2016年10月11日

2016.8 ペルー旅行 22 「マチュピチュ駅に戻る」

今回の旅のハイライト、念願のマチュピチュ遺跡観光を終え、バスでマチュピチュ駅に戻り、マチュピチュ駅ちかくのレストランで昼食。ペルーはどこのレストランに入ってもハズレが無いみたい。

DSC01180.JPG
前菜、海老とアボカドのなんたらかんたら

アボカドは好きじゃないけど、、これは美味しかった。

DSC01181.JPG
たかさんが頼んだビール、これも味見させてもらったが旨い

DSC01182.JPG
私が頼んだパイナップルジュース、ペルーのレストランではそればっか

DSC01183.JPG
メインの料理

もうこの頃から食事があまりとれなくなっていた。メインの料理を食べたかどうかも覚えてないほど。

DSC01185.JPG
マチュピチュ駅前の広場

我々が泊まったホテルの前ではアンデス地方の民族音楽フォルクローレを演奏している人たちがいた。タダで聴かせてくれるが、もちろんCDを売るのが目的。日本人にもなじみの深い「コンドルは飛んでいく」とか「花祭り」を演奏していて、なんか懐かしい。こちらはネットで見つけた「花祭り」のギター独奏版。

DSC01189.JPG

DSC01187.JPG

こちらは単独で、

DSC01192.JPG
少ししか離れてない場所でやってるから互いに相手が休んでいる間に演奏

私はウォークマンを持ってきていて、その中にはフォルクローレのアルバムも入っているのでCDは購入しなかったが、現地で生演奏が聴けるのは嬉しい。

食事の後、1時間の自由時間があって、その後、マチュピチュ駅からオリャンタイタンポ駅に向かう。

DSC01193.JPG
駅構内のベンチは人で溢れ、しかたなく外で列車を待つ人たち

DSC01179.JPG
こちらは我々が乗らないほうのペルーレイルの列車(先頭車両)

ちなみに、マチュピチュ駅⇔オリャンタイタンポ駅の列車にはスーツケースは積めないので、マチュピチュ村で一泊する我々は、一泊分の着替えや洗面用具などをリュックやバッグに詰めて持って行き、スーツケースはクスコのホテルに予め運んでおいてもらった。そういうところは少し不便ではあった。

posted by poohpapa at 04:45| Comment(2) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すみません、こんなのが私の母校(高校)の先輩です

昨日の記事の続きみたいになっちゃうけど・・・、

朴大統領と経団連会長が会談 共同で第三国へ連携強化

今、この時期に、のこのこ韓国に出向いて行って何をしているのか! ( `ー´)ノ

ただ仲良くすればいい、というもんじゃないのは子供にだって分かること。もう「馬鹿」としか言いようがない。榊原・・・、50人のクラスに8人くらいはいる(うちの田舎では)最も多い苗字で、まあ、同級生にはその苗字の親友もいるけど、碌でもない奴(サイコパス)もいたっけ・・・。

経団連会長として自分が何を為すべきで何をしてはならないのか、解かっていないのは恥ずかしい。元々、この男が経団連会長になった時、晴れがましい気持ちより「こいつ親韓だったハズ」という危惧のほうが大きかったが、もう現実になっている。榊原定征・・・、歴代で最低の経団連会長になるだろう。

posted by poohpapa at 04:37| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする