2018年01月31日

これ、当たり前と言えば当たり前だけど、嬉しい

まさかそんな・・・日本が30年以上も中国をODAで支援していたなんて=中国メディア

https://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e3%81%be%e3%81%95%e3%81%8b%e3%81%9d%e3%82%93%e3%81%aa%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%8c%ef%bc%93%ef%bc%90%e5%b9%b4%e4%bb%a5%e4%b8%8a%e3%82%82%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%82%92%ef%bd%8f%ef%bd%84%ef%bd%81%e3%81%a7%e6%94%af%e6%8f%b4%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%9f%e3%81%aa%e3%82%93%e3%81%a6%ef%bc%9d%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2/ar-BBIrrRS#page=2

Seesaa のシステムが変わって「文章にリンクを貼る」ことができなくなってしまって、もしかしたらリンクを貼る方法が変わっただけで何かやり方があるのかも知れないが、解からないから長ったらしい URL を貼る。

で、本題、

中国メディアの「今日頭条」が28日、日本が1979年から2010年にかけて中国に行ってきた支援について紹介する記事を掲載したようだ。中国の国民は政府から何も知らされていないから、今日の中国の発展も「自分たち中国国民が努力した結果である」と思っているだろうけど、日本が中国の発展のために拠出した資金援助が非常に大きかったに違いない。

記事にもあるが、

日本は2013年度までに有償資金協力(円借款)として約3兆3164億円、無償資金協力として1572億円、技術協力として1817億円、総額にして約3兆円以上を中国に政府開発援助(ODA)として提供してきた、とのこと。空港や病院、地下鉄などの建設に関しても多大な資金援助をしている。それらは「終わった話」ではなく、今も技術や人材の点で中国への支援を継続している、と伝えている。

これらは、その昔「日本が統治していた国に対してしていたこと」と同じだと思われる。欧米諸国はアジアやアフリカの諸国を植民地にすると、現地人は奴隷のように扱い、資源なども搾り取って、病院や学校を建ててインフラを整備しても現地の人たちが利用できることはなかったようだが、日本の統治の仕方は違っていた。だから、当たり前の「感謝の心」を持つ台湾やパラオの人たちは日本に対して今も感謝しこそすれ恨んだりはしていない。そこが、勘違いも甚だしい韓国とは天と地ほどの差がある。

先の日韓合意によって日本が拠出した「新しく設立する従軍慰安婦(売春婦)財団への10億円」を日本に返すとか騒いでいるが、今までの莫大なODAを叩き返してから言え、と言いたい。韓国へは64兆円にも上る有償無償の支援をしていて、残債はまだ250億ドル(約2兆7500億円)も残っている。それで反日を政策に掲げる神経が解からない。その民度の低さが「ザ・韓国」なんだろう。

「今日頭条」が発信しただけのことだが中国国民の多くが、少しでも知ってくれたら嬉しい。「感謝しろ」とまでは言わないが、頭の隅にでも置いといてくれたら、と願っている。韓国ではネットの中でさえも「こんな動き」は全く見られない。私は中国も韓国も好きではないが、強いて「世界で一番嫌いな国はどこか?」と訊かれたら「韓国」と即答する。中国のほうがマシ、という程度だが。

「中国人はこうした事実が存在することを客観的に知っておくべきである」とも伝えていて、中国人にも公正なモノの見方ができる人たちがいるんだ・・・、とちょっぴり感動。

一方、昔の自民党の政治家の中には、中国に対する莫大な資金援助の裏で私腹を肥やしていた国賊もいたのではないか、と(証拠は無いが)疑っている。私は安倍さんは支持しているけど、(ごく一部の立派な議員を除いて)自民党の体質そのものは嫌いである。

それはともかく、「今日頭条」が発信したこの記事は素直に嬉しい。まあ、どんなに援助をしても、そんなことは無かったかのように尖閣を狙うような国だけど。

posted by poohpapa at 06:34| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする