2017年01月16日

トランプ米新大統領に本年度のノーベル平和賞・・・か(東スポふう)

トランプ氏、ロシアに核兵器削減と制裁緩和の取引呼び掛け

オバマ大統領だって「核の廃絶に向かって努力する」と訴えただけで貰えて結局は何もしなかったんだから、トランプ新大統領が貰っても何の不思議もない。既に、ノーベル平和賞なんてその程度に成り下がっているもんね。私なんか、佐藤栄作氏が貰った時に、既にそう思ってたけど。

posted by poohpapa at 11:02| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台湾旅行記 スーツケースが出てこない・・・

桃園国際空港に到着してスーツケースを受け取るべくターンテーブルの前で待っていたのだが、私のスーツケースだけ出てこない・・・。他の方のスーツケースはとっくに出てきていてもう集合場所に行っているハズで、かれこれ30分くらいは待っていたと思うのだが、エバー航空の最後の荷物が出終わったし、ターンテーブルはほとんど空になってるし、で、職員に訪ねた。

言葉は通じないが、航空券に貼られているスーツケースの預かり証を見せると、何度か小さく頷いて私を荷物受け取り区画の隅っこに連れて行く。ターンテーブルは6連あったが、我々の便のターンテーブルとは離れた場所。そこにポツンと一つ置かれていたのは間違いなく私のスーツケース。なんで??

ターンテーブルの周りは何度も廻って見ていたが、これでは見つからないワケである ( `ー´)ノ

スーツケースを待つ間、嫌な思い出が頭をよぎった。

もう15年ほど前のこと、「いなげや」の懸賞で、お台場の「ホテル グランパシフィック メリディアン」のスイートルームの宿泊券が当たってTDRに出掛けた。初日はランドで遊んで、2日目はシーに行くつもりだったのだが、ホテルの送迎バスが待てど暮らせど来ない。ホテルに電話して確認しようとしたら「担当者が不在で分からない」とのこと。再び電話すると間違った場所を教えられ「そこにホテルのロゴが入ったバスが行くからとにかく待つように」と言われたが、それでも来ない。3度目にホテルに電話すると担当者が席に戻っていて、言われた場所は数百メートル離れた場所。

走って行くとバスの運転手が外で待っていて「中には急ぎのお客さんがいて怒っているので謝ってほしい」とのこと。他のお客さんを待たせてしまったのは事実だから乗り込む際に一人一人に頭を下げたが、あの時の冷たい視線は今も忘れない。不手際があったのはホテル側のほうなのだから、他の乗客に事情を説明しておいてくれれば良さそうなものだが、こちらを悪者にしてホテルが責任回避をする・・・。

せっかく当たった懸賞だが泊まらずに帰ってきた。その代わり、ホテルのマネージャーを呼んで、ホテルの車で府中の家まで送らせた。ほとんどクレーマーのような扱いを受けたのでグランパシフィックメリディアンは絶対に利用しない。と思っていたが・・・、昨年、オークラに売却されたとのことで、それなら話は別である。ま、本音では「ザマア見ろ!」と思っていたりして (^◇^)

で、考えられるのは、誰かが間違って取って、ターンテーブルに戻さず放置したのを職員が隅っこに移動した、ということくらい。間違いに気づいた時点で戻しておいてくれれば私も直ぐ受け取れたのだが迷惑な話である。私よりもっと迷惑したのはさんざん待たされた現地ガイドさんとお仲間さん。

ようやく自分のスーツケースを手にして集合場所に向かったが、ここで問題が・・・。この状況をありのままに伝えたら話が長くなる、ということ。そうなると「ただの言い訳」にしか聞こえなくなるので、申し訳ないけど、そこは嘘も方便、単純に「スーツケースがなかなか出てこなかった」ことにして平謝り。

すると、現地ガイドさんもお仲間さんも実に寛容で「気にしなくていいですよ」「ロストバゲージなんてアメリカなんかに言ったら2回に一度は起きてるし」と擁護してくださったりして非常に恐縮した。

旅行の終盤で仲良くなった方には真相を話したけど、ま、皆さん大らかで「大丈夫、気にしないで」と仰って頂けたので安堵。お仲間さんと現地ガイドさんに感謝。

そんなワケで、今回の旅行は皆さんに借りを作ったところからスタート (´・ω・`)


posted by poohpapa at 06:37| Comment(2) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

台湾旅行記 往きの機内

今日から旅行記の本編を開始。その前に、ご一緒させて頂いたお仲間さんにお知らせとお願いを。

以前、1月8日付けの記事でも書きましたが、念のため再度記します。

全部で1000枚ほどの写真を撮り、ピンボケや構図の失敗などを削除して700枚ほど残し、そこから更に吟味して50枚ほどを削除して残った写真が650枚ほど。この旅行記で紹介するのはそのうちの10%くらいと思われますが、もし、ご希望の方がいらっしゃれば全ての写真をDVDに焼いてお送りいたします。もちろん、費用は頂きません。DVDを希望される場合は、コメント欄にメールアドレスを入れてコメントしてください。メールアドレスは非公開なのでご安心を。その後にメールで返信しますので、住所等をお知らせ頂ければ、と思います。お仲間さんにはいつもそうしてますので遠慮は無用です。

他人が撮った写真なので、もしご自分が写っていたなら「自然な姿と表情」ではないかと思われます。こんなことを言ってはナンですが、そういう意味では自撮り写真よりは良いかもです。

旅行記の中で貼られた写真にご自分が写っていることもあろうかと存じます。不都合があれば仰ってください、速やかに削除するかどうかを検討いたします(削除の確約ではありませんので悪しからず)

そして、旅行記の前に、先ず当ブログのトップページに目を通して頂けたらと思います。

さて、では、ようやく旅行記に入ります。旅行記は毎日連続してでなく、たぶん飛び飛びになります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

DSC01386.JPG
成田EXの車窓から、スカイツリー。これを見ると「海外旅行に行くんだ・・・」という気分になる。

DSC01389.JPG
席は真ん中4人席の通路側で、斜め前が非常口なのでゆったり。

DSC01392.JPG
おつまみ。これももちろん食べずに持ち帰る (´・ω・`)

DSC01388.JPG
機内食。味は・・・、エコノミークラス相応 (^◇^)

私の隣り3席はご家族だが、同じツアーの人かどうかがこの時点では分からない。ほとんど会話が無くとても静か。私の隣りが若いお嬢さんで、その隣りがお母さん、通路側がお父さん。娘さんがトイレに行く際にご両親が席を立っていたから「仰って頂ければ私が立ったのに・・・」と思ったが、私に声を掛けない理由が後で分かった。それは・・・、

台湾人家族だったのだ。成田から乗ったのだから正月休みを利用して日本を旅していたものか。なるほど、中国人とは全然違う。これが中国人ならずっと大声で話し続けていたことだろう。座席まわりも散らかしていたかも。台湾人、と分かったので、私のほうから積極的に話しかけることにした。

先ず娘さんに、カメラに収めてある当社の店頭の「東日本大震災へのご支援に感謝し、当社では台湾のお客様からは仲介手数料を頂きません」(原文は中国語)という貼紙の写真を見せたら笑顔に。そこから会話をしようとしたのだが、彼女は中国語、私は日本語しか話せない。互いに英語は片言・・・。

仕方なく、身振り手振りのボデーランゲージ。それでも終始笑顔で、桃園国際空港に到着する前には互いのカメラ(相手はスマホ)で記念撮影。その時の写真がこちら、

DSC01393.JPG
私は17歳くらいかと思っていたら21歳でOLさん。とにかく可愛い〜

DSC01395.JPG
彼女のスマホでCAさんに撮ってもらっている様子。前の席のゴッツイ顔のオヤジ、邪魔 (ーー゛)

DSC01396.JPG
そのCAさん、プロポーション抜群だった。エバー航空は地上職員も含めて超美人揃いで凄い!

このCAさんにお願いしてトランプを2個頂き、1個を娘さんに差し上げたので飛行機の図柄のトランプは1個になった次第。帰りは・・・、隣の席の方が「要らない」と言ったので2個とも持ち帰った。

娘さんと名刺交換したら、台湾のシリコンバレーと言われる新竹(シンチク)のIT企業にお勤めだった。降りる際も、何度も私の顔を見て会釈してくれて、性格も凄く可愛い。また台湾で会えたなら嬉しい。もし今度台湾をフリータイムで訪れたなら手土産を持って会社を訪問しようかと思うほど。

と、いい気分で飛行機を降りたのだが・・・、この後、とんでもないトラブルに遭った。

posted by poohpapa at 07:00| Comment(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

合格証が届きました (*^_^*)

昨年の11月20日に受験していた「賃貸不動産経営管理士」の試験の合格証が昨日届きました。

自己採点で9割方正解していたので「まさかに不合格はないだろう」とは思っていましたが、一安心。

いちおう登録手続きだけはしておこうかと思います。新年早々「不合格」でなくて良かった (^◇^)

posted by poohpapa at 06:32| Comment(0) | 不動産業界(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

台湾旅行記 土産編 2

土産は、うちのにだけ買ってきたワケではない。自分の土産も買っている。それが・・・、

故宮博物館の売店で購入したマグネット。

DSC02190.JPG

後日、旅行記の本編でも紹介するが、故宮博物館の収蔵物では最も有名な「翠玉白菜」の図柄。80元だから日本円に換算して300円ほど。私の土産はこれだけ。あとは写真と思い出のみ、それで十分。

DSC02202.JPG
こちらはカネを掛けずにゲットした土産で、エバー航空のトランプ。ANAの機内で「トランプをください」とお願いすると「お子様だけのサービスですので・・・」と断られることもあるが、エバー航空は快く持ってきてくれる。ま、正式な名称は「トランプ」ではなく「プレイングカード」だし、今は「トランプを」とは言わないほうがいいかも知れない (*^_^*)

「飛行機」の図柄のは往きの機内で、「ぐでたま」の図柄のは帰りの機内でCAさんにお願いして頂いたもの。往きの機内でのトランプが1個であるワケは後日記事にする。

DSC02198.JPG
これは、3日目と4日目の観光バスがピカピカの新車で我々が最初の客とのことで、台湾の風習で客に菓子を振る舞うとかで頂いたもの。たしかに、乗り込んだ時に新車の香りがした (^◇^)

私は、機内などで出された「おつまみ」なんかは食べずに持ち帰ることにしている。うちのに「行った気分」だけでも味わってもらいたいから。優しいのでなく、ただ貧乏性なだけなんだけど。

DSC02199.JPG

DSC02200.JPG
少しだけ購入した台湾の銘菓「パイナップルケーキ」(個別包装10個入り)

パイナップルケーキは、それこそいろんなメーカーから出ていて、事前に教えて頂いていたホテルオークラのパイナップルケーキはついに見つからなかった。ホテルの売店でしか売ってないものか。

面白いことに、パイナップルケーキ、と謳っていてもパイナップルを使ってないものもある、とのこと。では何を使っているのか、と言うと・・・、

冬瓜、である。冬瓜をシロップに漬けて乾燥させてドライフルーツ状にしたものを使うのだが、言われなければ、いや、言われても冬瓜とは気付かないほど。私も試食で食べ比べたが冬瓜だとは全く気付かなかった。それを台湾ではパイナップルケーキとして販売しているが、箱を裏返して原料名を見ると、ちゃんと「冬瓜」と書いてある。商品名は偽っていても原材料では嘘をつかないから不思議である。

いちおう、持参した台湾元と日本円は(帰国後のバス代のみ財布に残して)予定通りほぼ使い切った。雀の涙にしかならないだろうけど、(今回の旅行の一番の目的の)東日本大震災での台湾の人たちからの支援に対する恩返しができたかな、と思っている。これからも、(私は絶対に行かないけど)香港や中国、韓国に行くくらいなら何度でも台湾に行きたい。どうせなら親日的でハートがある台湾でおカネを使いたいものである。




posted by poohpapa at 07:48| Comment(2) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

台湾旅行記 土産編 1

旅行本編の前に、土産の紹介。

今回の旅行では「土産は極力買わない」という方針で、事務所の家主さんにも予めお断りしておいた。昨夏のペルー旅行では、家族(うちの)への土産とは別に6万も遣っている。お土産を買うのは、相手が喜んでくれる顔を想像したならとても楽しいものではあるが、負担もまた大きい。買わずに済めばそんなに楽なことは無いが、そういうワケにもいかないもの。今回は「なるだけやめてみよう」と決めて実行した。ではあるが女房だけは別である(理由は後述)。で、うちのに買ってきた土産は二つ、

一つが北投石のブレスレット、一つが故宮博物館で買ったペンダント、である。

DSC02208.JPG

先ず、北投石のブレスレット(写真左)。価格は55000円。見た目はタダの石、である。この北投石、世界でも日本の秋田県の玉川温泉と台湾の北投温泉にしか存在しない特殊な「湯の花」が原料。それを粉末にしてセラミックコーティングで球体に固めたもの。現在、玉川温泉の湯の花は国の特別天然記念物の指定を受けていて採取できないから採取できるのは北投温泉だけ。しかも湯の花は一年に約0.1mmしか成長しないので非常に希少で、なんでも、1cmの大きさになるのにおよそ130年掛かるらしく、とても脆いんだとか。

この二つの温泉の「湯の花」は成分にラジウムを含んでいて癌の治療にも効果があると言われていて、鳥越俊太郎が抗癌剤治療を拒否して玉川温泉に通っていたり、脳梗塞を患っている長嶋茂雄氏が5回も訪れたということ。マイナスイオンも発生していて、たった数分ブレスレットを身に着けているだけで体内のマイナスイオン値が5倍以上にもなる。実は自律神経失調症にも効果があるそうで、うちのがお風呂に入っている時だけ私が借りて着けている。球の大きさで効果も値段も違ってきて、やや大きめサイズの10mm球を購入。

最初は「85000円だけど2割引きで68000円にする」と言っていたが、さらに交渉したら「6万ちょうどでいい」と言い、私が「5万だね」と言ったら「じゃあ売らない」とのこと。上司を呼んで来たら上司が「間を取って57000円」と言うので、「間を取ったら55000円でしょうよ」と言ったら「ダメ、売らない」と拒否。それで「このへんが限界かな」と思って、一方的に「55000円で決まり」と言ってカードを出した。「だったらカードでなくて少しでも現金で」と言われたが全額カードで決済。嫌な客である 💧

同じツアーに参加していたご夫婦がブレスレットとネックレスを購入していて代金は35万だったとか。ホテルも我々のスーペリアクラスより1ランク上のデラックスホテルだったし、カネは有るところには有るもの、とつくづく思う(もろ僻み ^^; )。他にも何人かブレスレットを購入していたみたい。

実は帰国してヤフオクを覗いたら、同程度の物がだいたい4〜5千円で落札されている (なんで?)

ただし、紛い物もけっこう出回っていて、本当に「タダの石」だったりして何の効果も無い、なんてこともあるそうで、業者が「台湾から直輸入」と謳っていながら最低落札価格を設定せずに4〜5千円でも販売しているのが不思議である。安く落札しておいて、次回台湾を訪問した際にテスターで測定してみようかと思う。ちなみに私が購入したブレスレットはイオン測定器やラドン測定器のような機器で試している。

そして、故宮博物館で購入したペンダント。キレイだったので一目惚れ。こちらは値段交渉の余地はなく、正札通り約15000円で(カードで)購入。

既にカード払いの請求が来ていて、たった1週間でもレートが円高に振れたので代金は両方で68000円ほど。旅行代金が59900円なので旅行代金を越えているし、留守番中のお小遣いも渡しているが、寂しがり屋のノルン(猫)がいるからという事情は有ったにせよ、自分が行かないのに「行ける時に(元気なうちに)行っておいたほうがいいよ」と快く送り出してくれるのだからそれで当たり前だと思う。

posted by poohpapa at 06:26| Comment(6) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

「この世界の片隅に」

今日から台湾旅行記を、と思っていましたが、その前に、映画の宣伝をぶっこみたいと・・・(^◇^)

このブログにしばしばコメントを頂いているバラキさんから「オススメの映画があります」との連絡を頂きました。私は知らなかったのですが、うちのは知っていました。少しだけCMが流れていたとかで。

この世界の片隅に」というアニメ映画で、大ヒットしている「君の名は」より作品としては比較にならないくらい上、という評価もあります。では、なぜ私が知らなかったのか・・・、

主人公の吹替えを「のん」(能年玲奈)がやっていて、元の所属事務所の圧力でテレビ局がワイドショーなんかでも取り上げないようにしているから、ということ。もし「とくダネ!」なんかで取り上げていれば私も知っているハズですから。映画の質なんかで判断しているのでなく、そんなことで取り上げないのは如何なものか、と思ってしまいます。元の所属事務所もケツの穴の小さいことで ( `ー´)ノ

マスコミは、常に大手プロダクションに気を遣い、韓国に気を遣い、で、何を考えていることやら

実は、私は「君の名は」は観ていません。観たらけっこう面白いのかも知れませんが、「主人公の男女が入れ替わる」という現実味のない設定が好きではないからです。SFなんかは嫌いではありませんが。あと、主人公を始めとして今風の「若者好みの絵」であることも好きでない原因になっています。

だいたいが「君の名は」と言えば数寄屋橋で再会の約束をする真知子と春樹のラブストーリーでしょう。題名は変えてほしかったですね。そうそう、韓国では「君の名は」をドラマ化するそうで、それも起源は韓国、と言い出しそうな気配ですね。ま、勝手にやってください。

昨日たまたま床屋さんでスタッフが、「こないだTBSのアナウンサーが、『君の名は、を観たけどどこがいいか分からない。それより、この世界の片隅で、のほうが遥かに良かった』、と言っていて、勇気あるなあ、と思いましたよ」と言ってました。物怖じせず堂々と本音が言える局アナ、好きですね。

いずれにしても、もし両作品とも観たなら、私は「この世界の片隅に」に一票を投じることでしょう。

ただ、一点だけ、コトリンゴの歌う主題歌「悲しくてやりきれない」は頂けないかな、と思います。私の青春時代である高校1年時、この曲を聴いて過ごしたオジサンとしては納得いかないかな、と・・・。

うちのと来週の水曜日に劇場に観に行くことにしました。と同時に、マスコミの腰が引けているなら、逆に少しでも多くの方に知って頂き、劇場に足を運んで頂けるよう拙ブログでも応援したいと思います。



posted by poohpapa at 05:51| Comment(12) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

嬉しい頂き物と訪問

台湾から帰って、うちのと最初の買い物に東急ストアに出掛けた。ふだんサービスカウンターにいる馴染みの店員さんに新年の挨拶をしたら、「これ、持って行って」と何やら立派な包装の箱を渡された。中身は市田柿(干し柿)の詰め合わせだった。1個ずつ個別包装されてキレイに並んでいて明らかに贈答用と思われる。なんでも、賞味期限が近付いてきた商品を従業員に安く販売するらしい。「だから気にしないでいいよ」とは言うが、そんな物を頂いたら気にはなる。でも凄く嬉しかった。

そして、昨日、12時少し前、近所の歯科医院に行こうとして店を出たら、道路の反対側から私を呼ぶ声がする・・・。誰だろ、と思って見たら、以前某住宅メーカーに勤めていて今は自営業をしていらっしゃるYさんだった。歯科医院は予約していたので、一緒に行って待合室で待っていてもらい、それからランチをご一緒することにしたのだが、治療後の30分は飲食できないから店に戻ってしばしお喋り。その後でバーミヤンに行ってランチ。私が出すつもりだったが奢られてしまった。

Yさんは住宅メーカーをお辞めになって10年以上たつ。今も厚誼を重ねていてお世話になっている。ご自身の貸家を探す際も、ご子息のアパートを探す際も、「どのみち手数料を支払うなら仲良くしているお店に支払ったほうがいいから」と、たくさん付き合いがあった業者の中から当社にお声を掛けてくださったり、何かと相談相手にもなって頂いている。私も昨年は年末に掛けていろいろあったので、年末に一度Yさんを訪ねようかと思っていたところでもあったからグッドタイミングで有り難かった。

いろんな話をさせてもらったが、「要はハートなんだよね。ハートの無い人とは付き合えないよね」との結論に至った。私が相談したかった内容もYさんが抱えている悩みも、そこに尽きるものだった。

仕事面では新年早々、二人の家主さんから深刻なご相談を受けていて、今年はいつにも増して激動の年になりそうな予感がするが、いいことから始まったので明るい気持ちでスタートが切れそうだ。

歳を取ってくると、「自分のことを気に掛けてくださる人がいる」ということが何より嬉しい (*^_^*)



posted by poohpapa at 06:29| Comment(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

やばい寝言・・・

昨日、うちのから、「お父ちゃん、明け方にヘンな寝言を言ってたよ」と言われた。

寝言なら私よりうちののほうがよく言っているように思うのだが、気になったので「どんな?」と訊くと、

「〇ちゃ〜ん、あ・げ・る」、と言っていたんだとか・・・。

〇ちゃん、というなら対象は一人しかいない。その〇に名前が当て嵌まる人はたった一人である。

私はその人(3年連続で海外旅行をご一緒した当社の入居者さん=女性)のことを「ちゃん付け」で呼んだことは一度もなく、いつも「〇〇さん」と呼んでいるのだが、内容には心当たりがある。一昨日の夕方、その方に電話して、ある品物を差し上げることになっていて、受け渡しの方法を打ち合わせしていて、その様子はうちのも傍で聞いていた。だから話の辻褄は合うのだが、〇ちゃ〜ん、は無いもの。

もしかして、うちのが「カマをかけた」のかな、と思ったが、そうでもなさそう。うちのは「深層心理かもよ」と笑っているが、それも無い。たしかに、私の不動産業経験の中で「一番キレイだったお客さんは誰?」と訊かれたなら真っ先に名前を上げるであろう人ではあるが。

私が「美人の条件」として挙げている「姿形の美しさだけでなく年齢相応の教養や分別が内面から溢れているかどうか」に合致する女性ではあるが、恋心を抱いたことは無い、私なんかでは失礼に当たるからである。私は、そういうところでは妙に自制心が働く。以前に書いた、私の事実上の初恋の女性と同じ布団で寝ていながら指一本触れなかった(触れることができなかった)のに似ているかも。

そんなワケで「やましいこと」は何も無いのだが・・・、寝言を聞かれたという事実は消えない。

うちのから疑いを持たれないよう、当分は我が家では〇〇さんの話題を出すのは控えよう (*^_^*)

posted by poohpapa at 06:40| Comment(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

帰ってきたんだ・・・、と実感したこと

短い旅行だったが、日本に、そして立川に帰ってきたんだ・・・、と感じたことが二つ。

一つは、台湾では飲むのを忘れてしまっていた自律神経失調症の薬「加味逍遥散」を帰宅してからは忘れずに飲んでいること。なぜ台湾では飲むのを忘れていたかと言うと、仕事のことは全く考えず(頭に浮かばず)旅行を楽しめていたから、ということで、途中で「あ・・・、薬、飲んでないや」と思い出したけど「これなら飲まなくても大丈夫だろうな」と思えたからあえて飲まなかった、ということもある。

私の自律神経失調症、主治医の話では「ほぼストレスによるもの」とのことで、ストレスが無いなら症状が出ることも無い。よって台湾では出なかった。ストレスの原因の9割以上は対人関係によるもの、と思われる。トラブルとまではいかなくても気を遣ったり気を遣わされることも多いから。自分で気を遣う分には普通に当たり前のことだからナンてことはないけど、理不尽な要求をされたりトラブルの間に入って気を遣わされるのはキツい。それでおカネを貰えるのだから文句は言えないけど。時には卓袱台をひっくり返して「ふざけるな!」と叫びたいようなこともある。感情を抑えて自分を殺せばストレスも溜まるもの。

そして、立川に帰ってきたな、と実感させてくれたのは・・・、

以前記事にした交通整理バアサン、である。昨日も冷たい雨が降る中で交差点の角で車椅子で、レインコートを着て叫んでいた。「もう(歩行者用の信号が)青だよ、停まれよ、馬鹿野郎!」と、いつもの調子。うちのが言うには「正月休み、ずっといつもの場所にいたよ」とのこと。邪魔にならない隅っこにいるし、言ってることは正しいから不快には思わない。それどころか、姿を見かけないと「体調でも崩したかな」と心配になる。あの元気な大声に再び出会えたから、「ああ帰ってきたんだ・・・」と嫌でも思える。

台湾の気温は概ね20℃〜26℃ということで毎日半袖で過ごしていたから昨日の寒さはこたえた。そういうのも「日本なんだ」と思えたことではある。いずれにしても、昨日から現実に引き戻されている。いつまでも旅行の余韻に浸っているワケにはいかないからエンジンを掛けて働こう (´・ω・`)

posted by poohpapa at 07:53| Comment(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

昨晩、台湾から帰国しました

遅れ馳せながら、あけましておめでとうございます

昨晩台湾から帰国いたしました。到着は19時10分でしたが帰宅したのは22時半・・・、爆睡です。

何から何まで素晴らしい旅行でした。朝晩の自律神経失調症の薬を飲むのを忘れるくらいでしたから。旅の内容は追々記事で書かせて頂きますが、台湾、何度でも訪問したい国ですね。

これから写真の整理をして、水曜日に記事を書き溜めて木曜日あたりから旅行記をアップしていきたいと思います。何組かのお客様にはブログのことはお話してありまして、その方たちに最初にお願いを。

先ず、このブログのトップページを必ずお読み頂けると嬉しいです。当ブログのポリシーをご理解頂いた上でお読みください。私自身、訪問者数とアクセス数の違いがよく分かっていませんが、SeeSaaの管理ページの数字から逆算すれば訪問者数の累計は概ね約700万、アクセス数の推計がほぼその4倍、2800万くらい、というところでしょうか。記事数は現在までで4808話です。長くやってますから(^^;

頂いたコメントが間もなく12000件になりますが、ほぼ全てに返信させて頂いております。返信しないのは明らかな悪意、誹謗中傷コメントだけですね。私の「必ず返信する」という方針を悪用して悪意のコメントを入れてくる「例の気違い」みたいなのがいて、最初は不義理をしないようちゃんと返信をしていて何度かコメントのやり取りしているうちに「ああ、例の気違いだったか」と判ることもあります。

で、今回の旅行でもたくさんの写真を撮りました。実際には1000枚以上は撮っていると思いますが、ピンボケや構図の失敗などは削除していますので残りは700枚を少し超えるくらいですね。一部は記事でご紹介させて頂きますが、もしご希望があれば全てDVDに焼いてお送りいたします。第三者の目で撮った写真に自分が入っている、ということは、ご自身の自然な表情や姿が見られる、ということで、私の主観で撮った写真であっても良い記念になるのでは、と思いますね。旅に出るといつも、希望してくださるお仲間さんに(もちろん無償で)お送りしていますのでどうぞご遠慮なく (*^_^*)

今回は近場の海外なので一眼レフは持参しませんでしたが、それでもまあまあキレイな写真にはなっているかと思います。いちおう全て最高画質を選択して、2020万画素で撮っています。

コメント欄からメールアドレスを入れてコメントして頂ければ返信いたします。メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

さて、今日から仕事始めです。留守電にトラブルの話なんかが入ってなければいいのですが・・・。

posted by poohpapa at 08:27| Comment(4) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする