2017年06月08日

昨日のランチなどなど

なんてことはない他愛もない話をつらつらと書かせて頂く。

昨日、入居者さんとランチの約束をしていて、「行けないかも」と言っていた娘も遅れてバーミヤンにやってきた。のではあるが・・・、私同様に早食いなのでアッと言う間に注文した料理を平らげた。もう35歳なのに色気も何も無い・・・。これじゃ嫁には行けないわ・・・、と思った。

入居者さんには事前に(街にできた新しいパン屋さんの)食パンを持って行く約束をしていたのだが、まだ焼き上がっていなかったので他のパンで間に合わせることにして、店の人から「焼き上がり時間」を聞いてあったのでランチの後で一緒に訪ねたら、焼き上がってはいたのだが「焼きたてで柔らかすぎてまだ切れない」とのことで、6枚切りとかにしてない塊を2斤そのままお持ち帰り頂いた。

入居者さんとはそこでお別れ。娘と家に戻って、先日、(元)ガストのお姉さんから頂いていた「種ぬき梅」やチョコレートを渡した。その後で、面白いことが起きた。私が娘に「お父さんトイレに入るけど、大だからオマエ先に入るか?」と訊いたら「大丈夫」とのこと。それで私が用を済ませて出てきたら、「なんかお腹がゴロゴロ言い出したからやっぱり入っとこかな・・・」だと。

「ちょっと待って。そんじゃ消臭剤を撒いとくよ」と言うと、「べつにいいよ」と辞退する。「だけど、臭いぞ」と言ったのだが、とくに焦っていたワケでもないのに「そんなのいいよ」と固辞・・・。

それはちょっと驚き。世の中には「父親の下着と自分の洗濯物を一緒に洗わないで」と言う娘は多いものだが、父親の大の臭いも気にしない、というのは珍しいだろう。それは妙に嬉しかった (^◇^)

家を出て、再びパン屋さんの前を通ったので、もう切れるようになっている頃かな、と思って寄ると、「まだ薄くは切れなくて5枚切りが限界」とのこと。以前から伊勢丹の売り子のUさんと約束していて、昨日から立川店に来ていると判っていたので、5枚切りを2斤購入して届けた。そこでも笑っちゃう話が・・・。

私がパンを渡して話していたら、本来は地下にいてその催事場(7階)にはいないハズのNさんが目の前を通り過ぎる・・・。Nさんはうちのお客様でもある。母子家庭で頑張っているので、私も時折り、私が頂いたお菓子のお裾分けを届けたりしている仲。昨日は私に気付いてなかったが、私がUさんに向かってNさんを指さしたら、Uさんが大きな声でNさんを呼ぶ。その呼び方が・・・、

「おい、チビ!」

まあたしかにNさんは小柄だが、伊勢丹の催事場の真ん中である。一歩間違えばモラハラ、パワハラになる。ところが、Nさんはそんなことは全く気にせず、我々の顔を見ると笑顔で寄ってきてくれた。Uさんが私の渡したパンに目を落として、小声で「これ一つNにあげていい?」と訊くので「もちろん」と答えた。私があげた物をどうしようがUさんの自由だし、Nさんに渡るなら嬉しい。今のNさんの売場はそういうものが渡しにくいところなので、何か渡す際には他のスタッフにお願いしていることも多い。もちろん、そのスタッフにも差し上げるケースでのみ、である。女性の職場はいろいろと難しいから。

Nさんが去った後でUさんに、「だから私はUさんが大好きなんですよ。自分のことだけ考えたりしないで仲間のみんなに目配りしているから・・・。今時そういう人は少ないですもんね」と言うと目が赤くなって少し涙ぐんでいたような・・・。Uさんも相当に苦労人なのだ。

それやこれやで昨日は「いい休日」になった。夕方には九州の(元)ガストのお姉さんからも「無事に引っ越しが完了しました」とのメールが入ったし、旅仲間の娘さんからも(私を心配して)電話を頂いた。今度の夏にクロアチアに一緒に行く中学時代からの同級生にも相談に乗って頂いた。ノルンもとくにトラブルもなく、今夜にはうちのが岩手から帰ってくる。また一週間頑張ろう。

昨日かかわってくださった皆さんに感謝、である。

posted by poohpapa at 06:42| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする