2018年02月28日

路線バスに閉じ込められて・・・

今は店の車が無いもので、普段遠方まで行く時は、カーシェアか、電車か、バスか、徒歩、またはその組み合わせ。一昨日、国分寺市の西町にバスで行った帰り道での出来事・・・、バスに乗ると、いくつか空席があった。真ん中より後方の(知らない人が先に一人で座っている)二人席に座るのは躊躇われたので最後部の席に座ったのだが・・・、それが間違い、と言うか、計算違いだった。

乗車して二つ目のバス停は昭和第一学園高校の前・・・、11時という早い時間帯なのに高校生が大挙して乗り込んできた。全員が乗り切れず、半分くらいの生徒は次のバスに廻ったほど。「なんでこんな時間に帰るんだよ、もしかして学年末試験だったか・・・」と思ったが後の祭り。車内は超満員になった。自分が卒業してから半世紀近くも経っていると、そういう脳内カレンダーはすっかり抹消されている。

私は終点の一つ前のバス停で降りたかったが、降車口はバスの最前部の運転席のところ。どうにか両手で持てるほどの量の荷物をぶら提げて、高校生がぎっしり詰まっている通路を押し分けて最前部に進むのはかなり困難。だが、そこで降りないと終点の立川駅まで行かれてしまう・・・。意を決して降車ボタンを押した。

バスの中に「次、停まります」というアナウンスが流れて、停留所に着いたが、人で混雑しているだけでなく高校生のスポーツバッグが床にいくつもあって、「すみませ〜ん、降ります」と声を出しても前に勧めない。何と言っても、高校生が知らん顔をしていて全く動こうとしない。

今時の若者だが、仲間に声を掛け合って通り道を作ってくれるのでは、と清々しい若者像を想像していたのだが、私が「降りま〜す」と声を出しているのに床のバッグを動かそうとはしない。期待した私がバカだった。それで思い出したが、以前は下校途中の道に座り込んでタバコを吸っていた生徒がいたくらいの学校である。「今時の若者も捨てたモンじゃないね」、にはならなかった。

うちの店は立川駅から1区間だが、距離にするとけっこうある。駅から徒歩で戻らされるのは辛いし、それでは「普段は歩く距離」をカネを払ってバスに乗った意味が無くなる。

そのうち「発車します」というアナウンスと共にバスが動き始めた。もしかすると私以外にも降りる人がいて、その人が降りたから「もういい」と判断したものか。だが、ここで発車されたら駅まで連れて行かれてしまう。

それで、「降りますよ〜」と声を掛けると、バスは斜めになって停まりはしたが・・・、身動きはとれない。駅で折り返して戻るバスで本来は私が降りたかったバス停までタダで運んでくれるなら文句は無いけど、そんな交渉は面倒臭いし、たぶん受けてはくれないだろう。仕方なく、「後ろから降りて前まで廻って代金を払う、ということでいいですか?」と大声で言うと、乗務員さんが「いいですよ」とのこと。それで、床のスポーツバッグに躓きながら後ろのドアから降り、外から前に廻って代金を支払った。

これ、私はそういうふうに声を上げられるが、気の弱い人なら諦めて駅まで行ってしまうことだろう。それにしても疲れた・・・。もう痩せ我慢しないでシルバーシートにも座ることにするか・・・。

荷物が無ければ前方で立っていたんだけど・・・、これからはなるだけ降車口に近いところに陣取ろう。

posted by poohpapa at 05:41| Comment(6) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

所詮は低レベルなクソ餓鬼みたいな国

韓国テレビ局SBSが「君が代」を流したことにより批判殺到 「君が代は戦犯国歌だ、歌うのを強要された」

なんかねえ、レベルが低すぎて、こんなクソみたいな国と付き合うのは疲れる。

これからは、韓国に恵んでやるカネを国内の被災地や真の友好国である台湾のために使ってほしい。って、こういう発言も「低レベル」なんだろうけど、日本の国民感情の本音としてはこんな感じだと思う。

posted by poohpapa at 05:56| Comment(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たった一箱のチョコレートがこんなになるなんて (^◇^)

私によくある「藁しべ長者」的なお話。

先週の水曜日、伊勢丹の地下に買い物に行くと・・・、本来は今週からいないハズのUさん(売り子さん)がいた。売っていたのは秋田小町(お米)と特産の飲料、稲庭うどん、である。以前から秋田小町を販売する時は毎年Uさんが担当しているから「いても不思議はない」のだけど・・・。そのUさんが「土日にはミス秋田小町が来るよ」と言う。ならば絶対に行かなければ (^◇^)

それとは関係なく、Uさんに「チョコレートは好きだっけ?」と訊くと、「まあ食べるよ」とのこと。愚問であった。チョコレートが苦手、嫌い、という人などいないのだし。毎年バレンタインの時期には特設コーナーでチョコレートを売っていて、でもって、売り子さんが店舗からサンプル的に頂けるチョコレートをいつも私に大量にくださっている。なので、うちはバレンタインチョコを買う必要が無かったりして。

「今年、期間限定で売り出されているロゼシャンパン仕立てのチョコは食べた?」と訊くと、「食べてないなあ、どんなの?」と逆に訊く。「アーモンドチョコなんだけどね、封を開けた瞬間にシャンパンの香りがして凄く美味しいんだよ。パティシエの辻口なんとかって人が監修してるみたい」と言うと、さすがに知っていた。そのチョコ、Glico から売られているんだけど、百聞は一見に如かず、で、同じシリーズのポッキーなんかと一緒に一箱届けることにした。アーモンドとピスタチオのものがあるが、私はアーモンドのほうが圧倒的に好き。

で、日曜日、(こちらも私が大好きな)ロッテのアーモンドチョコを一箱持って行って、Uさんに「これ、Uさんからミス秋田小町さんに『帰りの新幹線の中で食べて』と言って渡してあげて」と預けてきた。私が直接渡すと「何か下心がありそう」と疑われかねないから、である。遠く秋田を離れて東京でお仕事しているのだから、純朴な東北の人だし、そういう些細な気配りを喜んでくれるのでは、と思ったのだ。ただそれだけである。Uさんもそのあたりはちゃんと心得ていて上手く伝えてくれたようだ。

ところが、である。私からすれば「いつもしていること」であって、たかがチョコレート一箱だったのだし、この件に関しては本当に何も期待していなかったのだが・・・、驚くような結末が待っていた。

私がUさんにことづけたのが 

DSC04147.JPG

昨日、売り場に行くと、Uさんが、「彼女、凄く喜んでくれたけど、もっと感激していたのが、一緒に秋田から来てその話を傍で聞いていた秋田経済連(全農)の偉いさんたちだったよ」とのことで、「その人(私)にジュースでも何でも好きなだけ持って行ってもらって」とUさんに言ったそうだ。するとUさん、「だったらジュースより秋田小町のイラストが入ったポケットティッシュのほうが喜ぶと思うんだけど・・・」と言い、偉いさんの了解を得てドッサリくださったのが  の写真。

DSC04149.JPG

言うまでも無く、私がガメたのではなく、上司の了解の下、くださったもの。それにしても、秋田経済連の偉いさん方、太っ腹である。それが何であれ、なかなか「好きなだけ持って行ってもらって」などと言えるものではないから。このティッシュは全て私のコレクションになった。その・・・、最近はポケットティッシュも集めだしているもので。ま、こんなだから、とてもじゃないが「断捨離などする気は無い」と判る (おい)

「そんなもの溜めてどうすんだよ」と言われそうだが、このポケットティッシュのデザイン、大好きなのだ。最近こそ少なくなったが、街を歩いていてもいろんなティッシュを貰うけど、秋田小町のが最高。

それにしても、失敗した。「一番好きなのは秋田小町」(娘さんでなく米ね)と言っておけば良かった 💧

Uさんが、「今頃、新幹線の中で、みんなで食べてるかもね」と言っていて、ウルウルきてしまった。



posted by poohpapa at 05:39| Comment(2) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

以心伝心 (^◇^)

伊勢丹の地下のレジの外のブースにたまたま「鯛焼き」の店が来ていて、うちのに「久々に鯛焼きが食べたいね」と話していたものの、なかなか購入するきっかけ(ご縁)が無かったのだが・・・、

先日更新契約に来てくださったお客さんがルミネの地下で鯛焼きを買って持ってきてくださった。まるで、どこかでうちらの会話を聞いていたかのようなタイミングだった、ほんと。それはとても嬉しかった。

ドン・キホーテの向かい側にも「鳴門鯛焼本舗 天然鯛焼」があるし、ルミネにも有名な「くりこ庵」という店が入っているし、伊勢丹の地下にも時々出店されている。どの店のでなければ、という拘りはなく、どこの鯛焼きでもいいし、一枚ずつ焼く「天然モノ」でも、何枚も同時に焼く「養殖モノ」でもかまわない。

鯛焼きと大判焼きには幼いころ思い出がある。親父がパチンコで儲けた時に、帰りによく買ってきてくれたのだ。他にも大きな栗饅頭とか・・・。貧乏だったけど、今思えば、その程度で凄く幸せだった。

ところで、鯛焼きは日本中どこでも鯛焼きだが、大判焼きは地方によって名前が違っている。愛知では大判焼きだったけど関東では今川焼・・・、いろんな名前があって、その呼び方で出身地が判るほど。

以下のサイトに詳しく書かれている

なんて呼ぶ?今川焼き・二重焼・大判焼・回転焼…呼び方によって出身地がバレる和菓子

まあ、形が違うだけで大判焼きも鯛焼きも味は似たようなもの。鯛焼きの表面のほうが凸凹で多少パリっとしているくらい。頂いた鯛焼きを食べながら、ふと親父を偲ぶことができて、お客様に感謝 (*^_^*)

posted by poohpapa at 04:20| Comment(0) | グルメ・クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

高木菜那選手、二つ目の金メダルおめでとう

高木菜那、圧巻の金メダル!初代女王に輝く スピードスケート女子マススタート決勝

今までスピードスケートは1対1で滑っていたが、マススタート・・・、「マス」と言うからには集団スタートということか。終盤までエストニアの選手が他の選手を半周ほどリードしていたが、解説者の言う通り終盤で捕まった。ただ、途中で「〇〇選手にポイントが入りました」とか言っているのに、トップでゴールした選手が金・・・。よく解からないルールである。

2位の韓国選手・・・、パシュートで「遅れた仲間を非難していた選手」だっけ??

ま、いずれにしても、表彰式で日本の国旗が韓国国旗の上にあって「君が代」が流れるのは気持ちいい。できれば、高木選手が「君が代」を口ずさんでくれていたら・・・、とは思うけど。

posted by poohpapa at 07:19| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NPO法人「百人の会」のメルマガで知った話

国歌斉唱不起立・再任用拒否で大阪府を提訴
2/24(土) 6:52配信 MBS

府の教育委員会が再任用を拒否したのは「国歌斉唱時に起立するなど上司の職務命令に従うかどうか確認できなかったから」だとして府におよそ550万円の損害賠償を求めている、とのこと。

上司の命令があったかどうか、それが確認できたかどうかより、国歌斉唱の際、皆が起立しているのに自分の思想信条を優先してそのまま座っているようでは一種の気違い。「思想信条の自由」以前の問題で、自分の行為が子供たちの目にどう映るか、ということに思い至らないなら教師失格。気違いを再任用する教育委員会なんて無いでしょうよ。にも拘らず損害賠償で550万の請求・・・。最高裁まで争うだろうけど大恥をかいてほしい。 でも、こんな気違いにも支援者(同類項)はいるんだよな・・・。

と言うか、そんなに日本が嫌いなら何処でも好きな国に行って暮らせばいいじゃん。「日本が大嫌い」と言っていれば歓迎してもらえるんだし。550万は移住費用に充てるつもりだったりして (^◇^)


次いで、こちらは、いいお話。

日本人「帰国するため台湾国際空港に向かうと、一つのアナウンスが流れ始めた、その直後に税関職員全員が総立ちで敬礼、 出入国客全員に拍手で見送られた
(動画の始めのほう、16秒くらいまで映像が乱れているけど収まります)

以前の台湾での大地震の際にも、日本の救援隊が帰国する際、空港職員と乗客全員から拍手で送られていたようだ。そういうアナウンスを流してくれるのも全員で拍手や敬礼をしてくれるのも台湾ならでは。日本人にとってこんなに嬉しい話は無い。中国や韓国とは真逆の国であって、真の友好国だと思う。

posted by poohpapa at 05:16| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

売るほどある (^◇^)

私は森永の「チョコモナカ ジャンボ」が大好き。真冬でも食べている。ただし・・・、

一回に食べる量は一袋の半分、それで十分に満足している。定価は一個120円くらいなんだけど、安売りの度に購入していて、とくに今回はマルエツが閉店ということで88円で販売されていたから大人買い。その前にも購入しているので他の食品が冷凍庫に入りきらない。当然にうちのは文句を言う。

DSC04143.JPG
うちの冷蔵庫の冷凍庫の状態。これで1ヶ月くらいはもつだろう。子供のころはバナナも年1本、ケーキなんて年に一個も食べられなかったから、好物がいっぱいあるとそれだけで幸せ。

マルエツが店仕舞いしても、また東急ストアとかドンキとか、別の店で安売りしていたら買おう。

posted by poohpapa at 04:33| Comment(0) | グルメ・クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

この表現は間違ってると思う

川崎竜弥被告に死刑判決「生命軽視、冷徹で残忍」

この記事の中で、

強盗殺人や死体損壊・遺棄などの罪に問われた浜松市北区の宅地建物取引士、川崎竜弥被告

とあって、これ普通は、不動産会社に勤務していたなら「不動産会社社員の〇〇被告」、現状が無職であるなら、「元不動産会社勤務の」とか、自営であったなら「元不動産業の」という表現になると思う。資格で書く必要があるのか。資格は職業ではない。それなら、例えば「ファイナンシャルプランナー2級の〇〇被告」とか言うのか。いくつも資格を持っていたならどうするんだろう、全部並べたりして (^◇^)

なんか、ピンポイントで絞り込んできたみたいで不快。記者の悪意を感じる ( `ー´)ノ

posted by poohpapa at 05:07| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは同感

松岡修造の宮原へのインタビューが「神」と話題 開口一番「おめでとう!」

誰よりも本人が一番「悔しい思い」をしているに違いない。日本人は「メダルを獲ったか、何色だったか」を気にして騒ぐけど、私なんかはいつもオリンピックなんかでは「自己ベストを更新したなら、メダルを獲れなくても胸を張って帰ってくればいい」と思っていて、宮原選手の場合、自己ベストを更新しての4位なんだから、それは「自分より上の選手がいた」ことに他ならない。それだけのことだと思う。

底辺にいる競技人口が違うけど、ゴルフやテニスで「世界ランキング4位」と言ったら凄いこと。宮原選手の場合、自分より上は世界で3人しかいないのだから、そう考えたら誇れる成績。

強化選手に指定されて、税金を使っていながら「自己ベストに遠く及ばず」の成績だったりしたら「テメエこの野郎!」だけど、宮原選手は十分に結果を出していると思う。自己ベストに届かなかったら「惜しかったですね」という入り方で良いけど、自己ベストを出していたなら「おめでとう」から入るのは正解。たぶん、松岡修造はそこまで計算していたのでなく天然だとは思うけど (^◇^)

宮原選手、「うわぁ、あと一歩でメダルに届かなかった、何て話したらいいんだろう・・・」と、さぞかし気にしていたことだろう。そんな不安を吹き飛ばした松岡修造は偉い。だから次の仕事が来る (爆

posted by poohpapa at 04:38| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

プチ気分転換でTポイントカードを別のデザインのものに替えてみた

メルマガで、こんなデザインのTポイントカードが発行されると知ってオーダーしてみた。

DSC04142.JPG
長澤まさみ主演の映画「嘘を愛する女」から、長澤まさみヴァージョン。女性向けに高橋一生ヴァージョンもあるが、私にはそんな趣味は無い。長澤まさみも、特別「ファン」というワケでもないが、カードのデザインのセンスは素晴らしくいい。長澤まさみの表情がアンニュイな感じで絶妙。

今まで使っていたのは「マルエツ」で作ったもの。それが

DSC04140.JPG

何の面白みも無い。青地に大きく黄色でTの字が描かれた昔のデザインのよりいいが、マシという程度。近所のマルエツも閉店になってしまうし、それならばカードのデザインも替えようか、と思った次第。仕事のストレスも相変わらず多い。ここでは書けない内容だったりして、大幅に現状を変えてしまうことは出来ないから思い立ったところからプチ気分転換をして細かくガス抜きをしている (*´з`)

ポイントも移行して、これからしばらくはこのTカードを使うつもり。しばらく、と言うのは、他に良いデザインのカードが発行されたら乗り換える、ということで、まあ、広瀬すずちゃんとか希ちゃんとか・・・。

Tカードはいろんなデザインを選べるのがいい。うちのはネコのイラストのを使っている。

発行枚数に上限があるとのことで、気になった方は 迄、お早めにどうぞ。

【邦画初】高橋一生と長澤まさみのTカードが登場!『嘘を愛する女』公開記念
(税別500円で、別途送料が364円かかる)



posted by poohpapa at 05:53| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

辛い訃報・・・

大杉漣さん、最期は『バイプレイヤーズ』共演者に見守られ

名脇役として知られる俳優の大杉漣さんが急性心不全で亡くなられたとのこと。実に惜しい・・・。

シリアスなドラマでもコミカルなドラマでも、大杉さんが出ているとストーリーが締まる、そういう意味では得難い名脇役で凄く残念。でも、ご家族や共演者に見守られての最期だったようで、それは良かった。

大杉さん、1951年9月27日生まれとのことで、私より77日早くご出生になられている。ということは、今日から77日後の5月10日まで私が生きられれば大杉さんと同じ長さだけ生きられたことになる。最近は著名人の訃報に接すると、「私より5年も若いのに・・・」とか「私もその歳まであと7年か・・・」などと考えたりしている。若い頃は全く気にしなかったけど、昨今、訃報は辛い・・・。

ご冥福を心からお祈りしたいと思う。

posted by poohpapa at 05:27| Comment(2) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

需要はあっても阿漕な商売 ( `ー´)ノ

毎日の訪問先「たなぼた」さんで知ったのだが、平昌オリンピックで金メダル、銀メダルに輝いた羽生結弦選手と宇野昌磨選手の記念切手が一昨日発売されたらしい・・・。

今はまだオリンピック開催中で、しかも表彰台に上がったのは切手発売の3日前・・・。肖像権の問題や契約に要する日にちもあるだろうから、結果を見てから交渉、契約、そして印刷、で、発売まで2日半、というのは物理的に無理。てことは、「お蔵入りになる可能性はあるけど作ってあった」のか。

いや待てよ、図柄を見ると、写真は平昌オリンピックの時のものだから、契約は済ませておいて、結果を見てから直ぐに印刷に取り掛かったものか。いずれにしても、熱が冷めないうちに、ということなんだろう。

82円が5枚で実質的には410円だが販売価格は1400円。何時間も行列に並んだ人がいたようだから需要はあるんだろうけどボッタクリ以外の何物でもない。しかも、普通に郵便物に貼って使う気なら、こんな切手は買わないもの。通常切手のほうが遥かに安上がりだし。ただし、逆に、郵便物を利用して差出人が受取人に自分を強く印象付ける目的であるなら、羽生結弦切手を貼るのはアリだろうけど。

それより、私は今日2月22日(ニャンニャンニャンで猫の日)に発売になる「猫」の切手第2弾が楽しみ。82円切手と62円切手があって、こちらは額面通りの価格なので惜しげもなく使える。それでも、使わずに少しは保存したりするから、日本郵政、こういうのは反則だと思う (^◇^)

ちなみに、羽生結弦選手と宇野昌磨選手の記念切手は「郵便局のネットショップ」での販売もされるようで、申し込めば全員が購入できるとのこと。ま、私は買わないけどね (*´з`)

posted by poohpapa at 04:56| Comment(5) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

私同様、「断捨離」中ということか・・・

ヤフオクで、こんな出品があった。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c641837455

ゴルゴ13のコミック、第1巻から最新刊187巻までと、オフィシャルブック「ゴルゴ学」も付いていて、開始価格23,000円からの出品。私は今のところ第185巻まで持っていて、「ゴルゴ学」や他のゴルゴ関連書籍もほぼ所有している。断捨離はしていても、ゴルゴ13のコミックは死ぬまで手放さないつもり。ゴルゴグッズも然り。ま、私が死んだら(うちのが)好きにしてもらっていいのだけど。

この出品者さん、手放す踏ん切りがついたのだから偉いと思う。私はまだまだ物欲があるから・・・。

このオークション、「ゴルゴ学」は別にして、23,000円を187巻で割ると1巻あたり123円。メチャ安である。しかも、傷んでいる本を購入し直して出品しているとのことだから相当に良心的。最終的にいくらで落札されるか不明だが、ゴルゴファンの誰かが必ず落札すると思う。


と、書いていて・・・、その後に、こんな出品が・・・、

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k292764802

こちらは即決価格で18,800円・・・、てことは、1巻あたりほぼ100円。古本屋の買取価格ほど。

ゴルゴ13は商売の上でも参考になる話は多い。同じ標的を別の人物から依頼されても「報酬の二重取り」はしないで断るし、冷酷なようで人情もある。そのあたりが不動産屋とは違うような・・・(おい)

ご興味のある方はこの機会にぜひ落札されたい (^◇^)

posted by poohpapa at 05:38| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

昨日の火事・・・

昨日の立川通りのマンション火災、ニュースで取り上げられていたみたい。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3296486.html

うちの元ホームレスのお客さんが入っているマンションの向かいのマンションだった。でも、このマンションにもお客さんは入っている・・・、日本人ではなく外国の方。同じ階だったかなあ・・・。

87歳の老婦人が助け出されたものの意識不明の重体なんだとか・・・。

いずれにしても、このマンション(管理会社)は、生活保護受給者や高齢者でも相談に乗ってくれるので有り難かったのだが、これで高齢者の入居が困難になるかも・・・。

posted by poohpapa at 08:46| Comment(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何年ぶりかのマクドナルドで・・・

昨日、ランチに行って店に戻ると、うちの店の前が通行止めになっていた。パトカーが立川通りを塞ぐような形で斜めに停車されていて、通れるのはバスのみ。原因は・・・、一つ先の信号機の角にあるマンション7階の火災。そのマンションの9階には、私に15000円の靴を買ってくれた元ホームレスのオジサンが入居しているし、7階と8階にも入居者を斡旋したことがあるから、ちょっと心配。うちのお客さんが火元になっていたり、怪我などしてなければいいのだが・・・。今日にでも電話してみよう。

さて、本題、

またチキンタツタが復活しているというので、先日、久しぶりにマクドナルドに行った。店は伊勢丹の横。着いたのはお昼ちょっと前。私の前に一列になって数人が並んでいたが、次は私の順番、というところで横に老人(男)が並んで、「お次の方どうぞ」とのカウンター内のスタッフの声で先に行ってしまった。

年寄りだし、食い物のことで「私が先だよ」と注意するのも意地汚く思えて黙っていたが、店頭に行列を整理するスタッフがいたので目くばせすると直ぐに「横入り」だと気付いて平謝り。まあ笑って済ませた。

その爺さん、私が注文を終えてもまだカウンターで悩んでいた。横入りしてるんだから並んでる間にメニューを見る時間も無かったんだろうけど、たいていは並んでいる間に何を注文するか決めておくもの。ああいうのは店にとっても他の客にとっても迷惑な話。と言うか、傍から見たら私もそう見えるだろうけど、「マックなんかに来るんかい!?」という雰囲気。自分はああいう老人にはなるまい、と思った次第。

posted by poohpapa at 06:30| Comment(2) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

小平選手も立派だが、彼女を支援した相澤病院が素晴らしい

小平奈緒選手が五輪のスピードスケートで日本人として初の金メダルに輝いたが・・・、本人の努力もさることながら現在所属している相澤病院が立派。もちろん、期待に応えた小平選手も素晴らしい。

「頑張っている地元の選手を応援しないでどうする」と、仕事もさせず、宣伝にも使わず、遠征費や活動費を負担してきたのは凄い。宣伝に使わなくても、マスコミが取り上げてくれれば逆にいい宣伝になる。

我々、公益法人たる不動産業界も見習いたいもの。「どうやって」というのが難しいのだけど (^◇^)
posted by poohpapa at 08:42| Comment(6) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日がブログの誕生日

今日で、このブログを開設して丸14年を迎えました。思えばノルン(12歳と10ヶ月)が我が家に来る前から始めていたんですね・・・(しみじみ)

毎度書いていて来年も書くと思いますが、同じ頃から始めてまだお続けになっている方、少なくなりました。続けている方には失礼ですが、サッサと足を洗う方のほうが賢明なのかも、と思ったりして。毎日何かしらの記事を書いているのは惰性ではありませんで「ほとんど中毒」ですね。他は全てが三日坊主の自分としては「ずっと続けられるものがある」のは珍しいこと。ですが、正直に申し上げて、強迫観念にとらわれているかのような・・・、そんな感じでもあります。好きで続けていても時に辛いこともあったりして。

長くやっていますので、記事数は5,308話、頂いたコメントは13,256件、訪問者数は700万を少し超えたあたりで、アクセス数の累計は2,000万を突破しているかと思います。飽きずに、いえ、懲りずにいつも訪問してくださる読み手さんに心から感謝、であります。

訪問者数の700万は都道府県別人口で言えば第6位の千葉県の6,255,876人を越えて、第5位の埼玉県の7,307,579人に迫る数字。私の出身地である第4位の愛知県の7,526,911人に届いたら嬉しいのですが・・・、まだ2年ちかくは掛かりそう。それまで生きていられるかどうか、ほんと。

これからも、自分の感性で、思ったこと、感じたことを言い切っていく所存です。今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます

posted by poohpapa at 05:35| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

仕方ないことではあるけど・・・

大雪キャンセル1万人超、福井 観光名所あわら温泉

豪雪で、福井の「あわら温泉」の予約キャンセルが1万人にものぼっている、という・・・。たぶん、今後もしばらく予約は入らないしキャンセルも続くと思われる。ま、ほとんどがキャンセルになっているか。

年間7万4千人が訪れるうちの1万人がキャンセル・・・。行きたくても辿り着けないのだから仕方ないし、温泉側の打撃も大きいだろうが、楽しみにしていてもキャンセルせざるを得なかったお客さんも辛いことだろう。キャンセルしたお客さんも雪が解けて暖かくなったら是非訪れてほしい。「あわら温泉」へのお客さん、一見さんでなく常連さんが多いのではないかな、と思う。

うちは、3.11東日本大震災の後、ずっと貫いている方針があって、それは・・・、スーパーなどで福島産の野菜や果物を見掛けたら、他の産地の品物でなく福島産を選ぶ、ということ。一時、いや今もかも知れないが、福島産の農産物に対しては激しい風評被害が及んでいて、産地の方たちは相当に苦しんでいらっしゃると聞く。私なんかは旅行で福島を訪れることは無いから、そういうことで応援したいと思っている。温泉と農家は別だが、これからは福井産も応援しなければ。

自然が相手ではあるが、一日も早い復旧を願っている。福井、頑張れ!

posted by poohpapa at 05:41| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

生活保護の敷金清算

ずっと以前から不思議に思っていたことがある。

生活保護で部屋を借りていた入居者が退去する際、どうして(クリーニング代等を差し引いた)敷金の差額を市に返還させないのか、ということ。市に問い合わせると、「本人に返してください」と言うのだ。

元々は税金で、敷金は家賃滞納などの際に(退去時に)充当されるもの。何事も無ければ、今年からはクリーニング代も差し引かれず敷金は全額返金されることになる。クリーニング代を引かれても半分くらいは戻す分がある。敷金1ヶ月だとすると、生活保護受給者の家賃の上限で推察するとだいたい3万くらいは返金されると思う。いったんは生活保護受給者に戻させて翌月分の保護費から(その分を)差し引く、というなら解かるのだが、市の担当者は「それはしません」とのこと。なんで??、である。

市の財政課長にも「市に戻させるようにしてはどうか」と数年前に提案したが、「なるほど、そうですね」と言っていながら何も変わっていない。所詮は税金、自分の懐が痛むワケではないからか。財政が緊迫している、と言っていながら、面倒なことはしたがらない。

これは立川市の話であって、他の市ではどうなのかは不明。念のために隣の市に問い合わせたら立川市と同じ対応だった。立川市は生活保護受給者が年々増え続けていて4年前の時点で5100人(世帯数ではない)、とのことだったから、今はもっと多いと思われる。3000世帯として、年間に、そのうちの2%くらいが何らかの事情で退去や転居をしたとすると、返還されるハズの敷金の総額は概ね200万ほど。

市の年間予算からすれば微々たるものであっても、そういうことの積み重ねでしか財政の健全化は図れないものではないか。民間企業と違って「ヒット商品で一発当てる」なんてことは出来ないのだから。

個別で考えたら面倒な話でも、「敷金の返還分は市に戻す」という規定にすれば何も面倒は無いだろう。それすらしようとしない市の職員のコスト意識の低さには呆れる。本人に戻される敷金は一時所得になる。真面目に「元々は皆さんの税金なんだから大切に使わせて頂こう」と考える人のほうが圧倒的に少なくて、パチンコ屋や競輪で使って消えてしまう、なんてことのほうが多いのではないか。

うちの生活保護受給者である入居者の中には、生活費を切り詰めてコツコツ貯めて、一定の金額になると、それを福祉団体に寄付している人もいるが、そんなのは極めて稀なケース。10年に1回あるかどうかの余禄として大目に見てもいいのでは、とも思うが、市の職員の姿勢としては如何なものか。

典型的な地方公務員である立川市の職員の体質は1000年経っても変わらないことだろう。

posted by poohpapa at 05:44| Comment(2) | 不動産業界(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

クロアチア旅行記 18 ドブロヴニク観光 7

前回の旅行記から間が空いてしまったが、久しぶりにクロアチア旅行記に戻る。


前日はドブロヴニクの城壁や市街を観光したが、翌日はOPの「海と山から観る城壁都市ドブロヴニク」に参加。ほとんどの人が参加していて、自由行動にしていた人は4〜5人だったと思う。

添乗員さんに案内してもらえば楽だが、言葉も通じない街を散策するのも旅の醍醐味ではある。ドブロヴニクは自由行動で散策してみたい街ではあるが、一人でケーブルカーに乗ったりするのは難しい。ま、前日も少しだけ自由行動の時間があったし、このOPは魅力的だったので我々6人は全員が参加。

DSC03107.JPG
宿泊したホテル「シェラトン ドブロヴニク リビエラ」に迎えに来たバス。

DSC03118.JPG
バスから降りてケーブルカー乗り場へ移動。歩きながら街の様子を観るのも楽しい。

DSC03120.JPG

DSC03121.JPG

DSC03123.JPG

DSC03124.JPG

DSC03130.JPG

DSC03132.JPG
ドブロヴニクの全景が望めるスルジ山の山頂に到着。ここからの絶景が、この旅のハイライト。

DSC03135.JPG

DSC03137.JPG
上りのケーブルカー

DSC03140.JPG

DSC03151.JPG

DSC03152.JPG

DSC03157.JPG

DSC03165.JPG

DSC_0790.JPG
ニコンのデジイチで撮ったこの写真が一番好き。今年の年賀状にも使ったけど、嫌みだったか・・・(汗

DSC_0800.JPG
ほんの少しだけアングルを変えてみた。

展望台から写真を撮るとケーブルカーのケーブルが邪魔になるので、別のフォトスポットに添乗員さんが案内してくれて撮った写真。ここから写真を撮るためにクロアチアに来た、といっても過言ではない。

ドブロヴニクはまだ続く・・・。

posted by poohpapa at 05:52| Comment(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする