2017年07月17日

渡辺謙さんの不倫謝罪会見で思ったこと

なんか、不倫は赦さない、という風潮が蔓延していて、謙さんも誠実に対応しようと努めているが、

そもそも芸能人であっても不倫謝罪会見なんか世間に向けてする必要は無いだろうに・・・。

もし会見を開くとして、私なら、「はい、事実です。でも、皆さんだって女房以外に好きになった人いますでしょう?。私、その人のこと、大好きだったんですよ。今も大好きです。なぜ指輪を贈ったか、ですって?、もちろん、気を引くためです。それ以外に理由なんてないでしょう」と、開き直ると思う。

「奥さんのことを愛していますか?」という質問に対して、「それはボクが言える立場じゃないんで」と答えているけど、旦那なんだから「言える立場」、いや、立場上アンタしか言えないでしょうに。

で、そういう話が漏れているとしたら、漏らしているのは誰なのか。週刊誌の記者がマークしていただけでは出てこない話もあるし。別れ方がマズかったのかなあ・・・。

謙さんほどの役者だし、半端な政治家でも愛人の一人や二人囲っているんだから、目くじら立てなくてもいいと思う。ま、奥さんが赦せるのなら、という条件付きだけど。

たぶん、私みたいな意見は少数派だと思うけど・・・。

posted by poohpapa at 08:54| Comment(4) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入居者からの借金の申し入れ

ここんとこ毎月、私が家賃を集金しに行く高齢の入居者がいる。本来は振り込みで支払ってもらうことになっているのだが、「ATMの使い方がよく分からないから」と現金で持参していた。最近になって「体調が悪いから、ついでがあれば集金に来てくださる?」と言って、アパートまで徒歩10分の距離を毎月私に集金に来させる。駅方向ならともかく反対方向なので、めったに「ついで」は無いし辛いものがある。

しかも、何十人という(当社宛てに家賃を振り込んでもらう)入居者さんがいるのに一人だけ、私が毎月集金に行くのは、いくら高齢だからと言っても納得がいかない。私としては他のお客さんと公平に接したいから。それに、この老婦人、家賃の集金だけでなく他のことでも「私は動けないんだから、してくれて当然」という態度でいろいろ要求してきて、そのことで近隣ともトラブルを起こしている。

以前、私にも「入院先に(当社で保管している)合鍵を届けて頂戴」と依頼してきた入居者で、私が断ったら「じゃあ近所の〇〇って店に届けといて頂戴」と言う。私が「知らない相手に合鍵を届けるワケにはいきません。あなたから相手に電話して話を通しておいてください」と言うと、「それができないから頼んでんじゃないの」と怒る。私に電話してくるくらいなら、その店にも電話できそうなものだが。だいいち、相手だって病院に鍵を届けさせられるのは嫌なものだろう。そういう話だと手ぶらでは行けないのだし。

それも断ると「もういい!」と癇癪を起こす・・・。「申し訳ないのですが」と言われたなら「けっこうですよ」と快く受けるが、私もヘソ曲がりだから「してくれて当たり前」という態度で接してこられると断ってしまう。家賃にしても、毎度集金に来させるなら手間賃を払うべき、とも思う。

そこんところは先日記事にしている「更新料、半分にならないか」「黙って聞け!」の入居者と同じである。腹の中で舌を出していてもいいから「申し訳ありませんが」と一言添えればいいのに・・・、と思う。「悪いけど」とは言うが、それと「申し訳ありませんが」とではまるで違うものだし、「悪い」とは全く思ってないのはミエミエ。


で、今月分の家賃、近所まで行くついでがあったので集金に行くと・・・、

「今月はどうしても遣わなくちゃならないカネがあって、2万円、家賃の中から貸してくださる?」と言う。私にしか借金を頼めないとも・・・。いつものように「当然に貸してくれるもの」と決めつけている。いつもなら断るのだが、そうすると確実に近隣トラブルが起こることになる。仕方ないから貸した。

「私はそういうことで人を裏切ったことはないから」と言うが、そんなのは向こうの言い分であって私には関係ない話。だから「貸しても心配いらない」と言われても、何の保証にもならない。

良く言えば「私はそういうことが頼みやすい人」ということなんだろうけど、悪く言えば「舐められている」ということ。本音で言えば腸(ハラワタ)は煮えくり返っている。それは自分に対しても、であるが。

一度貸すと、また困った時には当てにされるに違いない。「来月分の家賃に足して返す」と言っていて、「次は無いですよ」と念押ししておいたが、必ず次があるだろう。

この老婦人からは「私が店をやってた時には(お客さんに)あんなこともした、こんなこともしてあげた」とよく聞かされるが、それを言ったら、職業柄たぶん私のほうが凄いと思う。ただし、相当に恩着せがましい私でも、「だから何かしてくれて当たり前」とは思わないし当てにはしていない。

この老婦人、病院で亡くならないとしたら間違いなく孤独死が待っている。私はその時の覚悟をしている。




posted by poohpapa at 04:49| Comment(4) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする