2018年01月07日

エンディグノート、完成・・・・・してない (*´з`)

と言うか、手も付けてない。この冬休みで完成させたい、と思ったけど、例の「霜降り肉」老婦人の件で、大晦日まで雑用をこなしていたし、年明けは4日から(フルタイムではないけど)店に出ている。本当は(関東の)松の内の今日7日までゆっくり休むつもりでいた。そのために1月分の管理家賃は全て年末までに振り込みを終えているし。ところが、何やかやで結局4日から出ることになった。それでも1月分の管理家賃を12月中に振り込んだのは正解だったと思うけど。お仲間さんは早めに26日から休んで4日や5日から営業している店舗が多く、傍から見たら、うちが「やる気が無い店」に見えることだろう。

完全に休んだのは三が日の3日間だけ。エンディングノートみたいなものを仕上げるのは「ヨイショ!」とエンジンが掛からないと出来ないもの。腰を上げるまでが大変だが、やり始めれば一気に完成することだろう。ふだんの定休日1日だけでも出来そうな気がしないでもない。ま、元気なうちに作ろう。

で、今年、頂いた年賀状で、とくに気になったものが何枚かあった。

こちらは嬉しいお話。今から35年ほど前、勤めていた建売業者に以前は万年筆卸の会社に勤めていた同僚がいて、会社が傾いてきて給料が万年筆の現物支給にまでなって、結局は倒産したんだけど、その現物支給の万年筆を「買ってくれないか」と持ち掛けられて、私も相当数格安で買わせて頂いた。モンブランやペリカンなどの高級万年筆もあって、購入したうちの1本を、長男が通っていた保育園の保母さんに差し上げたのだが、今も年賀状のやり取りをしていて、「この年賀状も、あの時頂いた万年筆で書いております」とあった。PCのワープロ機能が充実している今も万年筆を愛用してくださっているのは嬉しい。

他に、私からすると「これ以上幸せな人生を送っている人はいない」と思える方から、「毎日毎日 変わらない単調な生活に疲れ過ぎました。何もいいことがありません」とあった・・・。なんか、そのまま自殺しそうな雰囲気。間違いなく「人生の勝ち組」にいる友人で、他人には解からないご苦労があるんだろう。今日あたり電話してみよう。もう帰国しているハズだから。

高校の新聞室の先輩からの年賀状には「来年から年賀状はやめましょう」とあった。私が年賀状を出す出さないの基準としている理由とは逆の理由であった。「年賀状をやり取りしていてもなかなか会える機会は無いから、年賀状だけで付き合っていてもしょうがない気がする」とのこと。なるほど、そういう考え方もあるか、と思った。私の場合は、「滅多にお会いできない人だからこそせめて年賀状でお互いの健康や無事を確認したいもの」と思っていたのだが・・・。年賀状をやめてしまうとそこで完全に切れてしまうようで・・・。中には小学校卒業以来半世紀以上も会ってない友人もいるし。だが、相手のあることだから私が押し付けるワケにもいかないもの。電話していろいろお話しして、携帯番号を伺ったので、これからはたまに電話して直接声を聞くことにしよう。なので、年賀状をやめるのは正解になるかも。

ん?、思慮深い先輩だったから、もしかして何かでこちらを気遣ってのことだったかも。ちと心配・・・。

いつも書いている中学時代の恩師とは別の先生、一昨年の中学の同窓会に出席して半世紀ぶりにお会いしたK先生、うちの兄貴の担任でいらっしゃったが、兄貴は年賀状など出していないと思われるし、昨年から年賀状を出させて頂いている。先生からの年賀状に、「金儲けは、みな一生懸命だが、金の使い方はちょっと考えてほしいところがあるね、個人も団体も」とあって、全く同感。

病気を患って、病状を書いてくださる人もいる。どなたも、悲観すること無く前向きに「病気とうまく付き合っていく心掛け」が見てとれて安堵。我々はもうそういう歳になったんだ・・・、と感慨深い。

私が個人の年賀状でお付き合いさせて頂いている方・・・、小中高校の同級生、先輩後輩、恩師、3人の子供の保母さん、それぞれの就職先での先輩や仲間、いろんな旅先での旅仲間、入院していた当時の患者仲間、などなど多岐に亘っていて、どのお付き合いも長い。我ながら「面白いな」と思う。

そういう付き合いは大切にしたい、と思う反面、年賀状のやり取りなどしなくても凄く仲良くしていて、どこかでバッタリ会っても普通に直ぐ話題に入っていけるのだから、もうやめてもいいのかな、と思う人もいる。年賀状って、お互いにけっこう負担になっていたりして・・・。

頃合いを見て「年賀状、もうやめませんか?」と声を掛けよう。言い訳ではなく、そう言える相手は、いつでも連絡できて「心から信頼している人」「そう言っても関係が壊れることが無い人」、ということである。

posted by poohpapa at 07:33| Comment(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする