2016年09月02日

下痢に関する阪急交通社への質問に対する回答

帰国して医師の診断を受け、直ぐに阪急交通社にも報告と問い合わせをした。

添乗員さんから旅行中に「この後も同じツアーに3〜4回添乗することが決まっています」と言われていたし、全く同じ内容のツアーでなくても下痢の原因となるレストランとか料理を参加者が口にする機会があるかもしれないので注意喚起の意味合いで、である。間違っても「どう落とし前つけてくれるんや」などと脅すつもりで、ではないのだが・・・、回答を聞いて脅したくなった (*^_^*)

担当者曰く「調べましたところ、他に下痢を起こされている方はいらっしゃらないようで、ご指摘の『サラダの生野菜を洗う水』は現地では(日本と違って非衛生的でそのまま飲むことができない)水道水ではなくミネラルウォーターを使用しているので原因ではないと思われます」とのこと。

私以外に帰国後も下痢や腹痛を訴えている参加者が5人(私を含めて6人)いる。参加者は32名。それくらいの人数なら全員に問い合わせることは難しい問題ではないだろうし、正直に答えてもくれるだろう。全員に問い合わせていたのなら「私以外はいない」という結論にはならないハズである。ということは、ろくすっぽ追跡調査などしていないことになる。

さらに、現地のレストランが野菜を洗うのにミネラルウォーターを使っている、とは考えられない。日本と違い飲料水は高価である。国や地域によってはミネラルウォーターはテーブルワインより高価だったりする。こう言ってはナンだが、中南米の国の人たちが、よほどの高級レストランならともかく、一見(いちげん)さんの観光客の食事の為にそこまで衛生管理に気を使ってくれるとは思えない。

他にも心当たりはある。マチュピチュのホテルだったと思うが、部屋にミネラルウォーターが一人に1本ずつサービスで置いてあったのだが、見たことないラベルで、「飲んだ印象がミネラルウォーターとはちょっと違う」と言っていた人もいて、完全なミネラルウォーターではなくホテルで簡易的な衛星処理をしただけの水だったのかも知れない。いずれにしても、私の場合は、連れていかれたレストランでの飲食以外はしていないし飲んだのは(そのホテルの水も含めて)ペットボトルのミネラルウォーターのみ。

したがって、観光ルートの中にしか原因は無いことになる。これが「私だけ」というなら話は別だが・・・。今回は私より高齢の方たちも参加していて意外と元気ではあったが、最悪の場合、重篤な症状になってしまう人もこれから先のツアーで出る可能性はある。それを心配しているのだ。

だが、阪急交通社からの回答は通り一遍で温かみに欠けるし、危機感も感じられない。ただ、私は報告するだけはしたから、この先は知らない。

そうそう、そんな中で、旅行中に「ある発見」をした。私と同室のTさんが、あるレストランで添乗員さんに「薬を持っていないか」と訊いてくれたのだが、「持っていないのです。例え持っていたとしてもお客様には提供できないことになっています」とのこと。それには「なるほど・・・」と思った。良かれと思って渡した薬がもし合わなかったりして症状を悪化させたリ副作用が出てしまった場合に責任を問われる可能性もあるのだから、例え渡す際に「責任は負えませんよ」と念押ししたとしても、何かあったら責任を追及されることになるだろう。そういう毅然とした対応をされると逆に信頼を寄せることができる。

(私もホテルの部屋には置いてあったが)海外旅行に行く際には自分で最低限の常備薬を持ち歩くようにしていなければならない、という良い教訓を得た。海外旅行31回目にしてようやく・・・ (*´ω`)

posted by poohpapa at 03:33| Comment(10) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする