2017年10月27日

小池百合子の失敗の理由を的確に捉えた記事

ちょっと長いけど、とても興味深い記事、

ヒラリーと同じ轍を踏んでしまった小池百合子

長い記事(一頁)だが、ぜひ最後までお読み頂けたらと思う。最後、結論として、

小池の真の最大の敗因は、実はこうした「人間的包容力、温かさ」に欠けていたことだったように思う。

とあって、まさに、私が繰り返し述べていることと同じであった。ちょっと安心した、ほんと。

リーダーには、求められる資質が2つあると言われる。1つは、人の上に立てる「有能さ」。もう1つは「人間的な包容力(魅力)、温かさ」

というのも納得。JBpress の末永 恵氏、とても優秀な記者さんだと思う (上から目線 💧

posted by poohpapa at 09:00| Comment(2) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

剛速球ド真ん中の橋下徹氏の大正論

【衆院選】「小池さんの看板がなければお前ら落選」橋下徹氏、希望議員の代表追及を批判 旧民進系を「一度すがって、手の平返し」

同じ弁護士の若狭勝氏が政界を引退する、というニュースが流れているが、↑ こういう記事を読むと、橋下徹氏にはぜひ政界に戻って欲しい、と思ってしまう。

もうね、国民のほとんどが感じていることをものの見事に代弁してくれていて爽快な気分になる。

希望の党に集まった奴ら、みんな「私たちは、自分のこと、当選することしか考えていませ〜ん。だって国会議員になればいっぱいおカネが貰えていろんな特典が付いてくるんだし、国民のことなんか知りませ〜ん」と顔に書いてあるような奴ばかり。当選した奴も落ちた奴も、レベルが低すぎて笑ってしまう。

橋下氏の Twitter には「小池さんの責任を口にすれば自分たちが有権者にどう映るのかの想像力もない。こんなことをやればやるほど希望(の党)は消滅に向かう。小池さんの看板がなければお前らのほとんどは落選してたんだよ! 小池さんを批判するのは有権者だ」と書かれていて、そのとおり。

さらに、「早速日本維新の会化してきた。民進のままじゃ死滅すると思って小池さんを頼ったんじゃないの? 一度頼ったんなら失敗しても支えるのが普通だろ」、という意見も納得。小池百合子の好き嫌いは別にして、今の希望の党には「自分が最後の一人になっても小池代表を支えよう」という奇特な人物は一人もいない。たしかに小池百合子には元々人徳や人望が無かったと思う。あったとしても選挙目当ての付け刃的なもの。当初は有権者も蜜を吸いに集まった奴らもマスコミでさえも騙されていたし。

「1つの発言で希望の党の票が伸びなかったとか、そういうことを言う前に民進党などから集まった寄せ集めが多いからこのような結果になったことを理解していない国会議員が多すぎる」「手の平返して喜んで希望に行って、通してもらった議員が今更何言ってんだ」は、よく言ってくれた、と思う。

今回の選挙の一連の流れの中で、失礼ながら私は若狭勝氏に同情している。下世話な例えだが、小池百合子は「下げマン」の極み。少なくとも「人の使い方」は全く知らないと思う。だから人望が無く、イザとなれば皆が離れていってしまう。一番苦しい時に誰も支えてくれる人がいない・・・、都知事の地位は残っていても寂しい女である。次の都知事選も、ちょっと有力な対立候補が現れたなら勝てないだろう。

国政、とくに安全保障に関しては「計算が狂った」「目論見が外れた」では済まないのだから、実態は似非保守だった希望の党が勝たなくて良かった。ただ、皮肉なことに、小池代表ではなく有権者が国会議員を篩に掛ける結果になって国賊議員を立憲民主党に集められたことは小池代表の功績と言える。

それに、立憲民主党に入ることを決めた(不倫相手と週4回の、お盛んな)山尾志桜里、次は落ちるだろう。僻んでいるワケでなく、もう同情票(?)も集まらないし立憲民主党への風も吹かないから。有権者は、結局は「何でも反対党の社会党と同じ」だと直ぐ知ることになるし。今回は立憲民主党に吹いた風は共産党に吹くことになる。私は、日本に真の野党と呼べるような政党は共産党くらいしか無くて、他の野党が「出来ては消え」していく中で、良し悪しは別として未来永劫残るのは共産党だけだと思っている。

ほんと、真の改革ができるのは、今の日本では橋下徹氏くらいしかいないんだろうなあ・・・。惜しい!

posted by poohpapa at 06:51| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする