ています」と書かれていたからである。なんじゃそれ??

名前を書くと「淫行」を連想されるからだろうか、などと邪推してしまいそう。2階のコンコースの通路から野次馬がたくさん下を覗き込んでいたが私はスルー。出されたチラシも受け取らない。

支援する人たちも辛いだろうな・・・、と思う。

posted by poohpapa at 14:44| Comment(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんでこれが無期求刑 !? ( `ー´)ノ

筑後暴行死、夫に無期求刑…「反省の情は皆無」

暴行致死じゃなくて「未必の故意」の殺人でしょ !?

しかも3人も・・・。殺し方も陰険で残虐で、情状酌量の余地もないし反省もしていない・・・。十数年もしたらこんなのでも娑婆に戻るワケで、検察側の求刑ミスでしょうよ、明らかに ( `ー´)ノ



posted by poohpapa at 08:28| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先日の台湾バナナ騒動の顛末

先日、from中武の地下のマルエツで台湾バナナとして購入したバナナに「台湾バナナではないな」との疑念を抱き、マルエツに現物を持って行って「調査してくれるよう」依頼した結果の連絡があった。

随分と経っているので「もう放置されるのかな」と思っていたのだが、連絡は頂けたのでそれは安堵。電話は副店長からで、「お調べした結果、台湾バナナで間違いありませんでした」との報告。

どうやら輸入証明書などの様々な書類を辿っていって照らし合わせて調べてくれたようだ。それで「問題なし」「台湾バナナ」との結論に至ったようだが、私が持参した現物は食べてくれたのだろうか。そんな書類より何より、一口食べれば直ぐ判ること。だいいち、その書類と今回のバナナのものが一致しているとは限らないし、そんなのは調べようがないのでは、と思う。流通経路のどこかで(悪意で)入れ違っていることも考えられるから信用できない。初めに結論ありきで帳尻を合わせているようにも思える。もし台湾バナナで間違いなかったとしても、品質の悪い商品を仕入れてしまったのは事実である。

マルエツを訪ねた直後に別のスーパーのバイヤーさんに食べてもらったら言下に「ああ、これはフィリピンですね」と仰っていて、私の印象と同じ。フィリピン産も最近では高地栽培モノやら完熟モノが出ていて美味しくなっているが、明らかに昔からある安物のフィリピンバナナの味と食感だった。

私の「現物はお食べになりましたか?」の質問にはハッキリ答えなかったから副店長は食べていないと思われる。食べていたら「食べました」と言えるハズ。そのあたりは鳥越俊太郎の淫行疑惑と同じ。していないのであれば「してない」と言えるのだから。ま、私は、元女子大生は本当のことを話していないと思っているが。と言うより、隠していることがありそう。それは鳥越俊太郎にとっては助かる話で・・・。

で、話を戻して、まあ連絡を頂けたからこれ以上のやり取りはしない。私が心配しているのは、どこかで悪意の入れ替えや偽装があって、それをマルエツが調査しきれずにいて「問題なし」「間違いない」という結論を出したなら、今後マルエツは卸業者に舐められるだろうし、同じことが起きないとも限らない。信用に関わる話だとも思うから注意を促しただけ。交換だの返金だの賠償だのと騒いでもいないし、私は今後マルエツでは台湾バナナを購入しない、それだけのこと。いろんな人に話すだろうけど・・・。

残念なのは「現物を持参したのにどうして担当者が食べてないんだろう」ということ。どんな書類より確かな証拠だと私は思うのだが・・・。

これ、「私も食べてみましたが、お客様のご指摘通り、従来の台湾バナナの味や食感とは違うように私も思いますね。ですが、輸入証明書なども辿って調べましたが書類上は不備が無く、台湾バナナで間違いないことになっています。今後は抜き打ちでチェックしたりして品質向上に努めさせて頂きます。こんな内容ではご納得頂けないかと存じますがどうぞご了承ください」くらい言えばいいのに・・・。

Tポイントも付くし、これで「マルエツなんかもう行かない」にはならないけど、残念な報告だった。



posted by poohpapa at 05:41| Comment(2) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先日のバナナ騒動の顛末

先日、from中武の地下のマルエツで台湾バナナとして購入したバナナに「これは台湾バナナではないな」との疑念を抱き、マルエツに現物を持って行って「調査してくれるよう」依頼した結果の連絡があった。

随分と経っているので「もう放置されるのかな」と思っていたのだが、連絡は頂けたのでそれは安堵。電話は副店長からで、「お調べした結果、台湾バナナで間違いありませんでした」との報告。

どうやら輸入証明書などの様々な書類を辿っていって照らし合わせて調べてくれたようだ。それで「問題なし」「台湾バナナ」との結論に至ったようだが、私が持参した現物は食べてくれたのだろうか。そんな書類より何より、一口食べれば直ぐ判ること。だいいち、その書類と今回のバナナのものが一致しているとは限らないし、そんなのは調べようがないのでは、と思う。流通経路のどこかで(悪意で)入れ違っていることも考えられるから信用できない。初めに結論ありきで帳尻を合わせているようにも思える。

マルエツを訪ねた直後に別のスーパーのバイヤーさんに食べてもらったら言下に「ああ、これはフィリピンですね」と仰っていて、私の印象と同じ。フィリピン産も最近では高地栽培モノやら完熟モノが出ていて美味しくなっているが、明らかに昔からある安物のフィリピンバナナの味と食感だった。

私が「現物はお食べになりましたか?」の質問にはハッキリ答えなかったから副店長は食べていないと思われる。食べていたら「食べました」と言えるハズ。そのあたりは鳥越俊太郎の淫行疑惑と同じ。してなければ「してない」と言えるのだから。ま、私は、女子大生は本当のことを話していないと思っているが。と言うより、隠していることがありそう。それは鳥越俊太郎にとっては助かる話で・・・。

で、話を戻して、まあ連絡を頂けたからこれ以上のやり取りはしない。私が心配しているのは、どこかで悪意の入れ替えや偽装があって、それをマルエツが調査しきれずにいて「問題なし」「間違いない」という結論を出したなら、今後マルエツは舐められるだろうし、同じことが起きないとも限らない。メンツに関わる話だとも思うから注意を促しただけ。最初から交換だの返金だの賠償だのと騒いでもいないし、私は今後マルエツでは台湾バナナを購入しないだけのこと。いろんな人に話すだろうけど・・・。

残念なのは「現物を持参したのにどうして担当者が食べてないんだろう」ということ。どんな書類より確かな証拠だと私は思うのだが・・・。

これ、「私も食べてみましたが、お客様のご指摘通り、従来の台湾バナナの味や食感とは違うように私も思いますね。ですが、輸入証明書なども辿って調べましたが書類上は不備が無く、台湾バナナで間違いないことになっています。今後は抜き打ちでチェックしたりしてお客様にご満足頂けるよう努めさせて頂きます。こんな内容ではご納得頂けないかと存じますがどうぞご了承ください」くらい言えばいいのに。

Tポイントも付くし、これで「マルエツなんかもう行かない」にはならないけど、残念な報告だった。



posted by poohpapa at 05:40| Comment(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

巨星(巨泉)墜つ

私が知る限り、あんなに幸せな人生を送った人はいない、と思う。時代の寵児であって好き勝手に82歳まで生きて、若くて美しい奥様を頂いて、いろんな体験をして、惜しまれて死んでいく・・・、これ以上は望めない最高の生き方ではあったと思うが・・・、悲しいかな、人間、死んだらお仕舞い。

尊敬する部分もあるが、巨泉氏に対しては、二つ「ん?」という場面に出会ったことがある。

以前も書いたが、

ある番組で外国の人気俳優を呼んだ際、通訳もいたのだが少しは英語ができる巨泉氏が、結局一度も通訳を介さず(通訳の出番が無いまま)コーナーを終えてしまった。その時に「この男はダメだな」と思った。プロを呼んだのなら、例え直接話したほうが番組進行的には早くて多くの質問ができたとしても、プロに通訳して頂くべきだったのではなかろうか。通訳の男性、横で「困ったような顔」をしていた。

自分で試みるなら、冒頭で「私も少し英語を齧っているので、今日は専門家の方にお越し頂いていますがなるだけ自分で会話をしたいと思います。難しい部分が出てきた時には助けて頂きたいと存じますので宜しくお願いします」と言っておけば通訳の方の顔も立つし不自然な感じもしなかったと思う。冒頭で「断り」を入れないなら、終わった後に一言通訳の方にお詫びするのでも良かったかな、とも。

もう一つは、ニュージーランドを旅した時に、巨泉氏の経営する土産物店の従業員の女性がホテルに訪ねてきて我々に「お店にお越し頂けないでしょうか。一人でも二人でも、何も買って頂かなくてもかまいません。どうかお願いします」と悲愴な表情で何度も言っていた。我々はツアーで、相当にハードスケジュールだったので、クライストチャーチのホテルに到着した時には全員が疲労困憊していて、可哀想とは思っても、体力的に「これから再び出掛ける」というのはとても無理だったから一人も応じなかった。

あの時の女性、巨泉氏がその店にいたかどうかは不明だが、店に戻って「一人も呼べなかったのはどういうことか」と叱責されていたであろう。表情に恐怖が浮かんでいたから。私個人は、疲れていたこともあるけど、「従業員にここまでさせる店で買い物したくない」という思いが強かった。巨泉氏の方針なのか、売り上げが落ちていて店長の判断で発破を掛けていたのかは不明だが、それ以来、巨泉氏に好感が持てなくなった。

自分だけは幸せな人生を歩んだ人、というのが私の巨泉氏への印象。

ただ、巨泉氏のレベルには遠く及ばないけど、もしかすると私もそうなりそう・・・(*´ω`)

posted by poohpapa at 05:24| Comment(8) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

やはり文春 (*^_^*)

都知事選の有力候補の一人、鳥越俊太郎に女性疑惑、と今日発売の週刊文春で明かされるようだ。

さすが文春 (^◇^)

それにしても、このタイミングで出すのだから文春には並々ならぬ覚悟があると判る。応援したい


以下は SANSPO.COM より、一連のニュース、

鳥越氏に「淫行」疑惑報道 報道陣の問いかけには答えず

鳥越俊太郎氏の弁護団、週刊文春を告訴へ「女子大生淫行」記事は事実無根

鳥越氏に淫行疑惑報道…21日発売「週刊文春」掲載、弁護団は抗議文送付

鳥越氏が“淫行”報道に反論「週刊誌の仕事をしていたからわかる。何か政治的な力が働いた」

これが事実無根なら、選挙期間中だけに「ただの名誉棄損」では済まないから週刊文春は強烈なダメージを負うことになる。発行に踏み切ったからには「よほどの裏付け」を取っていたんだろう。

どこかで読んだけど、「好色選挙法違反」なんだと! (座布団10枚)

文春は安倍政権も叩いているから政治的な力が働いたとは考えにくい。共産・民進などの支持者でない浮動票では相当な影響を受けることだろう。さて、SEALDs のお坊ちゃん、お嬢ちゃんたち、どうすんのかな?


posted by poohpapa at 08:43| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

偶然の嬉しい再会 (*^_^*)

昨日、ドン・キホーテに腕時計を買いに行った。腕時計は5個所有しているが、買いたかったのは広告の品で、値段は990円。どうしてそんな安物を買うかと言えば・・・、ペルー旅行用、である。

ふだん私がしているのは、えへん!、ペルーに2度行けるくらいの価格の ROLEX で、ペルーは治安に不安があるので、もし暴漢に盗られることがあっても惜しくない安物を着けていくことにしたのだ。

その時計がこちら、

DSC00559.JPG
機械は日本製で10気圧防水となっているが、たぶん日常生活防水くらいだと思う。

実際には990円の特売品には好きなデザインの時計が無かったので1990円のを購入した。その前に、7階の100円ショップにも行って物色していて、150円の時計があって、金額的にはそれだと有り難かったのだがデジタル式しかなく、パッと文字盤を見て(時刻だけでなく)残り時間などが瞬時に判るのはアナログ時計なので、それは断念。再び3階に下りてこの時計に決めてレジに持って行くと・・・、

どこかで見た顔のお姉さん・・・。私が「あああ・・・」と言うと、「覚えていてくださったんですね」と笑顔。「実は、昨日もいらっしゃってましたよね。私に特売の時計の売り場を訊かれたんですよ。売り場まで案内した時に気付いてましたが黙ってました」とのこと。昨日、私は全く気付かなかった。

うちのも一緒にいて、「見覚えがある」と思っていたようだが、どこで会っていたかまでは思い出せないでいた。すると、お姉さんのほうから「グランデュオの支那そば屋です」と教えてくれた。そのお姉さん、私の大嫌いな中国人ではあるのだが、とても感じが良いから私は中国人だとは思っていない。普通に日本語を話せるし敬語の使い方も日本人以上に見事なのだ。彼女についてだけで言えば、私は外国人参政権に大賛成 💧

昨日気付かなかったのは、制服が違っていたから、である。女性は制服が変わるとイメージも全く変わってしまうもの。向こうが気付いたのは、私のほうはいつもと同じ服装と体型だったからに他ならない。ふだん女性をよく観察している私でも気付かなかった、いや、気付けなかった。女は怖い (*^_^*)

支那そば屋はグランデュオに1ヶ月くらい行ってなかったら店仕舞いしていたので、お姉さんとは1年以上も接点が無かった。それでも今回笑顔で接してくれたのは悪い印象を持たれていなかったからだろう。そういうのは凄く嬉しい。なんでも、うちの店から徒歩5分のアパートにご夫婦で住んでいるようだ。

「良かったら遊びにおいで。困ったことがあったら相談に乗るからね」と言うと喜んでくれた。それにしても、とても気分が良く嬉しい再会だった。

posted by poohpapa at 04:37| Comment(4) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

少しずつ返信を・・・

ずっと、頂いたコメントへの返信が滞ってますが、ぼちぼち取り掛かりますね。

ただ、当方の都合で順番が前後したりしますので、どうぞご了承ください。あと、日が空くかもです。

しばらくの間「とても気になっていたこと」が一つ片付きましたもので、少し気が楽になったりして。

今後も、どうぞ根気よくお付き合いください m(_)m
posted by poohpapa at 08:34| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥越俊太郎こそが東京にとっての癌

一見すると実年齢より若いし、渋くて、一流ジャーナリストのように見えるが、超弩級売国奴の鳥越俊太郎が都知事になったら都民にとっては舛添続投より悪夢である。それは間違いなく。舛添が打ち出した「都有地の韓国人学校への貸与」も撤回されず、条例による外国人参政権も実現しかねないから。

私は、マスコミやジャーナリストが時の政権に対して批判的な立場で監視をして発言したり報道すること自体は当たり前だと思っている。なので必ずしも常に公平中立でなくてもいい。だが、ジャーナリストやマスコミそのものが政治的に偏った思想を持って国民をミスリードするのは有ってはならないこと。

その最たるものが鳥越俊太郎である。立候補を決めた際のテレビ番組で、「安倍政権は戦後最悪の政権」と言い切っていて、世間から注目されている中でそれが言いたいがための立候補だったか、と思ったほど。鳥越の頭の中には村山富市も菅直人も無いようで、私からすれば、戦後最悪の政権のツートップが村山政権と菅政権なのだが・・・。村山富市が阪神淡路大震災の際に自衛隊への出動要請を逡巡したことでどれだけの助かったハズの命が失われたか、3.11の際、時の権力者であった菅直人の暴走でどれだけの混乱を巻き起こしたか、ということは、鳥越がジャーナリストであるなら解かっていなければならないこと。当たり前の感性や価値観を持っていれば解かることが解かっていない・・・。私が鳥越俊太郎を似非ジャーナリストと呼ぶ所以である。

ところで、都知事選が始まってしばらく経つが、立川市にはまだどの候補も訪れていない。どの有力候補者も「立川は東京都ではない」とでも思っているのだろうか。来たのは幸福の科学の七海某という候補者のみ。もし有力候補者の中で鳥越が真っ先に立川に来たなら、それならば鳥越俊太郎に一票を・・・、絶対に入れないけどね (^◇^)

と書いていたら・・・、昨日「とくダネ!」でやってたけど17日に立川に増田候補が来ていたようだ・・・。私に挨拶が無かったから気が付かなかったよ (おい)

4割にのぼる浮動票が当落の行方を決める、と言われているが、だとすると鳥越当選の目が出てくるかも。増田さん、アンタは追いつかないから今からでも降りたら?、と言いたくなる。

自民党も「自分たちのメンツ」と「左翼の鳥越に都知事になられることの結果と将来」を天秤にかけたら、何を(どちらを)優先すべきか分かりそうなもの。自民都議連もとことん馬鹿だねえ ( `ー´)ノ

参考までに、鳥越の本質を突いている以下の記事を貼らせて頂く。

他者の議論を「妄想」呼ばわりし、矛盾したことをいう鳥越俊太郎氏
ここまで論理が矛盾して破綻しているジャーナリストも珍しい (^◇^)

東京都知事選は参院選のリベンジ選挙と化している

この人は日本の味方か敵かという根源的な部分を真摯に問え

少なくとも、鳥越が弱者の味方で都民(納税者)目線で都民の為に働いてくれる、なんてことこそ妄想。鳥越は自分の主義主張しか考えない人物である。それは左翼の特徴で、顔や発言に表れている。

4年後の東京オリンピックの際に、まだ生きていれば80歳・・・。絶対に生きていてほしくない。

さて、ちょうど1ヶ月後の今日はマチュピチュにいる。あまり体調は良くなく、無事に旅行の日を迎えたいもの、と「自律神経失調症」と「腎臓病」を抱えている私も思っているほどで、鳥越が4年間の激務に耐えられるとはとても思えない。私と同い年の小池氏や増田氏に対しても「もう少し若い候補はいなかったのかな」と思ってしまうくらいで、海外の40代や30代の市長をニュースで見ると「経験が無いと務まらない」なんてことも無いんじゃなかろうか、と思える。自分が癌であることは何らウリにはならない。主張で一番共感するのは桜井誠氏なんだけど、消去法で(あまり好きじゃないけど)小池氏、かなあ・・・。

posted by poohpapa at 05:01| Comment(2) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

私がとっているメルマガから

毎日届くメルマガ「60億人の名言」の一昨日の名言。これ、もの凄く納得いくし嬉しい言葉 (^◇^)
 

≪ 今日の名言 ≫

 みんなが誉めるのは、おべっかである。六割が誉めて四割が貶すのが人材である。

                      (森 鴎外 小説家、軍医)


さて、今日は午後から保険会社「日本共済」の研修で水道橋まで向かう。以前に代理店になっていた日本少額短期保険では「適時研修を開催しています」と言いながら当社で代理店をしていた7年間で一度も研修が開かれていなかった。私にとって日本共済での研修は2度目で、テーマが変わる度に必ず受講するようにしている。何より、当社の担当者は3ヶ月に一度くらいは訪問してくださる。日本少額短期保険は7年間で一度だけ、しかも最初に挨拶に来ただけでその後はゼロ。替えて良かった (*^_^*)





posted by poohpapa at 04:55| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする