2017年04月13日

ユナイテッド航空が客を引き摺り降ろしたニュースで

アメリカで、ユナイテッド航空の国内線がオーバーブッキングによって乗客4人に降機してもらわざるを得なくなって、乗客の一人(アジア系の男性医師)を警察官が無理やり引き摺り降ろす動画を見た。

常にキャンセルを見越して多めに予約を受け付けることにしているらしいのだが、たまたまキャンセルが出なかったことで、乗客に「どなたか4人、協力して頂けないか」と呼び掛けたが誰も名乗り出てくれず、仕方なく「一人当たり800$と宿泊代を提供する」と条件を提示したがそれでも協力者は現れず、抽選で無作為に4人を選んで降りてもらうことになったようだが、4人ともアジア系・・・。無作為??

そんな偶然は有り得ない。抽選などしておらず、悪意に選別したとしか思えない。普通は、オーバーブッキングが判ったなら、搭乗前にアナウンスして先に条件提示して協力者を求めるもの。オーバーしていた4人はいずれもユナイテッド航空のクルーで、彼らを運ばなければ次の飛行機が飛ばせなかったらしいのだが、そんなのは航空会社の勝手。既に座っている乗客に怪我を負わせてまで無理やり引き摺り降ろして良い理由にはならない。その医師、「私はどうしても帰らなければならない」と叫んでいたとか。

法律上は、そういうケースでは強制的に客を降ろして良いことになっているという話だが、どう考えても、利益を優先し、見込みを誤ってダブルブッキングしていた航空会社側に非があるのであって搭乗者には全く責任の無い話。キャンセルが出なかったことで搭乗者を引き摺り降ろすより、満席で予約を止めて、結果的に幾つかの空席が出た状態で飛ばすほうが理に適っている。これから裁判になるだろう。

こんなニュースも、

ユナイテッド航空の事件が明らかにしたエコノミークラスの真実

この中に、

ユナイテッド航空社長のスコット・カービー(Scott Kirby )がアナリストに語った内容によると、同社の乗客の85%は1年に1回以下しか搭乗せず、彼らから得られる収益は、全体の50%弱だ。

とあるが、だからエコノミークラスの客を軽視するのは仕方ない、というのは社長の心得違い。「ビジネス」としては正しいのだろうが「商い」では間違いだと思う。たしかに、年に一度も飛行機を利用しないで会社の利益の半分以下にしか貢献しない85%弱の客は、15%の存在で会社の利益の半分以上に貢献している常連さんと比べたらゴミかも知れないが、85%の客の後ろには無限の見込み客がいる。

飛行機になんか乗ったことが無い、乗ったとしても年一回くらい、という大勢の底辺のグループによって会社の利益の半分が支えられているなら、今回の騒動と、表に出た社長の話は致命的と言える。

そんなことを言うなら、最初から全部ビジネスクラスとファーストクラスの座席だけの機体で運行すればいいのであって、安いエコノミーにしか乗れない客が会社の利益の半分近くを支えているのも間違いない事実。我々の仕事で言えば、20万の新築3LDKを借りてくれるお客様も風呂無しの3万円の部屋を借りてくれるお客様も、そういう安い部屋も存在している、ということもあって、どちらも大切なお客様。もちろん、本音で言えば「高い部屋を借りてくれるお客様のほうが有り難い」が差別はしない。

私もユナイテッド航空の系列のスターアライアンスの会員だが、少なくとも、系列航空会社は使っても、もう、なるだけユナイテッドには乗らないようにしよう。ツアーだと選べないけど・・・。


などと書いていて、トコロテンさんが生きていたなら、この記事にはきっと噛みついてきたことだろうな・・・、と感慨にふけっている (^◇^)


(注釈) 「生きていたなら」は、文字通りの生死の意味ではないので念のため。



posted by poohpapa at 07:23| Comment(6) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする