2016年10月12日

うちの街の名物バアさん (^◇^)

うちの街の「たましん本店」前の交差点、横断歩道の渡り口に、いつも車椅子のバアさんがいる。晴れた日だけでなく雨の日もご丁寧に雨合羽を着て交差点を見張っていて、何をしているか、と言うと・・・、

赤信号に変わるギリギリのタイミング、というか、もう赤に変わってると思うんだけど、そういうタイミングで突っ込んでくる車に対して、ず〜っと大声で文句を言い続けているのである。声がよく通るから、もう少し若ければ魚屋の店員とか伊勢丹のマネキンも務まったのでは、と思えるほど。

大声で、「赤だろうが馬鹿野郎!、もう(こっちの歩行者信号は)青になってんだよ、危ないだろが!」と怒鳴っていて、先日は「おい、そこの2012番、もう青だろが!」などと横断歩道を塞いで停まっている車のナンバーを名指しで注意している。おそらくは運転者にも聞こえていると思われる。我々も日ごろから無理に突っ込んでくる車が不愉快で危なく思えていたから、このバアさんに「うるさい」と注意するつもりもない。向かい側に警察官がいても、言ってることは間違いではないので注意はしないし。

車には文句を言うが、歩行者が赤信号で渡っても文句は言わない。対象は、あくまで車、である。

そこの交差点、歩行者用横断歩道は道幅5mくらい。変則的な5差路で、泉町方向(イケヤや官庁街)から交差点に(国立方面に向かうべく)進入する車は赤信号になるギリギリのタイミングだと距離があって横断歩道の信号は既に青に変わっていたりする。しかも前が閊えて(つかえて)いるとバス通りを塞ぐようなかっこうになるから、その歩行者用横断歩道の信号が青になるタイミングより10秒くらいは早く赤にならないと危ない。いつか警察に進言しよう。と言っても、立川警察はクソの役にも立たないけど。

で、そのバアさん、昼間だけでなく夕方もいる。誰も付き添っていないけど、トイレなんかはどうしているんだろ?、と思ってしまう。どこに住んでるのかな、という興味もある。その昔、記事にしていた「コーラおばさん」も最近は見かけないから、新たな街の名物バアさん誕生、というところか。

毎日いつも見掛けるから、そうなってくると、たまにいないと「具合でも悪いのかな・・・」と心配になる。先日もいないので「珍しいな・・・」と思っていたら、ドン・キホーテの100円ショップのレジの外にいた。もしかして「百円だからってそんなに買い込むんじゃねえよ、馬鹿野郎!」などと客に怒鳴るのかな、と思って見ていたら、意外にもずっと静かだった。やはり具合が悪かったか (*^_^*)

私はこのバアさん、正直、嫌いではないが、立川には「ちょっとおかしな人、変な人」が集まってくる。なぜそうなるかと言うと、現市長が潘基文なみに無能だから、である。次回の選挙では落としたい。

私も今より歳を取ったなら、その時は、このバアさんと同じことをしているかも知れないな、と思う。性格的には非常に近いものがあるから (´・ω・`)


posted by poohpapa at 05:30| Comment(6) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする