2017年07月01日

街で会った二人

何だか、アッと言う間に7月・・・。毎日、指折り数えているのだが、嫌味でなく、クロアチアまで33日。出発の当日は成田発が21時10分〜22時10分なので15時までは仕事していると思うけど。早く旅仲間に会いたい。たぶん顔を見た瞬間に(何も語らなくても)悩みを吸い取ってくれることと思う。良き友というのはダイソンの掃除機みたいなもの。零した愚痴をいっぱい吸い取らせても吸塵力は落ちない。ま、迷惑だろうけど・・・💧


さて、立川駅北口前の大きな交差点はスクランブル交差点ではないのだが、歩行者用信号が青になると全方向の車用信号が赤になって車が全て停まるので、歩行者や自転車の多くが斜め横断をしている。

いつものように私も斜め横断していると、前方に自転車の男が停まってこっちを見ている。私の長男だった。寄っていって「こないだの交通事故の老人、身元が判ったよ」と言うと、「まだ協力要請の看板が出てるじゃん」と言うので、「追々片付けると思うよ。身元が判ったなら早く撤去すべきなんだろうけどね」と話した。交差点の真ん中で長話をしていると直ぐに信号が変わってしまうのでそれだけの会話で別れたが、事故の翌々日の夕方に「もしかして親父かも」と電話をくれたのを思い出した。親子っていいな、と少し感動している。

(うちの場合が特別なのかも知れないが)とくに父親と息子は阿吽の呼吸で解かりあえる。これで私も長男次男も酒でも飲めればもっといいのだろうけど、うちの場合は酒など必要ない。不思議なもので、娘とも常に本音で話せる。うちの(継母)に対しても娘はとくに遠慮はしてないみたいで、それも嬉しい。


その日の午後、南口に行こうとして立川通りを歩いていたら、向こうから中年の男性がやってきて、私と目が合うと軽く微笑む・・・。相手は、まさに都議選真っ只中の候補者、清水こうじ氏(自民党)であった。この立川通りでは以前も衆議院議員の小田原潔氏が一人で歩いていて、その時と状況は同じ。

私が「清水さんですね、頑張ってください」と言うと、「厳しい状況なんですよ、有り難いです」とのこと。都民ファーストに押されて苦しいのは間違いないと思う。「小池百合子なんて、あんなの『まやかし』ですよ」と言うと、「よく解かっていらっしゃる」と笑ってガッチリ握手。一人で歩いていたのは、お伴を付けずに商店街を一軒ずつ挨拶回りするため。それはいい方法だと思う。お伴を付けていると「偉そう」に思われてしまうから。

今回の都議選、自民党に逆風が吹きまくっている。たしかに、「このハゲ〜!」「ち・が・う・だ・ろ!?」はお粗末だが、マスコミが延々自民党議員の(都議選とは関係ない)失態を流し続けるから、ということが大きい。私は、古巣に後ろ足で砂を掛けたり、人を踏台にして登って行く小池百合子みたいな人間は好きではない。

一週間ほど前には立川に小池百合子が来ていたし、昨夕は小泉進次郎も応援に来ていたみたい。人間、応援される人になるより、乞われて応援する人(立場)になりたいもの、とつくづく思った。

明日はいよいよ投票日・・・。たぶん、マスコミが望んでいる(誘導している)結果が出ることだろう。

都民は今、「豊洲移転問題」や「東京五輪の費用負担問題」に対してでなく「このハゲ〜!」に対して審判を下そうとしている。本来の都議選の争点は何処に行ってしまったんだろう・・・。





posted by poohpapa at 05:30| Comment(4) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする