2017年03月28日

同業者さんのご厚意で楽をさせて頂いた (^◇^)

元入居者さんのご紹介で高幡不動駅の駅前のマンションをお申し込み頂いたお客様、前入居者の退去が3月26日で、30日からは入居したいご意向で、ルームクリーニングは急いでやって頂けることになったのだが、部屋を決める際にはまだ入居中で、ご本人は九州にいて室内をご覧になっておらず、私の報告だけで決めて頂いたので室内の寸法は「洋間の10畳」という以外は全く判っていなかった。

部屋の寸法に合わせて家具だの電気製品だのカーテンを揃えることになるから早く寸法を知りたいのは当然なので、26日に引っ越しの立ち合いが終わり次第、私が高幡不動まで行って測ってきた結果をお知らせする約束になっていて、管理会社に「鍵をお借りしたいのですが」と連絡したら・・・、

「でしたら私が測ってきてお客様に直ぐFAXしますよ」とのこと。それは実に有り難い (*^_^*)

物件と管理会社との距離は徒歩1分ではあるのだが、私が立川から出掛けて行ったなら、なんやかやで往復と作業に2時間は掛かるだろうから非常に助かる。おかけで楽をさせて頂いた。

我々の世界は、こんなふうに気が利く同業者ばかりではなく、「少しは気を利かせろよ」と言いたくなるような業者も多い。先日も、僅かな手間と経費を惜しんでか「こんなことはそっちでやるものでしょう」という作業を当然のように当社に押し付けてきた業者があった。お客様を紹介して頂けるのは有り難いことなので黙っていたが少しムッときた。ま、向こうからすれば「それくらい気を利かせろよ」と思っていたりするものだろうからグレーゾーンの中の話で「お互いさま」かも知れないが。

考えてみれば、人間、グレーゾーンの中で生きているもの、と思う。その中でどういう判断をするかで相手の本質が見えてきたりする。かく言う私も時々失敗しているから他人様のことは言えないけど 💧

で、その管理会社の担当者さん、いつか何かでこの借りはお返ししようと思う。

posted by poohpapa at 05:58| Comment(4) | 同業者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする