2018年02月06日

今の場所に店を出して25年間で初めての体験

夕方、予定していたお客さんから電話があり「15分ほど遅れます」とのこと。その電話を切った直後に店のドアが開く気配・・・。

「あのお・・・、ちょっとお尋ねしたいんですけど、このへんに小学校ってありますか?」とご婦人が遠慮がちに訊く。「ああ、たぶん五小のことだと思いますが、小学校ならまだだいぶ先で、この先のローソン99ショップを過ぎた角を左に曲がって150mほど行くと工事中のグラウンドがありまして、そこです」と言うと、「近くに銭湯がありますか?」とさらに訊く。五小の近くに銭湯は無いから、「もしかすると、小学校ではなく立川女子高校の勘違いでは」と思い、地元(東京)の人かどうかを訊いてみた。

すると、「気仙沼から来ました。この近くに〇〇荘というアパートがあって、伯父と娘が住んでいますので、久しぶりに東京に来たもので訪ねてみようと思って・・・」と言う。地方の人とは思えないほど訛りが無い。住宅地図で辿っていったら探しているアパートは直ぐ判った。だが、土地勘のない人には判りにくい場所にある。きっと、近くまで行ってまた迷うことだろう。立川女子高校の傍には銭湯はあるがアパートを探すための目印にはならない。地図をコピーして渡しても良いのだが、それでも迷うだろう。

来客の予定はあるが、それまでに帰ってこれるくらい直ぐ近くなので私が一緒に行くことにした。目の前まで行って「ここですよ」と教え、直ぐ店に戻ると、数分して予定していたお客さんがおみえになった。商談をしているとドアが開いて、先ほどのご婦人だった。「先ほどはすみませんでした、わざわざ連れて行って頂いて助かりました。有り難うございました」とお礼を言う・・・。

私が、この記事の表題を「今の場所に店を出して25年間で初めての体験」としたのはそのこと。年に何度も道を尋ねられたりご案内しているが、用を済ませた後でわざわざ戻ってきてまでお礼を言ってくださった方、初めてである。もちろん、どのケースもお礼の言葉は掛けて頂いているし感謝してくださっているのは解かっているから戻ってきてまでお礼を言って頂かなくて全くかまわないのだが。

寒いから店に入って頂き、商談を終えていた先客も交えて三人で雑談。名刺を渡して、「何か不動産取引で困ったこととか有りましたらいつでもご遠慮なく電話くださいね」と言うと・・・、「え?、私が不動産のことで困ってる、って、よく判りましたね」と驚く。

正直、私はそんなことは判らなかったし直ぐに相談を持ちかけられるとは思っていなかったのだが、「実は二つ困っていることがありまして・・・」と、うちの店が「不動産無料相談所会場」に変わることになった。

なんでも、気仙沼に相続を受けて使っていない家があって、その家を巡って相続人5人で揉めていて、売却して5人で分けるのがいいとは思っても、この先お墓の管理など見てくれる者が多く貰えて当然、ということで意見が纏まらないようだ。ハッキリ言って、5人で分けたら大した金額にはならないと思う。当事者同士で話し合うから結論が出ないもの。相続は、皆が「自分はいくら貰えるか」から入っていくと解決策は見えなくなる。平等と公平は違うし、平等に分けるのは簡単だが公平に分けるのは難しい。

もう一つの悩みは、76歳の老人に土地を貸していてその土地の上に老人名義の家が建っていて、間もなく借地契約が切れるのだが、途中で亡くなるだろうし、鉄骨の家の解体費用が700万ほど掛かるとの見積もりが出ていて、老人は「解体費用は払うから更新してほしい」と言っているが、そんなのは老人には払えないのはミエミエ。更新するかどうかより、夜逃げされるのが一番怖い、とのこと。

そこまで行くと弁護士に相談するのが一番良いし、そうすべきだと思うけど、「気仙沼の弁護士は誰も信用できない。カネを持ってる方に付くような弁護士ばかりだから」とのこと。それを言われてしまうとどうにもならない。私が「相談に乗る」と言っても、不動産屋の職責と知識の範囲内でしか乗れないし、弁護士の仕事の領域まで踏み込むことは出来ないのだから。

それでも、そのご婦人が「私はご縁を大切にしています。このお店に道を尋ねて社長さんに出会えたのも凄く良いご縁だったと思います。これからも宜しくお願いします。また東京に出てきたら必ず寄らせて頂きます」と仰ってくださって、それは嬉しかった。この後も気仙沼から相談の電話が入ることだろう。

posted by poohpapa at 06:49| Comment(10) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする