2017年11月22日

またも「国連人権理事会」の話

私が読んでいる「 NPO 法人百人の会」のメルマガから、そのまま転載 (たぶん拡散希望だと思う)


朝鮮学校無償化を勧告 国連人権理「差別なく平等な扱いを」

11/18(土) 18:39配信

カナロコ by 神奈川新聞
朝鮮学校無償化を勧告 国連人権理「差別なく平等な扱いを」

文部科学省前で毎週金曜日に行われている抗議行動。朝鮮学校の無償化を求め卒業生らが声を上げ続けている=7月21日、東京都千代田区

【時代の正体取材班=石橋 学】日本の人権状況を審査する国連人権理事会の作業部会は16日、218項目からなる勧告を発表した。高校無償化制度の対象から唯一除外されている朝鮮学校に制度を適用するよう求める勧告が初めて盛り込まれた。

 16日に採択された勧告は「すべての学校に無償化制度を適用せよ」「社会権規約委員会と人種差別撤廃委員会の勧告に従い、マイノリティーの子どもたちの教育権を差別なく確保せよ」「関連条約機構の勧告に従い、朝鮮学校への平等な扱いを確保せよ」などと求める。朝鮮学校の排除を差別と批判し、是正を求めた13、14年の国連社会権規約委員会、人種差別撤廃委員会の勧告を無視する日本政府への非難を含めた内容となっている。

 高校無償化制度は民主党政権下の10年に始まったが、朝鮮学校は適用が留保され、12年に発足した安倍晋三政権が審査を打ち切り不適用を決めた。当時の下村博文文科相は記者会見で「拉致問題に進展がない」ことなどを理由に上げていた。

 14日の日本審査会合ではポルトガル、パレスチナ、オーストリア、北朝鮮が制度適用や教育権確保に言及。これに対し日本政府は「法令の趣旨にのっとった判断。民族差別や教育権の侵害にはあたらない」と答弁していた。

 人権NGOが参加した10月の事前会合で、朝鮮学校が置かれた現状を各国に説明した在日本朝鮮人人権協会の朴金(パクキム)優綺(ウギ)さんは「すべての子どもの学びを支援する無償化法の趣旨に反し、政治的理由で朝鮮学校を排除しているのは国際社会の目からも明らか。これまでの勧告に従っていないことを踏まえた勧告を重く受け止め、速やかに制度を適用すべきだ」と話している。


私からすると、「人んちの庭にテント張って暮らして家主に食べ物を要求していないで自分ちに帰りなさい」という話。日本で暮らしている朝鮮人は難民ではないのだから、文句があれば自国に帰ればいいだけのこと。家主が保護してやる義務は無いし、他人から「食べ物あげたら?」と言われる筋合いも無い。日本が「是非ここで暮らしてほしい」と頼んでいるワケでもない。できれば帰って欲しいのだから。

だいたいが、この国連人権理事会なるものが、現在進行形である北朝鮮による拉致の問題で抗議声明や勧告を出したことが有ったのか、有ったとしても継続的に出しているのか、と問いたい。学費の援助が得られるか、なんて話より、拉致のほうが遥かに重大で犯罪行為なのだから。この件に関して無関係な中国の強い働きかけがあったということで、本当に性質(タチ)が悪い国である。

その費用、国連で負担したらどうか。日本もアメリカに次ぐ分担金を負担しているのだし。ほんと、現実や歴史(経緯)を公正に検証しないで「人権、人権」と叫ぶ国連人権理は猛烈な悪臭を放つクソだと思う。人権というものを一番理解していないのが国連人権理ではないか。日本は、公正な判断ができない国連の分担金の支払いをアメリカ同様凍結すればいいし、マトモに機能していない国連なんかもう脱退してもいいと思う。

posted by poohpapa at 05:22| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする