2017年05月03日

声が大きい高齢の入居者

これは、ちょっと前に住宅新報さんのブログで書かせて頂いた話だが、もう少し詳しく。

我が家から店に向かう途中に平屋の貸家がある。そこに入居中の高齢男性が私の顔を見て話しかけてきた。声は大きいが言葉足らずだし呂律が回らないので何を言っているのか意味不明で実に聞き取りにくい。

「これ、どうにかしろよ。切れちゃってんだよ」と私を家の横に導く。上のほうを指差して、「何ヶ所も切れちゃってんだろ。カネ(家賃)払ってんだから直せよ」と、高圧的な物言い。ま、いつもそうである。

過去にも、トイレが詰まって汚水が床に溢れた際に、「トイレも行けねえじゃねえか。俺は今、公民館までトイレに行ってんだよ。早く直せよ」と文句を言ってきたことがある。トイレの詰まりは原因を突き止めなければ「家主さんの負担で」とは迂闊に言えないもの。半分以上は入居者の責任によるから。正直なところ、なんでもかんでも家主さんや不動産屋の責任にされたらかなわない。

その時はトイレの汚水が外の廊下の床にまで溢れて、何日か経っていたのか床に浸みて一部が腐食していた。設備屋さんによれば、「臭いも凄かったし、よくあれで生活していましたねえ」とのこと。電話を掛けてくるとか、(徒歩2分の)うちの店まで相談に来るとか、そういうことはせず、私と外で顔を合わせる機会を待っていたようだ。たしかに、家の前でよく顔を合わせるが、それも1週間に1〜2度の話。

「何か、例えば水に溶けないティッシュとか流しませんでしたか?」と訊いたら、「なんも流してねえよ」と言い張っていたのに排水溝からタオルが出てきた。「これ、あなたの?」と設備屋さんが訊いたら「ああ、俺のだ」とアッサリ認めて修理代は入居者負担ということになった (^◇^)

といっても生活保護受給者で、本人にはそんなカネは出せないだろうから、と、市との交渉は私がして修理費用は市に負担してもらったのだが、本音では、そういうのは納得いかない。その時はトイレと廊下のフローリングまで張り替えたが、本人はもうすっかり忘れている。「ごめんなさい」も無かったし。

何かが切れてるという今回の話、文字で書くと分かりやすいが、それは「たぶん、こう言ってるんだろうな」と私が推測して書いているだけの話で、大事な言葉も抜けているから意味不明で辛いものがある。

ガラガラ声で近所に響き渡るような声で「カネ払ってんだから」と何度も繰り返す。もちろん私は「直さない」とは言ってない。屋根の上のほうを指差すから「アンテナ線でも切れているのかな」と思っていたのだが「3ヶ所も切れてるだろ」と言っているし、ワケが分からなかった。

ようやく、指差した先にある「エアコンの室外機のホースに巻いてあるテープが劣化して何ヶ所か剥がれかかっていることに対する文句」だと判った。だが、そんなのは何の問題もない。

不動産屋を呼び止めて「至急直せ」と文句を言うような用件ではないのだが、とにかく不動産屋(管理会社)を見たら何か文句を言いたい人のようだ。いつも、挨拶代わりに文句を言う・・・。「もっと酷くなったら直すから」と言い残してその場を後にしたが、ほんと、疲れる ( `ー´)ノ

何か言われても立ち止まって話したりせず適当に合わせてやり過ごせばいいようなものだが、私も苦手意識を持っていて、正直、そんなことでも「面倒くさいなあ」と思っているから、今は貸家の前に立っている姿を遠くから見かけると迂回して少し遠回りするようにしている。2分は無駄になるがストレスにならないだけ助かる。

ただ、苦手意識は持っているが、嫌いではない。嫌いなら、私が市役所と交渉して修繕費を市の負担になるよう働きかける、なんてことはしないから。「苦手」と「好き嫌い」は別の話である。

私の顔を見ると大声で何か文句を言うが、それは何らかの病気なんだろう。例の気違いのように陰険でも粘着質でもないし、それくらいで本人が気が休まるなら嫌がらずに付き合ってあげるべきなのかも知れないが、今は私にそれだけのゆとりが無い。とくに、ここんとこのストレスは半端ではないから 💧

posted by poohpapa at 07:18| Comment(2) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする