2016年11月10日

今日二本目の記事

拡散希望、ということで、私も同感なのでご紹介、

私が読んでいる「NPO法人百人の会」のメルマガから、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


●拡散希望 《反日司令塔「電通」に強制捜査で変わるか日本!!》

■日本人拉致被害者に横田めぐみさんが含まれていた事で、日本国民の怒りが最高潮に達していたとき、それを打ち消すようにNHKとタッグを組み、「冬のソナタ」で火をつけ「韓流」を作り出し、盛り上がった「愛国心」に水をぶっかけた「電通」に強制捜査が入りました。表向きは「労基法」違反との事ですが、1970年以降の根深い問題があることは明らかです。

保守国民は、NHKやTBS,朝日新聞等の反日メディアを目の敵にしていますが、保守系メディアも政府(国会議員)も逆らうことが出来ないタブーは「電通」だったのです。

拉致被害者救出に必要な「国民の声」(世論)を、ことごとく妨害していた権化は「電通」と認識していた保守言論人はいても、それらの声がメディアに載ることはありませんでした。

実際、韓国大統領のスキャンダルが毎日繰り返し報道されているが、どうでもいい事ですが、それが大事なニュースとして報道している民放各社は、すでに在日韓国・朝鮮人にコントロールされている証なのです。

電通の会長を退いてからも最高顧問として君臨していた在日朝鮮人だった成田豊が、2011年に亡くなってから5年を過ぎ、やっと電通の暴走に楔を打ち込めるときが来たと見ると、戦後反日体制の分岐点が訪れたと解釈できるのです。駅の案内板の「ハングル・中国語」などで気分を害されている国民には、「電通」が大きな役割を果たしていたことなど想定外だったでしょうが。

電通と真っ正面から喧嘩できるマスメディアは、いままで日本に存在できなかったのです。実際、反日マスメディアは常に「韓国」から監視状態にされているのが実態なのであり、その司令塔の「電通」に強制捜査が入ったことの衝撃は、民放はブルっていることでしょう。

強制捜査によって、「労基法違反」に直接関係ない関係資料もごっそり没収したことで、安倍首相は本気で「憲法改正」を視野に動き始めたと捉えることもできるのです。

電通の過労労働の根本は、財界や政界の馬鹿子息のコネ社員がごっそり居ることで、一般入社の社員がそのあおりをモロに受けているのです。

我が国のマスメディアが、韓国メディアに汚染されている実態は、韓国メディアの支局の住所を見れば一目瞭然になりますので、下記を御覧ください。(*郵便番号は、一般とちがい番号だけで会社になっている。)

■読売新聞東京本社 〒100-8055 東京都千代田区大手町1−7−1 
 【韓国日報】 〒100-1004 東京都千代田区大手町1−7−1・8F 

■朝日新聞東京本社 〒104-8011 東京都中央区築地5−3−2 
 【東亜日報】 〒104-0045 東京都中央区築地5−3−2 

■毎日新聞東京本社 〒100-8051 東京都一ツ橋1−1−1 
 【朝鮮日報】 〒100-0004 東京都一ツ橋1−1−1・4F 

■東京新聞・中日新聞東京本社 〒108-8010 東京都港区港南2−3−13
 【大 韓 毎 日】 〒108-8010 東京都港区港南2−3−13・4F 

■NHK放送センター〒150-8001 東京都渋谷区神南2−2−1 
 【韓国放送公社】  〒150-8001 東京都渋谷区神南2−2−1・NHK東館710−C 

■フジテレビジョン     〒137-8088 東京都港区台場2−4−8 
【韓国文化放送(MBC)】 〒135-0091 東京都港区台場2−4−8・18F 

■TBSテレビ      〒107-8006 東京都港区赤坂5−3−6
【韓国総合TVNEWS】  〒105-0000 東京都港区赤坂5−3−6 


【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】 http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

※「歴史戦ポストカード」を使用して国内外に発送される方は【水間条項】を検索して見てください。
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2344.html

◆水間政憲のホームページアドレスは、http://officezon.netです。

※近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

posted by poohpapa at 06:43| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランプ ショック

アメリカ大統領選挙で、おおかたの予想を覆してトランプ氏が当選した。ま、中には、始まったばかりの開票速報で予想どおりクリントン氏が優勢と伝えられていても「トランプが勝つ」と断言していた木村太郎氏のような人もいたが、一般的な感覚では「世紀の逆転劇」と言えるような結末。トランプ氏が勝ちそう、という情勢になった時、日本の株価が一時1000円も下がったのは笑ってしまう。

で、木村氏は根拠も示していて、私の恩師が、私の中学時代、「ベトナム戦争はアメリカが敗北(撤退)する」と戦争終結の10年も前に明確な根拠を示して勝敗を予測していたのを思い出す。

トランプ氏は「日本が在日米軍費用を100%負担しなければ米軍は日本から撤退する」とも言っていて、中露からすれば非常に有り難い方針で日本政府に激震が走っているが、前向きに考えたなら、むしろ日本にとっては「自分の国は自分で護る」気概が生まれざるを得ず、良いことではないか。私はトランプ氏が任期満了までアメリカの大統領でいられる保証など無い、と思っていて、心配するには及ばないだろう。あまりに突飛で思いつきの発言が多く、舌禍を重ねてそのうち何か大きな失敗をやらかすだろう。

クリントン氏に対しては「アメリカで初の女性大統領を!」という声が上がっていたが、私はそういう感覚は間違いだと思っていた。日本でも安倍首相が「女性の活躍の場」(管理職)を増やす政策をとっているが、それも間違い。能力ある女性が差別されて管理職に就けないなら問題だが、誰を管理職にするかは性別に関係なく能力で決めれば良いモノ。数値目標を掲げたり、ただ「女性の登用を」と法律や政策で推進するのは不合理だと思う。私は市役所にある男女共同参画課なんかも要らないと思っている。

いずれにしてもトランプ氏とクリントン氏では、どちらが大統領になっても、日本にとって「災い為す者」であることに変わりない。良く解釈して「いつまでも日本がアメリカの核の傘の下で甘えているのでなく早々に自立すべき時が来た」と受け留めれば憲法改正にも弾みがつくだろう。

不動産王の「単に思い付きでモノを言うだけ」のトランプ氏がアメリカの大統領になれるなら、日本の不動産屋の中から総理が誕生してもおかしくない。えっと・・・、私が総理になった暁には・・・ (^◇^)

posted by poohpapa at 06:35| Comment(7) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする