2017年09月25日

今度のお正月、恩師との台湾旅行が流れた、その理由が・・・

この春あたりに、今度の正月に私の中学時代の恩師(1年、2年時の担任)と「台湾に行こう」と約束していて実現に向けて動いていたのだが・・・、昨日電話したら「行けんくなっただが」とのこと。

どこか具合でも悪いのかな、と心配して「何で?」と訊くと・・・、






「老人会の会長を押し付けられたもんでだがや」と言う・・・。「そんなもん断りゃええがん」と突っ込むと、「しょうがないがや、他におらんもんで・・・」だと。まあ、恩師は何でも押し付けられやすいタイプではある。教員を定年退職した後も、女子高の非常勤講師を頼まれて、その後は町内会長、そして老人会の会長、さらに民生委員は長く続けていらっしゃる。

「いつなら行けそう?」と訊くと、「来年の10月くらいかなあ・・・」とのこと。それだと、どちらも生きてない可能性が高い。何と言っても、恩師も私も持病を抱えているし、行くなら少しでも早いほうがいい。

「だったら夏に行こうよ」と言うと、「そんなに休ませてもらえるかなあ・・・、やることがいっぱいあるでかんわ」と声のトーンが下がる。「そんなもん、早めに言っとけば何とかなるでしょ。お盆ならみんな休むだろうから」と勝手なことを言ったら、「まあ考えとくわ」とのこと。逃げているのでなく、先生は台湾には行きたいみたい。行けたとしても、最後の海外旅行にはなりそう・・・。「いずれにしても、今度は成田からでなくてセントレア(中部国際空港)発のツアーにしようね」と伝えた。先生に成田まで来てもらわず私が愛知まで行く方がその分だけでも楽をして頂けるから。さらに、「ビジネスクラスを使ったツアーも安く出ているから、そういうので行くのもアリだね」と言うと関心を示してくれた。

「奥様もご一緒できないかなあ・・・」と言うと、「腰が悪いし、あちこち持病があるから無理」とのこと。それで「国内の温泉だったらどうかなあ。そっちでワゴン車を借りて私が運転して送迎すれば奥様も行けるんじゃない?」と伺うと、「それでもキツいだろうなあ・・・」とのこと。いろんなご事情があるだろうから無理にとは言えない。過去に私のお袋と姉弟6人で、ワゴン車を借りて2泊3日で伊勢志摩と南紀を旅したことがあって、お袋は(歩くこともできたが)車椅子で皆で交代に押して廻っていた。そんな経験があるから、何とかならないかな、と思った次第。歳をとると、ほんと、自由が利かなくなる。

恩師が昨日の電話で、「アンタと行ったトルコはいい体験をさせてもらったわ。トルコという国を、行ってみて深く知ることができたし・・・」と仰ってくださったのは嬉しかった。本音では「アイツとはもう懲り懲り」と思っていらっしゃるかも知れないけど (*´з`)

そんなワケで、楽しみにしていた恩師との正月の台湾旅行は流れてしまった。先日、旅仲間の茨城の歯医者さんご夫妻から「お正月にベトナムに行きませんか?」とお誘いを受けていて、ベトナムは好きだし、行けなくはないが、今度の正月は家で過ごそうと思う。何か美味しいモノでも食べて (*^_^*)



posted by poohpapa at 05:22| Comment(2) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする