2016年09月17日

今日の記事に追加

亡くなったレモンの元飼主のことを私が「レモンを捨てた」と思う根拠を書き留めておきたい。

もし本当に転勤先でペット可物件が無かったとして、やむなく人様に託したのなら、子犬の時から飼っていたのだから、「レモンは元気にしていますか?」とたまには問い合わせてくるハズ。ましてや病気で治療を受けているなら、私なら「治療代を負担します」くらいは言う。それどころか、直ぐに携帯の番号を替えて連絡できなくしているのだから、確信犯ということ。

私が娘に、「お世話はオマエがするとして、オマエに話を持ち込んだ動物愛護団体の人に話して、その団体に治療代を負担してもらえば?」と言ったら、いちおう訊いたみたい。そうしたら、相手が自分の財布を出して「組織としては出来ないから私が個人的に・・・」と言ったんだと・・・。そういうのは汚い

そう言われたら娘も「じゃあ結構です」と言うよね、そりゃあ。娘も自分で出せるから辞退したワケでなく、親を当てにしてるし・・・ ( `ー´)ノ

私は基本的に〇〇愛護団体だの〇〇保護団体だのという組織を信用していない。現実を直視せず、誰もが異議を唱えにくい立派なお題目を掲げて、それで人のカネや善意に頼り切ってる団体だから。

ま、ちゃんと治療も受けられてレモンが最期は幸せだったろうから、それだけが救いである。

posted by poohpapa at 17:36| Comment(4) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「レモンが死んだ・・・」

昨晩、いつものように軽い夕食で「素麺」を一口食べたところに娘から電話。

「今日、レモンが死んだ・・・」とのこと。レモン、というのは、前飼主が「移転先でペット可物件が見つからないから」と動物愛護団体に託した犬で、その職員から娘が頼まれて預かった犬のこと。

転勤先の仙台でペット可物件が見つからないワケがないし、以前から心臓の病気を持っていたようだから、元の飼主は知っていて動物愛護団体に託した、いや、棄てたんだろう。子犬の時から飼い始めて10年、これから病気で治療にカネも掛かる、ということで「知っていて棄てた」と私は疑っている。現に直ぐに電話も繋がらなくなって逃げているし無責任にも程がある。そんな奴にペットを飼う資格は無い。

娘のところには先住犬がいたが、幸い拒絶することもなく仲良くしてくれて、亡くなる数日前からはいつになくレモンに寄り添ってくれていたようだ。人間には感じることができない予知能力だったものか。

娘に「最期は苦しんだか?」と訊くと、「いつもの餌を食べないんで、缶詰を開けて出そうとしたら寝ちゃってて、そのまま死んだみたい」とのことなので苦しまずに眠るように死んでいったのだろう。

レモンはその日(昨日)のうちに荼毘に付されたとのこと。なんでも車で迎えに来て、車の中で燃やしてくれるらしい。煙も出るから住宅街から離れた場所で処置するようだ。帰ってきたお骨の中には「燃え切らなかった塊」があって、正常な細胞は燃えてしまうけど癌細胞は燃え切らずに残るとかで、もしかすると癌も患っていたのかも。辛かっただろうけど、レモンは娘に貰われて幸せだったと思う。薄情な飼主の元を離れて、病気を持っているのが判っても「保健所に連れていく」などという選択肢はなく、最期まで愛情を注いでくれたのだから。そういうところは娘を誇りに思える。もちろん、陰に私というスポンサーがいてこそ、ではあるだろうけど。

荼毘に付す費用は25000円。先日、先住犬が壁に穴をあけてコンセントと電気コードがむき出しになっているとのことで、万一火災が起きて死者が出たなら連帯保証人の私に巨額請求が来るから、管理会社に連絡して早く修繕してもらうよう言い、私自身の保険の意味でその補修代28000円を振り込んでおいたのだが、それを荼毘の費用に回したらしい。一月に両方は払えない娘は大いに助かったようだ。

ハッキリ言って、不幸だったのは私だけだ。治療代は家族カードで支払っているから私が出していて毎月4万近くの負担だった。「ちゃんと返す」と言ってはいるが、今の暮らしの中でどこまで返せるかは疑問である。娘には「オマエが悲しみに浸っていられないくらいに厳しく取り立てしてやるから」と言っておいた。正直、レモンが死んだと聞いて最初に「ああ、これで毎月の負担から解放される・・・」と思った。

考えようによっては私も幸せだったかも。娘はそういう時に母親(前妻)には頼まないで私に相談してくれるのだから。ま、頼みやすい方に頼んでいて、単に利用されてるだけかも知れないけど (*´ω`)

以前、一度だけレモンと会った時の、「ご迷惑をお掛けしてすみませんねえ」とでも言っているかのような眼で私を見上げる(申し訳なさそうな)表情が忘れられない。

娘には、「もう動物愛護団体から頼まれても安易に引き受けるなよ」と言っておいた。そういうのは他人様に負担を掛けずに「自分ができる範囲でしか受けるべきではない」のだから。

さて、娘からどうやって累積治療代の60万を取り立てるか・・・。アパートの悪質滞納者の取り立てで慣れてはいるが、生活に支障が出ないように配慮もしなければならないし、難しいところだ (*^_^*)



posted by poohpapa at 05:33| Comment(4) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする