2017年10月29日

不思議なことを言う会社・・・、+α

毎日、DMやFAXで、いろんな会社が資料を送りつけてくるのだが・・・、不思議な会社があった。

「アパートやマンションを建てたり一棟買いして将来に亘って安定的高収入を得ませんか」と勧めるもの。どれだけの利益率が見込めるか、どんな物件を買えば良いのか的確にアドバイスします、と言う・・・。アパート経営ほど安定高収入に繋がる事業は無い、とも言うのだが、どう考えてもおかしい。

「全国で空き家が820万戸という今のご時勢、オタクが言うようにアパート経営は安定高収入に繋がる事業なんかじゃないよ」と反論したいのではない。ポイントは別のところにある。

当然に、誰かにアパートを買わせれば、その会社には仲介手数料が入るワケだが、入るのは一時収入だけ。アパート事業が将来に亘って安定的高収入が望めるなら、人に勧めて買わせて仲介料を稼ぐより自分たちで購入したり建てたりして所有(経営)したほうが儲かるに決まっているではないか。しっかりした内容のある会社であって担保価値のある物件なら銀行も融資してくれるだろう。どうして「そんなに美味しい話を他人に勧めるのか」が解からない。株もFXも、絶対に儲かるなら自社で独占して取引してしまうもの。損することも多いから顧客にやらせて手数料を稼いでいるワケで、最後は自己責任で終わるもの。

当然に、送られてきた資料にはリスクのことは何も書かれていない。即、ゴミ箱直行となったのは言うまでもない。


実は、うちの家主さんで最近相続が発生した方がいらっしゃって、「アパートを一棟買いしたいから、いい物件があったら紹介してほしい」と依頼があった。私は、「ご承知のように、現在アパートは供給過剰で、古くなったアパートは大規模なリノベーションをしないと満室は望めません。今現在、そこそこの現金とご両親が遺してくださった家とアパートがあって年金も入るのですから、もう一棟アパートを購入するより今は動かないほうが良いと思いますよ」とアドバイスした。現金なら何にでも直ぐに使えるが不動産を現金に換えるのには時間も掛かる。お子さんはいるが奥様はいらっしゃらなくて、(私と同じ考え方で)お子さんには財産を遺す気は無いとのこと。ならば、死ぬまでに計画的に使い切ってしまったほうがいい。

家主さんは私より年長で、「年金と今のアパート収入にプラスして別の家賃が入ってくるようになったら世界中を船で旅したい」とお考えのようだが、今の資金でも十分に可能だし、この先よほどの大病を患ったとしても死ぬまでカネには困らないだろう。そもそもアパート経営の大変さをまだ理解していない。おカネが入ってくること(メリット)だけを期待して、出ていくこと(リスク)は想像していない。

中古のアパートを購入して大規模修繕費が掛かったり、空室が出たりすることの負担やストレスを考えたら、あまり他のことに色気を出さないほうがいいと思う。もちろん、最終的に判断なさるのはご本人だし、今は別の不動産会社にも問い合わせているみたい。私は言うだけのことは言ったから後は自己責任。

うちで物件を紹介すれば手数料にはなるし管理物件も一件増えることになるが、先が(良い結果にはならない)と判っていて物件を紹介する気にはなれない。

子供に財産は遺さない、と言っても、意に反して「家とアパートはお子さんに渡る」ことにはなるだろう。それが相続というもの。それくらいが(子供が一息つけるくらいを遺すのが)ちょうどいいし、放っておいてもそうなるもの。なので年金と現金は自分で悠々使い切ればいい。それでも私の月収より多いのだし。

失礼な言い方だが、私には、家主さんが(親の死に直面したからか)「生き急いでいる」ように思える。

posted by poohpapa at 06:41| Comment(6) | 出入りの業者、各種営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする