2017年07月04日

食パン騒動記 (^◇^)

立川には美味しいパン屋さんが何軒もある。パン好きには堪らなく嬉しいこと。

そのうちの1軒、住所的には国分寺市の西町ということになるのだが、立川市と国分寺市が入り組んでいる所にある「フェルマータ」というパン屋さんが美味しい。とくに食パン。実は、まだ食パンしか食べてないが。

先日、ご主人の怪我によって店仕舞いしたパン屋さんの元パートさんから情報を得て買いに行ったのだが、本当に美味しかった。「しっとりモチモチ」で、あの食感を出すのはさぞかし難しいことだろう。向かいに大型のパン屋さんが出店してきて、相当に売り上げにも影響しているかと思いきや、私が行っていた際にも「恋ヶ窪から車で来たんですよ」と言う常連さんがいて、どうかすると食パンは予約の分で終わってしまうようだ。

伊勢丹や東急ストアの何人かの売り子さんやソムリエさん、はたまた宅建立川支部の事務方さんに「食べてみて」とお配りしていて、先日、いつものように伊勢丹の売り子さんであるUさんに1斤届けると・・・、

「これ、Nにも分けていい?」と訊く。Nさんというのは、先日Uさんが「おい、チビ!」と呼んでいた相手で、当社のお客さんでもある。その日はNさんの分は用意してなかったが近日中に届けるつもりではいた。6枚切り1斤なんだから分けたら3枚ずつにしかならないのにNさんと分けたいと言う・・・。

「Nさんには後で届けるから、これはUさんが食べなよ」と言って、仕方ないからもう1斤調達してその日のうちにNさんに届けた。その際Nさんに「Uさんが1斤のパンをNさんと分けたいと言うからまた買いに行くハメになっちまったじゃねえか、と私がブーブー言ってたと伝えといて」と言ったら、そのまま伝えたようで大笑いしていたとのこと。Uさんは売れっ子のマネキンさんで立川店に来るのは月に一度も無い。来ているのが判っている時は、パン好きのUさんに食パンをお届けするようにしている。

それにしても、たった1斤のパンを自分だけで食べようとせず仲間に分けようとする・・・、立派である。東日本大震災の際、被災者が物資の奪い合いをせず互いに他の被災者を思い遣っていたのを思い出す。

Nさんからは「凄く美味しかったですよ」とお礼のメールが届いていて、その中で私の体調を心配してくださっていた。Nさん、何かお届けすると必ず直ぐに、そしてお食べになった後で再びメールをくださるのが嬉しい。喜んでくださったのが分かるから。そういう気遣いが出来る人は得である。

ソムリエさんも「もの凄く美味しかった〜。私はふだん1枚しか食べないんだけど耳まで美味しかったので2枚も生で食べちゃいました」と仰っていて、喜んで頂けたみたいだから、いろんな方にまたお届けしたいと思う。

善人ぶるワケではないが、誰かに喜んで頂けるのが私にとっては何よりのご馳走だから。




posted by poohpapa at 04:32| Comment(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

思った通りの審判

予想通りの審判が下った。都民は「豊洲移転問題」より何より、「このハゲ!」に対して審判を下したことになる。争点をボカして隠したのはマスコミで、この選挙期間中に、本来の争点になるべき問題を取り上げていたワイドショーなんかは皆無。流していたのは自民党の国会議員の失態ばかり、延々と・・・。

まるで、民主党に政権交代した(させた)時みたい。ま、それが選挙、民意というものだろうけど。

かつて民主党に政権を任せたことを後悔したように都民が落胆する日が来ることになるように思う。

ところで、さっき娘にメールした。

「仕事中か?
 選挙は行ったのか?
 まさか都民ファーストに入れてないだろな?
 棄権も都民ファーストに入れてても勘当だからな。
 借金すぐ返せよ」

さて、なんと言ってくるか・・・ (^◇^)

子供たちには「ニュースを鵜呑みにせず、何が真実か自分の頭で考えなさいよ」と念押ししておこう。


posted by poohpapa at 09:27| Comment(15) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こちらの14歳も凄い

将棋の藤井聡太四段の連勝記録が29でストップしたが、ブロ入りしてから負け無しの29連勝は凄い。プロ野球で言うと、1965年の第一回ドラフト会議で巨人に入団し、翌年、デビュー戦から13連勝した堀内恒夫に匹敵する。これはセ・リーグ記録(および新人記録)であって、今も破られていない。

できれば30連勝という区切りの記録を打ち立てさせたかったが、それにしても、対局相手の佐々木勇気五段もやりにくかったことだろう。敵役とまでは言わないが、国民は「どこまで連勝記録が延びるか」期待していたのだから。ま、これで気負いや重圧から解放されて新たな連勝記録を目指してほしい。


ところで、14歳の藤井聡太四段も凄いが、こちらの14歳も凄い。

https://www.youtube.com/watch?v=dD7OzkUX4-0 (音量注意)

例のタレント発掘番組に登場した14歳(当時)の Rachael Thompson 嬢の歌声をぜひお聴き頂きたい。歌声よりも私は漂ってくる雰囲気に圧倒されるのだが・・・。落ち着いていて堂々としている様は14歳とは思えない。ポール・ポッツ氏やスーザン・ボイル氏と違って、最初から「この娘さんは上手いだろうな」とは思ったが。

どんな世界(分野)でも、若い人が台頭してくるのを見るのは嬉しい。




posted by poohpapa at 04:20| Comment(0) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

朝日新聞デジタルが嬉しそうに伝えるニュース

首相演説に「辞めろ」「帰れ」の声 都議選で初の街頭に

msn. の見出しでは

「辞めろ」コールの嵐 首相演説で

となっていて、嵐・・・、だとすると、その場に居合わせたほぼ全員が「辞めろ」と叫んでいたことになるが、そんなことはないと思う。ネットのニュースの見出しでよくあるのが「大激怒」「〇〇騒然」「大炎上」といったもので、最近はネットが(新聞社の記事でも)「東スポ化」しているように思う。

その場に居合わせていない人は「安倍さん、末期症状かも」と思ってしまうもので、それが狙い。

私は、例えば「坂上忍 大激怒」とかの見出しが付いていたなら読まない。どうせ中身は違うから。

都議選の結果の後で、朝日が「民進党大幅議席減 蓮舫代表に『辞めろ』の嵐」と書くか注目したい。



posted by poohpapa at 09:00| Comment(2) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全室一斉に1万円の家賃値下げ

当社で管理させて頂いているマンションの家賃が全室一斉に1万円値下げされることになった。

そのマンションの南側にある駐車場の土地が相続がらみで売られることになって、間もなく戸建てを建築する工事が始まるのだが、それに伴って日当たりも悪くなるし、騒音被害も出るだろうから、と家主さんが気を遣われたのだ。もちろん、工事期間だけの期間限定値下げではない。こういうのは珍しい。

私が文書を作り、各戸に配布したら皆さん喜んでくださった。のだが・・・、3階奥の角部屋の入居者さんから電話があった。「坂口さんのお気に入りのガストのお姉さんも引っ越しちゃいましたねえ」と言う。

そう、201号室に入っていたのが例のガストのお姉さん。たぶん、もっと前に値下げが分かっていたとしても引っ越しすることは防げなかったとは思うが、ほんと、今も寂しい・・・。

と言うか、「人の傷口に塩を塗り込むようなことを言いやがって」、である ( `ー´)ノ

よっぽど「その部屋だけ他の部屋の値下げ分を全部集めて値上げしたろか」と思ったほど (おい)

ではあるが、電話を頂けたのは凄く嬉しかった。「もう顔なじみのスタッフは誰もいないけど、また一緒に行こうよ」と声を掛けた。知ってる人は現マネージャーだけになってしまったけど、行けば懐かしく思うことだろう。一人で行くのは辛いので、付き合ってくれたら有り難い、ほんと (^◇^)

なんか、たかだか1ヶ月前の話なのに、ものすごく遠い昔の出来事のような気がする・・・。

そんなふうにセンチになるのも「歳をとった」ということなんだろうか・・・。


posted by poohpapa at 04:57| Comment(4) | 家主さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

街で会った二人

何だか、アッと言う間に7月・・・。毎日、指折り数えているのだが、嫌味でなく、クロアチアまで33日。出発の当日は成田発が21時10分〜22時10分なので15時までは仕事していると思うけど。早く旅仲間に会いたい。たぶん顔を見た瞬間に(何も語らなくても)悩みを吸い取ってくれることと思う。良き友というのはダイソンの掃除機みたいなもの。零した愚痴をいっぱい吸い取らせても吸塵力は落ちない。ま、迷惑だろうけど・・・💧


さて、立川駅北口前の大きな交差点はスクランブル交差点ではないのだが、歩行者用信号が青になると全方向の車用信号が赤になって車が全て停まるので、歩行者や自転車の多くが斜め横断をしている。

いつものように私も斜め横断していると、前方に自転車の男が停まってこっちを見ている。私の長男だった。寄っていって「こないだの交通事故の老人、身元が判ったよ」と言うと、「まだ協力要請の看板が出てるじゃん」と言うので、「追々片付けると思うよ。身元が判ったなら早く撤去すべきなんだろうけどね」と話した。交差点の真ん中で長話をしていると直ぐに信号が変わってしまうのでそれだけの会話で別れたが、事故の翌々日の夕方に「もしかして親父かも」と電話をくれたのを思い出した。親子っていいな、と少し感動している。

(うちの場合が特別なのかも知れないが)とくに父親と息子は阿吽の呼吸で解かりあえる。これで私も長男次男も酒でも飲めればもっといいのだろうけど、うちの場合は酒など必要ない。不思議なもので、娘とも常に本音で話せる。うちの(継母)に対しても娘はとくに遠慮はしてないみたいで、それも嬉しい。


その日の午後、南口に行こうとして立川通りを歩いていたら、向こうから中年の男性がやってきて、私と目が合うと軽く微笑む・・・。相手は、まさに都議選真っ只中の候補者、清水こうじ氏(自民党)であった。この立川通りでは以前も衆議院議員の小田原潔氏が一人で歩いていて、その時と状況は同じ。

私が「清水さんですね、頑張ってください」と言うと、「厳しい状況なんですよ、有り難いです」とのこと。都民ファーストに押されて苦しいのは間違いないと思う。「小池百合子なんて、あんなの『まやかし』ですよ」と言うと、「よく解かっていらっしゃる」と笑ってガッチリ握手。一人で歩いていたのは、お伴を付けずに商店街を一軒ずつ挨拶回りするため。それはいい方法だと思う。お伴を付けていると「偉そう」に思われてしまうから。

今回の都議選、自民党に逆風が吹きまくっている。たしかに、「このハゲ〜!」「ち・が・う・だ・ろ!?」はお粗末だが、マスコミが延々自民党議員の(都議選とは関係ない)失態を流し続けるから、ということが大きい。私は、古巣に後ろ足で砂を掛けたり、人を踏台にして登って行く小池百合子みたいな人間は好きではない。

一週間ほど前には立川に小池百合子が来ていたし、昨夕は小泉進次郎も応援に来ていたみたい。人間、応援される人になるより、乞われて応援する人(立場)になりたいもの、とつくづく思った。

明日はいよいよ投票日・・・。たぶん、マスコミが望んでいる(誘導している)結果が出ることだろう。

都民は今、「豊洲移転問題」や「東京五輪の費用負担問題」に対してでなく「このハゲ〜!」に対して審判を下そうとしている。本来の都議選の争点は何処に行ってしまったんだろう・・・。





posted by poohpapa at 05:30| Comment(4) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする