2017年03月15日

韓国は何処へ向かおうとしているのか

ボースさんから頂いたコメントを使わせて頂いて記事にしたいと思う。

韓国について、数ヶ月前から私は「これでは国がもたないな、韓国は崩壊するな」と思っていた。

「ニュース女子」でコメンテーターを務めている藤井厳喜氏がそのあたりを具体的に的確に指摘していて、私も全く同感、まさにその通りだと思っている。青字の部分はボースさんから頂いたコメントから。


ちょうど青山氏の虎ノ門ニュースを裏番組で聞きながら、コメントしています。
韓国のいくすえについて、トランプ大統領を当てた藤井厳喜氏が予想していて又当たるんじゃないかと思って紹介します。

南で親北勢力が政権をとると、以前から言われていた高麗連邦が現実味を帯びてきます。
経緯の予想は以下の通りです。

1.北側からは一国2制度でいいから連邦国家になろうと言い出す。
2.ある程度、連邦制が安定した時点で北から’我々は独立国家なので外国の軍隊は駐留させていません、どうして南には外国軍がいるのですか、もういらないでしょう’と提案してくる
3.南からアメリカ軍が撤退したら北朝鮮軍が侵略して統一国家となる。



なんか、何もかも金正恩の狙い通りに事が進んでいるように思う。国民を飢えさせてでも様々な経済制裁を受けながら核開発を成し遂げてきたのが生き始めた。きっと今頃は高笑いしていることだろう。

朴槿恵大統領が罷免されて親北勢力が台頭してくると一気に朝鮮統一機運が高まるのは間違いない。かつては太陽政策を掲げて金大中がノーベル平和賞を貰ったが、ご多聞に漏れず、言っただけで受賞したケースで、一見すると南北統一が果たされるのはとても良いことのように思われる。だが、10数年前ならそうだったかも知れないけど、今なら南北統一は韓国にとっても西側にとっても地獄の始まり。

15年ほど前、北朝鮮がまだ核兵器も持っておらず度重なる飢饉で国民が疲弊していた時なら韓国が北朝鮮を吸収合併するかのごとく、あるいは最低でも対等の形で民族統一を果たして政治の主導権は韓国が握ったと思う。だが、今、北朝鮮は核を手にしているし韓国は政治も経済もガタガタ。始まりこそは対等であっても狡猾な北朝鮮に飲み込まれて南北「丸ごと北朝鮮」になることだろう。

私は北朝鮮と韓国が一つの国になるのには条件が付くハズと思っていて、それは「北朝鮮の指導体制はそのまま残してもらえる」というもの。もし完全に一つの国家になったなら、金正恩は「国民を虐殺した罪」で裁判に掛けられて死刑を宣告されるのは間違いない。そんなリスクは犯すハズが無い。とすると、統一はしたけれど政治は別、つまり一国2制度の連邦国家で行こうと提案してくるのは当たり前。

南は(いちおうは話の筋が通っている)北に騙されて駐留米軍を追い出すことになるのも藤井氏が予測する通りだと思う。アメリカ抜きの南など恐るるに足らない存在。核の脅しの前に南は為す術もなく北に飲み込まれるのは明白。南の国民は皆「将軍様マンセー」と唱えさせられるだろう。そして、東欧などの独裁国家がそうだったように、金正恩に異を唱える南の知識層とか財閥のトップはことごとく処刑される可能性が高い。

話は、「南北統一 ⇒ 韓国崩壊」では終わらないと思う。何も考えないで「民族の悲願」だと統一を果たし、北に飲み込まれて自由も平穏な暮らしも奪われた南の国民が反乱を起こし、再び朝鮮戦争が勃発するかも知れない。ただし、アメリカが支援してくれれば、の話で、それでも「やる前から勝負はついている」と思うけど。しかも、南の政治家の中にはカネや自身の安全と引き換えに祖国を裏切る輩も出てくることだろう。その時になって日本に逃げてきたり支援を求めるなよ、オマエら、さんざん反日に励んでいたんだから、ほんと。

「 一国二政府の連邦国家で南北統一 駐韓米軍撤退 北による南侵攻 韓国崩壊 新たな朝鮮戦争勃発 元の木阿弥の分断国家 」になるのでは、と私は思っている。前半の「韓国崩壊」までは藤井厳喜氏の予測と同じ、それ以降は私の予測。素人考えだから外れてるかも知れないけど。北による南への侵攻が始まった時にアメリカが南を支援するかどうかによっても変わってくる。

南北統一が実現したとして、飢えた北の国民を救うのは今の韓国の経済事情では無理。おそらく日本などに支援を求めてくるだろうけど、人道支援などと理由づけして血税を注ぎ込まないでほしいものだ。

ボースさんが仰るように、南の政治家も国民も昨今の行動を見ていると何も考えていないのがよく分かる。朴槿恵氏の支持派によるデモも行われているが、それは将来に対する危機感からではないだろう。統一を果たして南も核保有国になったなら、南はおそらく日本を見下すことだろうが、それも長くは続けられまい。

で、私には心配なことが・・・、

アメリカは韓国に THAAD を配備しようとしているが、南北統一を果たしてない今でも、重要な軍事機密が北に漏れる、という恐れは無いのだろうか。韓国の政治家なら簡単に売りそうに思える・・・。韓国への配備は取り止めたほうが良いのではないか。「それじゃ対馬に」と言われたなら、今の中国と韓国の関係のようになるワケだからそれも難しいのだが・・・。

だいいち、九州とは目と鼻の先に、異母兄弟でも親族でも殺してしまう独裁者が核を持って日本を敵視していることになるのだから、日本にとってはこんな物騒な状況は無い。どんなに面倒くさい存在であっても、南が崩壊していくのを黙って座視しているワケにもいかないのが日本の辛いところ。にも拘らず、国会もワイドショーも、明けても暮れても森友問題・・・、平和ボケの極みであろう。対岸の火事ではなく、日本にも中韓北の工作員がたくさんいて、それらの国の息が掛かった議員も大勢いて、マスコミも在日に牛耳られているようだから日本もいつ韓国のようにならないとも限らないのに・・・。

本音で言えば、安全保障面を除けば、長年日本にたかって膨大な援助を受けていながら感謝することもなく、世界中にデマを吹聴して日本を悪者に仕立ててきた韓国が崩壊しようが壊滅しようが知ったことではない。反日国歌の為れの果て、自業自得だとは思う。一方で、ネットでは「トランプ政権が今月末にも北朝鮮に先制攻撃を仕掛ける」と出ていて、本当であってほしい、と思ってしまう。

で、再度言う、

15年前なら韓国が北朝鮮を飲み込めただろうが、今は逆にしかならない。

よって、嘘の従軍慰安婦問題や歴史認識問題でイチャモンをつけて盲目的に日本叩きを続けてきた韓国は(南北統一が、悲願でなく悪夢だと気付かないなら)近い将来の南北統一で自滅、崩壊する。

「韓国は何処へ向かおうとしているのか」でなく、「行き着く先は国家の崩壊」でしかなさそうだ。

posted by poohpapa at 05:48| Comment(7) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする