2017年12月31日

今日は大晦日・・・、でも完全には休めない、ハア

(霜降り牛肉の)生活保護の老婦人・・・、年末に契約して年初めの6日から入居することになったのだが、鍵の具合が悪い、ということで急遽(鍵屋さんの通常営業最終日の29日という)年末ギリギリで鍵交換することに。ところが、建付けが悪くなっていて鍵を交換しただけでは改善されないことが判り、昨日も来てもらい、若干の工事をしてもらってやっと完了。それで手間賃は22000円。なんだか申し訳ない話。代金は私が立替えて支払った。職人さんへの支払いは年を越したくないものだから。

私も立ち会って、どうにか鍵交換が終わってホッとしたところに、入居する老婦人が来た。「裏のフェンスの扉に鍵が付いてないと怖いじゃない。なんとかならないの?」と言う。そこは鍵穴はあるが元々鍵は無い。だが「ホームレスが入ってきて寝てたら怖いじゃない」と言う。そんな心配は無用なんだけど・・・、家主さんに連絡すると「うちにあるこの鍵がそうかなあ・・・。明日、見てみますよ」とのこと。

家主さんがおみえになるのに「後は宜しく」とは言えない。私も立ち会うことにした。家主さんが「年末はいつまで?」と訊くので、「本当は28日までで29日から冬休みのハズでした」と言うと、そこは元公務員、「ああ、そうだよね」と気が付いた。良かった・・・、大晦日まで営業している、と思われなくて。

老婦人が「早く引っ越したい」と希望するので1月6日からの日割り発生にしたが、今の住まいは1月23日まで日割りが発生するのだし、16日くらいからの日割り発生にしておけばこんなに年末ギリギリまでバタバタしないで済んだかも、とちょっぴり後悔。今回は間(ま)も段取りも悪かったなあ・・・。

昨日もまたサンドイッチと鮪の刺身を持ってきて強引に私に渡すんだけど、いろいろ細かな指摘や要求をするから、「こちらが断りにくくする」布石なんだろう。そうでなくても「すべきことはする」し「出来ないものは出来ない」のだが・・・。大晦日までコレでは新年も早々から悩まされそう・・・。柔らかく言っても伝わらないし、(持ってきてくれた物を返されて老婦人が食べ切れなくて腐らせることになっても)一度キッパリ辞退したほうがいいのかも。「生き方を否定された」と感じて怒るだろうな・・・。

それにしても、大晦日まで仕事が入ったのは久しぶり。海外旅行の予定など組んでなくて良かった。まあ、それならそれで、それに合わせて仕事するんだろうけど。



さて、この1年も当ブログにご訪問を頂き誠に有り難うございました。厳しいご指摘や温かなコメントを頂きまして心から感謝しております。2004年2月19日に開設したこのブログも、長くやっているものですから累計で2000万アクセスに到達しているようです。累計訪問者数は、その1/3から1/4くらいですが、記事数が5253、頂いたコメント数が13151件ですね。私の返信数が12516で返信率95.17%。「返信しません」と宣言していた期間もありましたので、実際の返信率は100%に近いかと思われます。明らかな誹謗中傷でなければ返信していますが、稀に削除とか禁止IPへの登録もしています。


来たる年が皆さまにとりまして素晴らしい年になりますように・・・、というのは建前でして、他人様のことなどかまっていられないのが実情でして、ノルンが元気で私の家族が幸せであれば、と、本音ではそれだけを願っております。皆様がついでに「お零れにあずかる程度」に幸せであることくらいなら願ってあげてもいいかと・・・。と言いつつ、来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます m(__)m





posted by poohpapa at 05:19| Comment(2) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする