2018年03月01日

「伊調馨選手にパワハラ」と告発状、って・・・

見出しに、

「伊調馨選手にパワハラ」と告発状

とあって・・・、それだと、伊調選手が他の選手にパワハラを働いて告発された、とも読めてしまう。

実際は、

レスリング伊調馨、パワハラ被害か 関係者が告発状

使われている伊調選手の顔写真も、「表に出てしまった・・・」と困惑しているかのような表情だし。

見出しは誤読されないよう慎重に付けてほしい、と思う。たしかに、「伊調馨選手に」で、助詞は「に」だから「伊調馨選手に対して」ということだろうけど、「伊調馨選手がパワハラ被害」とかでないと紛らわしい。でないと「伊調馨選手にパワハラ(を受けた)」と告発状、と読まれかねない。見出ししか読まない、或いは見出しを流し読みするだけの人もいるだろうし・・・。記者のセンスを疑う。あ・・・、朝日か。

それにしても、長く「辛い状況」に置かれていたにも拘らず、耐えて結果を出し続けていたのは立派。

posted by poohpapa at 09:06| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1年ぶりの「アテモヤ」

昨年の正月、台湾を旅して、その時に知った「釈迦頭」(しゃかとう)の味が忘れられず、うちのに食べさせてあげたかったので、帰国してからも伊勢丹の果物売場や通販で購入して食べていた。釈迦頭とアテモヤは形も大きさも色も味もソックリだが、アテモヤは、実は、釈迦頭と(世界三大果実の一つ)チェリモヤを掛け合わせフロリダで品種改良された品種。栽培が難しいことから大人の拳くらいの大きさで一個1200円もする。

同じような大きさのリンゴが一個1200円なら誰も買わないが、アテモヤは別格の果物。であっても高いから売れず、去年は伊勢丹で「表面が黒くなって食べ頃になったもの」を半額くらいで売っていた。1200円で買っても食べるのは600円くらいの状態に熟してからなので、ならば急いで買わずに待っていれば良さそうなものだが、タイミングを誤ると誰かに買われてしまって食べそこなったりして。

通販で買っても同じような値段だから、実際に見て購入したほうがいい。年が明けて高島屋や伊勢丹、ルミネの地下を廻って見ていたが全く見掛けなかった。一週間ほど前、伊勢丹の地下で今年初めて見たので、7個並んでいたうちの3個を購入。それから毎日様子を見に行っていたが、3個残っているから売れたのは1個だけ。そのうち半額くらいで売られるかも知れない。期待して待っていよう。

DSC04151.JPG
うちが買ったアテモヤ、別名「森のアイスクリーム」。買ってからほぼ一週間たった後で撮影。食べ頃になるまでには更に1週間〜10日ほど掛かるかと思われるが、熟しすぎると中がグジャグジャになる。表面の凸部が黒くなって、皮を軽く押して柔らかくなったら、そこからは日を置かず食べるのが賢明。

台湾では果物屋さんが「出回っているのは3月まで」と言っていたので、沖縄などで作られている日本も同じようなものか。とにかく甘くて美味しいから、どこかで見掛けたらぜひお食べ頂きたいと思う。

posted by poohpapa at 05:30| Comment(0) | グルメ・クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする