2017年07月03日

思った通りの審判

予想通りの審判が下った。都民は「豊洲移転問題」より何より、「このハゲ!」に対して審判を下したことになる。争点をボカして隠したのはマスコミで、この選挙期間中に、本来の争点になるべき問題を取り上げていたワイドショーなんかは皆無。流していたのは自民党の国会議員の失態ばかり、延々と・・・。

まるで、民主党に政権交代した(させた)時みたい。ま、それが選挙、民意というものだろうけど。

かつて民主党に政権を任せたことを後悔したように都民が落胆する日が来ることになるように思う。

ところで、さっき娘にメールした。

「仕事中か?
 選挙は行ったのか?
 まさか都民ファーストに入れてないだろな?
 棄権も都民ファーストに入れてても勘当だからな。
 借金すぐ返せよ」

さて、なんと言ってくるか・・・ (^◇^)

子供たちには「ニュースを鵜呑みにせず、何が真実か自分の頭で考えなさいよ」と念押ししておこう。


posted by poohpapa at 09:27| Comment(15) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こちらの14歳も凄い

将棋の藤井聡太四段の連勝記録が29でストップしたが、ブロ入りしてから負け無しの29連勝は凄い。プロ野球で言うと、1965年の第一回ドラフト会議で巨人に入団し、翌年、デビュー戦から13連勝した堀内恒夫に匹敵する。これはセ・リーグ記録(および新人記録)であって、今も破られていない。

できれば30連勝という区切りの記録を打ち立てさせたかったが、それにしても、対局相手の佐々木勇気五段もやりにくかったことだろう。敵役とまでは言わないが、国民は「どこまで連勝記録が延びるか」期待していたのだから。ま、これで気負いや重圧から解放されて新たな連勝記録を目指してほしい。


ところで、14歳の藤井聡太四段も凄いが、こちらの14歳も凄い。

https://www.youtube.com/watch?v=dD7OzkUX4-0 (音量注意)

例のタレント発掘番組に登場した14歳(当時)の Rachael Thompson 嬢の歌声をぜひお聴き頂きたい。歌声よりも私は漂ってくる雰囲気に圧倒されるのだが・・・。落ち着いていて堂々としている様は14歳とは思えない。ポール・ポッツ氏やスーザン・ボイル氏と違って、最初から「この娘さんは上手いだろうな」とは思ったが。

どんな世界(分野)でも、若い人が台頭してくるのを見るのは嬉しい。




posted by poohpapa at 04:20| Comment(0) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする