2017年05月05日

近所の奥様たちの優しい心遣いに感謝

当社の管理物件(貸家)に入居中の老婦人が入院なさっている。その老婦人は家の前でたくさんの花を栽培していて、私が通りがかった際に水やりしている様子もよく見かけていた。

娘さんから入院したとの連絡を受け、近所だし、花の水やりは私が引き受けることにした。どうせ暇な店だし、そんなのは大した手間でもない。お花のことは気にせず付添いに専念して頂けたら嬉しい。

で、昨日、水やりをしていたら、背中に「有り難うございます」と声が掛かった。振り向くと、自転車に乗った知らないご婦人がいた。私が会釈すると、「Tさん、入院してるんですか?、水やりしてくださって有り難うございます」とお礼を言う・・・。私は見覚えのない顔だったのだが、同じ町内会の方で先方は私を知っているようだった。「奥様が(町内会の)組長をしてらっしゃって、たしか〇塚さんの奥のお宅で、不動産屋さんですよね」と仰る。私は相手を知らないが、私のことはお見通しのようだ (^◇^)

「実は、この家を管理させて頂いていて、入院なさったと聞いて、水やりは私が引き受けることにしました」と言うと、「そうでしたか、それは有り難うございます」と、またお礼を仰る。自分が何かしてもらったワケでもないのに、自分のことのように喜んでくださる・・・。ましてや家族や親戚でもないのに、私が水やりしていてくれることに感謝してくれるのだ。実は3日前も(私が顔を知らない)近所の別の奥様から声を掛けられた。「Tさん、具合が悪いのですか?」と訊かれたので、現在の様子を伝えると、同じように丁寧にお礼を言われた。

Tさんがご近所の人たちから愛されて気に掛けて頂いている証であろう。Tさんも凄いが、自分とは直接関係ない話なのにお礼を言う近所の奥様たちのお人柄も素晴らしいと思う。

ふだん、Tさんが水やりをしている時に近所の人が通りがかって、「綺麗な花ですね」とか声を掛けて世間話なんかをして絆を深めていたんだろう。それで「いつもと様子が違う」ことで心配したものか。

ご近所同士、花の水やりをしている姿や、犬の散歩をしている姿などで無意識のうちに互いの無事を確認していて、いつもと様子が違うと心配して直ぐに声を掛ける・・・、それはとても大切なこと。

そういうのを「気付き」と言うのだろうか。今の世の中、個人情報がどうのプライバシーがどうの人権がどうのと、そんなことが優先されるようになって暮らしにくくなったように思う。高齢化社会を迎えて、そういうのは「程度の問題」と捉え、逆にほとんどオープンにした方が安心して暮らせるように思う。

ん・・・??、もしかして、自分の行動を「誰も見ていやしないもの」と油断していても、見ている人は必ずいる、ということか。この件は全く意識していなかったが、誰もいない時こそ行いに気を付けよう。



posted by poohpapa at 05:58| Comment(8) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする