2017年07月21日

宅建業免許更新手続き騒動記 (´・ω・`)

宅建業の免許が8月25日に切れるので、昨日、更新の手続きに都庁に行ってきた。

都庁に行く前に、九段下にある法務局の本局に行って「登記されていないことの証明書」なるものを取ってきた。耳慣れない言葉だが、この場合の「登記」とは、不動産登記や商業登記ではなく成年後見の登記(後見登記)のことを指していて、要は「不動産屋として私は不適格ではありませんよ」ということを証明するもの。今年の1月から新たに必要書類に加えられたらしい・・・。ちっ ( `ー´)ノ

一昨日、北の銀狼さんに間違った内容の返信を書いてしまったが、「禁治産者、準禁治産者でない」ことを証明するのは市役所で発行する「身分証明書」で、そちらも免許更新に必要。いずれにしてもややこしい 💧

証明書の発行手続きは、東京においては東京法務局後見登録課でしか取り扱ってなくて、東京以外は法務局・地方法務局(本局)の 戸籍課の窓口に直接行くしかない。東京の場合は法務局後見登録課あてに郵送で申請することも可能。私の場合は立川の法務局で入手しようとして「それはここでは取り扱っていなくて、東京法務局の本局の窓口に直接行くか郵送で取り寄せるようになります」と言われ、申請書類を貰ったが、返送されてくるのに1週間は掛かるらしく、間に合わない恐れがあるので九段下の本局まで行くことにした。

行ってみて、「次回からは日程的な余裕をもって郵送で申し込もう」と思った。往復に掛かる交通費や時間、諸々の手間などを考えたら郵送のほうがいい。コピーを取って免許申請書の正本と副本にそれぞれ挟んで綴じて、なんてことをしなければならないし。

それにしても「登記されていないことの証明書」などという名前、何とかならないものか。

我々の仕事に付き物の「契約書」だって正式名称は「契約締結後に速やかに交付する書類」であって契約書という名前ではない。元々が不動産は諾成契約、つまり、売主買主、あるいは貸主借主が売買や賃貸借の条件等で合意すれば書面等を必要とせずにその時点で契約が成立するもの。だが、それだと解かりにくいのと、後で「言った」「言わない」「聞いてない」というトラブルを防ぐ意味で「契約書」なるものを交わしている。書類の表紙に「契約締結後に速やかに交付する書類」と書かれていたなら消費者は混乱することだろう。

役所の窓口の上には、ご丁寧に「ないもの証明書」(ここが申請窓口ですよ)と書かれていて、その書類の名称は解かりやすいものに変更したほうがいいと思う。と言うか、「支局で発行してくれ」である。

で、11時頃にようやく取得して都庁に向かう。都庁に到着したら・・・、警備が厳しくなっていた。以前は面倒な手続きなく、もっと自由に出入りできていたと思うのだが・・・。

第2庁舎の担当窓口に着いたのが11時40分頃。待っている人は2〜3人だったが、一人の所要時間が長くてだいぶ待たされた。昼過ぎに順番が回ってきて、正本と副本を担当者がチェック。そこで不備が発見された。と言っても、私が出した書類で、でなく、前回の申請において、である。

担当者曰く、「前回の更新時に、免許の交付が5日間ほど遅れていて、その間が免許のない空白期間になっています。なので始末書を提出してください」だと・・・。

そんなハズはない。前回までは行政書士さんに依頼していて、ちゃんと免許証を私が受領しに行っている。もし空白期間があったなら、その時点で気付くか指摘されていることだろう。私がそう言うと、「あとはハンコを押すだけ」という始末書を出してきて、「これに社判を押して返送してください」とのこと。まあ、それで担当者が納得してくれるならいいか、と思って持ち帰って始末書をよく見たら・・・、

「専任取引主任者の要件を満たしていない期間がありましたので今後は気を付けます」というもの・・・。「話が違う」、である。だが、そんなことで押し問答してもしょうがないから直ぐ返送した。

更新が近付くと、いろんな行政書士事務所から「うちは3万でやりますよ」というDMが届くが、今回は自分でやったので3万は浮いたことになる。うちにとっては大きい。一日店番していても「風呂無し3万」の部屋の申込みさえ入らない日のほうが圧倒的に多いのだから。

今回自分でやったのは、今までお願いしていた行政書士さんが店仕舞いしてしまったから。もしまだ続けていらっしゃるならお願いしたと思う。なぜなら、「それで飯を食っている人がいる」のだから。

何はともあれ、更新手続きが完了して、これで安心してクロアチアに行ける。あと13日・・・。


posted by poohpapa at 05:35| Comment(6) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする