2017年06月03日

入居者さんの送別会を開いた

家族的に付き合っていた入居者さんが6月5日で退去するにあたり、1日に送別会を開いた。

お客様の送別会・・・、以前はいつ頃だったっけかなあ・・・。たぶん、黒人の英会話教師のお客様が英国籍の駐パキスタン大使館員と結婚するため退去する際にベトナム料理店で開いたのが最後かも。

今回の送別会、言わずと知れた「ガストのお姉さん」が郷里の九州に帰ることになったので開いたもの。うちのも参加して3人で立川駅南口の「千の庭」を使ったが、居酒屋で開いているのに酒飲みはうちのだけ。店側からすれば「儲からない嫌な客」でしかない (^◇^)

そのお姉さん、姉御肌で面倒見が良かったから送別会が目白押し。うちを含めて6件はあったみたい。以前に退職したスタッフからも声が掛かっていて、我々が開いた送別会と同じ日の昼は、一番可愛かったAさんとグランドホテルでバイキングを楽しんだようで、そこは割り勘。呼んでくれたら奢ったのに。

そのお姉さんが引っ越してしまうのはとても寂しい。ガストで親しくしていた最後のスタッフ、ということもあるが、他のどんなお客様より思い出がある。離婚する際に、私が不動産屋だと思い出して私の連絡先を仲間のスタッフから聞き出して部屋探しを依頼してくれたが・・・、そういう事情だとプライバシーを知られてしまうので、本来なら知り合いには頼みたくないハズ。それでも私に声を掛けてくれた。

家具を買うために東大和のニトリに車で連れて行ったりもした。その時が私のカーシェアデビューだった。電気製品を揃えるのにビックカメラにも付き合った。丸亀饂飩や、くら寿司、バーミヤン、マンマパスタ、地元の中華料理店「香来」なんかにもご一緒した。ま、高い店は無いけど (おい)

うちのは人見知りが激しいが、そのお姉さんとは反りが合うから食事も買い物も3人一緒。もし引っ越さないなら、これからもいろんな店に一緒に行けただろうな・・・、と思う。それも寂しい。

今年の元旦にはA5ランクの牛肉を買って我が家で「すき焼き」もしたし、正月用に買っておいたタラバ蟹を改めて食べに来てもらったりもした。外食は安い店(口説く気の無い相手を連れて行く店)ばかりだが、家に呼ぶ時は「いい食材」を選んでいる。引越しの立ち会いの後、羽田に向かうバスを待つまでに時間があるので最後のランチを3人で楽しむことになっていて、その際は「ファーム・グリルバー」(カネを掛けずに口説きたい相手を連れて行くのに適した店)に行くことになっている。もう手遅れだが。

私は高校時代からの親友(女性)から「坂口君は過去の思い出だけで生きてくタイプよね」と言われていて、全くその通り。だが、お姉さんのほうは真逆のタイプ。つまり、サッサと忘れるタイプ(ハァ〜)

そのお姉さんに限らず、女というものは「今あるのみ」という生き物。未来も過去もなく、今あるのみ。たまに女も未来を考える時はあるが、それは男絡みの計算と打算でのみ。

と言っているのは池波正太郎先生。私の愛読書「鬼平犯科帳」で長谷川平蔵に言わせているセリフ。だいたいが男のほうが未練がましく、別れた後もネチネチと付きまとうもの。だからストーカーになったりする。女のほうは、一度嫌いになったらアッサリ切り捨てて何も受け付けなくなるもので、男とは真逆。タレントの有吉も「有吉反省会」という番組の中でそのようなことを言っていて、ほんと、同感である。

別れ話になって相手を殺すのはたいていが男。ま、付き合ってもいないから別れ話ではないのだが。思い出がたくさんあるからその分どうしても別れが辛くなる。なので今までで最も寂しい退去となった。これが近場への引っ越しならそんなことはないのだろうけど、移転先が九州・・・。私からすれば地球の裏側に引っ越されるようなもの。「遊びに来てね」とは言われているが、おいそれとは行けない。

今、私の頭の中では「この曲」が何度も回っている。あと「この曲」も・・・。もしかして自覚症状なく恋していたりして・・・。お姉さんが引っ越したら立川の景色が変わって見えるだろう、それくらい寂しい。

男はロマンチストで「思い出」に生き、女は現実的で「今」に生きる・・・。だから女は怖い。

まあね、女は怖い・・・、というのは小池百合子東京都知事を見ていれば分かる。いろいろ理屈をつけていても都民ファーストでなく自分ファーストでしかない。私は、男女を問わず人を踏み台にして(都合よく利用して)のし上がっていく人は好きではない。あ・・・、これ、ガストのお姉さんのことじゃない💧

ところで、そのお姉さんと私の相性、ということではとても面白い話があるので後日書きたい (*^_^*)

posted by poohpapa at 04:59| Comment(2) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする