2016年11月30日

免許の返納と配送無料制度

高齢者の運転による事故が増え、家族の勧めもあって免許証を返納する人が増えてきたようだが、

先日、伊勢丹の酒売り場で買物していてソムリエさんから面白い話を聞いた。

常連の高齢のご婦人がワインを買い求め、サービスカウンターに行って自宅への配送を依頼していたので、ソムリエさんが「送料が掛かってしまいますが宜しいのでしょうか?」と訊くと、そのご婦人、

「あら、ご存じないのですね」と言ってバッグから免許証を出して見せる。その裏には「返納」の文字がある。「年寄りが免許証を返納すると、今までは車で買い物に行っていたのに不便になるから、ということでデパートなんかで買い物をした際、配送無料で自宅まで届けてくれるのよ」とのこと。もちろん、配送先はあくまで自宅でなければならない。他所に送るなら有料になる。

それは実に良いアイデア、システムだと思う。私の毎日の訪問先「たなぼた」さんのところで、「宮崎県西米良村では、免許を自主的に返納したお年寄りに14万円分余りのタクシー券を支給する」という記事を読んだのだが・・・、まあ一時金ともいえる14万分のタクシー券にも目が眩むが(おい)、そういう細かなフォローは嬉しい。私の場合は車も手放し、カーシェアも3ヶ月に一度利用するかどうかの頻度だし、もしもの際のことを考えたなら不安だが、車の免許は無くてもとくには困らない。

不動産屋という商売でも、会社で車を保有していて使うのと、必要がある度にタクシーを使うのと、どちらが得かと言えば圧倒的にタクシーを使うほうである。ま、案内をされるお客さんがタクシーでだと気になってしまうものだろうけど、会社の車で案内されるほうが遥かに経費としては高くつくもの。車は乗っていなくても保険だ車検だ駐車料だ、とカネを食う。動かせばもちろんガソリン代も掛かる。バカにならない。

立川でも免許証の返納に対して何か特典を設けているかどうか今度調べてみよう。私は間もなく前期高齢者になるから、きっと何かの特典の有資格者にはなるだろう。あ・・・、そういう場合は最低でも70歳以上でないと対象にはならないか・・・。仕方ない、もうしばらく所有していよう (^◇^)

posted by poohpapa at 04:23| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

驚きのプレゼント、サービス、タダ (^◇^)

伊勢丹の地下に出店していたパン屋さん、以前も買ったことがあって美味しいのは分かっていたので、フラッと立ち寄った。大きくて丸いカンパーニュと、いろいろ試食させて頂いてメープルのパンを購入。その後、他に客もいなかったので、しばらく店のオニイサンとオネエサンと雑談を楽しむ (^^♪

DSC01322.JPG
けっこう大きくて、どちらも、これがメチャウマ

右のカンパーニュは人気商品で、生でハチミツやオリーブオイルをつけて食べても焼いてマーガリンを塗っても美味しい。もちろんジャムにも合うだろう。硬めだがいろんな楽しみ方ができるパンである。

いろんな種類のパンの試食が出ていたが、私が「この(写真の)小豆のパンの試食はありますか?」と訊くと「ああ、そのパンの試食は出てないですね、すみません」と言ってオニイサンが「ちょっとお待ちください」とテーブルの下に潜ってゴソゴソ・・・。何をしているんだろ、と思いながら待つことしばし、

「これ、宜しければお持ちください」、と出したのは試食ではなく商品そのもの・・・(へ??)

試食が出てないからと言って、売り子さんが商品を丸々くださるのは初めての体験で驚いた。

「ホントにいいの?」と訊くと、「ええ大丈夫です」だと・・・。その意外な理由を聞いてまた驚き。

「とても仲の良いご夫婦の様子と素敵な笑顔を見せて頂いて気分がいいものですから・・・」とのこと。そんなにベタベタしていたワケでもないし、素敵な笑顔でもないと思うのだけど・・・。ま、くれると言うものは辞退しないで有り難く頂くことに(せこ💧

DSC01327.JPG
こちらが頂いた「小豆と抹茶のデニッシュ」

貰いっ放し、というのも気が引けるので、たまたまポケットに入れていたラムネを2本差し上げた。

DSC01325.JPG
左が普通のラムネで、右がブルーハワイ味のもの。仲良くしているワイン売場のスタッフにあげようと思って持ち歩いていたが姿を見かけなかったので持ち帰るつもりだった。役立って良かった (*^_^*)

夕食に、カンパーニュと頂いたデニッシュを切って食べたが、お兄さんの気持ちが籠っていていつもより数倍美味しかった。昼間は仕事で二つも嫌なことがあったが、お陰でいい一日になった。





posted by poohpapa at 05:38| Comment(4) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

「えびせんべいの里」の海老煎餅

先日、商用で名古屋に帰省した際、足を延ばして美浜町の「えびせんべいの里」に行って大量の海老煎餅を買い込み、日ごろ仲良くさせてもらっていて、歩いて届けられる人たちにお配りしたのだが・・・、

皆さんから「アッと言う間に食べちゃいました」との連絡を頂いた。小さな袋、ではない。わりと大きめの袋に入った「えびみりん揚げ」と「みりん小丸」の2種類で、食べでがあるハズなのだが・・・、それが「もう食べちゃった」というのだから、差し上げたほうからすると凄く嬉しい。持て余されるよりいい。

世界中の食べ物に精通していて「有名ではあっても何が美味しくて何がさほどでもないか」に明るい売り子さんが今7階の催事場でお歳暮を担当しているが、「ここで売られているお煎餅より美味しいですよ、ほんと」と仰ってくださって、それはお世辞ではないと思うので、そんな言葉に励まされたりして・・・。その方、オマケで付いてきた小袋(数種類のお煎餅が一枚ずつ入っているもの)がとくに気に入ったようで、オマケを2袋追加で届けたりした。なんでも、ビールのつまみに合うらしい。うちのも同意見。

よくよく考えてみたら、えびせんべいを届けたのは全員が女性だった。直接「アッと言う間に・・・」と仰る人も、メールで「子供が喜んで・・・」と送ってきてくださる人もいて、そんなに喜んでくださるなら通販で追加注文して近いうち皆さんに再度届けたいと思う。なんせ、相手に喜んで頂けるのが何より嬉しいから。

実は帰省する前、伊勢丹に行ったら、いつものソムリエさんからフランスに帰省した際のお土産を頂いたり、サービスカウンターのスタッフからは「栃木に研修に行ったので」とお土産を頂いたり、売り子さんからは超高級チョコレートを頂いたりしていて、そのお返しという意味もあった。何やら無限ループになっている感もあるが、そういう人間関係は楽しいから私は好き。ま、相手の負担になってなければいいのだが・・・ (´・ω・`)

そう言えば昔、「やめられない 止まらない」というキャッチフレーズで売られていたお菓子もあったっけ。私も、えびせんべいの里で売られている数十種類のおせんべいの中では今回届けた2種類が一番好きで、食べ始めると止まらなくなるから、そうなるのはよく分かる。

水曜日、食物アレルギーの娘が来て、最近は「食べられない物」がさらに増えているとのことだったが、「このお煎餅なら食べられる」と言って、うちのストックの分を喜んで持って帰った。夜になって、アレルギーが出てないか心配になって電話したら「一気に半分くらい食べちゃった」とか、杞憂だったか・・・。

うちの分も無くなってしまったし、ソムリエさんが一時(フランスに)帰国してクリスマス前に日本に戻るから、タイミングを見て追加注文しよう (^◇^)

posted by poohpapa at 05:55| Comment(6) | グルメ・クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

読売新聞のジャパネットたかたの広告を見て

水曜日、久しぶりにガストのモーニングに出掛けた。個人的な事情でしばらく行っていなかったのだが、用ができたから、である。個人的な事情、というのは、いつもモーニングに行く際にはスタッフに美味しいお菓子を何か持参していたのだが、適当なお菓子の在庫が無くなってしまったから、というもの。用ができた、というのは、先日、田舎に帰った際に買った「海老煎餅」を当社のお客さんでもあるスタッフに届けるついで、である。伊勢丹や東急ストアのスタッフの方たちに始まって、これでやっと配り終えた。

で、テーブルに置いてある読売新聞を読んでいて、直ぐにメールを打った。載っていたのはジャパネットたかたのダイソンの掃除機の広告。縦型の小型タイプと通常の掃除機2台セットで59800円というもので、メールしたお相手は、ある家主さん。

火曜日に駅前の大きな交差点のあたりでバッタリ会っていて、その際、手提げ袋にダイソンのパンフレットが入っているのが見えていた。「今、ビックカメラでちょっと下見をしてきたんですよ」と仰っていて、もしダイソンの掃除機を検討していたならそのジャパネットの売出しは凄く安い。私はジャパネットの回し者ではないが、普通の掃除機を一台買えば縦型のがオマケで付いてくる感覚。これは知らせねば、と思った次第。ただし、家主さんもご覧になっているかも知れないし大きなお世話なんだろうけど・・・。

「細かいところに目配りしている」と思われるか、「余計な話に首を突っ込んでくる」と思われるか、どちらか分からないけど、ま、その家主さんとは信頼関係は築けているからたぶん大丈夫だろう。

ところで・・・、水曜日、私は平日だと思い込んでいたが祝日だったので、モーニングは本来なら7時から。間違って6時半に着いてしまったが、馴染みのスタッフが中に入れてくれたので暖かい席で新聞をゆっくり読むことができたし、早めにコーヒーを頂くこともできた。仲良きことはいいことかな (^◇^)



posted by poohpapa at 05:16| Comment(2) | 家主さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

とても有意義な研修

昨日、宅建協会の研修には似つかわしくない、と思われそうな研修を受けてきた。

支部のレディース部主催で一般の人も受けられるもので、「救急救命講習」である。定員は40名、支部からFAXが流れてきて真っ先に申し込んだ。レディース部主催といっても男性も受けられるもの。

不動産屋の研修で何で救急救命?、と思われるだろうけど、高齢者の単身入居が多くなってきて、何かの用で尋ねた際に室内で倒れていて、たまたま倒れてから時間が経ってなくて救急処置で助かった、なんてことが無いとも限らないのだから不動産屋(管理会社)にとって必要性は高いと思われる。

消防署の協力により、講師がAEDの機材と最新のテキストを用いて実技もして実に解かりやすく教えてくれたが、そのテキスト、何箇所もあるカメラマークのイラストにスマホをかざすと動画が見られるようになっていて、講習に参加していない人も大切な部分はスマホで見られるし、講習に参加した人が復習することもできる。ただし、ガラケーの私は見られないから後でうちのに見させてもらおう (*´ω`)

と言うか、(うちの家庭内だけで言えば)うちのと私の年齢差を考えたら、こういう研修は私よりうちのが受けておくべき、と思っていたので、そういう機能は実に有り難い。

AEDは、今では全国のコンビニや大型店舗、公民館などの公共施設等々どこにでも設置されていて使い方も簡単ではあるが、使ったことが無ければイザとなったら慌ててしまうもの。一度知っておけば忘れることが無いくらい簡単。それと、初期の判断と対応がいかに大切かが分かったのは良かった。今後、必ず役立つ時があるだろう。正直、もう一回同じ研修を受けてしっかり覚えておこう、と思ったほど。

昨日、初めて知ったのだが、胸骨圧迫(心臓マッサージ)は心臓を蘇生させて脳に酸素を送るための手段で、AEDは心臓を停めるためのもの、とのこと。てっきり心臓に電気ショックを与えたり信号を送って元通り動くようにさせるもの、とばかり思っていた。状況によっては(正しく働かなくなっている)心臓を一度停めて、そこから正しい脈を打つようにする機械らしい。もちろん、停める必要が無ければ停めたりはしない。そのへんは機械が音声によって素人でも間違いなく扱えるよう指示を出してくれる。

あと、どうして倒れているか(心臓が停止しているのか呼吸ができなくなっているのか)によって119番通報を先にするか後にするかも違ってくるとのこと。喉に何かを詰まらせていたなら119番通報より応急措置のほうが先になるのは当たり前で、心臓が停止しているような場合は先に救命措置に入ると119番通報するのが遅れてしまい致命的になる、という説明はとても解かりやすかった。

自信がついた、というほどではないが、これで「もしも」の際に慌てなくて済むことだろう。

ところで、レディース部の部長のTさん、実は親父さんのことは当ブログで何度かボロクソに批判していて、そのことはTさんもご存知ではあるが、どういうワケか私には嫌悪感は持っていないみたい。それどころか非常に公正な立場と価値観で接してくれている。現在30人いる支部の幹事の中で(自分の立場や主張などは脇に置いておいて)最も公正に物事が判断できる人だと思う。本人が望むと望まないとに関わらず、将来は支部を背負って立つことになる人だと思う。よく「支部で初の女性支部長誕生」と期待する声が漏れ聞こえてくるが、男か女かなんてどうでも良い。相応しい人が就けばいい、それだけのこと。

それにしても、ほんと、久しぶりに有意義な研修であった。



posted by poohpapa at 05:56| Comment(4) | 宅建組合の行事と活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

試験を受けた 4 (完)

公式な正解は2月に公表されるのだが、昨日、LEC(東京リーガルマインド)の解答速報を見たら、私は40問中35問の正解だったので何とかなりそう。なんとなく不安だったけど安堵 (*^_^*)

だから言うのではないが、去年の問題よりも簡単だったような・・・。もしかすると、勉強しなくても30問は取れていたかも、それくらいの感覚だった。全員がそうだとするとボーダーラインの上昇が怖いが。

実は私はミスを犯している。「鉛筆はBか2Bで、プラスチック消しゴムを持参するよう」受験の案内に書いてあったのだが、消しゴム付きのHBの鉛筆しか持って行かなかった。いちおう店にあった紙で消しゴムが使えるかどうか確認してあったのだが、答案用紙と消しゴムの相性が悪くて、1問だけ答えを替えようとして替えられなかった。その替えたかった回答が正解だったから1問を損している。大勢に影響ないとは思いたい。

ネットにはボーダーラインを気にする書き込みも多数あって「もしかすると30問では」と書き込む人もいた。私はそこまではいかないと思う。昨年が25問なのだから、今年いきなり30問は・・・。28問だと正解率7割になるので、まあ妥当なところだが、それだと年々減少させていた合格率は60%を超えてきそう。ブログランキングの投票による統計では、合格点を30点にすると去年とほぼ同じ合格率の54、7%で、合格者数を絞りたければ31点、32点も有り得なくはないが、去年の25点からいきなり32点とかに引き上げるのは現実的ではないので、まあ、どんなに高くても30点てことになるか。後で知ったが、去年の受験者数は4908人、今年は13149人で3倍近い。そのあたりもどう影響してくるか。

個人的にはボーダーラインは35問でいい。ちなみに、それだと合格率は10%前後(性格が悪い💧

ところで、講習修了者の4問免除は、第37問〜第40問を回答しなくてよい、というもので、その4問は正解したものと見なしてくれるようだ。ただ、それだと(4問を免除してくれなくても)その4問を正解できた人なら4問免除の意味は無いことになる。むしろ「正解数に4問プラスする」という方法のほうが良いのでは。2ch には「カネ返せ!」という書き込みがあって、気持ちはよく解かる (^◇^)

合格していれば、の話だが、高いカネを払って2日間も拘束される講習を受けなくて良かった。それは、一にも二にも同業者の事務員さんのお陰である。菓子折を持ってテキストを返しに行かねば

合格発表は1月13日で、合格しても直ぐには登録はしないつもりでいた。放置していても資格が取り消しになることは無いそうだから必要になったら登録すればいい、と思っていたのだが、登録しないと賃貸不動産経営管理士を名乗れないとか。先日も書いたが、そうは言っても登録に6480円も掛かるのだし、更新費用はナンと8000円・・・、これが「足許を見た商売」でなくて何なのか ( `ー´)ノ

今回は受験したが、もう試験勉強なんて懲り懲り。それがどんな資格であれ、次は無い (キッパリ)





 
posted by poohpapa at 06:10| Comment(4) | 不動産業界(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

試験を受けた 3

実は、昨年のテキストをお借りしたことで「講習を受けた」かのような効果があった。それは・・・、

事務員さんが重要な部分にアンダーラインを引いていたり書き込みをしていたり、付箋を貼っていたからで、それが実に役に立った。来年試験を受ける人は誰かのテキストを借りるといい。

試験会場は今何かと話題の豊洲、であった。試験当日、予定より早めに出発したがそれで大正解だった。と言うのも、途中「市ヶ谷」駅で地下鉄への乗り換えでまごまごしていたし、豊洲に着いてからも会場の芝浦工業大学がどっち方面か分かりづらい。結局、早く出たのに当初の予定時間に到着。

さすがに受験料が12960円と高いからか欠席者はほとんどいなかったが、遅刻してきた者がいて、本来は試験を受けられないハズなのだから納得いかなかった。試験開始は13時ちょうど。着席は12:30分まで、12:40から試験のレジュメがあって、その説明が終わった後の12:47に40歳前後の男が教室に入ってきた。そんなの、よほどの事情でもない限り、12:30の着席に遅れてきたなら試験を受けさせてはならない。既にレジュメまで終わっていたのだし、試験は厳正に行うもの ( `ー´)ノ

そいつの受験番号は控えてあるから、来年1月13日の合格発表で受かっていたかどうか確認したいと思う。あと、もう一人、私の3つ前に座っていた男性、ペットボトルのお茶を机から落としていて、縁起でもないから「あ、この人、落ちるかも・・・」と思ったので、その人の合否も見てみたい (^◇^)

話が脱線するが、韓国の大学入試で白バイやパトカーで試験会場まで送ってもらう受験生、たとえ一日前に会場の詳細が知らされたとしても、早く家を出ればいいだけの話だし、そんな奴なら落としてしまえ、と思う。私が企業の面接官なら、「4年前の大学入試の際、白バイなどで会場まで送ってもらいましたか?」と訊いて「はい」と答えたなら落とすだろう。風物詩になっているから良い、という話ではない。

脱線ついでに、豊洲・・・、何も無い所かと思っていたら近代的な都市が出来上がっていて驚いた。早く築地から移転できたらいいのに・・・、と思った。豊洲は下町でも単なる埋め立て地でもなかった。

で、受験者の大半は30代半ばから50歳くらいまでで、年配者(50〜60代)も多くいて、私なんかは最高齢かも。全国29会場で行われているそうだが東京は豊洲の芝浦工業大学のみ。会場が大学なので相当な数の受験者がいたと思われる。試験が終わって一斉に教室から出てきた人数は凄かった。

出席率は94.8%だったそうで、一般的な資格試験の出席率が8割程度とのことだから、逆に言えば、いかにこの資格の受験料が高いかが分かる。キャンセルしても受験料は戻ってこないから、みんな「キャンセルしない覚悟」で申し込んでいるんだろう。ここまでくると申し込むのは「一つの賭け」である。

試験は宅建試験と違って前から順番に解いていく。宅建は民法から始めるとドツボに嵌ってパニックになることも有り得るから後ろの宅建業法から解いていくのが定石。いずれも正しいものを選ぶか誤りを選ぶかの4択で、間違いなく正解、と思えた問題には「〇」をつけて、自信が無い問題には「?」を付けておいて、ひと通り解答してから「?」の問題に戻ってゆっくり考える。私の場合「〇」は28個あったけど、思い込みで、実際には間違っていたモノも幾つかあることだろう。だから「?」の中で幾つ正解するかが鍵になると思われる。

言えるのは、宅建の試験にしても賃貸住宅経営管理士の試験にしても、問題の出し方には特有のクセがあって、正しいモノを答えるにしても間違いのモノを答えるにしても、特有の言い回しがある、ということ。なので、テキストの内容を覚えるより、その問題文の言い回しに慣れることが合格の秘訣だと思う。

4択のうち二つは明らかに正解でなく、それは誰にも分かることで、残りの二つの選択肢の文章で、どう引っ掛けようとするのが試験の特徴なのか、を知っておけば何とかなるに違いない。私は必死だったけど、この試験は「ほとんど勉強せずに受かる人」もけっこういるのではないか、そういう試験である。

などと言っていて、もし私が落ちていたらシャレにならないんだけど・・・ (*´ω`)

                                     つづく





posted by poohpapa at 06:00| Comment(2) | 不動産業界(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

試験を受けた 2

昨日も書いたが、試験は11月20日(日曜日)で、私が受験を決意したのが2ヶ月ちょっと前。2日間の講習(17820円)が9月に開かれていて、受講修了者は4問免除になる。宅建士の場合は事前の講習を修了すれば50問中5問が免除で、賃貸不動産経営管理士の場合は40問中4問が免除、なので率としては同じ。

私が試験のことを知った時には講習の受付けは終わっていたので4問免除は受けられない。どのみち講習に間に合ったとしても受けなかったと思う。そんなの、おカネがもったいないし、だいいち、2日間も缶詰めになって講習を受けるなんてしんどくて耐えられない。宅建士証の更新の一日の講習だってキツいのだから。

講習料も高いけど、受験料12960円、合格した後の登録料6480円てどうよ!、しかも、合格して登録しても5年ごとに更新しなければならず、その費用が8000円・・・、まさにボッタクリ、歌舞伎町のキャバクラ以上である。宅建士の試験だって(問題数が多いのに)受験料は7000円なのだから。それを考えたら一発で受からなかったら大損、気力的にも経済的にも来年また挑戦する気にはならない。

この資格が生まれた初期の頃は人員を確保するために(講習を受けた人の)ほぼ100%に与えられていて、試験が行われるようになった当初は80%台、それが翌年には70%台になって、昨年の合格率は52%とのこと。年々ハードルを上げているから、今年は合格率を40%台にしてくるかも。

初期の試験はテキストにある問題がそのまま出ていた、なんてこともあったようだが、資格試験は年々難しくなっていくのが当たり前。何も勉強せずに昨年の本試験の問題をやってみたら40問中正解は19問。昨年の合格ラインは25問とのことで、今年は合格ラインを上げてくる可能性があるから28問がボーダーラインとすると、あと9問を上乗せしなければならない。さて、どうしたものか・・・、と考えていて、ある同業者を訪れたら、そこの事務員さんが昨年受けて合格していた。それで、テキストを借りることにした。私が自分で買わなかったのは値段が3980円(税込)もするから、である。誰か持っていないかな、と探していたのだ (ケチ💧

テキストは地方のご実家に置いてあったので私の手元に届いたのが試験の1ヶ月ほど前 (ヤバ!)

お借りしたテキストがこちら、

DSC01444.JPG

DSC01445.JPG

720ページ(本文はほぼ700ページ)もあって、電話帳のように分厚い。しかも、文字ばっか。さて、どこからどう手を付けたものか・・・、このテキストを見ただけで途方に暮れてしまった (´・ω・`)

私の場合、両眼にプリズムが入っていて、左右の目で1m 先にある黒い1点を見ると、左右に5 cm 、上下に4 cm 離れて見える。視力検査のように5 m 離れると、左右に25cm、上下に20 cm 離れて見える。しかも左右に離れて見える点が交差していて、左側にある黒点は右目で見ている点である。乱視も入っているから読書は非常に疲れる。それもハンデになる。読書する際は常に左目を閉じている。

ちなみに、目を休めている時に、たまに突然誰かと会うと「どこを見てるんですか?」と訊かれることがあるが、それは両目が一番楽な状態で休んでいる位置にあって油断して自由な方向を向いているからに他ならない。将来的に白内障の手術を受けたりすると改善されるかも、と、変な期待をしている。

で、私がなかなか腰を上げないので、うちのからは「いつになったら勉強を始めるの?」と何度もせっつかれていたが、幸か不幸か、店はヒマなので、午前と午後に集中して1時間ずつ勉強することができ、先ずこのテキストを8日間で読破した。その後の1週間で二度目の読破。その後、試験まで半月ほどあったが、もう3回目に挑む気力はなかった。読破、と言っても頭にはほとんど残っていない。もう歳だし・・・。なので、実質的にたった2週間の試験勉強で、ほとんど「ぶっつけ本番の受験」と言える有様。

本試験の前には仕事で名古屋にも出かけたし、雑用も溜まっている。最後の2週間は勉強どころではなかったが、19問しか解けなかった昨年の問題をやり直してみたら29問正解していたので、少し自信がついた。のではあるが、講習も受けていないし、正直、分厚いテキストに頼るだけの試験勉強はとてもしんどかった。

本来 合格率52%の試験ならさほど難しい試験とは言えないと思う。業界にいる人間なら誰がやっても半分の20問くらいは取れるだろう。そこから先の8問くらいをどう上乗せするか、が難しいところで、まだ答え合わせをしていないから結果は分からないけど、うまく上乗せ出来ていたら嬉しい・・・。

                                       つづく

posted by poohpapa at 05:11| Comment(2) | 不動産業界(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

試験を受けた 1

9月6日号の住宅新報の記事で、「賃貸不動産経営管理士」の試験について書かれていた。

以前も書いたが、不動産業に関連した資格試験は数多く、その中には必要なものとそうでないものがある。正直なところ「宅地建物取引士」さえ持っていればとくに不自由することは無い。名刺に「取得している資格」を並べればお客様から「うわあ、凄い!」と思って頂けるかも知れないが、それだけのこと。

不動産業に関連した資格の一覧はこちら

この中には入っていないが、売買を扱うのであればファイナンシャルプランナーは持っているといいと思う。インテリアコーディネーターとか二級建築士も持っているに越したことはないが、そこまで言うとキリが無い。中には、資格商法としか思えない「必要かどうか怪しい資格」がいくつかある。資格試験の主催者は〇〇協会なんて名称のものがほとんどで、それらは役人の天下り先にでもなっているんだろう。

宅建士の資格以外には、不動産取引上、資格を持っていなければ出来ないこと、資格があるからしていいこと、なんてモノもとくには無い。資格を持っていれば持っていない人より多少は詳しい、というくらいのもの。「相続士」みたいに、相談には乗れるけど最後は「弁護士さんか税理士さんに相談して」なんてものもあって、存在意義そのものが疑われるような資格もある。相談に乗るだけなら相続士でなくても出来るのだから。

で、「賃貸不動産経営管理士」、国交省が賃貸管理業者の登録制度を進めていて、(登録は任意であって)現状で賃貸管理業者の1割しか登録しておらず、更に登録業者を増やす狙いで「この資格を持っていれば、登録業者が定期的に国交省に対してすべき報告などの手続きを簡素化してもらえたりする」らしい。ただし、登録していない業者には関係ないこと。なので持っていなくてかまわないもの。と言っても、今はただの「公的な資格」だけでしかないが、近い将来は国家資格になるようだ。

これ、国交省が賃貸管理業者の登録制度を進めるのは、自分たちが不動産屋を管理しやすくするために他ならない、と私は思っていて、そのうち任意から義務に移行させることも考えられる。登録業者は、この資格を持っているか6年以上の実務経験者を置かなければならないことになっていて、それもそのうち「資格を持っている人間がいることが必須」に変わるかも知れない。いろいろな縛りを設けて不動産屋の数を減らす、つまり老夫婦で細々と経営しているような弱小不動産屋を消すのが狙い、と私は疑っている。私の場合は実務経験27年なので今のところはその資格は要らないし全く登録する気もない。

その「持っていても仕方ない資格」である賃貸不動産経営管理士の試験を受けることにした。本試験が11月20日だったので、落ち着かないこともあってここ数日記事の更新をしなかった次第である。

さほど難しい試験ではないにしても本試験まで2ヶ月ちょっとしかなくて明らかに準備不足であるのに、なぜ今年受けることにしたのか、と言えば・・・、せめて私が生きている間に住宅ローンを完済させて、うちのが生活に困らないようにしておきたい、そのためにはこの仕事をまだ15年くらいは続けていなければならない、その間に国交省が制度を変えてくる可能性がある、早く取っておかないと試験内容も年々難しくなるだろう、「仕方ない、備えておくか」である。

それにしても国交省はどうして最初から登録を任意でなく義務にしなかったのだろう。しても大きな混乱は起きなかったと思われる。そっちは権力を持っているのだから大義名分はいくらでも立つのだし。と言うか、そもそも宅建の資格を持って不動産屋を開業していて、たいていは全日か全宅、大手が加入する不動産協会に加入しているのだから、それをわざわざ国交省に登録させる意味が分からない。国交省は「登録していると、消費者が国交省のHPなんかを見て『ああ、この業者は安心できそう』と思ってもらえますよ」などとアピールしているが、そもそも部屋探しの際に国交省のHPをわざわざ見る消費者がどれだけいるか、ということ。

そんなことは国交省だって承知しているハズだから、本当の狙いは別にある、と判る。

                                        つづく


posted by poohpapa at 05:13| Comment(4) | 不動産業界(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

これこそが、まるでコント

【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

先日、ファミリーマートに80代の男性が運転する車が正面から突っ込み、車から降りて「たばこをくれ」と言った、というコントのような事故の件を書いたが、これも笑っちゃうニュース。

昔、埼玉の建売業者に勤めていた時、先輩から「狭い道で対向車が来て、それが佐川急便の車なら、道を譲って絶対にトラブルを起こすな」と言われていたのを思い出した。詳細は書かないが、この記事にあるように「佐川男子が屈強だから」という理由ではない。もっと怖い理由だったのを覚えている。

それにしても、コントのような寸劇を思いついて、それで「高級時計 ROLEX がせしめられる」と考える暴力団員の頭の悪さには笑ってしまう。「脅し取ると犯罪だが、一芝居打って商品を置いていかせよう」って、どっちも犯罪だし、「あの2人にはかないませんや。強すぎる」などと感心している場合じゃないだろう。幹部クラスになるとけっこう頭脳明晰だったりするけど、下っ端はだいたいがこの程度なんだろう。組長の顔に泥を塗ったのだからもう組にも帰れないのでは。これじゃ組長も気の毒だ。

逆に、トラブルが起きるのを予見して二人で配達に向かわせた佐川は凄い。経験の差と言うべきか。


さて、明日は仕事で名古屋まで行く。仕事なので日帰りである。ではあるが、せっかくなので知多半島の美浜町まで足を延ばして「えびせんべいの里」まで行って海老煎餅を仕入れてくるつもり。日ごろお世話になっていながらご無沙汰して不義理してしまっている方たちにも発送させて頂きたいと考えている。

それもあるが、個人的にバタバタしていて落ち着かないので、明日から21日まで記事の更新をお休みさせて頂きたく思う。コメントの返信も直ぐには出来ないかも知れないのでどうぞご了承を m(_ _)m

posted by poohpapa at 05:38| Comment(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

同じ嗜好の方から電話があった (^◇^)

昨日の夕方、店番をしていたら見慣れない市外局番から着信。

表示されている番号は025から始まっていて、03(都内)ではないから営業の電話では無さそう。そういう場合は、親である連帯保証人から「息子(娘)とここ数日連絡が取れなくて心配だから見てきてほしい」というケースだったりする。過去には数回あった。「事件事故で室内で死後数日たっていて・・・」では私も困るからすぐ見に行くが、いずれも生きていたし、親に連絡せず旅行に行っていた、という理由。

うちの場合は管理物件は地元の立川は少なく、杉並や調布にまで跨っているから見に行くのも大変。当然に、連絡が付いた本人にはキツくお灸をすえることになる。それが仕事とはいえ迷惑な話だ。

で、025・・・、東北だろうか、誰の親だろう・・・、と思って出てみたら、「私は新潟の〇〇と申します、2007年3月29日付の徳永芽里さんの記事を読ませてもらって、その前の記事を読みたいと思っているのですが上手く表示されなくて、どうしたら読めるか教えてください」という内容。ホッとした・・・、孤独死の一件がやっと落ち着いたところだったから (*^_^*)

長くなりそうだったので、私の携帯は掛け放題なのでこちらから掛け直し、1時間くらい話していた。何と言っても徳永芽里ファンという共通項があるから話していて楽しい。のだが・・・、ちょっと羨ましい話も聞いた。その方のところには徳永芽里さんから3度、横浜駅前のシェラトンホテルで毎年開かれているリサイタル(ディナーショー?)への招待券が届いていたとか。3度とも新潟から出掛けたそうである。

全曲集のCDも送られて来たとかで、それは私もサイン色紙と一緒に送って頂いたが、ショーのチケットは届いていないので、同じファンとして実に羨ましい。

徳永芽里さんの曲では「枯葉の中で」が一番好きで、何人かの人が歌っていたり、作曲者の杉田二郎のオリジナルも出ているが、何と言っても徳永芽里さんのが一番好き。私はどうしてもCDで欲しくて、長いこと探したが見つからず、ようやくCD10枚組に入っているのを見つけて、思い切って、その一曲だけのために購入した。他にも名曲が入っているが他の曲などどうでもいいし、大半は所有しているし、そんなのは何処でも手に入る。「枯葉の中で」だけが欲しかったのだ。

お話ししていたら、彼女のデビュー曲でもある「あなたのすべてを」をいろんな歌手が歌っているのを集めたCDがあると教えて頂いた。好きな曲でもあるし、面白い企画なのでヤフオクで探してみよう。

最後は「機会があったらぜひお会いしてお話ししましょう」という話になった。実現したら嬉しい


posted by poohpapa at 06:36| Comment(4) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

黒髪回帰

最近はテレビを視ていても、街を歩いていても、茶髪や金髪に髪を染めている女性にほとんど出会わなくなった。以前は女性タレントの大半が茶髪に染めていて、黒髪のタレントを探すのが難しかったほど。

それは、私の趣味からすると非常に嬉しいこと。前の結婚生活でも今の女房にも、一家の主として一つだけ許さないことがあって、それは髪を染めること。もちろん、白髪染めとかは別である。日本人は元々はキレイな黒髪を持っているのに、それをどうしてわざわざ茶色や(日本人の平らな顔には似合わない)ブロンドに染めるのかが解からない。茶髪の似合うタレントもいないワケではないが数は少ない。

うちのは「他の人より髪が多くて黒髪だと重いんだよね」と言うが、「染めたい」とは言わない。髪を染める、ということは当然に髪も傷むことになるし・・・。

で、今までに私が出会った最も美しい黒髪の女性は・・・、

伊勢丹のソムリエさん。国籍はフランスだが祖父がフランス人で3/4は日本人の血。生活の基盤はフランスにあるので日本とフランスを頻繁に往復している。その彼女の髪は、まさに「髪はカラスの濡れ羽色」とも言うべき真っ黒。伺ったら、一切染めていなくて自然な髪で、子供の頃は金髪だったのが成長するにつれて黒髪になったとか。金髪から黒髪に変わることがあるんだ・・・、と驚いた。

同じ黒髪でも人によって微妙に加減が違っていて、色の濃さ、髪の太さ、本数の多さ、潤い、ヘアスタイルなんかでも黒髪の美しさ、見え方が違ってくるみたい。女性には失礼な話だが、そういうのを観察するのも街を歩く楽しみになっている。真っ先に見るのが顔で次が髪。顔のすぐ上が髪だが同時ではない。

たまに、「この人、たぶん元々の黒髪のほうが似合っているだろうに、どうして茶髪にしてるんだろ?」と思える女性に会うことがある。普通はそう思っても黙っているものなんだろうけど、私はけっこう言う。もちろん「その茶髪、あまり似合ってないような気がするんだけど・・・」などとは言わない。「〇〇さんの顔立ちだと元々の黒髪にしたら今よりさらにキレイになると思うよ。自然なままでも十分にキレイじゃないかなあ・・・」と。ま、大きなお世話なんだろうけど、言わずにいられない性分なので (*´ω`)

最近では高齢者が髪を紫に染めていることがあって、そういうのは「素敵だな」と思ったりはするが、私の中では、どうしても「茶髪 = ヤンキー」というイメージがあるから茶髪は好きになれない。本人は飾りのつもりで入れてるタトゥも私からすると刺青でしかなく、茶髪とセットになっていたら完全にアウト。夏場、その上に、臍出しルックで臍ピアスなんかしてる女がいたけど、それだとトリプルプレイの三重殺。

タレントや女優の中では、広瀬すずちゃんの黒髪が美しい。そのまま染めないでいてくれたら嬉しい。

posted by poohpapa at 06:03| Comment(6) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

高齢者の事故、またも

高齢者の運転がみんな危ない、てワケでもないけど、続くなあ・・・、なんらかの規制は必要かも。

また高齢ドライバーの事故 82歳の車に61歳女性はねられ死亡 東京・小金井


posted by poohpapa at 20:31| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相次ぐ高齢者の事故、免許に年齢の上限を定めるべし

ここんとこ、高齢者の運転する車が小学生の登下校の列に突っ込んだりする事故が相次いでいる。昨日は、うちの立川でも災害医療センターの駐車場で83歳の女性が運転する車が30代の男女2人を撥ねて死亡させているし、板橋では、やはり80代の男性が運転する車がファミリーマートの正面から店に突っ込み、降りてきた男性が「たばこをくれ」と言ったとか・・・。まるでコントである。

立川の事故では、わずか数秒でもタイミングがずれていれば死なずに済んだであろうし、板橋の事故では死者が出なくて幸いだった。だが、死者が出なかったのは、たまたま、でしかない。

高齢者による高速道路や一般道での逆走も後を絶たない。私は、選挙権でも思うのだが、18歳以上で可能になるなら(例えば)80歳以上で取り上げられてもいいのでは、と思う。頭も体も、歳をとると判断力や咄嗟の対応力は当然に鈍るのだから。会社に定年という制度があるなら運転免許や選挙権にもあっていいだろう。都会と(生活の手段として車が欠かせない)地方とでは条件も異なるだろうし、身体能力に個人差があるにしても「どこかで線引きする必要」はあるだろう。

高齢者の事故では家族の監督責任を問われることにもなるが、それは仕方ないとしても酷な話。四六時中監視しているワケにも取り上げるワケにもいかないもの。国が取り上げてくれるのが望ましい。

話変わって・・・、

もっとキツイことを言うなら、医学が進歩するのはいいことだが、年寄りを延命するだけの医学の進歩なら要らないと思う。若くして死なないような研究なら建設性はあるが、年寄りを延命させるとどれだけの税金がかかるか。それなら若い人たちの為に使ったほうがいい。生産性がなく介護だけ必要な年寄りを長生きさせると家族の負担も大きくなる。安楽死というのでなく、苦痛を減少させて楽に死なせてあげる研究や、本人の希望に添う制度のほうがむしろ必要。ちなみに、私は延命治療は断ることにしている。

「年寄りはサッサと死ね」と言っているのではない。ここまで日本を支えて築いてくれた先輩たちへの敬意は持っていて当然だが、それとこれは別の話。時機を見て「取り上げられる人権」があって良い。それによって「護られる人権」もあるのだから。

私は「平均寿命世界一」と聞いても単純には喜べない。高齢者に優しい社会が本当に素晴らしいモノかどうか甚だ疑問である。家族に優しい、なら納得だけど。で、免許は80歳で取り上げろ、と言いたい。


う〜ん・・・、反論のほうが多く来そうな記事だなあ・・・ (*´ω`)


posted by poohpapa at 06:33| Comment(8) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

割れる弁護士会の見解

一昨日11日に7ヶ月半ぶりに死刑が執行されたことを受け、弁護士会が声明を出している。

声明は相反する価値観のもので、日弁連(死刑制度廃止を訴える側)の声明に関する記事はこちら

いっぽう犯罪被害者の立場から死刑制度存続を支持する弁護士グループに関するニュースはこちら

私は、「(仮釈放なしの)終身刑を設けて死刑を廃止する」のには反対である。被害者側の感情もだが、拘置所の中で自然死を迎えるまで生かしておく意味が解からない。一人の死刑囚を生かしておくためにどれだけの費用が掛かるのか、食事代だけでは済まず、おそらくは何やかやで年間に200万以上は掛かるのではなかろうか。今、日本では死刑が確定している129名の死刑囚が執行を待っている状態とか。仮に年間3億として、それだけの税金を投入するなら、真っ当に生きていて助けを必要とする人に使ったほうが遥かにいい。

今日現在の死刑確定囚は129名(最高裁に判決訂正を申し立て中の被告、執行停止中の死刑囚を含む)で、現在、94名が再審請求中なんだとか。129名の確定囚のうち94人も冤罪の疑いがあるハズもなく、おそらくは本人より弁護士のほうが死刑そのものを避けるために減刑させるべく動いているのだろう。確定したのに法律に則って速やかに執行しないからそういうことになる。

それに今回の死刑囚は裁判員裁判で死刑が確定しているのだから、それで執行しないのなら裁判員制度の意義が揺らぐことになる。素人に辛い決断を迫っておきながら確定しても執行しないのは不条理。

他の先進国が死刑制度を無くす方向で動いているとしても日本には関係ない。他国からそのことでとやかく言われる筋合いも無い。死刑制度に反対している弁護士・・・、アホだと思う。





posted by poohpapa at 07:29| Comment(27) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

アメリカから届いた選挙関連の朗報、トランプじゃなくて

こちらの記事も「NPO法人百人の会」のメルマガから、拡散希望ということで、


反日・日系議員マイクホンダが落選したことは、喜ばしいことだ。
------------------------------------------------------------------------------------------------

マイク・ホンダ議員が落選 米下院選 慰安婦問題で日本非難決議を主導
2016.11.9 21:16更新

マイク・ホンダ下院議員(共同)

 米大統領選と同時に8日投開票された米下院選で、2007年に慰安婦問題をめぐる日本非難決議を主導したカリフォルニア州17区の民主党の日系議員、マイク・ホンダMichael Makoto "Mike" Honda氏(75)の落選が確実となった。

 米紙ロサンゼルス・タイムズなどが報じた。9選を目指したが、同じ民主党のインド系米国人弁護士、ロー・カンナ氏(40)に終始リードされ、およばなかった。昨年12月の慰安婦問題をめぐる日韓合意以降も、日本政府に謝罪を要求する一部の元慰安婦らに賛同する姿勢を示していた。(ラスベガス 中村将)


Longtime Silicon Valley Rep. Mike Honda loses seat to fellow Democrat in bitter rematch battle - LA Times
http://www.latimes.com/nation/politics/trailguide/la-na-election-day-2016-honda-khanna-1478392928-htmlstory.html

【歴史戦】
米加州の教科書、慰安婦記述をホンダ議員が支持 日韓合意は批判
2016.9.17 11:59更新

16日、米西部カリフォルニア州サンノゼで記者会見するマイク・ホンダ下院議員(共同)

 米カリフォルニア州選出の日系下院議員マイク・ホンダ氏が16日、同州サンノゼで記者会見し、同州の歴史教科書に慰安婦についての記述を認めた指針が州教育委員会で採択されたとして「進歩だ」と支持した。ホンダ氏は慰安婦問題で日本政府に謝罪を求める立場で知られる。

 7月14日に採択された指針は、「慰安婦」は遠回しな表現だとして、旧日本軍の占領下で起きた「組織的な性奴隷の例」として教えることが可能だとした。また、慰安婦とされた女性の数には諸説あるが、数十万人とも言われていると記述した。指針は同州の公立学校10年生(日本の高校生に相当)の教科書が対象。

 ホンダ氏は「歴史に学ばないと同じことを繰り返す。(採択は)より多くの人に戦時の女性に対する残虐行為を教える上で進歩だ」と述べた。

 指針には、慰安婦問題を巡る日韓合意を説明する日本外務省のホームページのリンクも記載されたが、ホンダ氏は記載を批判した。(共同)



マイク・ホンダという名前からして日系人なんだろうけど、自分が当選するためには事実に反することを言ってでも母国を貶める・・・、筋金入りの売母国奴。というか、75歳にもなってまだ議員を続けようとしているのが不思議。後進に道を譲る、なんて気は起きないものか。嫌な年寄りだねえ ( `ー´)ノ

とにかく、マイク・ホンダが落選したのは喜ばしいこと。韓国系市民の悲鳴が聞こえてくるが


posted by poohpapa at 05:43| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

今日二本目の記事

拡散希望、ということで、私も同感なのでご紹介、

私が読んでいる「NPO法人百人の会」のメルマガから、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


●拡散希望 《反日司令塔「電通」に強制捜査で変わるか日本!!》

■日本人拉致被害者に横田めぐみさんが含まれていた事で、日本国民の怒りが最高潮に達していたとき、それを打ち消すようにNHKとタッグを組み、「冬のソナタ」で火をつけ「韓流」を作り出し、盛り上がった「愛国心」に水をぶっかけた「電通」に強制捜査が入りました。表向きは「労基法」違反との事ですが、1970年以降の根深い問題があることは明らかです。

保守国民は、NHKやTBS,朝日新聞等の反日メディアを目の敵にしていますが、保守系メディアも政府(国会議員)も逆らうことが出来ないタブーは「電通」だったのです。

拉致被害者救出に必要な「国民の声」(世論)を、ことごとく妨害していた権化は「電通」と認識していた保守言論人はいても、それらの声がメディアに載ることはありませんでした。

実際、韓国大統領のスキャンダルが毎日繰り返し報道されているが、どうでもいい事ですが、それが大事なニュースとして報道している民放各社は、すでに在日韓国・朝鮮人にコントロールされている証なのです。

電通の会長を退いてからも最高顧問として君臨していた在日朝鮮人だった成田豊が、2011年に亡くなってから5年を過ぎ、やっと電通の暴走に楔を打ち込めるときが来たと見ると、戦後反日体制の分岐点が訪れたと解釈できるのです。駅の案内板の「ハングル・中国語」などで気分を害されている国民には、「電通」が大きな役割を果たしていたことなど想定外だったでしょうが。

電通と真っ正面から喧嘩できるマスメディアは、いままで日本に存在できなかったのです。実際、反日マスメディアは常に「韓国」から監視状態にされているのが実態なのであり、その司令塔の「電通」に強制捜査が入ったことの衝撃は、民放はブルっていることでしょう。

強制捜査によって、「労基法違反」に直接関係ない関係資料もごっそり没収したことで、安倍首相は本気で「憲法改正」を視野に動き始めたと捉えることもできるのです。

電通の過労労働の根本は、財界や政界の馬鹿子息のコネ社員がごっそり居ることで、一般入社の社員がそのあおりをモロに受けているのです。

我が国のマスメディアが、韓国メディアに汚染されている実態は、韓国メディアの支局の住所を見れば一目瞭然になりますので、下記を御覧ください。(*郵便番号は、一般とちがい番号だけで会社になっている。)

■読売新聞東京本社 〒100-8055 東京都千代田区大手町1−7−1 
 【韓国日報】 〒100-1004 東京都千代田区大手町1−7−1・8F 

■朝日新聞東京本社 〒104-8011 東京都中央区築地5−3−2 
 【東亜日報】 〒104-0045 東京都中央区築地5−3−2 

■毎日新聞東京本社 〒100-8051 東京都一ツ橋1−1−1 
 【朝鮮日報】 〒100-0004 東京都一ツ橋1−1−1・4F 

■東京新聞・中日新聞東京本社 〒108-8010 東京都港区港南2−3−13
 【大 韓 毎 日】 〒108-8010 東京都港区港南2−3−13・4F 

■NHK放送センター〒150-8001 東京都渋谷区神南2−2−1 
 【韓国放送公社】  〒150-8001 東京都渋谷区神南2−2−1・NHK東館710−C 

■フジテレビジョン     〒137-8088 東京都港区台場2−4−8 
【韓国文化放送(MBC)】 〒135-0091 東京都港区台場2−4−8・18F 

■TBSテレビ      〒107-8006 東京都港区赤坂5−3−6
【韓国総合TVNEWS】  〒105-0000 東京都港区赤坂5−3−6 


【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】 http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

※「歴史戦ポストカード」を使用して国内外に発送される方は【水間条項】を検索して見てください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2344.html

◆水間政憲のホームページアドレスは、http://officezon.netです。

※近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

posted by poohpapa at 06:43| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランプ ショック

アメリカ大統領選挙で、おおかたの予想を覆してトランプ氏が当選した。ま、中には、始まったばかりの開票速報で予想どおりクリントン氏が優勢と伝えられていても「トランプが勝つ」と断言していた木村太郎氏のような人もいたが、一般的な感覚では「世紀の逆転劇」と言えるような結末。トランプ氏が勝ちそう、という情勢になった時、日本の株価が一時1000円も下がったのは笑ってしまう。

で、木村氏は根拠も示していて、私の恩師が、私の中学時代、「ベトナム戦争はアメリカが敗北(撤退)する」と戦争終結の10年も前に明確な根拠を示して勝敗を予測していたのを思い出す。

トランプ氏は「日本が在日米軍費用を100%負担しなければ米軍は日本から撤退する」とも言っていて、中露からすれば非常に有り難い方針で日本政府に激震が走っているが、前向きに考えたなら、むしろ日本にとっては「自分の国は自分で護る」気概が生まれざるを得ず、良いことではないか。私はトランプ氏が任期満了までアメリカの大統領でいられる保証など無い、と思っていて、心配するには及ばないだろう。あまりに突飛で思いつきの発言が多く、舌禍を重ねてそのうち何か大きな失敗をやらかすだろう。

クリントン氏に対しては「アメリカで初の女性大統領を!」という声が上がっていたが、私はそういう感覚は間違いだと思っていた。日本でも安倍首相が「女性の活躍の場」(管理職)を増やす政策をとっているが、それも間違い。能力ある女性が差別されて管理職に就けないなら問題だが、誰を管理職にするかは性別に関係なく能力で決めれば良いモノ。数値目標を掲げたり、ただ「女性の登用を」と法律や政策で推進するのは不合理だと思う。私は市役所にある男女共同参画課なんかも要らないと思っている。

いずれにしてもトランプ氏とクリントン氏では、どちらが大統領になっても、日本にとって「災い為す者」であることに変わりない。良く解釈して「いつまでも日本がアメリカの核の傘の下で甘えているのでなく早々に自立すべき時が来た」と受け留めれば憲法改正にも弾みがつくだろう。

不動産王の「単に思い付きでモノを言うだけ」のトランプ氏がアメリカの大統領になれるなら、日本の不動産屋の中から総理が誕生してもおかしくない。えっと・・・、私が総理になった暁には・・・ (^◇^)

posted by poohpapa at 06:35| Comment(7) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

これは明らかな偽物では・・・

ヤフオクで出品されているこの商品、

http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h242828924

明らかな偽物かと思われます。絵もサインも違います。例えば若い頃の「さいとうたかを」氏のもの、とも思われません。この色紙を欲しいと思う人はいないでしょうけど・・・、後で違反商品の報告をします。



posted by poohpapa at 07:11| Comment(2) | 出入りの業者、各種営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人違い・・・

駅に向かって歩いていて、ある交差点で、向こうから顔なじみの人が来た。歩行者の交通量も多く、他の人の陰に見え隠れしていたが、数年前までうちの管理マンションに入居していた税理士さんで、私が「こんにちは」と挨拶すると、向こうもいつものように軽く会釈してくれたのだが・・・、戸惑っている表情が浮いていた。

人違いだった・・・ (*´ω`)

顔の輪郭も髪の感じも肌の色艶も背格好も眼鏡も洋服のセンスも、よく似てはいたが、別人だった。

私はもちろん「しまった・・・」と思ったが、向こうも「今の誰だったっけかな・・・」と悩んでいたことだろう。外で誰かと会った時、例え向こうが最初は気付いてなかったとしてもすれ違った後で先方が気付くことがあるものだから、挨拶しないと「無視した」と思われたりしてマズイことがある。人違いでも挨拶しておいてとくに実害はないもの。もしそれが本人だったなら、挨拶しないことで誤解されて「失礼な人だな!」と思われるよりいい。

ただ、交通量の多さとか距離とか、その時の状況で「声を掛けていいものかどうか」迷う時はよくある。

実は、私の場合、自分が人違いをするより人違いされることのほうが多い。交差点で行違った女性から背中を叩かれて振り返ったら全く知らない人で、先方は間違いに気付いて慌てていた、なんてことが何度かある。「本当にソックリでしたので・・・」と謝っていたが、「世の中に自分と似ている人は7人いる」らしいから、そんなに似ている人ならぜひ会ってみたいもの。自分ではそう思える人に会ったことは無い。

ただ、私はそう思っていないけど、長男は私にソックリらしい。親子だから当たり前の話で、他人で似ている人がいるなら会ってみたい。今度私を誰かと間違えた人がいたらお願いして会わせて頂こう。

posted by poohpapa at 06:36| Comment(6) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする