2017年09月28日

国庫に返せよ!( `ー´)ノ

ボースさん、返信は少々お待ちください。

衆院選:政党・民進は存続、その訳は? 民進解党・合流へ

これはヒドイ <`ヘ´>

民進に昨年1年間に交付された政党交付金は総額97億4388万円。もともと資金に不安がある希望の党はもちろん、民進党がすぐに解党すれば、希望公認で出馬する民進党候補の選挙資金もあてがなくなる。

 このため、前原氏ら一部と参院議員らが当面残って民進党を形式的に存続させ、政党交付金は事実上、希望の党の選挙活動などにあてるとみられる。民進党関係者は「今、解党すれば何十億円も返さなければならなくなる。政党交付金を衆院選で活用した後で、正式に希望と合流すればいい」と語る。


税金を何だと思ってんだ!?、という話。小沢一郎も「政党を作っては壊し」で相当に私腹を肥やしていたと聞くが、民進党も同じじゃねえか。希望の党が選挙資金欲しさに合流を認めたとしたら、そんな政党は不要。理念など無いのだから。都合のいいところ(時)だけ利用するのはまさに小池流。

希望の党が選挙で勝ちたいなら、民進党の合流を「個別に判断して」でなくキッパリ断ったほうがいい。負けて欲しいから私は合流を望んでいるけど、駆け込み寺は「しがらみ」が増えると思うよ。

民進党・・・、ちょっと前には政権をとっていた政党が、落ちれば落ちたモノ (*^_^*)



posted by poohpapa at 11:48| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気になったこと、気になったニュースから

慰安婦像「寄贈受ければ姉妹都市解消」、大阪市長 米SF市に対し

是非そうして頂きたいと思う。なんか韓国は別のデザインの売春婦像の製作を考えているとか・・・。北のミサイル発射実験ではないが、「他にやること無いのかねえ・・・」と思う。


韓国の丁世均議長が大放言! 「平昌五輪、日本人観光客少なかったら東京五輪に1人も行かせない」「日本企業は韓国の若者を引き受けろ」…大島理森衆院議長らと会談で

べつに、東京五輪に韓国人観光客が一人も来なくても全然OK、むしろ、そうして頂けると助かる、そのほうが有り難いくらい。頼んでねえし (ぷっ)

それにしても、平昌五輪、ちゃんと開催できるのかねえ・・・。その時になって泣きついてくるなよ。あ、韓国のことだから「日本には協力する義務がある」とか言ってくるんだろうな・・・。


【2018平昌五輪】公式サイトに日本列島がない!? 日本政府が抗議し慌てて修正 「単純ミスで政治的意図はない」と釈明

公式サイトの世界地図を「そのために一から制作する」なんてことは無く、何かの資料から引用するもの。元々の資料に「日本が載ってない」とは考えにくく、意図的に嫌がらせで後から修正加工したに決まっている。抗議せずに放っておいて韓国に恥を掻かせたほうが良かったのでは、と思う。


勝負師の小池都知事が練った「三段跳び」戦略 あおり食った民進党は「分党」「解党」へ大混乱

思ったより早く態勢を作り上げた感がある。とうてい今回の衆院解散に間に合わないだろう、と嵩を括っていた自民党は焦っているに違いない。ただし、と言うことは「相当前から準備していた」ということ。あの希望の党をアピールする動画にしたって制作には相当時間が掛かるのだし。それにしても、嫌らしい動画だなあ、と思った。改革を目指す小池氏と思われる姿の女性に横から後ろから罵声を浴びせているのは自民党、と有権者に印象付ける内容で、「寛容な改革の精神に燃えた保守」を旗印に「日本をリセットする」と自民党の打倒を目標に掲げて打ち出しているのは戦略的にはかなり上手い。

日本人は「急な変化を望まない」国民性。多くの有権者が「結局、選択肢は自民党しかないのか・・・」と思っているところに「うちは緩やかに改革しますよ」と訴えることでスッと入ってくるのだから。

だが、私からすると、希望の党を立ち上げる前から「小池都知事の化けの皮は剥がれている」と思う。何度も言うが、私は小池百合子という女(人間)を信用しない。自民よりマシ、ということもない。様々な企業の「会社をリストラされそうな社員」を集めたところで立派な企業には成長しない。顔ぶれを見ていると、使いものになりそうにない議員が多いし。優秀そうな議員もいるが、小池氏の本性が分かればやがて袂を分かつだろう。

posted by poohpapa at 06:15| Comment(8) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんなシェーバーが出ていた

先日、シェーバーに関する記事を書いていたが・・・、

パナソニックから、ラムダッシュの最高級のシェーバーが出ていた。

「ラムダッシュ」はネクスト・ステージへ。限定モデルと限定空間が生む、新次元のカ・イ・カ・ン

私がジャパネットたかたで購入したシェーバーが5個も買える・・・。替刃の分を除いたら10個も・・・。先日、陸の孤島さんから頂いたコメントにあった ES6500P なら、50個も買える・・・(ごめん)

私も以前はこういう型のを使っていた。と言うか、社会人になって最初に買ったシェーバーがこういう回転式のもので、それでも当時は3000円くらいしていたような・・・。なんだかとても懐かしい。

シェーバーの進化って凄まじいな、と思う。レンズや時計と同じく緻密に計算された精密機械だし。デジカメの技術は行き着くところまで行き着いた感があるが、シェーバーはまだ技術改革の余地がありそう。

限定モデルはリアルウッドをグリップに採用していて、剃り味だけでなく自尊心も満足させてくれる。今は資金が無いけど、一儲けしたら買おう。そしたらブラウンのはどうしようか・・・。子供にでも回すか😃


posted by poohpapa at 05:32| Comment(0) | 美容・コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする