2017年04月17日

犯人の国籍くらいは判る

台湾で「日台の絆の象徴」八田與一像の頭部切られる ダム建設指導の技師

まあ、台湾人の為に10年も掛けて烏山頭ダムを完成させて、ただの広大な荒れ地を台湾屈指の大穀倉地帯に変貌させた八田與一の偉業は、トルコが、127年前に和歌山沖で遭難したエルトゥールル号を地元の人たちが懸命に救助した出来事を教科書に載せているのと同様に、台湾では教科書にまで載せて子供たちに教え、今も感謝しているから、その台湾人も、日本人も、こんなことをするワケがないし、当然に、とくに日本と利害関係や敵対関係が生じていない国の人たち(観光客)がするワケがない。

おおかた中国人か韓国人の犯行であろう。日本人の像の首を斬り落とせるのはその2ヶ国ぐらいのもの。こんなことでしか自分たちの主張を表現できないとしたなら寂しいくらいの民度の低さ。

日本の国宝や世界遺産の神社などで油を掛けたり、池に小便をする輩と同類項、同国民であろう。

生きている人間を斬首するのも銅像の首を斬り落とすのも、卑劣さで言えば変わりはないと思う。



posted by poohpapa at 07:06| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする