2017年10月26日

ち・が・・・・・ってませんでしたね part 2

本題に行く前に、

昨日の夜、浴槽にのんびり浸かっていたら・・・、うちのが「先生からの電話みたいだよ」と言って私の携帯を持ってきた。先生、というのは私の中学時代の担任の先生のこと。呼び出し音が鳴っていたが、届いたころに切れたのでこちらから折り返して長話をしていたのだが、「ここんとこ体調が悪くてかんわ(いけない)」とのこと。病院の検査であちこち引っかかっているらしい。もう75歳でいらっしゃるし。

「こないだもなあ、医者を怒っただ。アンタら勉強していい成績とって医者になったかも知れんけど、患者の気持ちになって話せるようにならんとあかんだら」と主治医を叱りつけたとか。主治医が、患者の不安な心情に無頓着で無造作な物言いをしたからのようだ。ま、それくらいだから元気ではあるんだろう。

だが、この分だと「来夏に一緒に台湾に行きましょう」と話していた件も危うくなるかも。今も地元で老人会の会長やら民生委員やら幾つかの役職を任せられていて忙しくてたいへんみたい。


で、本題、

デヴィ夫人のメルマガに、今回は(も)同意できたのでご紹介。例の福井県池田町立中学校で起きた「男子生徒の自殺問題」で、担任が他校に異動して副担任は体調不良で休職中、ということに怒っていらっしゃる。私も、その話を聞いた時には驚いたし呆れた。

当然に、異動になった中学校では生徒や父兄に「この先生は、前の中学校で受け持ちの生徒が自殺して、その学校にはいられないのでこちらの学校に異動してきました」などと説明してなどいないだろう。していたら父兄は不安になるもの。その昔、うちの子供が通っていた中学校に酒鬼薔薇聖斗の弟が転入してくる話があって、当時の校長が姑息な手段を用いて(校長が自分でPTAにリークして騒ぎにしておきながら)騒ぎになっていることを理由に断ったのとワケが違う。弟とかではなく加害者本人なのだから。

私はてっきり二人とも「真相が明らかになって正式に処分が下されるまでは自宅謹慎」かと思っていたのだが・・・。担任、他校に異動して教師を続けている、ってどういうことよ ( `ー´)ノ

担任は当然に、休職中の副担任にも給料は払われるのかなあ・・・。よその町のことだけど気になる。

だいいち、反省しているなら、責任を感じているなら、自ら謹慎するものじゃないかなあ。これが隠蔽工作でなくてナンなのか。こんな連中に子供たちを教育することなんてできるのか、と私も問いたい。

今はレイプ犯(常習性のある性的犯罪者)なんかも出所したら地域住民に情報提供をしているんじゃなかったっけ。殺人とまでは言えないけど担任も副担任も自殺教唆みたいなもので、なのに担任を秘密裏に異動させて教師を続けさせる神経が解からない。教育委員会は腐っているように思う。デヴィ夫人の怒りはご尤も。

この件に関しては、(小池百合子を強く支持していた人だけど)デヴィ夫人の意見に激しく同意である。


posted by poohpapa at 06:59| Comment(6) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする