2017年05月27日

いつもなら「おねむ」の時間から契約 (^◇^)

昨日は、事情があって夜9時すぎにお客様にご来店いただき契約を交わした。管理会社は大手業者で、当社の管理物件ではないが重要事項説明と契約締結は当社で行う。不動産屋は昔から「夜討ち朝駆け」と言って、平日の夜、決定権者のご主人が帰宅して夕食を済ませ、風呂から上がった頃合を計って(例えば)10時過ぎに訪問したり、出勤前の慌ただしい時間の中を突撃する、なんてことはよくあった話。私も建売業者に勤務していた時には帰宅が午前様になることは珍しくなかった。

ま、そうは言っても「夜討ち朝駆け」は売買での話であって、賃貸ではほとんど無いこと。契約がその時間になったのは、お客様が勤務先に契約書を提出する期限が迫っていたのと、休みをもらうワケにもいかず、どうしてもその時間しか都合がつかなかったからで、私のほうは全くかまわない。なぜ「かまわないのか」と言えば、本当に気持ちの良いお客様なので、そのお客様のお役に立てることは幸せだし、全く苦にならないから。嫌な客なら「うちの営業時間は10時から6時までですので」と断るだろう。お客様によって対応に差を付けるのは不本意だが、そうでもしないとやってられないのがこの商売。

保証会社の審査が厳しく、必要書類をいくつも追加で要求され、その都度、日本橋と立川を往復して頂いたりしたのだが、一度も嫌な顔をされたことがない。よほど気が長い人でもふつうは怒り出すことだろう。私のほうが恐縮してしまうほどで、これで審査が通らなかったらどうしよう・・・、と不安だった。

保証会社の審査が長引いて、契約書を勤務先に提出するまでの期限が迫っていたもので、もう昨晩がぎりぎりのタイミング。管理会社は「貸主の署名押印は借主への重要事項説明と契約書への署名押印の後」と決められていて、先方(新宿)が土日休みなので、月曜日の朝一番で私が直接管理会社まで契約書を届けて貸主の署名押印を頂くことにした。メール便でもレターパックでも今日発送すれば明日には届くと思われるが、この場合、直接届けたほうが確実。「契約書は月末までに必ず間に合わせます」と約束していたのだから何が何でも約束は果たしたい。そこまで私がするのにはワケがある。

2週間ほど前、私が家で昼食を食べていたところに電話が入ったのがご縁の始まりで、「今、お店の前にいるのですが、どれくらいでお戻りになられますか?」と訊かれ、「15分くらいで・・・」と伝えると、「ではお待ちしています」と言われて戸惑った。たいていは「では時間をつぶして、その頃また伺います」と言っていても結局来なかったりするもの。正直、どうせ待っていないのでは、と思って店に戻ると・・・、待っていてくださった。いらっしゃったのはご本人ではなく一緒に入居されるお母様。

待っていてくださった理由を伺うと、「店頭に手書きの文書が貼ってありますでしょ。その文字を見て、こういう字を書く人は信用できる、と思ったからなんです」とのこと。初めて聞く理由だった。

今までも、店頭の「部屋探し10箇条」とか「部屋探しをする前に」をお読みになった方が「ぜひオタクで」と仰ったことはあるが、私の悪筆を見て信用して頂いたのは初めてのこと。意外だし、嬉しかった。

あ・・・、私も似たようなことしてたワ。東急ストアでポイントカードを作った際、サービスカウンターのFさんが書く字を見て、「この人とは仲良くできそう」と思い、今も親しくさせて頂いている。

元々は、ご自身でネットで検索して「この部屋を借りたい」という目星をつけていて、その部屋がまだあるなら申し込みたい、ということだった。私が「もし他社さんで既にご案内や紹介を受けていらっしゃるならまだ物件があっても当社から申し込みをして頂くことはできませんが・・・」と言うと、「いえ、まだどちらからも紹介されていません」とのことで当社で引き受けさせて頂いた。他の不動産屋ならそれでも受けると思うけど、私自身が何度か嫌な思いをしているのでそういうことはしたくない。

私は不在だったのだから他のお店に行かれていても不思議はないケース。たなぼた、と言えなくもないが、それも「ご縁」というものだったんだろう。

それはともかく、9時といえば早い日は寝ている時間。それでも、たまにはこんな時間に契約するのもイイもんだ。凄く楽しかった。ちなみに、普段やり取りしていたのはお母様だが、契約者は娘さんで、それがまあ凄い美人看護師さん。だからじゃないよ、ホント。娘さんにお会いしたのは途中からだから。

まだ仕事は残っているが、どうにか約束は果たせそう。で、私は思う。それは、「人柄のいい人は得である」ということ。とくに不動産の取引で言えば「何万も何十万も得するケース」さえある。お互い様なんだろうけど、そして、今回の件はたいしたことではないけど、相手に「この人のお役に立ちたい」と思ってもらえるかどうかは雲泥の差である。お客様も「ご縁」を大切になさっているのが伝わってきて、仕事に遣り甲斐が感じられて嬉しかった。素敵なお客様に出会えて感謝、である。



posted by poohpapa at 06:02| Comment(4) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする