2017年05月10日

Tさんの病状、その後

先日記事にした入院中のTさん、娘さんから電話があり、少し病状が改善されたようだ。

当初は集中治療室に入っていたものの、それから準集中治療室に移り、今は個室に入っているとか。時折り目を開けて室内を見回していたりするようだが、状況がまだ飲み込めていない様子。

娘さんがTさんの手を握り、「痛いところがあったら手を強く握ってね」と言って体中を触っていたら、強く反応したのが鼻だったとのこと。管を入れられているから痛みと強い違和感があるのだろう。

今は救急病院なので、もう少し改善されてきたら転院することになるらしい。今、借りて頂いているお部屋も解約になるかも知れない。たまたま来月の末に更新を迎えるので、娘さんには「まだ更新の契約はしないでいいですよ。お母様の病状と治療方針がハッキリしてからにしましょう。家主さんも理解してくださいますから大丈夫ですよ」とお伝えした。とりあえずは住宅総合保険だけは更新して頂かなければならないが、直ぐに引っ越すことになる可能性があるなら更新料をお支払い頂くのは忍びない。

今の部屋は1DKで、介護の人が付きっきりになるとしたら狭いので、いずれにしても解約にはなると思う。それまでは私がお花の水やりをしていればいい。

昨日も近所の奥様が、「私が水やりしようかと思ってたんだけど、いつもやってくれてるからいいかな、と思って見てました」と声を掛けてくださって、「Tさん、その後、どんな様子ですか?」と訊かれたので現状をお話しすると安心してくださった。みんな気に掛けてくれているのが嬉しい。

娘さんにそのことをお伝えすると凄く喜んでくれた。一人で看病するのはさぞかし辛いことだろう。

今、主のいない部屋の前で、「ミヤコワスレ」が可憐な花を咲かせている・・・。Tさんが元気な姿で戻ってきてくれるのを待ち望むように・・・。



posted by poohpapa at 05:57| Comment(2) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする