2017年09月15日

まあ、なんて良心的なんでしょう (*^_^*)

アパートに付属している駐車場3台分を全部借りてくださっている(事務所使用の)入居者さんがいる。そのアパートは6部屋あるが、どういうワケか他の入居者さんは誰も車を所有していない。

昨日、電話があって、「一台解約したいのですが・・・」とのこと。「それでしたら、来月の13日まで賃料が発生しますので、日割り分の計算をして後ほどメールで連絡しますね」と言うとアッサリ了解してくれた。

ところが、である。そのアパートで募集中の203号室に申し込みが入ってきた。駐車場も借りたい、とのことで、入居希望日は今月28日だと。たまたま駐車場付きのアパートを探していて、物件も気に入って頂いたようだが、駐車場の権利は来月13日までは現契約者にある。それで、現契約者に電話して「実際に使うのはいつまでですか?。実は新しい入居者さんが今月の28日から駐車場を使いたいと仰っているので、もし28日から使っていいなら、そちらは日割り分を払わなくてよくなりますが、如何いたしましょう?」と訊くと、「どうぞお使いください。そのほうがこっちも助かります」とのこと。ま、厳密に言えば、それでも今月の3日分の日割りは現契約者が払ってくれることになるが互いにメリットがある話。家主さんの知らないところで駐車場の契約が繋がるし、三者がそれぞれ得することになる。

客付け業者さんにはこうも訊いた、「今日ご案内を頂いて申し込みをしてきたということは、今借りている部屋の家賃は来月の13日まで払わないといけないんじゃありませんか?。家賃がダブるのはキツイでしょうから日割り発生は13日からにして頂けるように家主さんにお話ししましょうか?」と言ったら喜んでくれた。その家主さんは細かいことは仰らないから快く了解してくださるのは分かっている。

ただ、お客様は、次の物件が見つかる前に解約の連絡をしていたようで、私の気配りは無駄になったが、それらの配慮をしたことでお客様からは「いい不動産屋(管理会社)に当たった」と思って頂けるのは間違いない。原因がどちらにあるかは別にして、最初からケチが付いた契約、というのはたまにある。そうすると互いに苦手意識を持ったりして退去するまでギクシャクすることになる。「良いお付き合いのスタートが切れるかどうか」ということはとても重要だと思う。

家主さんと相談して、日割り発生(契約開始日)も10月1日からにして頂こうと思う。こういうのは大手の不動産屋では無理な話。どちらが正しい、というのでなく、大手は厳格だから・・・。



posted by poohpapa at 04:55| Comment(4) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする