2018年01月05日

嬉しいお話 (^◇^)

私の毎日の訪問先、「たなぼた」さんが今日14歳のお誕生日を迎えられたとのこと。

14年・・・、長いですよね、子供が小学校に入学したころに始めたとしたら、その子が大学2年になってますね。もちろん、浪人や留年しなければ、の話ですが、間違いなく成人にはなってますもん。

このブログが「たなぼた」さんに遅れること1ヶ月半でスタートしていますので、来月19日に14周年になりますが、自分で言うのもナンですが、長く続ける、しかもほぼ毎日更新する、ということは大変なこと。同じ頃から始めていらっしゃるブロガーさんはほとんど閉鎖していらっしゃいまして、中には放置しているケースもあったりして、寂しいですね。放置はまだいいほうで、管理人が死亡して「宇宙空間を彷徨う宇宙ゴミ」の如く、永遠に消えることもコメントの返信も無い幽霊ブログになってるケースも・・・。

ま、自分もそうならないよう気を付けます。ゴルゴ13ではありませんが、最終話を用意しておいて、私が死んだらアップしてくれるように、うちのに頼んでおこうと思っています (*^_^*)

posted by poohpapa at 07:34| Comment(2) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「いつかは解かってくれる」は「永久に解からない」てこと

日韓合意「1ミリも動かさない」菅義偉官房長官が強調

今まで日本は「誠実に対応していれば、韓国もいつかは解かってくれる」と信じていたかのように、歴史を直視せず捻じ曲げているのは韓国のほうであるのに辛抱強く付き合ってきた。いや、日本の政界や財界、企業に巣食う半島人の影響が拡大している中、なんとか折り合いを付けてきたが、ようやく、それが「儚い夢」だと気付いたみたい。今までの政権は何をやっていたのか、という話だけど。

韓国はゴールポストを勝手に動かす、と言われているが、私に言わせれば(それだけでなく)自分たちだけが得点できる新たなゴールを幾つも作っている。しかも、競技場だけでなく場外(無関係な他国)にも。ルールも何もあったものではない。反則もラフプレイも何でもアリ、それが韓国なのだ。

亡くなった親父が賭け事が好きで、麻雀仲間に在日の鉄工所社長がいて、社長が切った牌を親父が「ロン!」と言うと、決まって「待った」と取り消すとかで、「そんなのダメだよ」と言っても「まちかえたたけ」と言って聞かないとか。「朝鮮人とは麻雀したくない。メンバーが揃わなくて仕方なく入れてるけど、本当に嫌だ」と言って零していたのを思い出す。

実は私が小学校低学年の頃、その賭マージャンの様子を横から観ていて、親父がトイレに行く間、「オマエ、お父ちゃんの代わりにやってろ」と言われて代打ちしていたことがある。「これとこれは絶対に切るなよ」と耳打ちされたりして。最低限のルールは知っていたから、一度なんか、親父がトイレに行っている間に一番安い手で上がってしまったことがあって、他の大人たちから嫌な顔をされたっけ。その社長が「トイレにいくならまってるから、こともにやらせるなよ」と親父に怒っていたのを思い出す。

菅義偉官房長官が「日韓合意は国と国の約束だ。1ミリも動かさない」と明確に宣言しているし、河野外相も頑張ってるみたいだから、少しは安心して見ていられるのが救い。ここで韓国に少しでも妥協したら安倍政権は吹っ飛ぶことになるから譲歩しないだろうけど、過去の政権、今までが今までだから不安もある。あとは韓国内の問題。売春婦への謝罪でも何でも勝手にやってろ、である。

posted by poohpapa at 06:32| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする